FC2ブログ

井筒長 純米吟醸 自社栽培米ひとごこち しぼりたて生酒

家飲み記録 井筒長 純米吟醸 自社栽培米ひとごこち しぼりたて生酒

20191219164628784.jpg  20191219164637511.jpg

 長野県南佐久郡佐久穂町のお酒です。
 同蔵のお酒は何度かいただいていますが、銘柄的には初飲みですね。

 こちらは以前このブログでも紹介している「黒澤」を醸す蔵の別ブランドですね。
 同蔵はモウカンさんが推していて、特にこの井筒長の生は私のような嗜好の飲み手にもオススメというお話を貰っていました(確か、正確には直汲み原酒版の方だったかも)。
 で、取扱のあるという千駄木の「ワインショップ エスポアのむらや」さんを何度か尋ねたのですが…、完売やら入荷未定やらで出会えず、あれよあれよと時間が経ち…こんなタイミングになってしまいました。

 スペックは長野の酒米ひとごこちを55%まで磨いた純吟生。
 裏ラベルには自社栽培について非常に詳細な記載がありますね。
 「しぼりたて」とのことですが、昨年12月製造のものを7月に開栓しているので、結構な生熟コンディションでいただいてます。

20191219164646924.jpg

 上立ち香は程よく熟して、丸みのあるベリー的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いた、甘酸渋をバランスよく感じる旨味が自然な口当たりで入ってきて、尻上がりに渋味が優勢になりつつも、最後までまとまりよく染み入ってきます。
 味わいは、ほどほどの熟感とそこそこのみずみずしさの双方を感じる、飲みごたえと飲み進めやすさを見事なまでに両立した感じのもの。
 後味は、渋味や酸味が受け持って、実に見事に自然に引き上げてくれます。

 程よい落ち着きの甘旨味と、瑞々しい酸がハイレベルにバランスを保つ芳醇旨酸酒でした。
 いやあ流石に旨かったです、やはり酸の働きがいいんですよね、一種の軽さや透明感を演出していると思います。
 ただこうなると新酒の時期がどうだったかが気になりますね…、確かにそっちの方がより私好みなんじゃないかなあ。
 井筒帳、次はぜひとも新酒の直汲みを頂いてみたいと思いました。

20191219164656012.jpg  20191219164656012.jpg

20191219164713916.jpg

名称:井筒長 純米吟醸 自社栽培米ひとごこち しぼりたて生酒
蔵元情報:黒澤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:ワインショップ エスポアのむらや(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月20日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |