斬九郎 特別純米酒 生酒

家飲み記録 斬九郎 特別純米酒 生酒

20180426150805706.jpg  20180426150815785.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 前回の艶三郎と同時に購入しました、長野酒特集の4本目。

 斬九郎は、以前「夏泉」の記事でちらと書いたとおり、四ツ谷の「大長野酒祭り」で特に好印象だった2銘柄の一つだったりします。
 結局半年しないうちに二つとも飲んじゃいました…、我ながら未飲銘柄に対する執念深さが恐ろしいことになってますね。
 まあ地酒についてはこれだけ種類が多いと、外飲みで気に入った銘柄に出会った場合、必ず詳細スペック含めた写真を取り、早いうちにググって基礎情報を仕入れておき、できれば常に頭の片隅に置いておくぐらいのことをしないと、いざ酒屋で再会したときにスルーしてしまう恐れがあると思います。
 私はそれが恐ろしいんですよね…、何が何でも逃さずにはおれません。
 実際、一般の方々(非マニア)が「前飲んだお酒が凄く美味しかったんだけど、名前忘れちゃいました~」とか言ってるのを聞くと、「キエーッ!なんでそんな平然としてられるんじゃー!」と頭を掻き毟りたくなります(病気)。
 
 閑話休題、スペック的には美山錦利用、精米歩合は61%と謎の数字になってますね。
 前回の「艶三郎」と同じ蔵のお酒です、「芳醇辛口」と明記されている斬九郎だけだと、甘味重視派の自分としてはちょっと不安だったため同時購入した次第。

20180426150823697.jpg

 上立ち香はなんとなくバニラ的な、硬質な香りがそこそこに。
 含むと、青さを纏ったキリリとした旨味が力強くしかしスルリと入ってきて、少々の粉っぽさとほんのりとした苦味を伴いつつ、最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり青さや草っぽさのある引き締まった旨味が主役で、濃度はほどほど、酸も働いていて全体的な印象は兎に角ガッチリ引き締まった男酒といった感じ。
 後味は、少々の苦味と辛さを感じさせつつ、しっかりとキレます。

 青く引き締まった筋肉質な旨味が特徴的な、「名は体を表す」という言葉が浮かぶような辛口酒でした。
 そこまで濃厚ではないと思うのですが、確かに淡麗ではないですね、割と万能な食中酒というイメージ。
 個人的には艶三郎の方が断然好みでしたが、まあこれはそれぞれ「キャラが立っている」と思うので、あとは完全に相性でしょう。
 斬九郎を含め、信濃錦は今後も機会があれば飲んでみたい銘柄です。

20180426150832444.jpg

名称:斬九郎 特別純米酒 生酒
精米歩合:61%
使用米:美山錦
アルコール度:15.5度
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社宮島酒店
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:中島酒店(松本)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月17日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

信濃錦 「艶三郎」 純米無濾過生原酒

家飲み記録 信濃錦 「艶三郎」(つやさぶろう) 純米無濾過生原酒

20180426150718484.jpg  20180426150729082.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 外飲み経験は有りますが、家飲みは初めて、長野酒プチ特集の3本目になります。

 前回に引き続き長野旅行の土産酒です、こちらは駅前の「中島酒店」さんで購入しました。
 このお酒のラベルにはQRコードがあり、そこからかなり詳細な記載のある商品紹介ページに飛べるようになっています、最近たまに見る形式ですね。
 そのページやラベルにも記載ありますが、「艶三郎」という名は、その昔蔵の地元伊那荒井地区の水資源開発に貢献し、そこでの米作りの基礎を築いた「御子柴艶三郎」という人物を由来とするとのこと。

 使用米は、まさにその荒井地区で栽培されたひとごこち、精米歩合は70と控えめですが、お値段はなんと税抜1,000円ポッキリ。
 地酒、それも酒米を使った無濾過生原酒としては極めて良心的なお値段と言えるでしょうね。

20180426150748838.jpg  20180426150738051.jpg

 上立ち香は程よく熟しつつも爽やかな感じの柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いた感じのバランスの良い旨味がスルリと入ってきて、程々の酸で輪郭をしっかり整えつつ、自然な感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、しっかり熟して甘味が増した蜜柑的な甘酸味が純然たる主役、苦味はほんの少々で甘味の心地よさをストレートに感じさせてくれますね、かつ全くダレ感も無し。
 後味は、酸主役かつ苦味は最低限ながら、いい感じで見事にキレます。

 心地良い甘味と後味のキレ、という多くの日本酒が直面する命題を、ハイレベルに実現した芳醇キレ酒でした。
 良く良く味わうと草感とか色々と複雑な味わいがして、ちょっとうるさい面もあるのですが、酸がしっかり働いているおかげでダレは感じませんでしたね。
 そしてやはりこれで1,000円は素晴らしい!個人的に地元産ひとごこち利用の長野酒にはコスパに優れるものが多い印象がありますが、その中でも出色の出来かと。
 実は同蔵のお酒をもう一本同時購入しているので、次はそちらを紹介します。

20180426150757247.jpg

名称:信濃錦 「艶三郎」 純米無濾過生原酒
精米歩合:70%
使用米:ひとごこち
アルコール度:17.5度
日本酒度:-2前後
蔵元情報:合資会社宮島酒店
購入価格(税抜):1,000円/720ml
購入した酒屋さん:中島酒店(松本)
お気に入り度:8.5/9.0(値段も考慮に入れて)

■おまけ:中島酒店さん外観
20180426232145859.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月15日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |