FC2ブログ

自然酒 和醸 特別純米 山田錦 袋吊り無濾過生原酒 30BY

家飲み記録 自然酒 和醸 特別純米 山田錦 袋吊り無濾過生原酒 30BY

20190828131731694.jpg  20190828131743331.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 前回に続いての登場ですね。

 29BYの生熟が個人的に非常に印象深かったため、割と間髪入れずにうのかわ酒店さんに発注を入れてしまいました。
 ただ、そのときの店長さんのコメントが「まだ若くてこの前とはかなり印象違うと思いますよ」とのこと、意味深というか微妙にたじろいだのですが、それはそれでということでそのまま購入。
 日本酒の飲み頃って本当に難しいんですよね…、ワインみたいに軽々しく数年寝かせするわけにもいかないし…(生酒は特に)
 ただ、バッチリなタイミングで開けると無茶苦茶旨いというのも事実だと私は思っております。

 スペックはこれまたラベルに完璧に記載があるところが嬉しいですね。
 さらには裏ラベルにコンセプトや想いがしっかり書かれているのも素敵だと思います、やっぱり情報は積極的に出すべきですよええ。

20190828131754418.jpg

 上立ち香はマスカットとケミカル感のある独特の香りがそこそこに。
 含むと、口がすぼまるレベルの渋味を纏った味わいがグワッと入ってきて、口内で刺激的に暴れながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、結構奥深いブランデー的(?)旨味を確かに感じさせつつも、今回はとにかく痛いほどの渋味と辛さが引っ掻き回してきますね、甘味は控えめで酸味はそこそこ。
 後味はやはり渋辛が引き取る感じで、力尽くながらもバッチリキレます。

 流石にこれは堅いというか渋辛さがキツ過ぎる…、店長さんの言葉の意味がよくよく分かりました。
 ので、思い切って開栓後常温で一ヶ月ほど放置してみました。
 そしたら旨いんですよねえ…、まだまだ渋味はありますが、旨味とちゃんとバランスが取れて、柔らかさすら感じさせてくれます。
 ここまでわかりやすいと、私のような自家熟消極派でもこういう変化を楽しめますね。

 速醸らしからぬ、無茶苦茶強い酒質と扱いの難しさを兼ね備えた玄人向け辛口酒でした。
 流石にこういうお酒は前提知識なしでは美味しく飲むのは難しいかも…、蛇形みたいな要解説酒にも思えました。
 次回はまたまた同じ蔵のお酒を紹介したいと思います。

20190828131818761.jpg  20190828131806219.jpg

名称:自然酒 和醸 特別純米 山田錦 袋吊り無濾過生原酒 30BY
蔵元情報:林龍平酒造場
購入価格(税抜):1,661円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:開栓直後は8.2 放置後は8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年09月02日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

九州菊(くすぎく)  純米酒 冷やおろし

家飲み記録 九州菊(くすぎく)  純米酒 冷やおろし

20190204125253370.jpg  20190204125319864.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 家飲み経験については後述。

 今回から福岡出張時の購入酒になります、こちらは初来訪の「友添本店」さんで購入。
 私の場合秋から出張が多くなるのですが、その時期は極端に生酒が少なくなるのが辛いところです…。
 ただ今回は前から飲んでみたかった、私のお気に入り銘柄である「残心」を醸す林龍平酒造場の地元銘柄「九州菊」が並んでいたので、普段買わないひやおろしながら、購入に踏み切った次第。

 当然のようにラベルのスペック記載は貧弱ですね、使用米不明で精米歩合は60、日本酒度は+7と高めです。
 お値段はかなり抑えめで税抜1,100円台、9月購入9月開栓です。
 もみじが舞うこの瓶のデザインは素敵ですね、確か他の銘柄でも見たことがあったような…、共通デザインだったりするんでしょうか。

20190204125303661.jpg  20190204125329984.jpg

 上立ち香は火入れのちょっと安めなお酒にありがちな、砂糖水的な香りがそこそこに。
 含むと、やはりよくある感じのやさしい甘味を纏った旨味がまろやかな口当たりで入ってきて、割と最後までその感じのままで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、全くクセのないアルコール入り砂糖水という感じの、超出来の良い経済酒という印象を受けるもので、分をわきまえた濃度でいくらでもスルスルと飲めてしまいますね。
 後味は、本当に少々の苦味的なものを口中に残しながらも、極めて自然に引き上げてくれます。

 伝統的な日本酒として実に典型的な旨味を、極めて丁寧なバランスで楽しませてくれる、「中庸」の良さを体現したようなお酒でした。
 なんというか地元酒で長年愛されてきた感の強い味わいですね、私の好みである濃醇系とは少し違う方向ですが、ほどほどのまとまりが心地よい感じ。
 ただ逆説的にいつも飲んでいる「無濾過生原酒」の良さを思い出させてくれるお酒でもありますね、やっぱりちょっと物足りない!、私はやはり残心を飲むべきなのでしょう…ただこっちの方向が好きな方は絶対居るかと。
 (後、やっぱり自分に「ひやおろし」は合わないと改めて思ったり)
 ある意味、九州菊の実力を改めて感じた一本でした。

20190204125339279.jpg


名称:九州菊(くすぎく)  純米酒 冷やおろし
蔵元情報:森本酒造合資会社
購入価格(税抜):1,157円/720ml
購入した酒屋さん:友添本店(福岡)
お気に入り度:8.3/9.0

■おまけギャラリー:友添本店さん外観
20190204125210024.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 九州菊 純米

2019年02月06日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |