七水 純米吟醸55 雄町 生原酒 29BY

家飲み記録 七水 純米吟醸55 雄町 生原酒 29BY

20180824105620008.jpg  20180824105630451.jpg

 栃木県宇都宮市のお酒です。
 同蔵のお酒のブログ登場は3回目、外飲み含めるとそこそこな回数飲んでいたりします。

 この七水GOGOは約二年前にいただいており、かなりの好印象でした。
 実はその後も、私がお酒選びを担当した宴会で採用して、皆さんの高評価を得たという経験もあり、個人的には非常に信頼を寄せている銘柄だったりします。
 つくづく思いますが、今の日本酒業界は、実力と知名度のギャップの大きさが非常にエキサイティングな要素になっているんですよね、新規開拓も楽しいし、まだまだ知られざる銘柄を一人優越感に浸りながら(笑)飲むのも心地よい。
 ミーハー銘柄の入手に躍起になるのも一種楽しいのは十分承知しているのですが、それだけじゃ勿体無いよなあと、界隈の話題を見ていてちょくちょく思っていたりします。
 
 閑話休題、今回も雄町55%直汲み生原酒と、露骨に私好みのスペックです。
 裏ラベルに「新定番」という文言がありますが、実際かなり造りを重ねてきているスペックでしょうし、看板商品として存在感を発しているように感じますね。


 上立ち香はメロン的?な落ち着きとフレッシュさ両方を感じるあ香りがほのかに。
 含むと、高密度かつ輪郭のハッキリした甘旨味が力強く入ってきて、裏方に徹した渋味で最後まで引き締まりを保ったまま、じんわりじんわりと染み入ってきます。
 味わいは割と甘味や酸味を抑えた完熟洋梨的な旨味が中心にあって、渋味が複雑さと飲み飽き無さをキッチリ演出する感じですね、いくらでも飲めてしまいそうな趣があります。
 後味も、渋味が引き取る感じでキレますね。

 硬質な印象の旨味が、オンリーワンのまとまりで最初から最後まで力強く存在感を放つ、個性派芳醇旨味酒でした。
 渋味が柔らかいのか、旨味の存在感がポイントなのか、とにかく複雑ながらキツさいやらしさが無いのが素敵だと思いますね。
 もしかしたら甘味は控えめなんじゃなくて中心にギッチリ詰まっているのかもしれません、芳醇酒として正統派でありながら個性もあるものと感じます。
 七水、このGOGOはド鉄板スペックと言ってよいでしょう、ただ次はあえて別のスペックも試したいところです。
 
20180824105643254.jpg

名称:七水 純米吟醸55 雄町 生原酒 29BY
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社虎屋本店
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月13日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

七水 純米吟醸55 雄町 生原酒

本日の家飲み 七水 純米吟醸55 雄町 生原酒

20160925190324337.jpg  20160925190337276.jpg

 栃木県宇都宮市のお酒です。
 家飲みは初めてで、外飲みについては後述。
 ましだやさん購入酒7本目。
 
 こちらを醸すのは「虎屋本店」さん、たぶん羊羹は関係ないでしょう。
 蔵元ホームページを見るに、「七水」「菊」「虹乃井」の3ブランドで売り出しているようですね、パッと見たぐらいではそれぞれの位置づけは不明。
 私はこのお酒を他の日本酒ブログさんの感想で見ていたほか、かなり昔に今は亡き「酒徒庵」でいただいたことが確かあったりします。(記憶はあるのですが写真が行方不明…まさかアルコールが見せた幻想?と思ったのですが見つかりました)
 実はそもそも今回通販に踏み切った理由が、東京であまり見かけない「忠愛」と、このお酒を飲んでみたかったからだったりします。

 ラベルデザインは実に今風ですね、割とよく見る精米歩合55を「Go Go」と、洒落ております。
 雄町の生原酒と、自分としてはつい期待してしまう好みのスペック。

20160925190346156.jpg

(おまけ)2013年6月に酒徒庵さんでいただいたときの写真、このときはレトロなラベルですね。
しかし、この時点でこんな銘柄を発掘していたとは…、改めて店長さんの凄さに感服してしまいます。
2013-06-05.jpg

 上立ち香はクリーム的に濃厚な甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、まろやかで濃厚な甘旨味がトロリと入ってきて、奥の方にほんのりとした苦味と辛さを感じさせつつ、ゆっくりと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは程よく熟したバニラ的果実(何じゃそりゃ)の、ほどほどの甘さと極めて濃厚な旨味が主役を演じるのですが、辛苦が見事に裏方に回って素晴らしいバランスを保っています。
 後味は苦味を舌先に残しつつ、力強くキレます。

 一筋縄ではいかない複雑さがありながら、ストレートに旨甘味が楽しめる、素人にも玄人にもオススメできるような旨酒でした。
 甘味も素敵ですが、むしろ口当たりの上品さに惹かれます…、袋吊りっぽいといいますか。
 そしてこれは一杯目より二杯目の方が映えるタイプですね、いくら飲んでも飽きない感じ。
 同蔵のお酒はもう一本買っているので、次回はそちらを紹介します。

 さらに、うーむ二日目の方が味わいの奥深さが増していますね…
 これは良いです、居酒屋でも活躍するタイプでしょう、もし見かけたら試してみることを強くオススメします。

20160925190354517.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1479.html

名称:七水 純米吟醸55 雄町 生原酒
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:+1.6
蔵元情報:株式会社虎屋本店
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:増田屋本店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年11月11日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |