乾坤一 特別純米酒 「HEAVEN & EARTH」

本日の家飲み 乾坤一 特別純米酒 「HEAVEN & EARTH」

20170926124941685.jpg  20170926124950884.jpg

 宮城県柴田郡村田町のお酒です。
 外飲みは数え切れないぐらいにしていますが、家飲みはなんと初めて。

 乾坤一というと、知っている方にはやはり「辛口」というイメージがあるのではないでしょうか。
 実際私も、外飲みで何度も「特別純米辛口」等をいただいており、淡麗辛口とは一線を画した、筋肉質の「男酒」的な味わいを楽しませていただいてます。
 とは言え自分は露骨に甘口派なので中々家飲みに至る機会がなかったのですが、今回このお酒を店頭で見かけ、「乾坤一の甘口酒!」という意外性に撃たれ、つい衝動買いした次第です。
 店員さん曰く、イベント等でも人気とのことでした、ただ、そこで初飲みの人にとっては「乾坤一」は甘口というイメージがついてしまうとか…
 まあ普通の人だと銘柄名ぐらいしか記憶しませんからね、私は同蔵内でのブランドの細分化には基本的には批判的なのですが、こういう話を聞くと、通常路線とは違うお酒には別ブランドの方が相応しいのかもとも思ってしまいます(それこそ「亜麻猫」とか)。

 閑話休題、あまり細かいスペックの記載は無いですが、軽くググったところ日本酒度は-15とか…、数値的には完全に甘口ですね。
 飯米であるササニシキを利用しているのも珍しいですが、これは「特別純米辛口」もそうらしいです、蔵元的には使い慣れているのでしょうね。

20170926125001573.jpg

 上立ち香はやはり甘さを感じる、マスカット的な香りがそこそこに。
 含むと、やはり非常に濃厚な甘旨味がトロリとした舌触りで入ってきますが、裏方には柔らかな酸と程よい渋味が確かにあって、複雑さを感じさせながらゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、やはりマスカットジュース的な甘味が主役ですね、酸渋はワイン的なニュアンスを添えますが、圧倒的に甘味が勝っているのでやっぱり食前or食後酒に向くような印象。
 後味は甘苦渋と、なかなか複雑な印象を舌先に残しつつ引き上げていきます。

 重めの甘味を何とか酸渋が下支えする、今風のデザート酒でした。
 こういう甘味極振りのお酒を飲むと、やっぱりいつも飲んでる甘口酒(花陽浴、桃の里とか)のバランスは芸術的なんだなあと思ったりします。
 ただ逆に、果汁とか糖類入りのアルコール飲料(サングリアとか)と比べると、断然に後味が良いということも言えると思いますね。
 乾坤一はまた他のスペックもいただいてみたいと思い思います。

 ちなみに温度が上がるとちょっと甘味が勝ちすぎるので、しっかり冷やしていただくのがオススメ。

20170926125010514.jpg

名称:乾坤一 特別純米酒 「HEAVEN & EARTH」
精米歩合:55%
仕様米:ササニシキ
アルコール度:16度
日本酒度:-15
蔵元情報:有限会社大沼酒造店
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年10月23日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |