浪乃音 特別純米酒 ええとこどり ひやおろし

本日の家飲み 浪乃音(なみのおと) 特別純米酒 ええとこどり ひやおろし

1416127173582.jpg  1416127190965.jpg

 滋賀県大津市のお酒です。
 外飲み、家飲み含め確か初めていただく銘柄。

 もうばればれかもしれませんが、実は当ブログの更新は実飲タイミングから大幅に遅れております。
 このお酒も実際に飲んだのは完全に秋。
 銘柄紹介としてはいかがなものかという状況ですが、どうぞご了承ください…

 さて、浪乃音はほぼ酒屋での衝動買いという感じでのセレクト。
 「ええとこどり」という言葉には何か意味があるのでしょうか(「中取り」みたいな)、ちょっと調べてみたもののわかりませんでした。
 今回いただくのは山田錦利用のひやおろしです。

1416127207935.jpg

 上立ち香はセメダインがほんの少し。
 含むと、ほどほどに熟した印象のバランスの良い甘旨味がスルッと入ってきて、そのまま素直に入り込んできます。
 旨味は、うーん米と果実の中間を行くような中庸の旨味ですが、少々甘味が強めで存在感があります。
 後味は自然な感じでキレイに引き上げていきます。

 全体的に自然で素直な味わいの、飲みやすいひやおろしでした。
 最近のんだ山丹正宗のひやおろしに近いような気がしますが、こちらの方が辛さ控えめで甘味があるかなあ。
 何となく、ひやおろしのお手本のような印象ではあるのですが、個人的には物足りないんですよね…。
 やっぱり私は基本的に、ひやおろしより生熟成のお酒のほうが好きなのかも。
 浪乃音、次は生をいただいてみたいと思いました。

 常温のほうが甘味が強まるので、個人的にはこちらが好き。
 逆に、あくまで裏方の食中酒を求める方にはきっちり冷やしていただくのをオススメします。

 今回燗も付けてみましたが、いやあ辛い。
 見事に芳醇辛口酒になりますね、辛口好きにはオススメ。

1416127221130.jpg

名称:浪乃音 特別純米酒 ええとこどり ひやおろし
精米歩合: もと麹:50% 掛米:60%
酒米:山田錦
アルコール度:15%
日本酒度:+2
蔵元情報:浪乃音酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年01月08日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

水尾 紅 ひやおろし 純米吟醸 原酒

本日の家飲み 水尾 紅(くれない) ひやおろし 純米吟醸 原酒

1416126617083.jpg  1416126634195.jpg

 長野県飯山市のお酒です。
 外飲みやイベントでは何度もいただいていますが、意外にも家飲みは初めて。

 水尾といえば、「第83回関東信越国税局酒類鑑評会(2012年)」で最優秀賞を受賞し、226の酒蔵の頂点にたったことが記憶に新しいところです。
 なんだかんだでかなりの数の蔵が受賞する新酒鑑評会の金賞より、この結果は重い価値をもつものと言えるのではないでしょうか。
 あの新潟を差し置いて長野酒が選ばれたという点でも、インパクトがあったかと思います。

 さて、今回いただくのはランクがちと高めの純米吟醸「紅」の、ひやおろしバージョンです。
 大長野酒祭りでは何度もいただいており、毎回甘味主役の安定感のある旨みが非常に好印象でした。

1416126650683.jpg

 上立ち香はひやおろしには珍しい、程良く甘いセメダイン香がそこそこに。
 含むと、老ね感皆無で味が乗った印象の濃厚な甘旨味がスッと入ってきますが、しばらくするとそれに強めの辛さが絡みついてキリリとした印象に変わりつつ染みこんできます。
 旨味は、メロンっぽい甘味が中心で生酒のような芳醇さと青臭さがある気がします、が、それが非常に前向きに感じられるようなまとまりがありますね。
 後味は辛さで見事なまでにきっちりキレます。

 味乗りのした濃厚な旨甘味を、しっかりとした辛さで引き取るお手本のようなひやおろしでした。
 今年飲んだひやおろしの中では川亀に似ているかも…、これも私の好みドストライクです。
 雑味の無さも素晴らしいですし、原酒ならではの濃厚さにはやっぱり惹かれてしまいます。
 水尾はやっぱり長野酒の中でも頭ひとつ抜けている完成度があると思いました。

 常温だと普通に口当たりは柔らかくなりますね。
 しかし後味の辛さはさらに増すような…、うーん辛い、私には辛すぎる気もしますが、キレは凄いです。

1416126662431.jpg  1416126674832.jpg

1416126684974.jpg

名称:水尾 紅 ひやおろし 純米吟醸 原酒
精米歩合:49%
酒米:金紋錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社田中屋酒造店
購入価格(税抜):約1,700円/720ml(レシート紛失…)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年11月30日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

井の頭 純米 ひやおろし

本日の家飲み 井の頭 純米 ひやおろし

1416126540282.jpg  1416126552928.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 外では何度もいただいています、家飲みは二回目。

 先日(もう結構前ですが)会社の同僚と「しんばし光寿」で飲み会をやりました。
 そこで、折角新橋に寄るのだからと合流前にダッシュで「信州おさけ村」に寄り、購入したお酒の一本がこちらです。
 荷物の関係上四合瓶2本が限界だったので厳選したひやおろし2本としました、もう一本は次回に。

 井の頭は大長野酒まつりで出会ってから、私の大好きな長野酒の中でも特にお気に入り銘柄であることは、前回の記事で書きました。
 今回はその時いただいた純米吟醸とはお米も歩合も違うひやおろしです、さていかがでしょう。
 しかし、ひやおろしなのにこれも要冷蔵の記載がないのですがどういうことなのでしょうか。
 一回火入れだけど保存としては常温可なのか、はたまた二回火入れでひやおろしを名乗っているのか、個人的には気になるところです。

1416126576279.jpg

 上立ち香は少し熟した吟醸香っぽいものがごくわずかに。
 含むと、甘味中心の旨味がググっときて、そこそこの辛さと渋味で舌を刺激して強い存在感を示しつつ入り込んできます。
 旨味はまさに完熟果実といった趣で、井の頭特有の芳醇ながら落ち着いた味わいの世界が展開されます。
 味わいは通常の火入れ以上に濃厚さが楽しめる感じなのですが、少し渋味が強いかな…、私が惹かれたホッとするような優しさの面では少し後退しているかも。
 後味は辛さと渋味で濃厚な旨味をしっかりと引き上げてキレる感じ。

 元々完熟果実的な趣きのある井の頭の旨味が、さらに濃厚に熟成された感じのお酒でした。
 十分に魅力的なのですが、個人的には純米吟醸のバランスの方が好きかな…。
 ただ、実はしばらくお酒を飲まない期間が続いた後に飲んだので、その個人的な状況が影響しているのかも(あと、期待感によるハードルの上げすぎ)。
 次は是非ともあえて生酒をいただいて、確かめてみたいと思います。

1416126589807.jpg

名称:井の頭 純米 ひやおろし
精米歩合:59%
酒米:ひとごこち
アルコール度:15%
日本酒度:+-0
蔵元情報:漆戸醸造株式会社
購入価格(税抜):約1,300円/720ml(レシート紛失…)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年11月27日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:1

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |