FC2ブログ

まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 「愛亀ラベル」

家飲み記録 まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 「愛亀ラベル」

20181121101322183.jpg  20181121101331682.jpg

 秋田県横手市のお酒です。
 当ブログでは三度目の登場ですね。

 秋田のお酒というと県外ではどうしても「NEXT5」が目立ちがちですが、他にも全国区で勝負できる実力派銘柄は目白押しという印象があります(雪の茅舎、福小町、やまとしずく等々…)、この「まんさくの花」もその一員ですね。
 今回いただくのは、「愛亀」ということで、どちらも希少酒米である「愛山」と「亀の尾」を両方使って醸したお酒とのこと。(限定品ですが、蔵元ホームページにちゃんと商品紹介がありました
 可愛らしいラベルが目を引きますね、元々亀の尾使用のお酒にこの亀のイラストを使っており、今回はそこに「愛」山ということでハートマークをあしらうという遊び心のあるデザインとなっています。

 裏ラベルのスペックを見ると、愛山73%、亀の尾27%の利用割合、それだけを見ると愛山の比率が多いようです、精米歩合は55%。
 「愛山の甘味と亀の尾の酸味のバランスが絶妙」という記載が面白いですね、そういうものなんでしょうか。
 個人的には(生詰生貯でなく)「一度火入れ」と明記しているところを支持したいところです。

20181121101340191.jpg  20181121101348971.jpg

 上立ち香はリンゴ的なフルーティーな香りが気持ち強めに。
 含むと、バランスの良い甘酸旨味が自然な口当たりで入ってきて、裏方の渋味が奥深さを添えつつ、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、やはりリンゴ的な甘酸が中心にあるのですが、渋味が非常に良い働きをして有りがちな吟醸酒と一線を画した深みとコクを与えている印象、そのバランスが絶妙ですね~見事な配合率ということなのでしょう。
 後味は、主に酸が引き取る形で、自然に引き上げます。

 甘味と渋味という、相反しそうな要素がしっかりと同居している、「愛亀」という名前に強く納得感のあるお酒でした。
 裏ラベルでは亀の尾要素は酸味ということでしたが、個人的には渋味なのではという印象でしたね。
 実は購入前に亀の尾だけ使ったお酒も試飲したのですが、私にはやはり渋すぎて、比べると断然愛亀の方が好みでした(なお、店長さん曰く試飲時感想は亀の尾の方が好きな人も多かったとのこと)。
  まんさくの花の中でもこの愛亀は「お気に入りに追加」です、個人的におススメしたいスペックだと思いました。

20181121101359821.jpg

名称:まんさくの花 純米吟醸一度火入れ原酒 「愛亀ラベル」
精米歩合:55%
使用米:愛山・亀の尾
アルコール度:16%
日本酒度:+0.5
蔵元情報:日の丸醸造株式会社
購入価格(税抜):1,700円くらい(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年12月09日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

まんさくの花 ダイヤモンドドロップ 純米大吟醸原酒 一度火入れ

本日の家飲み まんさくの花 ダイヤモンドドロップ 純米大吟醸原酒 一度火入れ

20160217094530691.jpg  20160217094815192.jpg

 秋田県横手市のお酒です。
 外飲みでは何度かいただいており、ブログでの紹介は2回目(前回はうすにごりの生でした)。

 まんさくの花と言えば、最近雑誌「グランドジャンプ」で連載を開始した日本酒マンガ「いっぽん」の初回に登場していたことが、個人的には印象深いです。
 そこで紹介されていたのは特別純米の「うまからまんさく」でした。
 初回ながらキャッチーな銘柄でなく、食中酒としての魅力を押し出した形でこういうお酒を取り上げるあたり、「かわいいキャラで中身は硬派」というスタンスをビリビリと感じましたね。
 
・一コマだけ紹介。ラベルの再現度にこだわりを感じます。
20160328092839738.jpg

 さて、今回私がいただいたのは、そういう硬派よりなお酒よりもミーハーな臭いのする限定純米大吟醸。
 秋田の酒米「吟の精」と山田錦(たぶん麹が山田かな)を45%まで磨いた高精白の原酒ながら、お値段はほどほどに抑えられているところがポイントですね。
 輝く「しずく」をモチーフにした黒いラベルはなかなか格好良いです。

20160217094801741.jpg

 上立ち香は華やかな吟醸香が気持ち強めに。
 含むと、かなり濃い目の大吟醸らしい甘旨味がぐっと入ってきて、強めの含み香を振りまきつつ、苦味を伴って染みこんできます。
 旨味は高精白のお酒らしい、青リンゴ的で透明感のある甘旨味が主役、それっぽい苦味も若干感じるかな。
 後味はその苦味を舌上にほんの少々残しつつ、キレイにキレます。

 いわゆる大吟醸らしい香りとキレイさがありつつ、旨味の芯がしっかりとしたお酒でした。
 華やかさもあるのですが、杯を重ねても飲み飽きない感じなのは凄いかも。
 ただ、やはり高精白だと個性は薄れるのかな…、キレイな味わいが好きな人にはオススメですが、個人的にはあえて高精白コスパ酒を追う必要は無いかも。
 まんさくの花、次は再びレギュラー品をいただいてみたいと思います。

 ちなみにこのお酒、年末年始を挟んでしまった関係で、1ヶ月以上かけて飲みきったのですが、いやあ全然ダレませんでした。
 この点は凄いと思いますね…、なんとなく高精白のお酒は繊細なイメージがあったのですが、これは力強かった!

20160217094833922.jpg  20160217094901607.jpg

名称:まんさくの花 ダイヤモンドドロップ 純米大吟醸原酒 一度火入れ
精米歩合:45%
酒米:吟の精・山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:日の丸醸造株式会社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0(開栓後変化も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年03月28日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

まんさくの花 槽しずく 特別純米 うすにごり 無濾過生酒

本日の家飲み まんさくの花 槽しずく 特別純米 うすにごり 無濾過生酒

fc2_2013-01-10_20-26-49-043.jpg

 まんさくの花は結構有名かと思うのですが、私は今回初めていただきます。
 いきなりうすにごりというのもどうかと思いつつ、お値段も手頃で無濾過生ということでこのスペックにしてみました。

 そそぐと、うすにごりの割には濃い目に濁っています。

fc2_2013-01-10_20-25-24-145.jpg

 上立ち香はうすにごりらしい心地良い米の香り。
 含むと、甘渋酸が拮抗したとてもバランスの良い旨みが、濃厚ながら穏やかに感じられます。
 日本酒度の割には、辛さ、きつさはあまり感じません。
 槽口酒の割にガス感はあまりありませんが、フレッシュさは十分。
 後味にはちょっと辛さが残る感じでスパっとキレます。
 またそのキレ故か、杯を重ねるごとに旨みがストレートに感じられる気がします。

 個性派というよりは、無濾過生としての完成度の高さと旨みのバランスが魅力的な味わいです。
 これなら、濃厚ながら辛口派の人もいけるのではないでしょうか、そういう意味で万人向けな旨酒かと思います。
 食中酒としてもバッチリ合いそうに思いました。
 みんなで居酒屋にでもいって、セレクトに迷った時に頼れそうです。

fc2_2013-01-10_20-25-57-900.jpg

名称:まんさくの花 槽しずく 特別純米 うすにごり 無濾過生酒
製法情報:無濾過生原酒、うすにごり
精米歩合:55%
酒米:吟の精
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:+4
蔵元情報:日の丸醸造株式会社(秋田県横手市)
製造年月:2012/12(24BY)
購入価格(税込)1,365円/720ml
お気に入り度:7.8/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年01月12日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |