而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 29BY

家飲み記録 而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 29BY

20180412125325621.jpg  20180412125341054.jpg

 三重県名張市のお酒です。
 当ブログ常連銘柄の一つ。

 泣く子も黙るジコンヌです、同スペックは2年前も紹介していますね、ついに5回目の家飲みとなります。
 花陽浴・風の森等、同スペックのお酒を数年に渡って感想を書きつつ飲んでみて、ようやく自分のこととして実感してきたことに、「日本酒も年ごとの味の差が激しいなあ」ということがあります。
 もちろん蔵元的にあえて変えているところもあるのでしょうけど、醸造酒のサガといいますか、意図しない味の差も結構ありそうに感じますね。(特に生酒系)
 特に而今は射美、花陽浴、風の森とかと比べたら露骨な個性酒って感じでは無いと思いますし、「らしさ」をキープするってかなり大変なんじゃないかなあ…
 まあ飲み手としては、あまりカリカリせずにそんな違いも楽しむべきなんでしょうね。

 さて、スペックについてももはや語ることはないです…
 前回飲んだ27BYと同様、千本錦55の無濾過生。
 1月出荷、3月開栓なので、若干間が空きました。

20180412125355113.jpg

 注ぐと、グラスにほんのちょっとだけ泡が付きますね。
 実は今風のお酒の飲み頃を判断するのに、これ結構重要なことかもと思います。

 上立ち香はいつものベリー系っぽい濃厚な果実香がそこそこに。
 含むと、密度の高い甘旨味が力強くかつ優しい口当たりで入ってきて、ほんのりとした苦味のニュアンスで輪郭を整えつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、甘、酸、苦がそれぞれ主張してバランスを保ちつつ果実感のある、意味芳醇甘口のお手本のようなもの。
 後味は苦酸が引き取って、割りと強引にキレますね。

 割とにぎやかな味わいながらも、甘旨味の存在感がとにかく魅力的な、直球勝負の芳醇甘旨酒でした。
 少し熟成期間を経たからか、いつものイメージからすると、若干重さというか、ちょっとくすんだような感触もあるような…(それでも平均以上のまとまりではありますが)。
 でも、やっぱり好きですねえこの味、少しぐらいの粗はどうでも良くなるぐらいに魅了されてしまいます。
 而今、引き続き買えるときは買っていきたいと思ってしまいました。

 開栓後はちょっと苦味が増えたなあ…
 そうなると重さも増して…、うーん流石にちょっとバランス崩れた感じですね。
 今期の而今は崩れやすいのかしら。

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2267.html

20180412125405692.jpg  20180412125414614.jpg

20180412125423272.jpg

名称:而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 29BY
精米歩合:55%
酒米:千本錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社
購入価格(税抜):1,500円ぐらい(レシート紛失…)/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月10日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 八反錦 29BY

家飲み記録 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 八反錦 29BY

20180330121501839.jpg  20180330121513751.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 風の森と双璧をなす、当ブログ定番銘柄。

 超お気に入り銘柄の花陽浴の中でも、この八反錦48純大には特別な思い入れがあります。
 当ブログの「マイ殿堂入り」に入れているのがこのスペックですし、以前には私の「一生に一度の重大イベント」への持ち込み酒としてセレクトしております。
 まあ言ってしまうとそのイベントは自分の結婚披露宴なんですけどね…(3年前)、我ながら思い切ったことをやったなあとしみじみ思いだされます(出席者は喜んでくれました)。
 ちなみに花陽浴以外の持ち込み酒は、而今山田錦純吟生十四代山田錦大吟醸純米醸造を選んでおります。

 閑話休題、スペックについては、まあいつもの八反錦48磨き無濾過生原酒雫酒。
 おりがらみではない普通のバージョンです。
 
20180330121527114.jpg

 上立ち香はトロピカルフレッシュないつもの果実香がそこそこに。
 含むと、香りの印象通りの芳醇な甘旨味が、インパクトはありつつも滑らかな口当たりで入ってきて、酸と苦味で輪郭をしっかり整えつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、若干皮混じりのパインジュース的な、甘酸苦が溶け合った感じでバランスをしっかり保った上品なもので、旨味の満足感を与えつつもついつい飲み進めてしまう感じですね。
 後味は、酸苦が引き取りつつ、極めて自然に引き上げていきます。

 ザ・花陽浴!といった趣きの、極めて華やかながらも純度の高い、芳醇甘酸後味スッキリ酒でした。
 いやあやっぱりこのスペックは好きですね~、例えば私が花陽浴初心者に進めるならまずこれかなあ(美山錦48と迷うところですが)。
 このお酒だけを飲むときより、他のお酒と同時に飲むと、芯の濃度の高さが良くわかりますね。
 しかしやっぱり好みは分かれる味わいではあると思います、もしこのスペックを一度飲んで「自分には合わないなあ」と思ったら無理せず銘柄自体と距離を置いて良いかと…(その分は他の花陽浴スキーが群がって消費すると思いますし)
 花陽浴は今後も当然のように追っていきたいと思います。

 ちなみに開栓後一週間ぐらい経っても、ちょっと苦味が立つ程度で十分バランスは保ってますね。
 やっぱり開栓直後が好みではありますが、少なくともこのスペックは割と強いお酒だと私は感じました。

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

20180330121556010.jpg  20180330121605939.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 八反錦 29BY
精米歩合:48%
使用米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年07月02日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒 29BY

家飲み記録 飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒 29BY

20180607113446673.jpg  20180607113503174.jpg

 福島県会津坂下町のお酒です。
 ブログでの紹介は5回目。

 言わずと知れたプレミア銘柄の一角ですね、昨年に引き続き、今年も運よく定価購入することができました(ちなみに私はプレミア価格でお酒を購入したことは一回も無いです)。
 最近、知られていない銘柄の開拓により軸足を移している私としても、而今のにごりとこの飛露喜無ろ過生原酒だけはどうしても飲みたい気持ちを押さえられないんですよ…、自分の中では別格といいますか。
 そもそも、飛露喜が日本酒史に名を残している最大の功績は、「無濾過生原酒」を世に広めたということですからね、私のような芳醇フレッシュ派の日本酒党としては足を向けて寝られないお酒なわけです。
 
 ラベル情報は相変わらず貧弱、四合瓶が無いので止む無く一升瓶購入です、ただ、お値段も税抜2,600円とやはり極めて良心的。
 最近生詰やふな口のラベルのカラーリングが変わっていましたが、このお酒は変わりませんね、やはり原点としての位置付けなのでしょう。
 なお、12月購入、2月開栓です。


 上立ち香は、フレッシュさと熟感が混ざったかのような果実香が仄かに。
 含むと、濃厚な甘旨味が塊となって力強く入ってきて、ほんのりと纏った青さと苦味で輪郭を保ちつつ、最後まで存在感を保ったままじんわりと染み込んできます。
 味わいは、やっぱり飛露喜味って感じの、甘渋が一体化した感じの核を感じる旨味が主役で、いかにも無濾過生原酒的な青さ、重さもある濃厚かつ力強いもの。
 後味は若干の苦渋が受け持っってしっかりキレますね。

 ザ・無濾過生原酒といった感じの甘渋芳醇フレッシュ酒でした。
 個人的には昨年の方が好みだったかな…、今年は割とありがちな味わいに感じましたね。
 ただ、各所の感想を見ると、何となく同じ年でも結構ロットごとで味がブレる傾向にあるんじゃないかという気がします、その辺りも無濾過生原酒らしいと言えるのかも。
 正直なところ、旨くて個性的な生酒が世にあふれる今となっては「オンリーワン」という感じのお酒では無くなっているとは思いますが、やはりコスパという観点ではこれを越えるものは相当限られるかと(逆に言うと、高い金だして飲むのは愚かとしか言いようがない)
 飛露喜、やっぱり来年も飲みたいなあと思わせてくれる一本でした。 

20180607113514480.jpg  20180607113525269.jpg

名称:飛露喜 特別純米 無ろ過生原酒 29BY
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店
購入価格(税抜):2,600円/1,800ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月14日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)

家飲み記録 風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)

20180223104555155.jpg  20180223104603396.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 言わずと知れた当ブログ殿堂入り銘柄。

 風の森のチャレンジの場という位置付けのアルファシリーズですが、今回のテーマは「燗SAKEの探求」とのこと。
 店長さんにお話を聞いてみると、蔵元の想いとして、所謂フルーティー系のお酒から、神亀に代表されるような燗向け銘柄への架け橋となるようなお酒となって欲しいということがあるようです。
 いやあ素晴らしい考えだと、私は思いますね。
 
 スペックは秋津穂の精米歩合65%、無濾過無加水「火入」酒となっています。
 (余談:ネットでは風の森を「全量無濾過生」としている記載が結構残ってますが、以前「TYPE3」が発売された時点で当てはまらなくなっているのでご注意を…)
 このお酒については蔵元ホームページに解説記事がありました、技術的なキーワードは「乳酸発酵の利用」「醞(しおり)方式の応用」とのこと。
 正直あまり細かい部分は良く分かりませんが、仕込み水の代わりに部分的に9年古酒を使っているというところが一番分かりやすいポイントでしょう。
 燗付けの目安として、35度で色が変わるシールが付属しているのも面白いですね。
 (なお、今は古酒に加えてこのTYPE5自体を仕込みに使っているver.2も売られているようです、私が飲んだのは1月の初期出荷分なのでご注意を)

20180223104612348.jpg  20180223104620002.jpg

 注ぐと、確かに古酒っぽい感じで黄色(黄金)がかっていますね。
 折角なので今回はシールの色が変わる35度近辺まで、湯せんした上でいただきます。

 上立ち香は燗酒特有のアルコール感強め、しかし甘渋もあるちょっと複雑な香りがそこそこに。
 含むと、濃くかつ奥深さのある甘味が、舌先にチリチリと来るガス感と相まって、独特ながら柔らかみもある感触を感じさせつつもゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、洋梨を煮詰めたような濃い甘味がやはり主役、しかしガスの働きや仄かな渋味でダレを防ぎ、複雑さを添えることで逆に甘さをストレートに感じさせてくれます。
 後味は何気に渋味が仕事をしてちゃんと引き上げます。

 古酒ならではの奥深い甘旨味と、風の森らしいガス感が面白い感じで引き立て合う、超個性派燗向け酒でした。
 実は前々から風の森の燗をやっている人間からすると、この好相性自体にはあまり意外性はないんですけどね、通常スペックでもぬる燗は全然有りですし。
 ただ、このお酒の場合は特に完熟系の甘味にホッとするような癒し効果があって、より燗映えしているとは思います。
 「甘味」そのものが苦手な人以外には、初心者から玄人までオススメできますね。
 風の森、こういう新しいチャレンジを含め、引き続き追っていこうと思います。


 ちなみに冷酒でも普通に甘シュワ酒として私は好きですね。
 ただ確かに燗と比べると物足りない気がするのが不思議な所。

 びっくりなのは数日ぐらいじゃガス抜けないんですよ、風の森としても四合瓶でここまで残るのは珍しいんじゃないかしら。
 むしろちょっと前の風の森らしいといいますか…、最後までこの独特な感じを楽しめるという面では素敵なポイントですね、

20180223104627466.jpg

名称:風の森 ALPHA TYPE5 (ver.1)
精米歩合:65%
酒米:秋津穂
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月10日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY

家飲み記録 たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY

20180404120903510.jpg  20180404120911971.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 当ブログでの登場は2ケタに及んでいる、まさに定番銘柄の一つですね。

 たかちよについてはタータンチェックラベル等の新製品(限定スペック)がガンガン出てきており、最近はついそちらを優先して購入しがちな状況だったりします。
 が、この「レッド」だけは抑えておきたいという思いが強いんですよね、自分としてはたかちよを「マイ殿堂入り」銘柄に入れる決断の根拠になったスペックですし、個人的にひらがな「たかちよ」未経験者にはまず飲んでみてほしいと思う、もっとも「らしい」スペックだという印象です。
 通常カラーについては各色合わせて「たかちよレンジャー」という愛称がありますが、このレッドはまさにリーダーたる資格を持っていると思いますね。
 
 最近のたかちよは結構しっかりスペック情報の表記があるものが増えている印象がありますが、このレッドは相変わらずほぼ非公開。
 使用米は多分一本〆だと思うのですが…確実なところは不明です、個人的には扁平精米の効果を知りたいという意味で精米歩合表記して欲しいんですけどね…
 無調整(無炭素濾過)の生原酒であることはいつも通り。

20180404120926765.jpg  20180404121018091.jpg

 上立ち香はやはり非常に濃厚かつ甘さを感じる果実系の香りがそこそこに。
 含むと、結構バランスの良い印象の甘酸旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした苦味で輪郭を整えつつ、最後まで存在感を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、リンゴというよりはアップルジュース(透明な方)という感じの割りと爽やかな甘酸が主役、苦味はあくまで脇役ながらしっかりとダレを防ぎ、全体の印象は濃厚かつしっかりとバランスが取れている感じ。
 後味は、酸メイン、苦味サブで、バッチリ引き上げますね。

 芳醇甘口酒のど真ん中を往きつつも、バランス系のまとまりも感じさせる、ハイレベルな甘酸フルーツ酒でした。
 うーむ、やっぱりこのレッドは良いですね、看板商品として造り方が確立されているのであろう、安定感があると思います。
 やはりこのレギュラーシリーズあってこその新商品攻勢といえるでしょう、この土台は是非維持していって欲しいところ。
 たかちよ、未経験の方は是非このレッドをお試しください。

 そして、何気に開栓後三日目ぐらいがベストかも…、まとまりと落ち着きが増して、次の杯への誘引力が強まりましたね。
 その時点で飲み干してしまったので以降はわかりませんが、変化の面でも安定感のあるスペックだと思います。

20180404120945106.jpg  20180404120956984.jpg

名称:たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 29BY
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年06月02日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 生にごり酒 29BY

家飲み記録 花陽浴 生にごり酒 29BY

20180109130822862.jpg  20180109130830915.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 当ブログ定番銘柄ですね、にごり酒特集の2本目。

 昨年のにごり酒特集のときに、「而今にごり酒に匹敵する、甘旨系にごり酒を探せ!」というコンセプトを書きましたが、今年も基本的にはその姿勢は変わりません。
 相変わらず「日本酒の旨味の魅力は甘味に宿っている」というのが私の姿勢ですからね、にごり酒でもそれは変わらないというわけです。
 となれば、花陽浴のにごり酒について「買えれば買う」となるのは当然の帰結でしょう、今年も買えて良かったです。

 例年ラベルには使用米すら書いてないので非常に分かりにくいのですが、お店によると美山錦らしいです。
 スペック的には基本的にレギュラー品と同じ感じだったと思うので、これは美山錦純吟のにごりバージョンになるのでしょうね。
 11月購入、12月開栓でいただいています。 


 上立ち香は花陽浴的パイナップル香に、にごり由来の米的なニュアンスが伴った感じの香が強めに。
 含むと、強烈な甘酸にさらに澱の旨味が上乗せされて思いっきり濃厚になった感じの味がグワワっと入ってきて、そこそこの苦味でギリギリダレを防ぎつつ染み込んできます。
 味わいは、まさに通常スペックに澱の旨味、苦味の存在感が加えられた感じの、若干皮が混じったアルコール入りパイナップルジュースのような感じのもの。
 後味はそれでいて苦味と酸味の働きと花陽浴らしい雑味のなさで、ちゃんと自然に引き上げてくれます。

 花陽浴美山錦純吟のにごりバージョンとして納得感のある、旨苦マシマシの華やか系甘旨にごり酒でした。
 昨年同様、通常スペックを先に飲んでいると、良くも悪くも予想通りの味わいではありますね、とはいえ十分楽しめます。
 ちょっとガス感が加わると結構違ってくるようにも思えますが、私の飲んだ瓶ではあまり感じませんでした…
 ともあれ、華やか甘旨系にごりとして鉄板ではあります、来年もできればいただきたいと思いました。

20180109130839108.jpg  20180109130847829.jpg

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-147.html

名称:花陽浴 生にごり酒 29BY
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年04月04日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

而今 純米吟醸 愛山火入 28BY

家飲み記録 而今 純米吟醸 愛山火入 28BY

20171231212043574.jpg  20171231212055771.jpg

 三重県名張市のお酒です。
 いやあ今期も結構飲んでますね、完全に定番銘柄と化しています。

 而今については今までにレギュラーの特別純米、おりがらみ、にごりという定番純米クラスに加え、純米吟醸の米違いシリーズについても八反錦、千本錦、山田錦、雄町、酒未来と一通り家飲みできてきたわけですが、愛山だけは入手できずにいました。
 今回満を持して購入に成功し、感無量でいただいた次第です。
 なお、以前は神の穂とかあったみたいですし、八反千本とか山田錦麹とか特殊なやつもちょろちょろありますね、あくまで定番スペックの家飲みコンプという感じかと。
 (ちなみに高級スペックは分不相応なのであまり追わないつもりです、ただ、某居酒屋さんでいただいた大吟醸のあらばしり生は鼻血が出るほど旨かったなあ…)

 スペックは高級米「愛山」を50まで磨いた贅沢なもので、お値段もお高め。
 去年の10月出荷ですが、実は大晦日に一年の〆のお酒としていただきました(そして折角なので年度末の記事にしてみたり)。

20171231212108381.jpg  20171231212118121.jpg

 上立ち香はいつもの而今的なパイン香が程よく落ち着いた感じの香りがそこそこに。 
 含むと、やはり落ち着きながらもどこか新酒的なインパクトも残した濃厚な甘旨味が力強く入ってきて、奥の方に苦渋味的なものを感じさせつつ、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、完熟パインを煮詰めた上で少し糖分を抜いたような(?)、極めて芳醇ながらも、甘旨味と落ち着いた酸が良い感じでバランスを取るもので、裏方の苦渋味がさらに奥深さを添えている感じ。
 後味は、芳醇さと酸味が引き取りつつ、若干の苦渋を口中に残しながらキレます。

 濃厚ながらも落ち着きと奥深さのために飲み飽きなさがしっかりある、而今の愛山として納得感のあるお酒でした。
 火入れ的な落ち着きや愛山らしい複雑味がありつつ、やっぱり中心にはパイン的「而今味」があるんですよ。
 火入れでこれだけの個性を確立し、かつバランスもバッチリ…、う~む、若干陳腐な言い回しですが、やっぱり而今は「十四代に一番近い酒」だと、私は思ってしまいますね(味が似ているわけじゃないんですが)
 而今、今後も家飲みできることを祈るばかりです。

20171231212126464.jpg

名称:而今 純米吟醸 愛山火入 28BY
精米歩合:50%
使用米:愛山
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社
購入価格(税抜):2,000円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0(値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月31日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ

家飲み記録 たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ 

20180109130413485.jpg  20180109130422049.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 当ブログでの定番&殿堂入り銘柄ですね。

 たかちよの季節限定品になります、本当に今更の掲載になってしまいましたが、実はちゃんとクリスマスに飲んでいたりします。(タイムラグ三ヶ月…)
 ひらがな「たかちよ」のレギュラーシリーズについては一応全色飲み終わっているのですが、こういう季節限定ものとか「カスタムメイド」とかがちょくちょく出るので、ついつい手を出してしまいますね。
 あまり新シリーズを出しまくるのも落ち着きが無いなあと思うところですが、私としては現状完全にそれを助長する側に回ってしまっているので、何とも複雑な気分…
 
 詳細スペックは例によって非公開ですが、同銘柄の「緑ラベル」と「赤ラベル」をブレンドしたものらしいです。
 ラベルはそれに対応して赤と緑のチェック柄にしているとのこと、いやあ洒落たことしますねえ。
 なお、クリスマス開栓を想定しているからか、500mlボトルになっています、そのせいかお値段はいつもよりちょいお高め。

20180109130431049.jpg

 上立ち香はあま~い感じの果実香に少々お米が混じった感じの香りがそこそこに。
 含むと、トロリとした濃厚な甘旨味が割合自然な口当たりで入ってきて、そこそこの酸と完全に裏に回った苦味で輪郭を保ちつつ、ゆっくりと染み入ってきます。
 味わいは、やはりトロピカルな印象の柑橘系果実の甘旨酸が主役、苦味やキツさはしっかり抑えられていて、最後までその甘旨をストレートに楽しませてくれますね。
 後味は酸と、ほんのりという程度の苦味が引き取って、ちゃんとキレます。

 ブレンドの可能性を感じさせてくれる、たかちよらしさと面白いバランスを両立させた、割りと飲み飽きしない芳醇甘旨酒でした。
 通常の緑と比べるとフレッシュ感がほどほどな感じになっているのがなかなかグッドですね。
 全体的にバランスが良い感じで、実にたかちよらしいトロリとした甘味を素直に楽しめました。
 たかちよ、こういう限定酒なら大歓迎ですね、今後も追っていこうと思います。

20180109130440516.jpg  20180109130449432.jpg

名称:たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ
精米歩合:不明
仕様米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,250円/500ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月27日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

而今 純米吟醸 酒未来 無濾過生 28BY

本日の家飲み 而今 純米吟醸 酒未来 無濾過生 28BY

20170402130756153.jpg  20170402130803682.jpg

 三重県名張市のお酒です。
 当ブログ登場回数トップ3に入る定番銘柄ですね。

 このお酒は昨年10月に開栓したのですが、実は購入は2月だったりします。
 入手難易度が高いお酒ということもあり、何か機会があったときに開けようと思って、あれよあれよ半年経過…、いやあ年をとると時間が速く経つってほんとですね。
 これは自戒も込めていうのですが、明確な意図無しに、プレミア酒(特に生)を冷蔵庫の肥やしにするのは良く無いことだと思っています。
 日本酒の自家熟成はまだまだハイリスク、ダメにしちゃったら他に飲みたかった人に申し訳ないですからね。

 スペックは山形のレア(?)酒米、酒未来を50%までと結構磨いた無濾過生原酒。
 前回飲んだ26BYは感動ものの味わいだっただけに、熟成期間に若干の不安を感じつつの開栓でした。

20170402130817989.jpg

 上立ち香はいつもの而今的な柑橘系果実がありつつ、程よく落ち着き、バニラも感じる個性的なものがそこそこに。
 含むと、割りと香りの印象通りの、インパクトとまとまりを両立したトロピカルな甘旨酸味が力強く入ってきて、結構強めの渋味と押し合いへし合いしながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やっぱりしっかり熟した感じの果実の甘旨味を芯にしつつ、熟成香は皆無ながら、渋味や苦味等も感じてなかなかに賑やかなもの、ただ全体としては不思議に嫌な感じではなく、むしろ飲み飽き無さが出てきている気も。
 後味は、苦渋をほんのりと残しつつ、酸でしっかりキレる感じ。

 而今らしい濃度やインパクトをキープしつつ、独特の複雑味と熟感をプラスした、結構飲んでいて楽しい感じになった而今でした。
 ここだけの話なのですが、実は私はこのお酒を開けた際、ついリミッターを外してしまい、一人家飲みで記憶と無くすという失態をやらかしてしまいました(翌日確認すると五合は飲んでましたね…)。
 やっぱりちょっと28BY的苦味が気になりはするのですが、ある種それもアクセントになっていたのかも…
 ただ、以前の印象と比べると、基本の飲み頃はやっぱり出荷から数ヶ月だったんじゃないかなあとも思いますね、フレッシュ感がないのはやはりちょっと寂しい。
 而今、少なくとも生酒については、早めの開栓を個人的にはオススメします。

20170402153939060.jpg  20170402153946609.jpg

20170402153953765.jpg

名称:而今 純米吟醸 酒未来 無濾過生 28BY
精米歩合:50%
使用米:酒未来
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社
購入価格(税抜):3,400円/1,800ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年01月28日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦 29BY

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦 29BY

20180109103340405.jpg  20180109103350159.jpg

 2018年の家族用新年酒の3本目になります。

 (昨年類似スペック(おりがらみ)の感想はこちら)


 上立ち香は、いつものパイン香が、華やかな感じで強めに。
 含むと、トロピカルでインパクトのある甘酸旨味がグワっと入ってきて、かつダレを感じさせないまま、若々しいまま口中に広がります。
 味わいは、やはりフレッシュパイン的な甘酸旨味が主役にあり、花陽浴特有の華やか系苦味的クセも少々有りつつ、全体の印象としてはちゃんとフルーツ的な旨味をしっかり感じさせてくれます。
 後味は、苦味を若干口中に残しつつも酸味が引き取って、最後には見事にキレイに引き上げていきます。

 華やかな上立ち&含み香、超濃厚な甘旨味、そしてそれらをしっかり引き取るキレイさとバランスを兼ね備えた、花陽浴らしいお酒でした。
 個人的に上三つの要素があってこそ花陽浴だと思っております、28BYはその中の甘旨味が力不足だった感じでしたが、今年はほぼほぼ復活した印象ですね。
 ただちょっと苦味が強めかなあという気もします、実際は旨味がしっかりしていることもあってあまり気にならないんですけどね。
 29BYの花陽浴は、継続的に購入していきたいと思わせてくれた一本でした。

20180109103359123.jpg  20180109103407664.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 八反錦 29BY
精米歩合:55%
使用米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年01月10日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

而今 特別純米 にごりざけ生 29BY

本日の家飲み 而今 特別純米 にごりざけ生 29BY

20180108183839556.jpg  20180108183848771.jpg

 先日の記事で私の正月酒を紹介しましたが、持ち込み酒5本については自分で飲んだ量が少ないしメモも取れなかったので、感想は載せません。
 対して、家族用のお酒4本については一人でも飲めましたので、これから掲載していこうと思います。
 ただ、ハッキリ行ってここ数年スペックが被っていて新しく書くネタも無いため、写真と飲んだ感想だけバーッと書いていく簡易版にしようかと…
 その代わりと言っては何ですが基本毎日更新にしますので、どうかご了承ください。

20180108183858008.jpg

 (昨年の感想はこちら)

 上立ち香はセメダインとガスが混じった香りがそこそこに。
 含むと、しっかりと存在感のある甘酸旨味がシュワシュワと入ってきて、最後まで純度を保ったまま喉奥に流れ込んでぎます。
 味わいは、まさに大人のカルピスソーダ的な甘旨味が芯にあって、苦味的な奥深さは有りつつもマイナス要素の雑味は皆無、とにかく旨味を楽しめるのがよし。
 後味は、酸味が引き取って見事にキレます。

 シュワシュワとした、お米の味わいを伴った甘酸旨味を高純度かつ高濃度で楽しめる、甘旨系にごりの決定版というべきお酒でした。
 いやあほんと、このお酒に関しては毎年絶大な信頼を寄せているのですが、毎回信頼に応えてくれますね。
 昨年にごり酒特集なんてことをやっていて、実は今年もやるつもりなのですが、このお酒についてはまさに殿堂入りという認識です。
 而今にごり、来年も飲めることを切に願う今日このごろでした。

20180108183907622.jpg

名称:而今 特別純米 にごりざけ生 29BY
精米歩合:60%
使用米: 山田錦:34% 五百万石:66%
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年01月08日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル

本日の家飲み たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル

20171122133420975.jpg  20171122133429913.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 当ブログでの登場頻度はトップ5には入る、定番&殿堂入り銘柄ですね。
 というわけで…、

 まるめち的秋酒アプローチその③…「自分の信頼する銘柄の秋季限定品を選ぶ」

 てな感じです、これまた当たり前ですね。
 といいつつ自分の場合、好きな銘柄でも「ひやおろし」は合わないことが多いので、それ以外の季節限定ものを選ぶことの方が多いのですが…
 
 今回いただくのは、日本酒界のゆるキャラ「さかずきん」の姿も見える「ハロウィンラベル」、「たかちよ」のひらがな的柔らかさも手伝って、可愛らしい印象のに仕上がっていますね。
 秋酒ではあると思いますが、いつも通りの無調整生原酒ということで、所謂生熟成のお酒と言ってよいでしょう。
 詳細スペックは例によって不明。 

20171122133439661.jpg  20171122133448647.jpg

 上立ち香はやはり濃厚で甘さ混じりの果実香がそこそこに。
 含むと、しっかり味の乗った甘旨味が力強く入ってきて、若干スパイシーな辛さで引き締まりを保ちつつ、最後まで存在感を保って染み込んできます。
 味わいは、割りと落ち着きがありつつ少々フレッシュさも感じるような芳醇な甘酸味が厳然たる主役、裏方には渋辛がいる感じですね、ただ少々薬臭さを感じるのはマイナス。
 後味は酸渋辛が相まって甘味をしっかり引き取る形でキレます。

 秋らしく味乗りした濃厚な甘旨味を、独特のバランスで素直に楽しませてくれる、たかちよらしい秋酒でした。
 この程よい熟感はまさに秋の生熟酒の魅力ですね、ひやおろしみたいに中途半端に熟成香をまとうことが無いのがグッド。
 実はアルファベットラベルタータンチェックラベルと、28BYのたかちよは自分にとってちょっと期待外れな味わいが続いていたので、このお酒に出会えたことはとても嬉しかったです。
 たかちよ、今後も要所要所で買っていきたいと思いました。

20171122133456369.jpg  20171122133506697.jpg

名称:たかちよ 無調整生原酒 ハロウィンラベル
精米歩合:不明
仕様米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年12月25日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 美山錦 29BY

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 美山錦 29BY

20171128120138836.jpg  20171128120149322.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 当ブログでの登場はついに30回を越えました。

 花陽浴はブログを始める前からのお気に入りであり、「芳醇甘口派」を自認する私にとって、ある意味象徴的な意味を持つ銘柄です。
 その銘柄のトップバッターというべきスペックがこの美山錦純吟なのですが、昨年の味わいは極めて「らしくない」ものであり、28BYの出来自体にかなり不安を感じたものでした。
 後半は結構持ち直したものの、さて29BYはどうだろうというのは当然前から気になっており、早速セレクトした次第です。
 実はこれより先に飲んだお酒はまだ大量にあるのですが、「20代から始める日本酒生活」さんを初め、他のブロガーさんに先を越されていくのが花陽浴フリークとして若干悔しいので(笑)、優先的に取り上げることにしました。

 スペックはいつも通りの美山錦55%、無濾過生原酒。
 今年からラベルが変わってますね、が、各所の評判はあまり良くない気がします(笑)、私も前の方が好き。
 ただ、今風かつ華やか(というか派手)な味わいのイメージ的には、こちらの方が合っているのかもしれません。


 上立ち香は花陽浴香とでも言うべき、熟れすぎて悪くなりかけてる(笑)パインの香りがぷんぷんと。
 含むと、むせ返る程の甘酸味がグワッと、しかしなめらかな口当たりで入ってきて、奥の方に苦味を想起させつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、甘味と酸味が最大限に主張する超濃厚な旨味の世界を演出しつつ、その酸の働きと、あくまで裏方に徹する苦味により、不思議なほどにダレない独特のバランスを保つもの。
 後味も酸がメイン苦味がサブで働いて、袋吊りの真骨頂的に、自然に引き上げていきます。

 強烈ともいえるインパクトの甘旨酸味を、オンリーワンのバランスと自然な後口で楽しませてくれる、しっかりと「花陽浴らしい」お酒でした。
 飲んだ後に思わず「うん!これこれ!」とひとりごちてしまうような一杯でしたね…
 花陽浴としては、これより完成度の高いもの(ロット)は多くあったと思いますが、少なくともこのお酒には28BYと違って、しっかりと「らしさ」がありました、ファンとしてはこれほど安心し、喜べることはありません。
 花陽浴、今期の出来には強く期待を寄せていきたいと思います。

20171128120158034.jpg  20171128120209225.jpg

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-145.html

名称:花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 美山錦 29BY
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年12月03日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

村祐 常盤ラベル 亀口取り 28BY

本日の家飲み 村祐 常盤ラベル 亀口取り 28BY

20170922144030887.jpg  20170922144047252.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目になります。

 なぜか村祐は常盤ラベルばっかり飲んでますね(4回中3回)ただ実は、一回目は通常品二回目は生熟品、そして今回は亀口取りと微妙に違っていたりします。
 この辺り実にマニアックな違いなんですよね…、村祐は基本スペック非公開を徹底していつつも、この辺りの情報はチラチラ出してくるのがニクいと思います。
 ちなみに亀口取りは村祐の限定品として結構有名かと…私も前から目を付けておりました、ググると「無加圧」ってところがポイントみたいですね。

 スペックは相変わらずの非公開、確か亀口取りは一升瓶限定なので、腹をくくって購入。
 5月出荷の7月開栓なので、ちょっと間が開いてしまいましたね。

20170922144110618.jpg  20170922144119306.jpg

 上立ち香は蜜たっぷりの青リンゴといった趣の、甘酸を感じる果実の香りがそこそこに。
 含むと、複雑な印象の甘旨味が、しかしなめらかな口当たりでトロリと入ってきて、最後までその存在感を保ちつつじわじわと染み込んできます。
 味わいは、和三盆というにはちょっと濃い感じの砂糖系の甘味に、割りと色々な方向の味が絡みついた感じの、完熟果実の砂糖漬けと言った趣の甘旨味が最初から最後まで主役を演じます。
 後味は、ほんのりと苦渋を舌先に残しつつも、濃厚さをきちんと引き取って自然に引き上げていきます。
 
 心地よく、若干複雑さもある甘旨味を、じっくりじんわりと楽しめる、確固たるスタンスを感じるお酒でした。
 28BYが故か気持ちいつもより苦渋が強かった気も…、ただこれはあくまでも常盤ラベル同士を比べての話。
 基本的には、やはり安定して甘旨い、甘口派鉄板商品といえるでしょう。
 村祐は引き続き追っていこうと思いました。

 開栓から時間が経ってくると、更に複雑味が増してきますね。
 レーズン様の渋味を纏った感じも出てきますが、これはこれで楽しい感じ。
 この甘さの割には崩れないお酒だと思いました。

20170922144138454.jpg  20170922144129420.jpg

名称:村裕 常盤ラベル 亀口取り 28BY
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):3,300円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年09月27日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

花陽浴 純米吟醸 雄町 おりがらみ 28BY

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 雄町 おりがらみ 28BY

20170402160536040.jpg  20170402160544369.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 泣く子も黙る当ブログ定番銘柄。

 この雄町おりがらみは、花陽浴28BY生酒では最後に入手できたものなので、勿体無くてしばらく寝かせてしまいました。
 出荷年月が3月で開栓6月なので、最低3ヶ月は寝てからいただいています。
 (今回感想が長いので導入はここまで)

20170402160551546.jpg

 上立ち香は若干粉っぽさも感じる甘酸トロピカルフルーツの香りが強めに。
 含むと、トロミのある超濃厚な甘酸旨味が刺激無しのまろやかな口当たりで入ってきて、その酸と裏方に感じる苦味でしっかりと輪郭を保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、いつもの花陽浴的な完熟パイナップルの甘酸が厳然たる主役、おりがらみ由来の苦味も若干存在感ありますが、何と言っても甘旨の濃度が高いのでキツさは皆無。
 後味は酸苦が引き取って、最後まで自然に引き上げていきます。

 とにもかくにも濃厚かつ好ましい甘旨味を、最初から最後まで素直にストレートに楽しめる、芳醇旨口酒でした。
 これですよ、これこそ花陽浴なんですよええ。
 花陽浴というと華やかな甘酸が特徴と思われがちですが、実はオンリーワンなのはこの口当たりの上品さ、柔らかさなんじゃないかと思います。
 私は28BYで、主に苦味によってバランスが崩れてしまった印象の甘口酒を多く飲んで、やっぱり評価されている甘口系のお酒というのは、微妙なバランスの上に成り立っているんだなあと再認識しました。
 フレッシュフルーティー芳醇甘口系のお酒というのは、ともすれば「流行り系」「ありがち系」でひとくくりにされがちと思うのですが(特に辛口派や純米燗派からすると)、やっぱりその中でも完成度の差というのは歴然としてあるんですよね。
 とりわけ花陽浴はそっち系の極北ともいえる銘柄であり、私はその「インパクト」と「まとまり」に現在進行中で惚れ込んでいるため、その要素は維持してくれることを切に願う今日この頃です。
 花陽浴には、今から既に29BYに期待を寄せてしまいますね。

 開栓二日目以降は、正直なところ早くも甘ダレ感が出てきた感じはあります、完熟を超えて過熟しちゃった感じですね。
 まあそれは私が勝手に寝かせた結果なので…
 逆に、世の中のマニアに言いたいのは、花陽浴を買えたら、若干もったいなくても、数ヶ月以内には飲んだほうが良いだろうということです。
 もちろん転売屋からの購入は論外でしょう、ある意味十四代以上にあっさりダメになる恐れがあるお酒だと思います、ダメ・絶対。

20170402162553576.jpg  20170402162603692.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 雄町 おりがらみ 28BY
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年09月14日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

本日の家飲み 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

20170724162921143.jpg  20170724162929873.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 前回の山田錦純米吟醸と同時購入しました。

 この「雄町・純吟・笊籬採り」は、日本酒初心者だった23BYに初飲みして以来心酔しているスペックであり、24BYは当ブログの数少ない「マイ殿堂入り」にしています
 基本的には毎年購入していたのですが、27BYは全量四合瓶&上槽即出荷化に伴って出荷時期がずれていたこともあってうっかり買い逃し、外飲みで一口飲んで「ああ、買っておけばよかった…」と涙した記憶があります。
 というわけで今年は早々に確保しておきました、本当油断禁物ですね。

 さて、風の森の笊籬採りについては、上記の変更があった27BY以降はやはり酒質が変わった印象はありますね。
 しぼり華というか真中採りとの違いがあまり無くなったと言いますか…
 まあ、このスペックについては、甘味の質さえ変わっていなければ個人的にはOKですし、あまり先入観を抱かずにいただこうと思います。

20170724162939758.jpg

 上立ち香はマスカット果汁入りサイダー的な、ガスを感じる香りがそこそこに。
 含むと、芳醇そのものの甘旨味が強いガス感とほんのりとした苦味に引き締められつつ、力強くかつ複雑さを孕んで、最後まで濃度を保ちつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、サイダーに甘めの白ワインを混ぜたような(?)、甘味とガス感の裏に酸苦渋をそれぞれ感じさせる、複雑さと分かりやすいインパクトの両方を感じるもの。
 後味はしっかり苦味が引き取って、芳醇さを忘れさせてキレます。

 いわばチューハイの気安さと、ワインの奥深さを兼ね備えたかのような、万人にオススメできるチリチリ芳醇甘旨酒でした。
 旨味の芯が甘味にあるので気負わずに楽しめますし、飲み方についても、温度は冷酒~常温でも全く大丈夫で、変化も開栓後一週間は余裕でOKだと思います。
 いやあやっぱり好きですね…風の森のこのスペック。
 ただやっぱり殿堂入り一升瓶のころに比べると明らかに「軽く」なっている(アルファに引っ張られてる?)気はしますね、それはちょっと寂しい感じもありますが、日本酒初心者にはより手軽に勧められるとも言えるかと。
 風の森は29BY以降も追っていきたいと決意を固めた一本でした。

 実は同じスペックをもう一本確保してあり、一年程度寝かす予定です。
 改めて感想も書きますのでご期待ください。

20170724162959226.jpg  20170724162949022.jpg

名称:風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY
精米歩合:60%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年08月29日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

風の森 山田錦 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

本日の家飲み 風の森 山田錦 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

20170724162828013.jpg  20170724162839087.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 言わずと知れた当ブログ殿堂入り銘柄。

 風の森については、ほぼ全スペック家飲みできているはずですが、各お米のイメージを乱暴にまとめるとこんな感じだったりします。
 秋津穂…全ての基本。風の森味わいマップを作ったら、秋津穂純米がど真ん中にくるイメージ。
 山田錦…かなりドライで甘味控えめ。いわゆる辛口派にはオススメできるが、ちょっと割高。
 雄町…純米と純吟で全然違う印象。純吟の甘味は自分の中で別格。
 露葉風…結構個性、クセもある印象。ただ新発売の純大はクセをうまくこなれさせていた感じ。
 キヌヒカリ…雄町純吟に次ぐ甘口。何となく日本酒初心者に飲ませたい。

 というわけで、実は山田錦には個人的にはあまり良い印象が無いのですが、たまには良いかとセレクトしました。
 60磨きで1800円というのは昨今の地酒相場ではちとお高めだと思いますが、まあマニア向けスペックでしょうからね。
 むしろアキツホの純米とかアルファ1の値段がおかしいと考えるべきでしょう…

20170724162848939.jpg

 上立香はやはりマスカット混じりのサイダー的な香りがそこそこに。
 含むと、フレッシュな甘旨味がふわっと広がったと思うと、一瞬後に厳しく出てくる苦味辛さに強烈に締め上げられ、ピリピリ感をまとって喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりサイダー的な風味のある旨味が芯にあるのですが、解説通りとにかくドライで、甘味は最初の一瞬面影を見せるだけ、全体としては苦辛で極めて引き締まった印象ですね。
 後味は、流石にその印象のまま見事にスパッとキレます。

 何となく「スーパードライ」という言葉が浮かぶ、極めて引き締まった微炭酸辛口酒でした。
 私は辛口派ではないので若干物足りない気もしますが、風の森の場合最初にフワッとくる旨味がとにかく自分の好みなので、全体としては前向きに楽しめてしまいます。
 まあガンガン飲めてしまうという、蔵元の狙いもはっきりわかるお酒なので、一度は試してみても良いと思いますね。
 次は同時に買ったもう一つの笊籬採りをご紹介します。

20170724162909802.jpg  20170724162858827.jpg

名称:風の森 山田錦 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年08月27日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 美山錦 28BY

本日の家飲み 花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 美山錦 28BY

20170327121331420.jpg  20170327121339624.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 相も変わらず当ブログ最多登場銘柄になっております。

 花陽浴については今期(28BY)既に美山錦純吟八反錦純吟おりがらみにごり生をいただいており、また、今回の美山錦純大については27BYのおりがらみ25BYの同スペックを家飲みしているという、状況になっております。
 まあ、そのペース自体が示していることですが、やっぱり惚れ込んでいるんですよね、この味わいに。
 それだけに28BY最初の美山錦を飲んだ時の「これは違う…」という感触は本当に恐ろしいものでした…

 その後生にごりを飲んだ印象により、ちょっと寝かせた方が「らしい」味わいになりそうだと思い、今回のお酒については、1月出荷分を3月中旬に開栓して飲んでおります(そしてブログ掲載は5月という体たらく)。
 スペック的にはいつもの美山錦48磨きの袋吊り無濾過生原酒になります。

20170327121348647.jpg

 上立ち香は華やかな印象のいつもの柑橘系果実の香り(ただ若干大人しめ)がそこそこに。
 含むと、濃厚ながら透明感のある甘旨味が摩擦なしの口当たりで入ってきて、酸でしっかりと輪郭を維持しつつ、奥の方に苦味も感じさせながらゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、やはり花陽浴らしいパイン的な甘旨酸味が主役、濃度も満足できる水準で、透明感に加え苦味もあるからか、ガンガン飲み進んでしまう魅力がありますね。
 後味はほんのりとした苦酸を感じさせつつも、優しくキレイに引き上げてくれます。

 華やかさ、透明感、そしてバランスを兼ね備えた、高次元のまとまりのある芳醇甘旨酒でした。
 何というか、このお酒でようやく今期花陽浴が目指したものの一端が感じられた気がします、ちょっと大人になったかのような。
 ただ、私としてはちょっと苦味が気になるのと、何より花陽浴にはやっぱり超濃厚甘旨路線(ただし荒さは皆無)という方向性を求めたいんですよね…変化を望まないわがままなファン心理というやつです。
 ともかく花陽浴は今後も密着して動向をチェックしたいと思います(実は今期雄町は購入済み)。

20170327121358402.jpg  20170327121410257.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 瓶囲無濾過生原酒 美山錦 28BY
精米歩合:48%
使用米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年06月04日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

風の森 露葉風50 純米大吟醸しぼり華 無濾過無加水生酒

本日の家飲み 風の森 露葉風50 純米大吟醸しぼり華 無濾過無加水生酒

20170327121028188.jpg 20170327121036487.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 言わずと知れた当ブログ殿堂入り銘柄。

 風の森は以前から、奈良の酒米である「露葉風」を使った純米酒(精米歩合70)を出していましたが、今回いただくこの純米大吟醸は28BY初登場の新製品になります。
 この辺りの経緯は奈良県の地酒屋「あべたや」さんの商品紹介ページに詳細が載っていましたので、興味がある方はご一読を…
 ポイントは、「露葉風の品質は生産農家の方々のご努力もあり、年々向上しており、本年のお米は高精米にも十分対応できる酒造好適米となってまいりました。」という部分でしょうか。
 酒蔵が農家としっかり連携して継続的・安定的に調達することの大切さが伝わってくる気がします。

 裏ラベルには相変わらず細かい情報の記載が有ります、超硬水の長期間発酵というのもいつも通りですね。
 白いラベルは見た目格好いいのですが、写真写りが良くないのがちょっと難点かも。

20170327121044436.jpg

 上立ち香は甘く濃厚な、プルーンのような香りがそこそこに。
 含むと、独特な奥深さのある濃厚な甘旨味が強めのガスを伴いチリチリジュワーッと入り込んできて、徐々に強まる渋味で輪郭を保ったまま、息が長く染み込んできます。
 味わいは、三○矢サイダーに半熟のメロン果汁を混ぜたようなガス甘をメインとしつつ酸も伴ってダレ感の無い、青く複雑味のある旨味が主役ですね、磨いている割には味わいたっぷりですが、しつこさが無いのは磨き相応という印象。 
 後味は、ガスと渋味で力強くキレます。

 個性及び濃度と上品さを兼ね備えた、完成度の高いチリチリ芳醇甘旨酒でした。
 50磨きでこれだけ味を出してくるのは風の森らしい感じですね、そしてそれとガスが相まって絶妙なバランスの飲み応えを与えているのもいつも通り。
 露葉風特有のクセのようなものも若干ありますが、全体としては新製品とはとても思えないような安定感のあるお酒だと思います、やっぱり各蔵が特定品種のお米にこだわりを持って、長期間造りの知見を集積するということは大事なことなんだなあと感じました。
 風の森は完全に自分にとって不可欠な銘柄になっていますね、今後味が変わらないことを切に願う今日この頃。

20170327121054964.jpg 20170327121103907.jpg

20170327121113289.jpg

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

名称:風の森 露葉風50 純米大吟醸しぼり華 無濾過無加水生酒
精米歩合:50%
使用米:露葉風
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年05月03日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

花陽浴 純米吟醸 生にごり酒

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 生にごり酒

20170116154355374.jpg  20170116154405571.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 言わずと知れた、当ブログの最多登場銘柄になります。

 唐突ですが、皆さんは「にごり酒」はお好きでしょうか?
 私は結構好きなイメージがあって、当ブログでも現在「にごり酒」タグがついた記事が16本にもなっています。
 が…、実はその中身は三分の一ぐらい「而今 特別純米 にごり酒生」が占めていることに最近気づきました、しかも「お気に入り度」が高いのもほとんどが而今という有り様。
 「これではいかん!」と個人的に思い、実は昨年末からかなりの数のにごり酒を意識して集中的に家飲みしております。
 自分の中では「而今にごりに並ぶ甘旨系にごり酒を探せ!」というコンセプトですね。
 当ブログは実飲から記事掲載までのタイムラグがひどいので、開き直って連載っぽくまとめて取り上げてみようと思います。

 トップバッターは而今と並ぶ鉄板銘柄の花陽浴…、なのですが、28BYについては新酒第一弾の美山錦が「らしくない」味わいだったために、若干ビクビクしつつの開栓となりました。
 ちなみに、11月出荷のものを昨年のクリスマスに開けております(実に三ヶ月前…)、なんとなくクリスマスっぽいラベルだったもので。
 このにごり酒はかなり出荷量が少ないらしく、初家飲みのために急いで確保いたしました。


 注ぐと、流石におりがらみとは違ってガッツリと白濁しています。

 上立ち香はいつもの果実香にお米とガスが強めに混じった感じの香りが気持ち強めに。
 含むと、トロトロの甘旨味が高濃度で入ってきて、僅かなガス感と、そこそこのおりの苦味でキッチリと締め上げられながら、塊のまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いつものパイナップル的甘酸味が主役ながら、やはりオリが苦味と一種のまろやかさも加えていて、なかなかに複雑な世界を創り出していますね。
 後味は酸がしっかり働いて、粉っぽさを感じさせずにしっかりとキレます。

 少々苦味が強めにありつつも、花陽浴らしい甘酸もそこそこに感じる、飲み進めやすい甘旨系にごり酒でした。
 28BY、しかも美山錦利用(らしい)の純吟になりますが、通常の純吟と比べると甘味が出ていたように感じました。
 これはやはり購入から一ヶ月以上置いてから開栓したのが良かったんじゃないかな…、わりと飲み頃であったような。
 にごり酒集中飲みについて、好スタートを切らせてくれた一本でした。

20170116154413925.jpg  20170116154421999.jpg

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

名称:花陽浴 純米吟醸 生にごり酒
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年03月30日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ