FC2ブログ

岩の蔵 純米吟醸 #13

家飲み記録 岩の蔵 純米吟醸 #13

20190204125450204.jpg  20190204125459092.jpg

 佐賀県小城市のお酒です。
 こちらも住吉酒販さんで購入しました、福岡出張時の購入酒3本目。

 こちらを醸す天山酒造のお酒としては「七田」の方が圧倒的に有名でしょう、そちらは当ブログでも過去に2回ほどやっています
 岩の蔵はあまり見かけなかったので今回セレクトしたのですが、先に書かれていた日本酒感想日誌さんの感想を購入後に思い出して若干後悔の念が…
 もちろん自分で飲んでみるまでわからないというスタンスなのですが、貴重な土産酒にあえて選ぶこともなかったかなあ。

 スペック上で特筆すべきは精米歩合50と結構削っているところと、アルコール度数が13とかなり低いことでしょう。 
 ただ原酒の表記が無いので低アルが加水によるものか他の要因なのかは良くわかりません。 
 ともかく、なるべく先入観無しにいただきます、8月製造、10月開栓。
 

 上立ち香はマッキーに甘みを足した(?)感じの、若干クセありながら正直個人的には割と好きな香りがそこそこに。
 含むと、軽くて細い感じの甘旨味がスッーと入ってきて、最初から最後まで勢いよく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、メロンというよりミントを彷彿とさせる、ほのかな甘味に酸味が絡み、ほんのりとした苦味も相まってとにかく軽く、かつ薄い感じの印象、なんかスースーしますね。
 後味は、その酸苦を余韻として残しつつも、実に自然に引き上げます。

 アルコール度数以上の軽さを感じさせる、ある種実に個性的なミント系スースー酒でした。
 うーむ、飲みやすさはあるのですがそれだけというか…、あと凄くケミカルな感じがあるので、苦手な人はそれだけで駄目かも。
 ただまあ、スイスイさ(?)重視ならその魅力はあるかと、とにかくそこに特化している印象はあります。
 後何気に私のようなマッキー臭が好きな人はそれだけで楽しめたりして…、これはまあ分かる人しか分からないでしょうが…
 まあこれだけでは判断し辛いかな、天吹を含め、今後も追っていこうとは思いました。

20190204125508063.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2446.html

名称:岩の蔵 純米吟醸 #13
蔵元情報:森本酒造合資会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:住吉酒販(福岡)
お気に入り度:8.2/9.0

■おまけギャラリー:福岡購入酒記念写真
20190204125135215.jpg
流石に飛行機だとあまり買えないですね…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月10日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

七田 純米 七割五分磨き ひやおろし 愛山

本日の家飲み 七田(しちだ) 純米 七割五分磨き ひやおろし 愛山

fc2_2013-10-06_22-00-06-128.jpg  fc2_2013-10-06_22-00-32-226.jpg

 銘酒どころ佐賀の七田です。
 本ブログで取り上げるのは、純米吟醸五百万石の生に続いて2回目ですね。

 七田は使用米によってラベルの色を変えるデザインにしています、特に「七割五分磨きシリーズ」はかなりの種類が出ていて、酒屋さんで並んでいると結構壮観。
 愛山はさつまいもを思わせる、落ち着いた赤紫です。

 今回のスペックは愛山低精白のひやおろしということで、最近頂いた鍋島と似たような感じ。
 お値段もかなり抑えられています。

fc2_2013-10-06_22-01-16-343.jpg  fc2_2013-10-06_22-01-42-465.jpg

 上立ち香はアルコールとセメダインを感じる、揮発系の香りがほどほどに。
 含むと、濃厚ながらも落ち着いた印象の甘旨味が、少々クセのある渋味に締め付けられながらも広がっていきます。
 旨味は中程度に熟した甘さがありつつ、割りと引き締まった印象で若干の辛さも感じます。
 全体の印象は低精白らしく様々な味わいがせめぎ合う感じですが、ギリギリのところで統一感を保っている感じ。
 後味は、少々の酸渋を残しつつ、なかなかのキレ。

 低精白酒らしい、雑味に近い雑多な味わいがありつつ、それを前向きに感じられる面白いお酒でした。
 甘旨味に若干のクセがありつつ、それが悪く無い印象なのは愛山らしさなのかなあ。
 ともあれコスパは十分なお酒だったと思います。
 七田は高精白も低精白もそれぞれの魅力がありますね。

fc2_2013-10-06_22-02-07-608.jpg

名称:七田 純米 七割五分磨き ひやおろし 愛山
製法情報:ひやおろし
精米歩合:75%
酒米:愛山
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:天山酒造株式会社(佐賀県小城市)
製造年月:2013/9(24BY)
購入価格(税込)1,260:円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 七田 純米

2013年10月16日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

七田 純米吟醸 五百万石 無濾過生原酒

本日の家飲み 七田 純米吟醸 五百万石 無濾過生原酒

fc2blog_20121209194759754.jpg


なにげに読みにくいのですが「しちだ」と読みます。
昨年愛山の7割5分磨きを頂きいい印象だったので、今回もう少し磨いたものを購入してみました。

いわゆる無濾過生原酒なのですが、肩ラベルをみると「濾」の字のうち、「七田心」の部分が赤字になっています。
なかなか気づく人は少ないような気もしますが、こういう遊び心は好きですね。

fc2blog_20121209194910a48.jpg


上立ち香はフレッシュで濃い吟醸香。
含むと、芳醇でまろやかな甘旨味がどかんと来ます、裏には若干の渋味。
味わい的には個性派というよりクセのない感じかなあ、磨いている分なのか雑味も少なく心地よい旨みを楽しめます。
後味も自然に去っていく感じでなかなかのキレです。

五百万石といえば淡麗系の味わいというイメージですが、このお酒は芳醇そのものです。
無濾過生原酒の良い所を伸ばし、悪いところを削ぎ落したような旨酒でした。
七田は今後とも注目したいと思います。

fc2blog_20121209194832335.jpg

名称:七田 純米吟醸 五百万石 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:五百万石
アルコール度:16%
酵母:自家酵母
日本酒度:+4~+5
蔵元情報:天山酒造株式会社(佐賀県小城市)
製造年月:2012/12(24BY)
購入価格(税込):1,573円/720ml
お気に入り度:8.0/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 七田 純米吟醸

2012年12月10日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |