FC2ブログ

咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり 生原酒 30BY

家飲みプチ記録 咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり 生原酒 30BY

20190508165118461.jpg  20190508165127804.jpg

 2016年に初飲みして以来個人的に「もっと評価されるべき」と推している咲耶美です。
 実は今回はかの地酒の聖地「小山商店」さんに初訪問したときに購入しました、ちなみに同店が咲耶美を扱っていると知った時私は「やっぱりわかる人はわかるんだよなあ…」と一人ドヤったことを申し添えておきます。
 前回(28BY)の感想はこちら。

20190508165135932.jpg  20190508165145373.jpg

 上立ち香は若干ケミカル感を纏った甘めの果実香がそこそこに。
 含むと、ガッツリ甘い感じながらもガス感と若干の硬質さで輪郭を保った旨味が力強く入ってきて、自然な感じで口溶けていく感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、なんとなくラベルのイメージ通りのベリー系っぽい濃厚な甘旨味が中心、苦味も感じるものの抑えられていて、インパクトと飲み進めやすさを両立させている感じ。
 後味は、苦味の余韻をあくまでほんのりと残しつつ、しっかりと引き上げます。

 「直汲み荒ばしり」のイメージ通りのインパクトとガス感を特長としつつも、全体の味わいのバランスがしっかり取れている、芳醇フレッシュ甘旨酒でした。
 ガスの使い方が非常に上手いですね、濃厚さをしっかり引き上げるツールとして使いこなしている印象。
 あとミネラル感もあると思うんですよね、凝縮感が溶けていく感じが非常に心地よいと思います。
 咲耶美、やはりこっち系のフレッシュフルーティー酒としてトップクラスの完成度だと改めて感じた一本でした。

20190508165204418.jpg

名称:咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり 生原酒 30BY
蔵元情報:貴娘酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月19日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒 30BY

家飲みプチ記録 十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒 30BY

20190510150108452.jpg  20190510150124514.jpg

 個人的に、にごり酒の中でもかなりお気に入りのお酒です、今年もリピート買いしました。
 前回の感想はこちら。
 後、昨年のにごり酒特集も参考になると思うので、興味があればご覧ください。

20190510150116873.jpg

 上立ち香は若干お米混じりのカルピスソーダ?的な甘くもさわやかな香りがそこそこに。
 含むと、そこそこにのガス感を纏って押し出しの強い甘酸味がグググッと入ってきて、オリ由来の柔らかい苦味と一体化しつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、若干原液を足したカルピスソーダ的な、しっかりとした甘さを中心としつつ乳酸が伴う極めて飲みごたえのあるもの、ただダレ感は無くてむしろ若干硬質な感じもあるのが不思議ですね。
 後味は、少々オリの苦味を口中に残しつつも、酸メイン引き取る感じで、しっかりキレます。

 しっかりと存在感のある甘旨味を、乳酸感と独特の硬質さで引き締める、飲みごたえがありながらいつの間にか飲んでしまう甘酸系にごり酒でした。
 いやあこれは私好みですね~、まず甘味の存在感がくるのがとても良いです、それでいてダレやしつこさが皆無で、非常に完成度高し。
 今年に関しては仙禽雪だるまの甘味控えめ酸メインといい感じで好対照な感じかなと思います、どちらも良いですね。(私はこっちの方がより好き)。
 スノーウーマンは31BYも買えれば買うでしょう、また、十六代九郎右衛門は他のスペックもやりたいところです。

20190510150141157.jpg20190510150132302.jpg

名称:十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒
蔵元情報:株式会社湯川酒造店
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月17日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花巴 水もと×水もと 無濾過生原酒 30BY

家飲みプチ記録 花巴 水もと×水もと 無濾過生原酒 30BY

20190508161811173.jpg  20190508164646791.jpg

 濁酒に引き続き、超個性派奈良酒の紹介です、個人的には甘味寄り甘酸っぱ系変わり種日本酒の決定版というイメージ。
 前回の感想はこちら。

20190508164703952.jpg  20190508164655049.jpg

 上立ち香は実に甘酸っぱい感じながら、なぜかウィスキー的な雰囲気もある香りがそこそこに。
 含むと、極めて濃厚な甘酸っぱ味が木香っぽい複雑味を纏って力強く入ってきて、唾液腺も刺激しつつも一種の柔らかさも感じさせながらじわじわと染み込んできます。
 味わいは、強くもキツくない酸味と、若干蜂蜜っぽい甘味と、枯れてない熟感と、木香的な奥深い渋味がそれぞれ激しく主張しあって絡み合うオンリーワンの世界観のあるもの。
 後味は、酸味がガッツリ仕事をして、濃厚さをしっかり引き上げます。

 完全に日本酒離れした印象の、そしてだからこそ日本酒の可能性を感じさせてくれる、超個性派複雑系甘酸酒でした。
 いやあ~これはほんと好み分かれるタイプですわ(そして私は大好き)、まさにオンリーワン。
 今回は木香を強く感じたのですが、これは木樽使ってるんですかね…、花巴は確かにオーク樽熟成あったはずですが、これがそうなのかは知らないんですよね。
 個人的には普通のお酒の樽香とかはあまり好きではないのですが、こういう甘味が負けないタイプのだと、素直に木の風味の奥深さを楽しめる気がします(満寿泉の貴醸酒とか)。
 花巴の確固たる個性の魅力を感じた一本でした、今度はまた別の変わり種もいただいてみたいですね。

20190508164713458.jpg

名称:花巴 水もと×水もと 無濾過生原酒 30BY
蔵元情報:美吉野醸造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月14日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

よこやま SILVER 純米吟醸生酒

家飲み記録 よこやま SILVER 純米吟醸生酒

20190425122329083.jpg  20190425122345167.jpg

 長崎県壱岐市のお酒です。
 家飲み経験については後述。

 このお酒は当ブログでも何度か登場した「横山五十」を醸す蔵のお酒になります。
 その時に書いた通り、横山五十は重家酒造の跡継ぎが東洋美人の蔵を間借りして造ったお酒でした、が、この「よこやま」は元々蔵が所在する壱岐島に新設した日本酒蔵でったお酒になります。
 蔵元からするとまさに念願かなってという感じでしょうね、重家酒造が日本酒造りを休止したのは1990年だそうなので、約30年越しの復活。
 今期が初の造りということで、そもそも横山五十も好きな私としては買わねばなるまいとセレクトした次第です。

 使用米は山田錦、精米歩合は、麹米は50%ですが、掛米は55%になってます、「横山五十」の名の縛りから解き放たれてますね(笑)
 11月製造、12月開栓と、フレッシュコンディションでいただいております。
 
20190425122358175.jpg  20190425122453465.jpg

 上立ち香はフレッシュさ、青さを感じるメロン的な果実香が気持ち強めに。
 含むと、やはり濃厚かつ青い感じの甘旨味が程よいインパクトで入ってきて、しっかり抑えられた苦味や渋味でこれまた程よい奥深さを添えつつ、バランスを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりメロン的かつ少々のバニラ感・ガス感を纏ったクリームソーダ的な甘旨味が中心にあって、酸苦渋はあくまで脇役に徹してくれるので、旨味をガッツリ素直に楽しめる印象。
 後味は、ほんのりと苦味を口中に残しつつしっかり引き上げます。

 非常に密度の高いフレッシュな甘旨味を最初から最後までストレートに楽しませてくれる、バランスのよい芳醇甘旨酒でした。
 いやあやっぱり横山五十と同じ系統って感じですね~、初の設備の造りでこの出来は素晴らしいかと!
 新酒の時期ならではの日本酒の魅力をビンビンに味あわせてくれました(ブログに載せるのは遅れまくりですが…)。
 よこやま、今後超要注目銘柄ですね。

20190425122510322.jpg  20190425122410463.jpg

名称:よこやま SILVER 純米吟醸生酒
蔵元情報:重家酒造株式会社
購入価格(税抜):1,490円/720ml
購入した酒屋さん:丸十酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月02日 長崎の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

亀萬 純米 無濾過生原酒直汲 野白金一式 九号酵母

家飲み記録 亀萬 純米 無濾過生原酒直汲 野白金一式 九号酵母

20190410170107866.jpg  20190410170117528.jpg
 
 熊本県葦北郡津奈木町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒は横浜の徳丸商店さんで購入しました。
 そっち方面に用があったので、「お酒ミライ」さんの初心者向け酒屋紹介記事を参考にしつつ訪問した次第です、いやあこちらの記事は遠征時には非常に役に立ちますね~初心者に限らずオススメ。
 さて、こちらは熊本酒ということで、九号酵母の産みの親と言われるかの「酒の神様」野白金一氏へのリスペクトが前面に表れていると思います。
 氏の功績についてはここでは書ききれませんが、九号酵母の発祥蔵「香露」だけに止まらず、現在でも熊本の酒蔵で非常に大きな存在のようですね。

 スペックは…、う~む酵母についてばかりで他の事がほとんど書いてないですね、これはちょっと不親切かも。
 2018年3月製造で、実は同年11月開栓なので、完全に生熟コンディションでいただいています。

20190410170126715.jpg  20190410170135440.jpg

 上立ち香は割とストレートなレーズンチョコレート香がそこそこに。
 含むと、実に素直に味が乗った印象の旨味が力強く入ってきて、心地よいほろ苦さや渋味を伴って最後まで濃度と複雑味を保ちつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり若干ビター系のチョコ感を強く感じる甘旨味が中心にあって、いやあ含み香には洋梨的な果実感もあるなあ、さらに苦渋が奥深さを加える
 後味は、ほんのりと苦味を口中に残しつつ、力強くキレる印象。

 無濾過生原酒の生熟成としての面白味をビンビンに感じさせてくれる、濃厚チョコ系ホロ苦甘旨酒でした。
 いやあ凄く素直な旨味なんですよね~、甘味が枯れずに、熟感だけ加速度的に乗ってきた感じといいますか。
 苦味がまた悪くないんですよ、ストレートに奥深さと飲み飽きなさを添えてくれる感じで、浮かずに一体化している印象。
 蔵元が生熟状態で飲まれることを想定しているのかは不明ですが、個人的には非常に良い状態でいただけたと思います。
 亀萬、こうなると是非新酒も試してみたいと思いました。

 雰囲気的に燗を付けてみると…、いやあ素直に予想通りですね。
 ホットチョコレートというと言い過ぎかもしれませんが、そっち系のほっこりした甘味は感じますね、いやあ良いですわ。

20190410170143949.jpg

名称:亀萬 純米 無濾過生原酒直汲 野白金一式 九号酵母
蔵元情報:亀萬酒造株式会社
購入価格(税抜):1,311円/720ml
購入した酒屋さん:徳丸商店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年04月20日 熊本の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

菊鷹 ~菊一文字~ 純米 無濾過生酒 秋あがり 29BY

家飲み記録 菊鷹 ~菊一文字~ 純米 無濾過生酒 秋あがり 29BY

20190408152015465.jpg  20190408152050757.jpg

 愛知県稲沢市のお酒です。
 ブログでの登場は以外にもまだ2回目。

 菊鷹は山本杜氏の移籍以来確実に固定ファンを増やしている印象ですね、私も好きですし外飲みでは良くいただくのですが、如何せん一升瓶しかない関係で家飲み回数は中々増えません。
 個人的に菊鷹には山廃のイメージがあるのですが、今回は速醸です、特筆すべきは酵母に「協会8号」を使っていることかと思います。
 この酵母についてはWikipediaによると、「やや高温性で、酸多く濃醇酒向きとされた。淡麗辛口ブームが始まったころ、1978年(昭和53年)に時代の流れに合わないということで発売中止となり~」との記載が。
 私の様なアンチ淡麗辛口派(笑)からすると激おこ案件ですね…、ただ今の時代には方向性的に合ってるんじゃないでしょうか。

 他のスペックとしては、麹米に富山県山田錦、掛米に兵庫県夢錦使用というなんとなくこだわりを感じる組み合わせが目を引きます、精米歩合は65%。
 29BY、3月製造を10月に買って開栓しています、たぶん瓶詰保存後秋越えた辺りを狙って出荷って感じかなあ。
 
20190408152033496.jpg

20190408152101297.jpg  20190408152112137.jpg

 上立ち香は結構ハッキリとしたアルコール香に乳酸的な香りが混じったものがそこそこに。
 含むと、やはり酸の立った旨味が力強く入ってきて、唾液腺を少々刺激しつつも、そこそこの熟感や甘味の柔らかさも伴って、独特のバランスを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、ほんのりとした甘味を酸がしっかり引き締める、果実感とケミカル感の両方を感じる押しの強い旨味が主役、渋味は若干あって複雑さを添えていますね。
 後味は完全に酸が受け持って素晴らしくキレます。

 少々熟感もありながら、まだまだ伸びそうな気配も強く感じる、速醸でも菊鷹の強さは健在といった趣の芳醇旨酸酒でした。
 基本的に杯を重ねて、温度が上がってきてから伸びるタイプですね~、甘味と酸味がいい感じに融合してくる感じ。
 これは一升瓶を適当に横においてちびちびやるスタイルが合うかと思いました。
 しかし、こういうお酒を飲むと、8号酵母はもっと広まってもいいんじゃないかと素朴に思ってしまいますね(使う側からすると色々あるのでしょうが…)
 菊鷹の安定した実力を感じた一本でした、次はまた別スペックをいただいてみたいと思います。

 なお四合瓶に移しつつも、常温保存でやっても全くダレません、蛇形とかそっち系の生酒ですね。
 しかしこういう超力強いお酒と、吟醸的な繊細なお酒って、完全に別カテゴリの魅力が有りますよねえ、日本酒の多様性って凄い。

20190408152122412.jpg

名称:菊鷹 ~菊一文字~ 純米 無濾過生酒 秋あがり 29BY
蔵元情報:藤市酒造株式会社
購入価格(税抜):2,900円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年04月16日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

あべ 僕たちの酒 Vol2 (低精白生もと仕込)

家飲み記録 あべ 僕たちの酒 Vol2 (低精白生もと仕込)

20190328112433503.jpg  20190328112448630.jpg

 新潟県柏崎市のお酒です。
 ブログでの登場は5本目と、結構な頻度。

 私があべを最初に飲んだのは27BYで、日誌係さんの激押し記事に触発されてのことでした。
 その後あべはじわじわと取り扱い店が増え、人気を上げ、少なくともマニア間では知られた銘柄になっているのではないでしょうか、日誌係さんの慧眼に感服ですね。
 実際日本酒ブログやってる身からすると、前から推している銘柄が人気出るのは、自分の感覚が間違っていないことの証明のように思えて、個人的には嬉しいことだと思っています。
 自分としては、甘口派として射美たかちよ栄光冨士あたりを早めに推せていたことについてはちょっとドヤりたいところだったり(あまり人気出過ぎて買いにくくなるのは考え物ではありますが…)

 閑話休題、今回いただくのは飯米の「こしいぶき」使用でなんと精米歩合92%!聞くところによると普通の食用米用コイン精米機で削ったものだとか…
 生もと造りであり、アルコール度数13度の低アル原酒であること、火入れ有で、特定名称の記載が無いこと等も特徴でしょう。
 極めてチャレンジングなお酒ですね、ラベルも良くも悪くも目を引く感じ。

20190328112504902.jpg

 上立ち香は濃厚かつ甘さを感じるマスカットジュース的香りが控えめに。
 含むと、やはり非常に濃厚な甘旨味が、柔らかな酸味とそこそこの渋味や苦味を伴って、最後まで飲みごたえを維持しつつも独自のバランスを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、渋味や苦味もありながら、やはり甘味マシマシのマスカットジュース的な甘酸味の存在感がブレずに中心にあるために、全然粗さや飲みにくさを感じさせない自然なものになっています。
 後味は渋味の余韻をほんのりの残しつつ、おそらく酸の働きで、精米歩合92というのが嘘としか思えないぐらい自然に引き上げます。

 極めて濃厚かつ柔らかさのある甘旨味を、程よい酸味の働きで
 低精白らしいボリューミーな味わいと、低精白とはとても思えないようなバランスをしっかり保っている感じですね…、もはや理解の範疇を超えている印象。
 いやこれは低精白酒及び飯米利用酒のイメージを塗り替える凄いお酒だと思います。
 ただそれだけ手間がかかっているということなのか、値段は結構するんですよね、コスパではなく味わいにこそ特長がある低精白酒と言えるでしょう。
 あべ、今後より注目度を上げていきたいと思います。

 裏ラベルのオススメ通りぬる燗にしてみると、柔らかさが更に増しますね。
 とにかくあべは酸の存在感と優しさが凄いんですよね…、まさにこの銘柄が有している唯一無二の長所かと。

20190328112518017.jpg

名称:あべ 僕たちの酒 Vol2 (低精白生もと仕込)
蔵元情報:阿部酒造株式会社
購入価格(税抜):1,850円/720ml
購入した酒屋さん:たつみ清酒堂 東京(銀座)
お気に入り度:8.6/9.0(値段を考慮に入れても)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年04月10日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

水府自慢 10号 純米大吟醸 無濾過原酒

家飲み記録 水府自慢 10号 純米大吟醸 無濾過原酒

20190320145340059.jpg  20190320145348747.jpg

 茨城県水戸市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前回も書きましたが、この水府自慢は残草蓬莱の元杜氏である菊池譲氏が、明利酒類に移籍後造っているお酒です。
 10号酵母(明利酵母)発祥蔵のお酒として「10」の数字をデカデカと書いたラベルはやはりインパクトありますね、今回は低アル酒ということでピンクなのがまた目を引きます。
 店員さん曰くかなり人気とのことだったので、他にも同銘柄が並んでいたなかこちらをセレクト。

 スペック的には50という高精白で、原酒ながらアルコール度数が13度に抑えられているところがポイントでしょう。
 お値段は少々高めの1,800円で、(多分一回)火入れです、6月製造を11月開栓。
 しかし、低アル原酒でピンクの見た目も相まって、つい残草蓬莱の「クイィーン」を思い出してしまいますね。

20190320145356158.jpg

 上立ち香はちょっとベリー的なフレッシュフルーツの香りがそこ。
 含むと、かなり濃厚な甘酸旨味が割りとスルスルと入ってきて、最後まで存在感と軽さを両立させたまま、勢いよく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、個人的にはストロベリー感を強く感じる甘酸味が主役、低アルらしい軽さはありながら、味はかなり濃い感じですね、苦味や渋味は皆無で、実に気楽にグイグイ飲める印象。
 後味は、酸味と甘味が対消滅する感じで見事に自然に引き上げてくれます。

 実にわかりやすい魅力のあるフルーティーな甘旨酸味を、最初から最後までストレートに楽しめる、直球勝負のモダン酒でした。
 前回飲んだ水府自慢は割と硬質かつセメダイン感強めの印象だったのでかなり意外ですね、これはキャッチーですわ、フレッシュさがまた火入れとは思えないレベル。
 いやあ、こういうお酒も出せるんですね…、というか、まさに残草クイィーンの系譜の味わいなんじゃないかしら。
 ただ、「味が有るのにスルスル飲める」というのは前回と共通しているとも思います。
 水府自慢、そして菊池杜氏の低アル酒についての技術と経験を知らしめてくれた一本でした。

20190320145429282.jpg  20190320145404128.jpg

名称:水府自慢 10号 純米大吟醸 無濾過原酒
蔵元情報:明利酒類株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:たつみ清酒堂 東京(銀座)
お気に入り度:8.5/9.0(値段を考慮に入れても)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年04月06日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

憲(Ken) Blue TYPE-3 純米吟醸 無濾過生原酒 愛山

家飲み記録 憲(Ken) Blue TYPE-3 純米吟醸 無濾過生原酒 愛山

20190320145610345.jpg  20190320145618871.jpg

 奈良県奈良市のお酒です。
 「たつみ清酒堂 東京」さんで購入した憲の、米違いの二本目になります。

 こちらを醸す奈良豊澤酒造のホームページを見ると、「現代の名工」に選ばれている藤沢忠治杜氏が造りを行っていることを売りにしているようです。
 現代の名工と言えば、かの農口杜氏や山影杜氏、引退してますが綾菊の国重杜氏など、錚々たる方々が選ばれています。
 そちらの方面から追う形で、「現代の名工が醸したお酒」を飲み比べて行くというのも面白いかもしれませんね。

 今回いただくのは愛山を55%まで削って醸した無濾過生原酒、スペックの割には良心的なお値段だと思います。
 店頭には前回の山田錦とこの愛山に加え、TYPE-2として雄町が並んでいたのですが、今回はスタンダードな山田錦と割安な愛山で飲み比べてみた次第です。
 8月製造、11月開栓。

20190320145628135.jpg  20190320145637262.jpg

 上立ち香はベリー系(?)のちょっと甘を感じる香りが仄かに。
 含むと、なかなかに複雑な旨味が、しかし重すぎない感じで力強く入ってきて、割と華やかな含み香ともいい感じでバランスを保ったまま、割と息の長い感じで染み込んできます。
 味わいは、甘酸渋苦がしっかり一体となって絡み合ったような、若干イチゴ風味のあるフルーティーかつ奥深いもので、濃度・飲みごたえももバッチリ、かつ粗さも無くて複雑味ゆえの飲み飽きなさもありますね。
 後味は酸渋をあくまでほんのりと残しながら、実に自然に引き上げてくれます。

 愛山特有の複雑さの有る甘旨味を、素直かつ力強く楽しませてくれる、いい感じの生熟芳醇酒でした。
 山田錦と飲み比べて強く感じたのは、憲はお米の個性を引き出すのが上手いってことですね(若しくはしっかりお米のイメージ通りに仕上げてくるというべきか)。
 同蔵の3本を飲んだ限りでは、儀助よりも憲が、さらに山田錦よりも愛山がより好みでした。
 憲、次は是非飲み残した雄町もいただいてみたいと思います。

20190320151321034.jpg

名称:憲(Ken) Blue TYPE-3 純米吟醸 無濾過生原酒 愛山
蔵元情報:奈良豊澤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:たつみ清酒堂 東京(銀座)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年04月04日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

閃(せん) 特別純米 生原酒 石川門

家飲み記録 閃(せん) 特別純米 生原酒 石川門

20190320145439216.jpg  20190320145451017.jpg

 石川県鳳珠郡(ほうすぐん)能登町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらを醸す数馬酒造の代表銘柄は「竹葉(ちくは)」です。
 個人的には、超若手の蔵元社長「数馬 嘉一郎」が積極的にメディア露出している印象が強いですね、ホームページの会社紹介もそんな雰囲気が漂っているかと。
 ホームページの他のコーナーを見ると理念的な部分の記載が多いですね、「ステートメント」とか「持続可能なものづくりへの取組み」とか、小規模蔵とは思えない意識の高さ。
 確かに良く考えると地域密着型の酒蔵は、歴史的にCSR方面の社会的活動との関連は強いでしょう。 
 不言実行姿勢の蔵が多い印象ですが、小規模蔵がグローバルな観点から自らの役割を再評価するのは面白いかも。
 
 閑話休題、今回いただくのは石川県の酒米「石川門」(面白い名前ですよね)を60%まで磨いた生原酒。
 流石にラベルはかっちょいいですね、裏におすすめの飲み方が書いてあるのも好印象。
 8月製造、10月開栓です。

20190320145500600.jpg  20190320145509701.jpg

 上立ち香は若干落ち着いた感じながら爽やかさを残した果実の香りが控えめに。
 含むと、バランスの良い甘旨味がスルスルと入ってきて、柔らかな酸味と苦味によりほどほどに引き締められたまま、最後まで自然な感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いい具合に落ち着いたマスカット的な甘酸旨味が主役、苦味がそこそこあるのですが、全然嫌らしい感じではなく、むしろガンガン飲めてしまう感を与えてくれます。
 後味は、ほんのりとした苦味を残しつつも酸メインでスッキリとキレます。

 落ち着いていながらも爽やかさを残した甘旨味がとにかく魅力的な、甘旨系生原酒の王道を往く感じのお酒でした。
 いやあ私好みですわ~、若干苦味は立ちますが甘さの存在感でしっかりカバーしている、若さを感じるお酒ですね(イメージ先行かも)。
 コスパも良好ですし、これで良いんですよこれで、これから洗練する方向で行けばより良し。
 閃、今後に期待できるお酒でした、また他のスペックも飲んでみたいです。

20190320145527054.jpg  20190320145518780.jpg

名称:閃(せん) 特別純米 生原酒 石川門
蔵元情報:数馬酒造株式会社
購入価格(税抜):1,301円/720ml
購入した酒屋さん:たつみ清酒堂 東京(銀座)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月30日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

はちつる 純米吟醸 無ろ過生原酒

家飲み記録 はちつる 純米吟醸 無ろ過生原酒

20190123232611696.jpg  20190123232622164.jpg

 青森県八戸市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは近所の高島屋の日本酒売り場で衝動買いしました。
 高島屋といえば最近日本酒まつりで強く思いましたが、やっぱり百貨店って地酒購入先としては重要ですよね…、ちゃんとしたところはちゃんとしたお酒揃えてますし、試飲できる機会も多い。
 我々の様なマニアは基本地酒屋で買うことが多くなると思いますが、たまに百貨店に足を運ぶとまた新しい発見があるように思えます。
 閑話休題、今回は新聞紙包装に目を引かれての購入です、通常銘柄は「八鶴」「如空」のようですね。

 精米歩合50%の無濾過生原酒、使用米は華吹雪らしいです。
 2018/6製造で、8月開栓でいただいています。
 

 上立ち香は割とトロピカルな果実香にアルコールが混ざった感じで、そこそこに。
 含むと、かなり濃厚な甘酸旨味がググっと入ってきて、そこそこの苦味や辛さが複雑さや引き締まりを添えつつ、最後まで存在感を保ったまま流れ込んできます。
 味わいは、落ち着いたパイン系の甘酸がしっかりと中心にあり、苦味はあくまで脇役に徹している印象、ただピリピリとする辛さは結構あって、独特の甘辛さを創り出しています。
 後味は、もちろん酸辛がしっかり引き取って切れます。

 甘味酸味の存在感が強めでありながら、辛さとバランスがちゃんと取れている、辛口派にも勧められそうな芳醇酒でした。
 言ってしまうと甘酸の方向性は花陽浴に近いと感じました、ただ辛さの刺激があるので全体の印象は全く別物。
 一種の荒々しさも感じるのですが、私の口には会いましたね~、東京の市場で戦えそうな個性とインパクトがしっかり有るお酒だと思います。
 はちつる、是非また別スペックもいただいてみたいと思いました。

20190123232703785.jpg  20190123232634936.jpg

名称:はちつる 純米吟醸 無ろ過生原酒
蔵元情報:芳水酒造有限会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年03月24日 青森の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

恵那山 純米吟醸 ひだほまれ

家飲み記録 恵那山(えなさん) 純米吟醸 ひだほまれ

 20190212105211869.jpg  20190212105221284.jpg

 岐阜県中津川市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、高島屋日本酒まつり購入酒の7本目、トリのお酒になります。

 このお酒の製造責任者である岩ケ谷雄之氏は、かの東洋美人の蔵で酒造りを学んだみたいですね(SAKETIMESに記事がありました)。
 いやあ東洋美人(というか澄川社長)は本当に面倒見がいいですねえ…、この恵那山や、横山五十とか阿武の鶴とか、澄川社長が居なければ今の姿は無かったであろう銘柄って相当数あると思います。
 さて、蔵元ホームページは充実してますね(買える店一覧があるのは素晴らしい)、全量純米蔵で、輸出に力を入れているようです。
 
 スペックはひだほまれの精米歩合50%と、かなり削ってます。
 蔵元さんの話によると二回火入れらしいです、確かに要冷蔵表記無いですね。
 私は基本二回火入れ酒は買わないのですが、このお酒はしっかり試飲して印象が良かったので買いました。
 山田錦もありましたが、ひだほまれの方がやはり個性的に思えたのでセレクトした次第です。


 上立ち香はまさに完熟果実的な濃厚な甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いた印象のまろやかな甘旨味が入ってきたかと思うと、酸味が尻上がりに強まってきて最終的にはかなり引き締まった印象を与えつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、最初の甘味は砂糖まぶしの和菓子的な柔らかいものなのですが、その後の酸味の働きは柑橘系果実を思わせる唾液腺を刺激するもの、雑味は皆無でその2つの要素が見事に調和しているのが素晴らしいですね。
 後味は、若干甘味の余韻を口中に残しつつ、ゆっくりと引き上げます。

 甘味と酸味が時間差で主役を交代する、非常に面白い個性のある、しかししっかりと落ち着きのあるお酒でした。
 いやあこれは正直未経験な味わいなんですよね、低酸で柔らかいとか、高酸でスッキリというのはわかるのですが、不思議な時間差で両立しているというのは実に面白い。
 これが二回火入れというのは意外ではありますが、ただ納得感もあるんだよなあ…、普通なら私が苦手な火入れ感もあるんですよ、ただ甘味が枯れていないので好き感が完全に勝つ感じ。
 ああ乳酸味もあるかなあ、こういう乳酸系キャンディ舐めたことがあるような…
 今回7本買ったわけですが、自分との相性と個性の点で、MVPはこのお酒ですね。
 恵那山、是が非でも他のスペックも飲んでみたいと思います。

20190212105231058.jpg

名称:恵那山(えなさん) 純米吟醸 ひだほまれ
蔵元情報:はざま酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:今回購入酒記念写真
20190207163716403.jpg
 担いで電車で帰るのは大変でした…
 でも、非常に満足感の高いクオリティでしたね、流石高島屋だというべきでしょう。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月28日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

龍力(たつりき) 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 氷温貯蔵

家飲み記録 龍力(たつりき) 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 氷温貯蔵

20190212105340686.jpg  20190212105349421.jpg

 兵庫県姫路市のお酒です。
 当ブログでの登場は3回目ですね、高島屋日本酒まつり購入酒の6本目。

 こちらは蔵元ブースでがっつり試飲させていただいた上で購入しました。
 ふらふら歩いてた私に声かけで呼び込んだ上、それぞれ解説しつつ、かの「米のささやき」(たしか生もあったような)を含む高級酒を含んだ5種類ぐらい飲ませてくれたんですよね。
 いやあ、あそこまで気持ち良く試飲させてくれるとやっぱり楽しいですね~
 今回は未飲銘柄中心に買っていたのですが、その御礼と、実際旨かったことがあって今回セレクトしました。(後、いつもファンの方にコメント貰っていて、興味が強まっていたということもあったり…)
 
 スペック的には特A地区山田錦利用、精米歩合65の無濾過生原酒と、かなり豪華なもの。
 お値段1,800円はむしろ良心的でしょうね。
 確か29BYで、一年近く蔵元で氷温熟成されたものだったかと、10月蔵出しで、実は12/31の大晦日にいただきました。

20190212105945945.jpg  20190212110023048.jpg

20190212110013221.jpg

 上立ち香は濃厚かつ落ち着いた印象の完熟果実的な香りがそこそこに。
 含むと、しっかりと味乗りした感じの甘旨味が実に力強く入ってきて、時間差で出てくる強めの苦味でギッチリと引き締められつつ、息が長い感じで染み込んできます。
 味わいは、完熟マスカットを若干煮詰めたような非常に濃厚な甘旨味が中心にありますね、苦味は結構ギリギリと来るのですが浮いた感じではなく、それだけに引き締まりが凄いですね。
 後味はその苦味がガッツリ引き取る形ながら、完璧といえるぐらいに見事にキレてくれます。

 濃厚かつ落ち着いた甘味と、存在感のある苦味が、不思議な感じのバランスでしっかりと一体化する、個性派芳醇キレ良し酒でした。
 いやあ良いですね、こういう生熟も有りなんだなあ…、世界観のあるお酒だという気がします。
 「コクがあるのにキレがある」というフレーズは、ドライ系ビールよりこういう日本酒にこそ合うのではないか、そんなことも飲みながら頭に浮かびました。
 龍力、改めて今後注目度を上げていこうと思います。

 ちなみに今回年始を挟んだので、三分の一ぐらいを一週間近く空けてから飲んだのですが、カケラも劣化してませんでしたね。
 いやあこれは強いお酒ですわ…、本当実力派だと感じました。

■紹介:「日本酒ブログ(由紀の酒)」さんの同スペック(BY違い)の記事
https://www.sakeblog.info/tatsurikitokubetsujunmaiyamadanishikimurokanamagensyu/

20190212110004149.jpg  20190212105954684.jpg

名称:龍力(たつりき) 特別純米 無濾過生原酒 山田錦 氷温貯蔵
蔵元情報:株式会社本田商店
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.6/9.0(値段を考慮に入れても)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月26日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

西之門 純米吟醸原酒 無濾過生詰

家飲み記録 西之門 純米吟醸原酒 無濾過生詰

20190212105240108.jpg  20190212105249762.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 外飲み経験はありますが家飲みは初めて、高島屋日本酒まつり購入酒の5本目です。

 こちらのお酒との出会いは、先日の甘口日本酒オフ会だったりします
 参加者の持ち込み酒の1本だった秋上がり(上記記事に写真もありますね)が個人的に好みのタイプだったため、脳内の「後で飲みたいリスト」に入れて置いたところ、今回出会えたのでセレクトした次第です。
 銘柄名の由来である店舗所在地の「西之門町」はその名の通り善光寺の西にあるらしいですね、こういうストレートなネーミングは憶えやすくて好きです。

 美山錦の精米歩合60%、生詰(一回火入れ)になります、秋の蔵出しの所謂ひやおろし的なスペックですね。
 生酒もブースに並んでいたのですが、試飲の印象としてこちらの方が良かったのでセレクトしました。
 お値段はちょっとお高い税抜2,000円。

20190212105304987.jpg

 上立ち香はやっぱりちょっとリンゴを彷彿とさせる甘くフルーティーな香りがそこそこに。
 含むと、非常に濃厚ながら柔らかい印象の甘酸旨味が自然な口当たりで入ってきて、少々の苦味でしっかりと引き締まりを保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、やはり完熟リンゴ的な甘酸味が主役、かつちょっとインパクトのある苦味や辛さも伴う複雑さがある感じですね、それでいて嫌味や粗さを感じさせないのは見事。
 後味は若干の辛さを舌先にピリっと残して力強くキレます。

 長野酒らしい濃厚なリンゴ的甘旨味に、刺激的な辛さが伴って独特のバランスを保つ、芳醇甘旨辛酒でした。
 うーん、この辛さ(刺激)は面白いなあ、スパイシーとでもいうのでしょうか、でもアル添の辛さとはまた違った雰囲気ながら、キレの良さを演出していると思います。
 長野酒は自分の好みと合っていることもあり結構飲んでいるつもりなのですが、まだまだ素敵な未飲銘柄がありそうですね…
 こういうお酒に出会ったり、「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんで知らないお酒を見たりすると、つくづくそう思います。
 西之門、是非また他のスペックもいただいてみたいと思いました。

■紹介:長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳さんの別スペックの記事
http://blog.livedoor.jp/namappi/archives/1071727851.html

20190212105321416.jpg  20190212105313487.jpg

20190212105329548.jpg

名称:西之門 純米吟醸原酒 無濾過生詰
蔵元情報:株式会社よしのや
購入価格(税抜):2,000円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.5/9.0(値段を考慮に入れても)

■おまけギャラリー
20190205103351944.jpg  20190205103430072.jpg
 イベント会場では酒米マップや稲穂の実物など、展示物も興味深いものがありました。
 雄町はいつみてもデカイよなあ…、これは栽培難しいわけだ。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月24日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

鶴の友 別撰

家飲み記録 鶴の友 別撰

20190212110732770.jpg  20190212103514121.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 外飲み経験はありますが家飲みは初めてで、高島屋日本酒まつり購入酒の4本目です。

 知る人ぞ知る銘酒というやつではないでしょうか、地元消費がほとんどで、中々東京で買いにくい銘柄だと思います(蔵元ホームページも無し)。
 この辺りは「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんが既に書かれている通りですね、SNS等でもちらほらと高評価を受けている印象ですが、実際買おうとすると非常に難しい。
 実は私は以前一度通販で取り寄せたことはあったのですが、宴会用に使ってしまい、家でじっくりと飲めなかったんですよね。
 今回、日本酒まつりの商品棚にドカッと並んでいたので喜んで購入した次第です(ブースは無かったので試飲せず)。

 ラベルは昭和感のあるレトロな感じですね~、今となっては逆に目立つ気さえします。
 スペック情報もアルコール度数と、アル添・火入れ有りということぐらいしかわかりませんね、特定名称の記載も無し。
 お値段は税抜千円と、まあ安めの本醸造クラス程度に抑えられています。

20190212103535876.jpg  20190212103543931.jpg

 上立ち香は上品な砂糖菓子のような落ち着いた香りがそこそこに。
 含むと、割とパンチの効いた、苦味辛味と一体となったような旨味がピリピリグググッと入ってきて、尻上がりにさらに引き締まりを強めつつも、息の長い感じで染み込んできます。
 味わいは、プルーン的な奥深い旨味を芯として、ほんのりとした甘味を伴う感じで、兎にも角にも粗さや雑味の無い、飲み応えと飲み飽きなさをバッチリと両立させた一種の完成形を感じさせるもの。
 後味は流石にアルコール的な結構キツさもある辛さがガッツリ引き取ってキレます。

 伝統的な熟感やアルコール感がありつつも、極めて丁寧な造りを感じさせるバランスで、グイグイ飲ませてくれる、完成度の高い旨辛酒でした。
 とくに熟感(火入れ感)は、旨味に溶け込んでいるといいますか、全然嫌らしさが無いのが凄いなあ。
 ただ、アルコール感、刺激に弱い方には勧められないと思います、こういうお酒を飲むと、やはり純米酒の柔らかさというものを再認識できますね。

 と、初日は思ったのですが、開栓後二日目で何か一気に柔らかくなりましたね…これほど変わるとは…
 以前一升瓶で飲んだときは最初からこんな感じだった気がするので、このお酒はある程度空気に触れてからが真骨頂なのかも。
 まあ後味はやっぱりちょっとアルコール感ありますね、だからこそキレは良いのですが。

 コスパもとんでもなく良いですし各所の評判も納得ですね~、方向性は全く違いますが、楽器正宗と同様全国で通じる傑作アル添酒だと思います。
 鶴の友、また入手機会があったら別スペック(特に純米)も飲んでみたいと思いました。

■紹介:「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんの別スペックの記事
http://www.osakemirai.com/archives/10735582.html

20190212103522640.jpg

名称:鶴の友 別撰
蔵元情報:桶木酒造株式会社
購入価格(税抜):1,000円/720ml
購入した酒屋さん:高島屋日本橋店(日本酒まつり)
お気に入り度:8.5/9.0(値段も考慮に入れて)

■おまけギャラリー:日本酒まつりブース横の冷蔵棚
20190205103337987.jpg
 鶴の友がこんだけ揃ってて、他の銘柄も一級品。
 高島屋のバイイングパワーを、若干冷や汗が流れるレベルで感じましたね…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月22日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鷲の尾 北窓三友 生原酒

家飲み記録 鷲の尾 北窓三友 生原酒

20190204123332917.jpg  20190204123340665.jpg
 
 岩手県八幡平市のお酒です。
 家飲みは初めて、岩手駅KIKIZAKEYA購入酒2本目になります。

 今回八幡平に行く際、是非飲んでみたいと思っていたのがこの鷲の尾です。
 twitter等でちょろちょろと良い評判を聞いていながら、地元以外での入手は相当厳しかったので、機会は逃したくなかったんですよね。
 実はホテルの夕食メニューにこちらの生酒(普通酒)があって、飲んでみたらまた旨かったので、迷わず土産酒にもセレクトした次第です。(ちなみにバスで登った山頂でカップ酒も飲みました)

 この北窓三友は限定品らしいのですが、ググっても情報があまりわからない…
 ラベルに精米歩合すら書いてないですね、純米みたいですが特定名称の表記も無い、謎に包まれたお酒ですねえ。
 ちなみにググったところ「北窓三友(ほくそうさんゆう)」とは、白居易の詩が出典で、酒・琴・詩のことをいうらしいです、酒飲みというと李白のイメージがありますが、あえての白居易セレクトになんとなくこだわりを感じたり…
 

 上立ち香は甘いメロンクリーム的な香りが割と強めに。
 含むと、香りの印象通りしっかりとした甘旨味が柔らかい口当たりで入ってきて、時間差で出てくる少々の青い苦味で丁寧に輪郭を整えつつ、最後まで存在感を保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、秋になっても青さを保った印象の、皮混じりの濃縮メロン果汁といった趣の甘苦味が中心、結構苦味強めなのに、全体としてやっぱり柔らか感があるのが素敵。
 後味は、ほんのりと苦味を口中に残しながらもあくまで柔らかく引き上げてくれます。

 芳醇甘旨系として割と王道をゆく味わいを、いい感じのまとまりでストレートに感じさせてくれるお酒でした。
 いやあこれは露骨に自分好みですね、まさか岩手でこういうお酒に出会えるとは!
 是非他のスペックも飲んでみたいところなのですが、こうなると入手性が壁になってくるのがいつものパターンなんですよね…
 鷲の尾、万難を排して何とかまた飲んでみたいと思いました。

 20190204123348156.jpg  20190204123356722.jpg

名称:鷲の尾 北窓三友 生原酒
蔵元情報:株式会社わしの尾
購入価格(税抜):1,463/720ml
購入した酒屋さん:KIKIZAKEYA(岩手)
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー①:ホテルで飲んだ生酒
20190204123114319.jpg  20190204123140346.jpg

20190204123123179.jpg  20190204123132358.jpg
小瓶で(生貯でなく)生酒というのが嬉しい!
何気に度数19度で、かつ飲みやすいので、危険なタイプかと。

■おまけギャラリー②:山頂で飲んだカップ酒
20190207162646782.jpg  20190207162656080.jpg

■おまけギャラリー③:帰りの車内で飲んだ龍泉八重桜と車内宴会の様子
20190207162300285.jpg  20190207162309724.jpg

20190207162336449.jpg

ことあるごとに飲んでいた旅行でした…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年02月14日 岩手の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 

家飲み記録 ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 

20190123211151244.jpg  20190123211202413.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 この銘柄は初めていただきますが、同蔵の通常銘柄「燦然」は一度家飲みしています

 蔵元ホームページの取扱い店一覧を見る限り、地元重視っぽいですね。
 実際、出張で岡山に行った時は色々なところで燦然の看板を見かけました。
 そしてこのORIGIN FRESHは、「倉敷市・総社市にある蔵元の若手グループ「岡山ZARU」の共通ブランド酒」とのことです(蔵元発表記事はこちら)。
 私が期待を寄せるパターンである、地場の実力蔵が今風に寄せてきたブランドということですね。

 スペックは朝日米の精米歩合55%の無濾過生原酒。
 裏ラベルを見るに、「搾った当日に瓶詰」ということがポイントのようです。
 ただ、3月製造を9月開栓なので、今回は若干熟したコンディションでいただきました。

20190123211213150.jpg

 上立ち香は…あまり感じないですね、
 含むと、割と素直かつ濃厚な甘旨味がトロリと入ってきて、あまり酸を感じさせないまま、しかしそんなにダレずにゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、煮詰めた洋梨的な高濃度の甘味が純然たる主役、そこに寄り添うはやはり渋味ですね、苦味もほんの少しあるかな、全体として柔らかい印象のまま上手く奥深さを加えダレを防いでいる印象。
 後味は、その渋味と苦味が引き取って、ゆるやかに引き上げてくれます。

 極めて高濃度な甘味の魅力を、それと喧嘩しない苦渋の働きで飽きとダレを防ぎながらストレートに感じさせてくれる、個性派芳醇甘旨酒でした。
 若干砂糖ドバドバ入れたカフェオレ的な風味のようにも感じますね、ラベルがなんとなくそういうふうに見えてくるような…、ともかく、徹底的に私好みのお酒です。
 いやあ、この低酸の濃厚な甘さ、どうしても桃の里を思い出してしまうなあ、なんとなく朝日米に由来する特性のようにも思えます。
 最近某大手酒販店も目を付けているようですが、個人的にも今後朝日米のお酒は意識して追ってみたいかな。
 オリジン、また買う機会があれば逃さないようにしたいと思いました。

20190123211220726.jpg

名称:ORIGIN FRESH(オリジンフレッシュ) 純米吟醸 朝日 生原酒 
蔵元情報:菊池酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけ:まとめ買い記念写真
20190123211134841.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月30日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

三冠 雄町 純米吟醸 生原酒

家飲み記録 三冠 雄町 純米吟醸 生原酒

20190123232030336.jpg  20190123232041069.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 私はマイ殿堂入り銘柄「桃の里」について、基本的には年頭に蔵元直接通販で買っています。
 が、一度純米吟醸を追加で買いたいなあと思った時があり、その時は数少ない通販取り扱い店である「さかばやし」さんから他の岡山銘柄を同梱しつつ取り寄せました。
 これからはその時の岡山酒を連続してご紹介します。

 完全に予備知識無しの衝動買いなので、銘柄紹介については蔵元ホームページのリンクで替えさせていただきます(サボり)。
 雄町を50まで磨いている結構豪華なスペックですね、6月製造を9月末開栓。

20190123232050688.jpg  20190123232101034.jpg

 上立ち香はセメダインと果実感が合わさったタイプの香りがそこそこに。
 含むと、しっかり味が乗った印象の複雑な旨味が力強く入ってきて、最後まで濃度を保ちつつもいい感じにバランス取って自然に喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘渋辛が入り混じった感じの奥深い旨味が主役、若干濃度由来の粉っぽさも感じますが、辛さがしっかり引き取るために飲みごたえがありながら飲み飽きない感じ。
 後味は、その辛さとほんのりとした苦味も出てきてしっかりキレます。

 甘渋苦辛がそれぞれしっかり主張しつつ、割といくらでも飲めそうなバランスのある、完成度の高い芳醇旨味酒でした。
 いやあ良いですね、実に雄町らしいというか、雄町を見事に使いこなしている印象があります。
 岡山は本当ポテンシャル高いと思うんですよね…、個性を押し出すお酒が多い感じで、一昔前はともかく、今の日本酒クラスタなら受け入れる土壌はできていそうな気がします。
 三冠、今後も注目していきたいブランドですね。

 二日目はちょっと苦味が出てきたかな…
 割と早めの飲みきり推奨な感じかも。

20190123232111425.jpg

名称:三冠 雄町 純米吟醸 生原酒
蔵元情報:三冠酒造有限会社
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月27日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

楽器正宗 純米酒 生詰 おりがらみ

家飲み記録 楽器正宗 純米酒 生詰 おりがらみ

20190117100831927.jpg  20190117100841905.jpg
 
 福島県西白河郡矢吹町のお酒です。
 同銘柄の家飲みは2回目ですね。
 
 以前年間ベスト記事でも書きましたが、個人的感覚として、このお酒は2018年で最もマニア界隈でブレイクしたお酒なんじゃないかと思っています。
 twitter等でも本当に良い評判しか聞かないんですよね、実際多様化著しい地酒業界でこれほど広範に支持されるお酒は相当貴重だと思います。
 私としてはお酒ミライさんの闇鍋日本酒オフ会で、このお酒に結構早い段階で出会うことができたわけですが、そういうのはなんとなく誇らしいんですよね、いち早くこういうお酒を見出して持ってきてくれた方には改めて感謝したいところです。

 さて、スペックで特筆すべきはやはり「純米」ということでしょう。
 正直、ブランドコンセプト的に「安価な地元向けスペックの全国展開」みたいな感じだろうと思っていたので、アル添しないものを出してきたのは意外でした。
 別蔵の「会津宮泉」も似たような売り方に見えますが、既存県外向けブランドとの違いが若干わかりにくい気はしてしまいますね。

 後、そんなに発泡している雰囲気じゃないのになぜか穴開き栓です、ダレが怖いので急いで開栓しました。
20190117100851072.jpg  20190117171015463.jpg
 
 上立ち香はフレッシュな酸を伴ったお米感と果実感の双方がある香りがそこそこに。
 含むと、新酒らしいインパクトのある甘旨味が独特の苦味を纏って入ってきて、最後までバッチリ濃厚さと引き締まりを保ったまま、勢いよく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、砂糖混じりのグレープフルーツ的な甘苦酸が相まった、しっかりフレッシュかつ濃厚かつ、実に飲み飽きない印象のバランスの良いもの。
 後味は、苦味がバッチリ引き取って見事なまでにキレてくれます。

 多種の味わいの要素がしっかりと絡み合う、一種のまとまった世界を感じる甘酸苦味酒でした。
 苦味が本当にグレープフルーツ的で悪い感じがしないんですよね…、むしろ楽器としての個性を添えてくれる印象。
 先ほどコンセプトがわかりにくい的な話をしましたが、味わい的には純米でもやっぱ「らしさ」がありますね、良く出来てますわ…脱帽。
 楽器正宗、今後も超要注目かと思います。

20190117100900655.jpg

名称:楽器正宗 純米酒 生詰 おりがらみ
蔵元情報:合名会社大木代吉本店
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月25日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

星泉 純米吟醸 無濾過生原酒 No.7 うすにごり

家飲み記録 星泉 純米吟醸 無濾過生原酒 No.7 うすにごり

20181213101157298.jpg  20181213101207819.jpg

 
 愛知県知多郡阿久比町のお酒です。
 同蔵のお酒の登場は3回目。

 日本酒感想日誌さんで知って以来一目置いている銘柄です、前回同様、登酒店さんに発注機会があったので同梱してみました。
 今回いただくのはクラシックな酵母を利用している漢字ラベルシリーズです、七号酵母ですね。
 真澄発祥の七号酵母ですが、個人的にはなんといっても風の森の印象が強いところです。
 まあ私の場合それぞれの酵母になんとなくの味わいのイメージはあれど、飲む前にあまり先入観は持たない様に心がけています。(ラベルには詳細に書いてくれた方が嬉しいですけどね)
 
 使用米は愛知の酒米「夢吟香」、精米歩合は60です。
 4月製造で9月開栓なので、結構寝ていますね、まあこの星泉に限らず、購入先の登酒店さんの取り扱い銘柄はどれもそう簡単にはダレないと思うので、安心して引っ張ってます。

20181213101216695.jpg

 上立ち香は爽やかな印象の柑橘系果実的な香りがそこそこに。
 含むと、バランスが良い印象の甘酸味が自然な口当たりで入ってきて、キツさのない苦味を伴いつつ、最後まで見事にまとまりを保ったまま、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、洋梨的な甘酸旨味が主役の、スタンダードながら非常に飲みごたえのあるフレッシュ果実系のもので、全体的な完成度が高いですね、インパクトとバランスをしっかり両立させている印象。
 後味は、酸味とほんのりとした苦味が引き取って、割と自然に引き上げてくれます。

 濃厚な甘旨味に酸苦がいい感じで絡みつく、非常に高密度かつバランスの良い複雑系芳醇旨味酒でした。
 甘味に芯を感じるのがなんとなく7号系って感じなんですよね、華やかというより質実剛健という印象といいますか。
 生熟なのにフレッシュ感をしっかり残していて、私にとってちょうど飲み頃になっていたのもプラスだったのかも。
 ほしいずみ、やはり今後もしっかり追っていきたい銘柄だと思いました。

20181213101226181.jpg

名称:星泉 純米吟醸 無濾過生原酒 No.7 うすにごり
精米歩合:60%
使用米:夢吟香
アルコール度:17%
日本酒度:+1.0
蔵元情報:丸一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年01月11日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ