十ロ万 純米吟醸 一回火入れ 27BY

本日の家飲み 十ロ万(とろまん) 純米吟醸 一回火入れ 27BY

20161118093103249.jpg  20161118093113678.jpg

 福島県南会津郡のお酒です。
 ブログでの紹介は3回目。

 ロ万については、「熟成生原酒 Version秋」という正に秋の生熟ど真ん中スペックのを三年前にいただいており、しかもそれは極めて自分好みのお酒でした(昔の記事も、今と言ってること大して変わってないですね…)。
 今回は、秋の時期を狙って出荷される一回火入れ酒ということで、「ひやおろし」的なお酒ですね(そう名乗っていないところがポイントかもしれませんが)。
 生熟酒を連続でいただいていたタイミングで、少しぐらい火入れのお酒も飲んでみるかとセレクトしました。
 ロ万には、濃厚甘口というイメージがあるので、普通のひやおろしよりは自分の好みからズレないんじゃないかなあという期待が裏にはあります。

 ロ万といえば、通常の造りである三段仕込みに加えて最後にもち米を投入するという「もち米四段仕込み」という若干特殊な製法を用いていることが特徴です。
 裏ラベルではその点に触れてはいませんが、お米の使用割合(精米歩合に非ず)が五百万石21%、夢の香71%、ヒメノモチ8%という複雑な数値になっていることが、それを表しているはず。
 ちなみに精米歩合は50で、結構削っている分お値段もそこそこですね。


 上立ち香は若干落ち着いたアルコールの香りが仄かに。
 含むと、トロミのある旨甘味がヌルググっと入ってきて、裏方ながら強めの苦味を感じさせつつ、ゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、あえて言うならフレッシュさを取り除いた巨峰的なまろやかな甘旨味が主役で、熟感を伴う苦味と最初から最後までバランスをとり、あまりトンガリがない印象。
 後味はその苦味をほんのりと残しつつキレます。

 苦味を伴いつつも丸い味わいが最初から最後まで続く、優しい印象の秋酒でした。
 ただ、火入れだからなのか、バランス重視だからなのか、濃厚好きな自分には若干薄いというかインパクト不足に感じてしまった部分があります。
 わりと高精白なところも影響しているのかな…、コスパ的には他のスペックの方が良いような。
 ロ万でこれだと、やっぱり私と秋酒を謳う火入れ酒とは相性が悪いのかなあと改めて思った一本でした。

20161118093124939.jpg  20161118093135803.jpg

名称:十ロ万 純米吟醸 一回火入れ 27BY
精米歩合:50%
使用米:五百万石・夢の香・ヒメノモチ
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:花泉酒造合名会社
購入価格(税抜):1,685円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: ロ万 純米吟醸

2016年12月09日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

ロ万 無濾過一回火入れ

本日の家飲み ロ万 無濾過一回火入れ

1418615714723.jpg  1418615724976.jpg

 福島県南会津郡のお酒です。
 外飲み、家飲み共に何度もいただいています、ブログでは2回目。

 ブログでは先に限定品のスペシャルロ万を紹介しています。
 外飲みの印象も良く、ギャザリーの甘口銘柄紹介記事でも取り上げているように、個人的には既にロ万は「お気に入りに追加」している銘柄です。
 が、タイミング的に限定ものをいただくことが多く、レギュラー品を家飲みしたことがなかったため、今回セレクトした次第。
 
 スペックはシリーズの他のもの同様非公開部分が多いですね、その関係で純米とすら名乗ってません(材料が米と米麹だけなのは確か)。
 しかし、「無濾過一回火入れ」とか「うつくしま夢酵母使用」とか、わりとマニアックな記載があるのが面白いところ。
 後、これも「もち米四段仕込み」で醸しているはずです(解説は割愛)。


 上立ち香はほとんど無し、少し時間を置くと甘い香りがするかな。
 含むと、とろみを感じるような濃厚な甘旨味がやさしい口当たりで入ってきて、完全に裏方に徹した苦味とともに広がります。
 旨味は非常に濃厚で落ち着いた酸味抑え目の砂糖的な甘味が主役、ただ全体の印象は甘さ一辺倒というよりわりと複雑というか奥深い味わいです。
 やはり生とはひと味違う濃厚さを感じますね。
 後味は裏方の苦味が甘味を相殺して自然にキレます。

 甘口銘柄のレギュラースペックに相応しい、貫禄のような落ち着きを感じる甘旨酒でした。
 強めの甘味を、まろやかさと優しさで包む完成度の高いお酒だと思います。
 もち米を使っていると言われると、なんとなく納得感があるのが面白いところですね。
 ロ万は引き続きお気に入り銘柄として追っていくつもりです。

1418615755864.jpg  1418615745473.jpg

名称:ロ万 無濾過一回火入れ
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:花泉酒造合名会社
購入価格(税抜):1,362円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: ロ万

2015年01月22日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

スペシャルロ万 厳選槽場汲み 熟成生原酒 Version秋

 本日の家飲み スペシャルロ万 厳選槽場汲み 熟成生原酒 Version秋

fc2_2013-10-24_19-48-37-100.jpg  fc2_2013-10-24_19-49-10-667.jpg

 福島県会津の花泉酒造が醸すお酒です。
 地元銘柄は「花泉」で、この「ロ万(ろまん)」は特約店限定品ですね。
 私としては家でも外でも何回かいただいている、お気に入り銘柄の一つです。

 さらにこのスペシャル版はたぶん鈴傳さん限定品だと思います。
 以前酒徒庵さんでほぼ同スペックのものをいただき、非常に良い印象だったので今回セレクトしてみました。
 あえて生原酒を半年以上寝かせた一品です。

 また、純米ではあるのですがラベル上はほとんどのスペックが非公開です。
 ただ花泉は特徴的な「もち米四段仕込み」という方式をとっていることで有名なので、多分このお酒もそうなはず。
 この方式の解説は長くなるので興味あればググってください、まあもち米使っている時点でかなり珍しいですね。

fc2_2013-10-24_19-50-24-087.jpg  fc2_2013-10-24_19-51-10-368.jpg

 上立ち香は甘さとセメダインの混じったスッキリとした吟醸香。
 含むと、バランスの良いしっかりとした旨甘味が、少々のガス感とと共にジュワジュワっと染みこんできます。
 旨味はフルーティーで濃厚な甘味が主役ながら、節度ある渋味がキッチリと輪郭をつくりむしろ引き締まった印象。
 これもこの時期にしてはフレッシュ感がありますね…、ただ、旨味のノリも十二分に感じます。
 後味は甘味をしっかり苦味で引き取ってキレる感じ。

 熟した濃厚な甘旨味を新酒のようなフレッシュさで包んだようなお酒でした。
 伴う苦味はまるで新酒のような感じ。
 これはひやおろしなど熟したお酒が多いこの時期に飲むと、より輝きますね。
 甘味がしっかりしていることもあり、非常に私の好みのお酒です。
 ロ万はまだまだ飲めていないスペックも多いこともあり、これからも追い続けたいと思いました。

 ちなみに、開封後はガス感が抜ける代わりに苦渋味が出てきて引き締める印象。
 変化としては十分行けるのですが、個人的には開封直後のフレッシュな甘旨味が好きなので、早めに飲むことをオススメします。

fc2_2013-10-24_19-52-31-723.jpg  fc2_2013-10-24_19-51-52-213.jpg

名称:スペシャルロ万 厳選槽場汲み 熟成生原酒 Version秋
製法情報:生原酒
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:花泉酒造合名会社(福島県西会津郡)
製造年月:2013/9(24BY)
購入価格(税込)1,575:円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年10月31日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

外飲み雑記in四ツ谷三丁目5 「酒徒庵」

 先日、またもや四谷三丁目の日本酒専門店「酒徒庵」にお邪魔してきました。
 今回は友人と二人でカウンター席に陣取ったため、冷蔵庫が近いのがうれしかったです。

 その関係で、今回はほとんど自分で銘柄を指定してしまいました…。
 いやあ新規開拓も重要ですが、ラベル見たらお気に入り銘柄は飲みたくなっちゃうよなあ。
 内容は以下の通りです。

自分が中心に飲んだお酒
・雁木 活性にごり発泡純米生原酒 「flight of wharf」
・空蔵 純米吟醸 生酒 山田錦
・スペシャルロ万 Version秋 熟成生原酒
・屋守 純米 袋吊るしうすにごり
・屋守 純米 別注斗瓶取り
・福のしずく 純米吟醸無濾過生原酒 23BY
・五十嵐 純米吟醸 直汲み
・慶樹 特別純米 厳選槽場汲生貯蔵 23BY
・十四代 中取り純米吟醸 生詰 播州山田錦
(この他、ネット掲載禁止の大吟醸を一ついただきました)

友人から一口ずつぐらいもらったお酒
・宝剣 純米酒 限定超辛口
・風の森 純米大吟醸 秋津穂 無濾過生原酒笊籬採り
・山本 純米吟醸 生原酒
・鍋島 きもと純米 神力
・天宝一 山田錦純米吟醸 袋吊り本生
・楯の川 純米大吟醸 本流辛口

 私は完全に芳醇甘口系中心、「福のしずく」と掲載禁止大吟醸がお店オススメで後は自分セレクト。
 友人の方は「スッキリ系」で基本おまかせでの注文でした。

 今回は正直どれも甲乙つけがたい味わいだったなあ…。
 ロ万、福のしずく、慶樹はどれも搾られてから1年以上経ったものですが、熟成香は皆無で非常に私好みの芳醇酒でした。

 fc2_2013-04-02_12-47-14-284.jpg  fc2_2013-04-02_12-51-35-708.jpg

fc2_2013-04-02_12-48-28-151.jpg  fc2_2013-04-02_12-52-09-548.jpg

fc2_2013-04-02_12-49-19-895.jpg  fc2_2013-04-02_12-49-49-064.jpg

 五十嵐と「flight of wharf」は前回頂いて美味しかったので今回も頼みました。
 やっぱりうまかったのですが、両方とも家飲みが難しいのが辛いところです。

fc2_2013-04-02_12-48-53-352.jpg  fc2_2013-04-02_12-46-27-228.jpg

 また、オススメでいただいたブログ掲載禁止のお酒も素晴らしかったなあ。
 いわゆる「あら」と「せめ」をブレンドしたアル添大吟醸だったのですが、濃厚な甘味がありながら舌触りがなめらかでアル添の良いところだけ感じるような美酒でした。
 
 で、最後に飲んだ十四代がやっぱりうまかった…。
 濃厚酒づくしの後だったので、より綺麗な味わいに感じられました。

fc2_2013-04-02_12-50-55-983.jpg

 もちろん他にいただいたお酒も全て美酒でしたし、料理も美味しくガンガン食べてしまいました。
 閉店が早めなのはある意味非常にありがたいのかもしれません(歯止め的な意味で)。

fc2_2013-04-02_12-46-52-091.jpg  fc2_2013-04-02_12-47-36-859.jpg

fc2_2013-04-02_12-48-01-486.jpg  fc2_2013-04-02_12-50-22-135.jpg

 まあつらつらと書きましたが、今回も大満足のひとときでした。
 実はこの日の3日後にまた別メンバーと行ってしまったので(笑)、また別に書く予定です。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年04月04日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |