FC2ブログ

香住鶴 山廃 吟醸純米 むろか生原酒 「沁福(しんふく)」

家飲み記録 香住鶴 山廃 吟醸純米 むろか生原酒 「沁福(しんふく)」

20191014145118739.jpg  20191014145126963.jpg

 兵庫県美方郡香美町のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲み経験は有ったような無かったような…(呆)

 香住鶴は、以前コメントでもご紹介いただいたりして気になってはいたのですが、なかなか自分好みのスペックに出会えずいたところ、今回思いがけず無濾過生原酒に行き当たり喜んで購入した次第です。
 蔵元ホームページによると、全量生もとor山廃での造りらしいですね、こういうこだわりを前面に出すのは素敵だと思います。
 また、海外含む各コンテストの受賞歴を掲載していたり、英語版のホームページを用意していたり、何となく海外重視の雰囲気。
 そして特約店一覧があるのも素晴らしい!日本酒蔵ホームページとして理想的な情報量でしょう。

 今回いただくのは、兵庫県産山田錦を55%まで磨いた山廃無濾過生原酒、お値段はかなり良心的ですね、5月製造、7月開栓。
 「沁福」っていうのは読めないなあ…多分限定品名だと思うのですが、ググっても情報があまり出てこないんですよね。
 そんな中、ろっくさんが既に記事を上げているのには、流石だなあと思わされました。

 上立ち香は結構青い感じの果実的な爽やかな香りが仄かに。
 含むと、落ち着いた、しかし青さも残したような甘酸味が自然な口当たりで入ってきて、ほんのりとした渋味が奥深さを添えつつ、割と引き締まった印象のままじわじわ染み込んできます。
 味わいは、甘さ控えめのメロン的な青い旨味を中心に感じますね、ダレ感は皆無で、更にキツさや苦味も抑えられていて、旨味の存在感の割にはグイグイ飲めるタイプですね。
 後味は、苦味の余韻を仄かに残しつつ、酸が引き取る形で見事にキレます。

 飲みごたえがありつつもスルスル飲める、後引けの心地よいバランス系旨酸酒でした。
 銘柄的には何となくお米系の辛口酒のイメージがあったのですが、なかなかどうしてこの生酒は私のような生偏愛派でも楽しませてくれますね。
 やっぱりポイントは酸だなあ、乳酸っぽさはあまりないのですが、どこか柔らかさがあって、かつ極めて良い感じの後引けを演出していますね。
 ちなみに食中酒としても非常に万能感あると思います、甘さが少ないってこと以外は非の打ち所がない感じですね…好み問わず是非皆さんに飲んでみてほしいです。
 香住鶴、実力を感じる一本でした、次は燗向けも買ってみようかしら。

20191014145136117.jpg  20191014145144781.jpg

名称:香住鶴 山廃 吟醸純米 むろか生原酒 「沁福(しんふく)」
蔵元情報:香住鶴株式会社
購入価格(税抜):1,643円/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月13日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

吾有事(わがうじ) 純米吟醸 中取り生 30BY

家飲み記録 吾有事(わがうじ) 純米吟醸 中取り生 30BY

20191014192058771.jpg  20191014192110854.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 銘柄としては2回目の登場となりますね、同蔵の他銘柄に「奥羽自慢」があります。

 本銘柄は、前回の記事で紹介した通り、20代の醸造責任者と販売責任者によるものらしいです。
 若手の造り手と言えば、新潟の荷札酒・あべ、岩手の赤武などが浮かびますね。
 ベテラン杜氏の安定感のあるお酒とはまた違った、モダンさと個性がある銘柄が多い印象があります。
 個人的にはそういう方向性のお酒が好きなので、積極的に攻めていきたいところ。

 ラベルのスペック情報が貧弱なのは残念ですが、購入したいまでやのページを見ると、山形県産の美山錦を使っているようです、精米歩合は55%。
 2月製造を7月頭に開栓しているので、数ヶ月の生熟期間を経たコンディションになってます。


 上立ち香はバニラ感のある甘くてフレッシュな香りが気持ち強めに。
 含むと、実に濃厚な甘旨味が若干のガス感を伴って力強く入ってきて、一瞬後に出てくる苦味があくまで裏方として働いて輪郭を整えつつ、じわりじわりと染み込んできます。
 味わいは、うーん甘味と奥深さをマシマシのクリームソーダ的な甘味が主役ですね、濃度がかなり高い上に、若干の青さは感じるものの苦味がしっかり抑えられているので、その甘味の魅力をどストレートに楽しませてくれます。
 後味は、やはり苦味が引き取る形で、見事なまでにしっかりキレます。

 個性的かつ存在感のある、バニラ感を纏った甘味が非常に心地よい、良バランスの濃厚フレッシュ甘旨酒でした。
 前にもバニラを感じていたので、おそらく「らしさ」はかなり確立されているのでしょう、それは素晴らしいことだと思います。
 なお、私は甘味に焦点を当てていますが、人によっては引き締まりとキレに魅力を感じると思います、それほどに力強くも良バランス。
 前回(28BY)、今後に期待できる味わいだなあと思ったのですが、これは期待以上でしたね、きっかけがあれば荷札、赤武に追いつき追い越すぐらいの銘柄になるんじゃないかしら。
 吾有事、今後超注目していきたいと思いました。

 ただ、開栓後数日経つと、割と甘味が引っ込んできたかな…
 個人的には早飲み推奨。

20191014192413526.jpg  20191014192403276.jpg

名称:吾有事(わがうじ) 純米吟醸 中取り生 30BY
蔵元情報:奥羽自慢株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:いまでや(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年12月03日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 「令月風和」 八反錦

家飲み記録 栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 「令月風和」 八反錦

20191014144234039.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 当ブログ常連銘柄の一つですね。

 またまたまた…(中略)、栄光冨士の新商品です、というか「皇紀二六七九年 新元号記念酒」というぐらいだから今年一発の限定品なのかしら。
 商品名は元号の元ネタである万葉集序文のの「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から来ているようです。
 令和ブームにガッツリ新商品で便乗するのは、いかにもこの蔵らしい気がしますね、まあ大事なのは味でしょう。

 例によって裏面のスペック情報は非常に詳細です、下の写真をご参照ください(見にくければ別タブで開いて拡大推奨)。
 ポイントは何といっても広島県を代表する酒米「八反錦」を使っていることでしょう、栄光冨士では初挑戦だそうです。

20191014144339178.jpg 20191014144329014.jpg

20191014144314016.jpg  20191014144249792.jpg

 上立ち香は非常に濃厚で甘さを感じる洋梨的果実香がかなり強めに。
 含むと、やはり目が覚めるような鮮烈な甘味がグググッと入ってきて、裏方にしっかりと酸と渋味を感じさせつつ、意外にもスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、インパクトのあるほどほどに熟した洋梨orパイン的な甘味が中心にあって、酸味が引き締まりと一種のインパクトを、渋味が少々の奥深さを添える、ある種濃厚系のお手本のようなバランスのとり方ですね。
 後味は、甘酸渋の余韻を若干残しつつも、自然かつ割としっかりと引き上げてくれます。

 トロピカルで濃厚な甘酸渋をバランス良く感じさせる、お手本のような、ほど熟フルーツ系芳醇甘旨酒でした。
 いやあこれは栄光冨士のなかでも完成度高いと思いますね、実は二日で開けてしまいました…(最速)
 それぞれの味が主張するのはいつもの通りなのですが、若干これは酸味が強めで、甘苦が比較的抑えめなのかもしれません。
 あえていうと花陽浴にかなり近づいた印象といいますか…(八反錦だからか?)、ラベル変えてもいいから同スペックで来年以降も出してほしいなあ。
 栄光冨士の進歩を感じさせる一本でした。

20191014144356994.jpg

名称:栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 「令月風和」 八反錦
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,658円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月24日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

吉乃川 山田錦 特別純米 原酒生詰

家飲み記録 吉乃川 山田錦 特別純米 原酒生詰

20191014144414156.jpg  20191014144424442.jpg

 新潟県長岡市のお酒です。
 実は外飲みも家飲み経験もあまりない銘柄。

 以前の記事で書いた通り、吉乃川は、酔鯨、浦霞と共に、私の記念すべき初家飲み銘柄だったりします。
 その時の感触や知名度から「自分が敢えて飲む銘柄ではないかな…」と距離を置いていたのですが、今回は日本屋の店長さんが激推ししていたので、試飲の上で購入しました。
 2019年5月に登場した新商品らしいのですが、割と詳細な商品紹介ページがあるのは流石大手って感じ。
 自社で農業法人を設立して、地元で山田錦を栽培しているとのことでした、お米の確保手段としては最も確実な方法ですね。

 精米歩合は60%、生詰(一回火入れ)です。
 (生酒派の)私としては珍しいセレクトですが、これまた試飲しているので安心して購入。

20191014144448175.jpg  20191014144437266.jpg

 上立ち香はセメダイン混じりで、キウイを思い出す爽やかな香りがそこそこに。
 含むと、程よく落ち着きながも若干青さも残したようなあまうまみが実に上品な口当たりで入ってきて、柔らかい酸と渋味で輪郭を整えつつ、やんわりと染み入って来ます。
 味わいは、うーんあえていうとレーズン的な落ち着いた甘渋味を感じますね、ただ濃度・インパクトは中庸って感じで、満足感と飲み秋なさをしっかり両立させている印象。
 後味は、渋味の余韻を残しつつ、酸も若干働いて、自然かつしっかり引き上げてくれます。

 芳醇と淡麗、熟成とフレッシュ、モダンと伝統、いろいろな要素の中で中庸に徹することで、一種のオンリーワンさを得たようなお酒でした。
 う~ん、流石にハイレベルですね…、生酒狂いである私のストライクゾーン真ん中ではないはずですが、実力を思い知らされるって感じ。
 なんとなく乳酸的なニュアンスもあるかなあ、個人的にはやさしい甘味に焦点があたりますが、人によってはキレの良い辛口酒と感じることでしょう。
 吉乃川、またこういう限定品を出していって欲しいですね。

20191014144458240.jpg

20191014144508487.jpg  20191014144518835.jpg

名称:吉乃川 山田錦 特別純米 原酒生詰
蔵元情報:吉乃川株式会社
購入価格(税抜):1,593円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月22日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

TENRYOU(天領) 限定 純米 生原酒 ~American Comic Version~

家飲み記録 TENRYOU(天領) 限定 純米 生原酒 ~American Comic Version~

20191014144156675.jpg  20191014144209433.jpg

 岐阜県下呂市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 いやあこれは見た目で勝ちでしょう(笑)
 派手な色使いといい、強引に横文字を縦に書いてしまうダイナミズムといい、思い切りが素晴らしい。
 アメコミバージョンということなので、そっち系を意識しているものと思われます。
 ちなみに私は「トランスフォーマー」を想起しましたね(初代)、実際比べてみるとかなり似ているような…(参考リンク:タカラトミー
 
 見た目がコレだからか、裏ラベルにはかなり真面目に(笑)スペック情報の記載が有りますね。
 個人的には、「ひだほまれ」使用の岐阜酒はかなり個性的な味わいという印象があります、そして大体それは自分好み(鯨波とか恵那山とか)。
 とは言え、ジャケ買いはかなり勇気いるでしょうね、私は日本屋さんできっちり試飲させてもらってから購入しました。

 上立ち香は甘いりんごorベリー系の香りが気持ち強めに。
 含むと、極めて濃厚な甘味が結構キツめの苦味を伴ってグワッと、しかし若干トロっと入ってきて、最後まで苦甘の存在感を発揮しながら、じわりじわりと染み込んできます。
 味わいは、砂糖マシマシの甘苦、非常にインパクトのあるもので、酸味は控えめながら甘苦が拮抗しているのと、口当たりに柔らかさがある関係でダレやキツさはある程度抑えられていると思います、結構クセになる個性がありますね。
 後味は、やはり苦味が余韻を残しつつも強引に引き取って、濃度の割にはしっかり引き上げる印象。

 見た目通りに非常に強いインパクトがある味わいが特徴の、トロリ濃厚甘苦酒でした。
 方向性としては同じ岐阜の射美に近しいものを感じましたね、ただより荒々しい印象。
 正直ハッキリ好みが分かれるタイプだとは思いますが、個人的には好きなんですよね~
 そして、その味わいと見た目のインパクトがマッチしているのも結構良いことだとと思います、まあある種チャレンジャーじゃないと買わないでしょうしね。
 天領、非常に興味をひかれる一本でした。

 これはまあしっかり冷やして飲むのが無難でしょうね、常温近くなると暴れん坊ぶりが増すかと(笑)
 さらに、開栓後数日経つと苦味が落ち着いてきたなあ…、というか凄い旨いわ、いやあ面白い!

20191014144221513.jpg

名称:TENRYOU(天領) 限定 純米 生原酒 ~American Comic Version~
蔵元情報:天領酒造株式会社
購入価格(税抜):1,399円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.5(開栓後変化も含めて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月20日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

寿喜心(すきごころ) 雄町 純米吟醸 中汲み 生酒 30BY

家飲み記録 寿喜心(すきごころ) 雄町 純米吟醸 中汲み 生酒 30BY

20190828145159823.jpg  20190828145209292.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 当ブログでは8回目の登場ですね、私のお気に入り銘柄の一つ。

 私が「もっと評価されるべき」と思っている銘柄は数ありますが、この「寿喜心」はその中でも最高クラスに属しております。
 最近、「遠州屋酒店」さんでも取り扱いがあるのを知って嬉しかったですね(今回のお酒はうのかわ酒店からのお取り寄せ)。
 私が知っている東京近郊で扱いのある酒屋さんとしては、うえも商店(練馬)、酒逢(金町)、そしてシマヤ酒店(千葉市)に小山商店(多摩)と、新旧のこだわりある名店が揃っています。
 買い手としては、有名・プレミア銘柄に群がってばかりではなく、こういう売り手のセレクトをしっかり受け止められるような姿勢でありたいところです(若干毒)。

 さて、今回いただくのは雄町を55まで磨いた生、中汲みということもあって中々豪華なスペックですが、お値段は良心的。
 2月製造を、6月開栓でいただいています。

20190828145218677.jpg

 上立ち香は砂糖感のある落ち着いた香りが仄かに。
 含むと、柔らかみのある甘味が、控えめの酸味とそこそこの熟感と渋味を伴って入ってきて、最後まで優しさを感じさせつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、紅茶感を纏った落ち着いた旨味が中心にありますね、そこそこ熟しつつも酸の働きもあってやっぱり透明感を感じるなあ、単体でもイケる飲みごたえがあるのにいくらでも飲めてしまう感じ。
 後味は、渋味の余韻をほんのりと残しつつ、自然に引き上げる印象。

 いい感じに熟し、かつ落ち着いた、アップルティーを彷彿とさせる両バランスの甘旨酸味酒でした。
 新酒生酒的なインパクトが無いのと、甘味が若干物足りないのは寂しいですが、バランスと透明感はやっぱり寿喜心って感じしますね、グイグイいけます。
 これはむしろ万人にオススメできる系じゃないかなあ、やっぱり実力派ですよええ。
 寿喜心、何とかして人気が出て欲しい銘柄だと改めて思いました。

20190828145236668.jpg  20190828145227424.jpg

20190828145245384.jpg

名称:寿喜心 雄町 純米吟醸 中汲み 生酒 30BY
蔵元情報:首藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,590円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月07日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

松乃井 吟醸 なま

家飲み記録 松乃井 吟醸 なま

20191014132133518.jpg  20191014132205149.jpg

 新潟県十日町市のお酒です。
 前回前々回に続いての紹介です、こちらも遠州屋酒店さんで入手。

 こちらのお酒については、遠州屋酒店の店長さんが、「宴会に必ず持っていくお酒」として紹介していました。

 
 一人の酒飲みとして、そういう自分の中での勝負酒というか、他の人に是非飲ませたいお酒が有るっていうのは素晴らしいと思いますね。
 私の場合は花陽浴・風の森・桃の里のどれかかなあと思うのですが、割と保存に気を使う銘柄なのが中々難しいんですよねえ…

 閑話休題、スペックについては…、あまり記載有りませんね、アル添有りの生。
 ただ、精米歩合50%で大吟醸を名乗っていないのは一つのポイントでしょう、軽々しく大吟醸を名乗らないスタンスって感じですね。
 青瓶ですが、口付近を見る限り、薄青瓶問題とは関係ない瓶ですね。

20191014132250554.jpg  20191014132219252.jpg

 上立ち香は程よく熟した感じの果実的香りが仄かに。
 含むと、やはり落ち着いた、存在感の濃い旨味が、アルコールの辛さもあって極めて高密度に凝縮された感じで、ジワジワキリリと染み込んできます。
 味わいは、うーん実にまとまりのある玄人好みの印象の落ち着いた旨渋味が中心にありますね、アルコールの辛さはかなり強いのですがバランスを崩すこと無く、全体として自然にどんどん飲めてしまいます。
 後味は、辛さがバッチリと、しかしなぜかキツさが抑えられつつ、素晴らしくキレます。

 伝統を感じるような落ち着いた旨味と、アルコール由来の辛さをガッツリ感じさせつつ、古臭さを感じさせない良バランス旨辛酒でした。
 これまたアル添否定派に飲んでみて欲しいですね、アル添を感じさせないのではなく、その良さ・意義をストレートに感じさせてくれるお酒だと思います。
 甘さが少ないのは個人的には寂しいですが、そういう系でないので納得感はあります。
 ただ、今の私なら楽しめますが、正直やっぱこの刺激は嫌いな人もいるでしょうね…、まあ慣れと好みでしょう。
 このあたり、個人的には飲めた方が選択肢は広がるとは思いますが、無理に飲むことはないだろうというスタンスです。
 松乃井は、色々と日本酒のイメージを広げさせてくれました。

■紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/08/03/221900

20191014132229661.jpg  20191014132240400.jpg

名称:松乃井 吟醸 なま
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月05日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造)

家飲み記録 松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造

20191014132415133.jpg  20191014132425924.jpg

 新潟県十日町市のお酒です。
 前回に引き続いての購入ですね、こちらも遠州屋酒店さんで入手。

松乃井というと、個人的には日本酒ブログ「きたろーの酒ノート」さんのイチオシ酒という印象を前から強く持っています。
 なので、飲む機会を伺っていた銘柄ではあったんですよね、ただ、近所に特約店がなかったり、出会っても一升瓶だったりで中々…
なお、当ブログでは以前「凌駕」という同蔵別ブランドを頂いたことがあるのですが、有識者によるとやっぱり味わいが違うとのこと。
 そんなこんなで、今回まとめて色々いただけたのは非常に良い経験になりました。

 こちらのお酒についてスペック等の情報について、詳細はきたろーさんの記事を是非ご覧ください。
 ここまで情熱を持ってしっかり書かれたら、さらにこちらで書くことは無いです(笑)
 本醸造酒のイメージとかけ離れた、洒落たラベルの500ml薄青瓶という見た目も特徴的ですね。

20191014132440067.jpg

 上立ち香はなんとなく米クリームといった趣の若干くぐもった落ち着いた香りがそこそこに。
 含むと、極めて力強い旨味が、やはりアルコール的刺激の引き締まりを伴いつつ、最後までしっかりと存在感を保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、見事なまでに味乗りした印象の旨味が厳然たる主役、心地よい系の苦味もあって、砂糖入りオレンジを皮ごと煮詰めたような雰囲気かしら、そしてピリピリ感がいい感じで熟のダレを防いでくれます。
 後味は、濃厚な味わいをアルコールの辛さで引き取る、アル添の良さを押し付ける感じのキレ。

 一種重いぐらいの熟した旨味を、アルコールの辛さが見事に引き取る、本醸造らしくもその上を行く感じのお酒でした。
 いやあコンセプト通りのお酒って印象ですね、純米派にも是非飲んでもらいたいような完成度かと。
 ただ、良い悪いは別にして、やっぱり他の茶瓶のお酒と熟感の方向性に違いはあるような…(少しくぐもっていると言いますか)、このお酒の場合は味わいが負けていないのであまり気にならないのですが。
 松乃井、次はまた別スペックを紹介いたします。

■紹介:「きたろーの酒ノート」さんの同スペックの記事(BY違い)
http://sakenotes.hatenablog.jp/entry/2017/08/28/223841

20191014132450466.jpg

名称:松乃井 「SUPER HONJOZO」(スーパー本醸造
蔵元情報:株式会社松乃井酒造場
購入した酒屋さん:遠州屋酒店(横浜)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年11月02日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

天弓 純米吟醸 翠雨 生酒

家飲み記録 天弓 純米吟醸 翠雨 生酒

20191006210400289.jpg  20191006210419631.jpg

 山形県南陽市のお酒です。
 前回の桜雨に続いての紹介。

 こちらも「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」管理人のすんさんに入手して貰いました。
 唐突な話ですが、私は日本酒ブログの利用の仕方として一番確実なのは「自分の好みと似ているブログを探して、そのオススメ銘柄を飲んでいく」という方法だと思っております。
 すんさんは私のブログを前から参考にしてくれていたようで、好みは完全に同系統なことは判明済み。
 そのオススメ銘柄というのは、まあ自分にとっては必然的に鉄板なわけです、いやあこれもまた、ブログやってて良かったと思えた一事でしたね。

 スペックは、これまた記載ないですが、出羽燦々利用らしいです、精米歩合は55%。
 こちらの特徴的な部分は「マロラクティック発酵」という、一般的にはワイン製造で利用される、特殊な発酵過程を経たものであるということですね。
 同様の製法のお酒として、当ブログでは以前に山形正宗の「まろら」を紹介しています。

20191006210434574.jpg

 上立ち香はスッキリフレッシュなライム的な香りがそこそこに。
 含むと、かなり濃度が高い甘酸味が、少々の苦味を伴って、ギリギリダレを防ぐバランスで、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、一種の爽やかさのある、程よく熟した柑橘系果実の甘酸味が中心で、少々クセっぽい苦渋味が何気に個性を添えています、いやあオンリーワンですね~
 後味は、苦渋酸が引き取る感じの、なかなか面白い引き上げ方。

 独特のスースー感が特徴の、なかなかに複雑な味わいの世界を感じさせる、インパクトのある芳醇甘口酒でした。
 何となくラベルのイメージに引っ張られて、ライムとかの青い柑橘系果実のイメージがありますね、ただ甘味がハッキリ強いのでメインはそれ。
 個人的にはこういう、甘味、個性、飲みごたえの三拍子揃ったお酒は大好きですね~
 そしてやはり何となく二兎に似てる気も…、ただこっちの方が甘味の押し出しが強い印象。
 天弓、今回の2本で自分好みと確信できました、来期は何とか自力入手したいなあ…

■紹介:「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-310.html

20191006210447543.jpg

名称:天弓 純米吟醸 翠雨 生酒
蔵元情報:東の麓酒造有限会社
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー:並べて記念写真
20191020154426043.jpg
今回はとにかくすんさんに感謝!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年10月20日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

天弓 純米吟醸 桜雨 生酒

家飲み記録 天弓 純米吟醸 桜雨 生酒

20191006210317207.jpg  20191006210325855.jpg

 山形県南陽市のお酒です。
 ブログでは初登場ですね、外飲みについては後述。

 こちらを醸す蔵の通常銘柄は「東の麓」ですね、そして限定品であるこちらの「天弓」については「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」さんの推し銘柄ということで、数年前から狙っておりました。
 実際、外飲み(というかオフ会)で飲ませてもらったときの印象も良く、想いは募るばかりだったのですが、日本酒というものは、近くに特約店が無いとなかなか難しいんですよね…
 で、結局は同ブログ管理人のすんさんに買ってきて貰いました(2本)、いやあ持つべきものは酒友達ですね。

 裏ラベルのスペック情報は貧弱ですが、ググったところ使用米は美山錦らしいです。
 精米歩合は55%、アルコール度15%は結構低めですね。(私の感覚では)
 
20191006210335870.jpg

 上立ち香は甘くベリー系っぽい果実的なフレッシュな香りが気持ち強めに。
 含むと、やはり実に芳醇かつフレッシュな印象の甘酸味がグググッと入ってきて、そこそこ強めの苦味と拮抗しつつ、割と息の長い感じで存在感を保ちながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やっぱりベリー系の甘酸味が主役って感じですね、濃度がかなり濃くて、生酒らしい苦味を割と力尽くで裏方に押し込めるタイプですね、ただあまり重さを感じさせないバランス。
 後味は、苦味が引き取る形ながら、割とスッキリキレてくれます。

 フレッシュフルーティージューシー系のお酒として極めてハイレベルな、キレの良い芳醇甘酸旨味酒でした。
 いやあ、上では苦味を強調していますが、実際はそれを本当に上手く使いこなしているんですよ、甘酸の存在感と相まって、王道ながらも繊細なバランスの取り方といいますか。
 あとなーんとなくミンティーな風味もあるかなあ…、そこは若干二兎と似ているかも。
 天弓、やっぱり自分好みだなあと思わせてくれた一本でした、次回はもう一本買ってもらったやつをご紹介します。

■紹介:「日本酒ブログ:酒と魚は生がいい!」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

20191006210349399.jpg

名称:天弓 純米吟醸 桜雨 生酒
蔵元情報:東の麓酒造有限会社
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年10月18日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

賀名生(あのう) 純米大吟醸 吟のさと 直汲み無濾過生原酒

家飲み記録 賀名生(あのう) 純米大吟醸 吟のさと 直汲み無濾過生原酒 

20190826170645150.jpg  20190826170654626.jpg

 奈良県五條市のお酒です。
 同蔵のお酒の紹介は4回目、また同銘柄は2回目の登場となります。

 前回(露葉風)の印象がすこぶる良かったので、ほぼ間髪入れずに別スペック(米違い)を発注しました。
 しかし、賀名生とは、地名由来の銘柄名ですが、結構インパクトはありますよね。
 Wikipediaには、南北朝時代に色々な事件があったようで、歴史的にも名を残している地名のようです(歴史マニアには常識なんでしょうか)
 奈良はこういうのがあるのが強みですよね~、むしろもっと前面に押し出してもいい気がします。

 スペックは、「吟のさと」を50%まで磨いたいかにも限定品的なもの。
 吟のさとで検索すると、「九州に適した栽培しやすい酒米」との情報が出てきますが、あえて奈良で栽培して、使用しているというのがなかなか面白い気がします。

20190826170703980.jpg

 上立ち香はなんとなくハーブを彷彿とさせる個性的な香りがそこそこに。
含むと、ガス感及びいわゆるミネラル感というやつをハッキリ感じる硬質な旨味が力強く入ってきて、口中でゆっくりと溶けていく感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり結構個性的な草的な含み香を纏った旨味が中心にありますね、ミネラル・凝縮感も特徴的で、甘味控えめながら飲みごたえバッチリ、ちびちび延々と飲めてしまう感じですね。
 後味は、ほんのちょっぴり苦渋の余韻を残しつつしっかり引き上げてくれます。

 ガスと密度と硬度をハッキリ感じる、濃厚ながら飲み飽きない超個性派ミネラル旨味酒でした。
 如何せん甘味がそれほどでもないので最初は物足りないかな~とも思ったのですが、飲み進めると満足感が増してきましたね。
 いやあやっぱり、「賀名生」に冠しては、完全に首都圏で勝負できるレベルの個性とまとまりがあると思いますね、今後是非売れて欲しいと思いました。
 賀名生、今後も追い続けていきます。

20190826170713159.jpg  20190826170724304.jpg

名称:賀名生(あのう) 純米大吟醸 吟のさと 直汲み無濾過生原酒
蔵元情報:五條酒造合名会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年10月16日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

會津宮泉 純米酒 火入れ

家飲み記録 會津宮泉 純米酒 火入れ

20190910125439626.jpg  20190910125451413.jpg

 福島県会津若松市のお酒です。
 銘柄としては初登場ですね。

 こちらを醸す宮泉銘醸は、首都圏では「冩樂」ブランドで知られていたと思います、この「會津宮泉」は古くからの地元銘柄ですね。
 私としては、宮泉の方が県外で知られ始めたのは、「SAKE COMPETITION 2018」にて、冩樂と宮泉が二部門トップという快挙を成し遂げてからだと認識しています。
 (この辺りはSAKETIMESに詳しい解説記事がありますね
 ただ、楽器正宗同様、こうなると地元銘柄と県外向け銘柄の違いというのが、買い手からしたら分かりにくいと思うんですよね…
 朝日鷹や泉川(十四代・飛露喜の地元銘柄)と違って、割とガンガン県外に売っているイメージがあるのでなおさらといいますか、若干なんだかなあという気がしております。

 さて、詳細スペックの記載はありませんが精米歩合は60と結構削っていて、ただお値段も1,300円とそこそこ。
 火入れ記載ですが要冷蔵なので一回火入れでしょうか、4月製造、6月開栓です。


 上立ち香はマスカット&バニラといった趣の、割と甘い香りがそこそこに。
 含むと、かなり濃厚で落ち着いた印象の甘旨味が力強く入ってきて、尻上がりに出てくる渋味で結構ギッチリ引き締められつつ、息の長い感じで染み込んできます。
 味わいは、荒くなくかつ古臭くない絶妙の落ち着きのあるぶどう的甘味が中心にあって、若干の酸味と強めの渋味が引き締め役に回ります、全体的な印象は非常にまとまりが良い感じですね。
 後味は渋味をあくまで余韻で残しつつも、割と自然な引き上げ方。

 落ち着いていながらも濃厚で、かつモダンな雰囲気もある、しっかり甘くて飲み飽きしないお酒でした。
 この、甘渋な感じはやっぱり福島酒って感じがしますね、いやあ本当わかりやすいですよ。
 記事の最初では若干ディスりましたが、楽器正宗同様、福島酒のレベルが高い&福島民の舌が肥えている結果、地元銘柄がそのまま全国展開できちゃうんじゃないかしら、そんなことを思いました。
 會津宮泉、次はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

 ただ、温度上がってくると渋味とかがちょっとくどくなってくるかな…
 このあたりは晩酌酒としてはマイナスかもですね、今風のお酒同様しっかり冷やすのがオススメ。

20190910125511153.jpg  20190910125501040.jpg

名称:會津宮泉 純米酒 火入れ
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年09月20日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

一博 純米 うすにごり生 30BY

家飲み記録 一博 純米 うすにごり生 30BY

20190910125638488.jpg  20190910125651750.jpg

 滋賀県東近江市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前回いただいたのは3年前、その時の印象は非常に良かったのですが、うっかり買い逃しているうちにあれよあれよと…
 こちらの蔵の事情については前回の記事に書いた通りです、そして今回いただくのは念願かなって再開させた自社蔵での造りによるお酒となります。
 なお、実は前回飲んだお酒(26BY)は「博」の字の点が無いバージョンだったりします、これは間借りしての造りだった為、あえてそうしたものだったとか。
 今回は満を持して点を入れた、いわば完成形の一博となるわけです、心していただきたいと思います。

 スペックは地元滋賀県産の酒米「吟吹雪」を60%まで磨いています、裏ラベルに詳細な記載があるのは嬉しいところ。
 特別純米とかを名乗れるはずですが純米表記ですね、お値段は非常に良心的な税抜1,250円。

20190910125702713.jpg

 上立ち香は若干セメダイン混じりの、メロン系のフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、インパクトのある甘酸味が、しかしキツさのない口当たりで入ってきて、苦味をあくまで裏方に感じさせつつ、ゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、やはりメロン的な印象の、程よい青臭さと苦酸味がありながらも、しっかりとした甘さゆえに全体としては柔らかく感じる極めてフルーツ的なものですね、かつダレ感は皆無。
 後味は、苦味をほんのりと残しつつも、割と柔らかく引き上げてくれます。

 青苦さに負けない甘味がとても心地よい、フレッシュ生酒の魅力くビンビンに感じさせつつ、力強くバランスをとるお酒でした。
 なんというか、セメダイン感が非常に甘味と溶け込んでいて、濃いのにキツく無くてガンガン飲めちゃうんですよね~
 いやあ久々に飲んでも好みだなあ、コスパも素晴らしいし、これなら毎年買っておくべきだった…
 一博への信頼を確固たるものにしてくれた一本でした。

 ただ、開栓後時間経つと、ちょっとアルコールが浮いたりでバランス崩れる感じかなあ。
 十分美味しくいただけるのですが、個人的には即飲み推奨。

20190910125712187.jpg

名称:一博 純米 うすにごり生 30BY
蔵元情報:中澤酒造有限会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年09月18日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

聖(ひじり) 純米吟醸 山田錦 中取り生酒 30BY

家飲み記録 (ひじり) 純米吟醸 山田錦 中取り生酒 30BY

20190826144551236.jpg  20190826144600662.jpg

 群馬県渋川市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。
 
 前回飲んだ時は28BY特有の苦味(これは他銘柄でもよく感じました)が気になり、リベンジ的な意味で早めにもう一度やりたいなあと思っていたため、今回セレクトしました。
 はSNS等を見る限りじわじわと評価されてきている印象ですね。
 個人的には、そもそも北関東3県は派手なスター銘柄が無いだけで、実力蔵が非常に密集しているという認識です。(個人的推しは咲耶美、七水、大観あたりが主ですが、他も正直数え切れないレベル)
 造り手からしたらそんな中で戦っていくというのは非常に大変だとは思いますが、飲み手側としては結果として酒質が上がっていってくれれば非常にありがたいところなので、是非今後も頑張っていって欲しいなあと思うところです。

 さて、スペックは山田錦利用の精米歩合50で、裏ラベルを見ると無濾過生原酒である旨記載がありますね、中取り・槽場直詰というのもポイントかと。
 王道スペックという感じですが、税抜で1,500円を切る極めて良心的なお値段というのが嬉しいところ。
 
20190826144609286.jpg

 上立ち香は割とフレッシュさを残した印象の果実香がかなり控えめに。
 含むと、バランスの良い甘酸旨味が若干のトロミを帯びて入ってきて、ほんのりとした苦味を奥の方に感じさせつつ、最後まで柔らかくゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、蜜たっぷりの完熟リンゴ的な、極めて濃厚な甘酸味が中心にあって、苦味や若干ある辛さも浮かずに引き締め役に徹している印象、これは甘旨系生酒の王道を往く感じですね~
 後味は、酸苦が割と力強く引き取る形でガッツリキレてくれます。

 非常に濃厚かつクセのない甘酸旨味を最後まで素直に楽しめる、無濾過生原酒としてド直球勝負の芳醇旨酒でした。
 フレッシュさ含め、なんというか私としては、「こういうのでいいんだよこういうので」と言いたくなるぐらい好み。
 ただ少々甘酸っぱいといえるような雰囲気や辛さの存在感は個性的でもあり、にぎやかな感じがすごく楽しいですね。
 正直一口目は若干荒くも感じるのですが、飲み進めると慣れてきて魅力だけが立ってくる感じでもあるかと。
 、今後より注目していきたいと思います(実は早速最近もう一本飲んだので次回はそちらを紹介します)

20190826144618193.jpg

名称:(ひじり) 純米吟醸 山田錦 中取り生酒 30BY
蔵元情報:酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年09月06日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

菊姫 にごり酒 山廃仕込

家飲み記録 菊姫 にごり酒 山廃仕込

20190614101133556.jpg  20190614101142974.jpg

 石川県白山市のお酒です。
 ブログでの登場は以外にもまだ2回目。

 泣く子も黙る菊姫です、そしてド定番のにごり酒
 個人的イメージとしては五郎八とか白川郷同様、スーパーの常温棚でも置いてそうな数少ないにごり酒という印象。
 私としてはあまり手を出すカテゴリのお酒ではないのですが(有名大手だし)、日本屋さんでなんとなく試飲させてもらったら、あまりに印象が良かったので買ってしまった次第です。

 スペックはアル添・火入れ有の山廃の普通酒(普通酒と明記されているのは結構珍しいかも)ながら、特筆すべきは特A地区産山田錦使用という部分でしょう。
 この辺りのこだわりは蔵元ホームページにも記載が有りますね、そもそも山田錦100%使用の普通酒を最初に発売したのが菊姫だとか。
 さぞお高いんでしょうと思いきや、なんとお値段1,000円ポッキリ!(税抜)
 アルコール度数が14度と低めなので、結構加水していることも要因と思われるのですが、それでも極めて良心的な値付けかと思いますね。

20190614101151530.jpg  20190614101208483.jpg

 上立ち香は完全に乳酸菌飲料って感じの香りが控えめに。
 含むと、濃ゆくも、若干加水っぽい軽さもある甘酸旨味がトロリとして口当たりで入ってきて、そのままの勢いを保ったまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりモロに乳酸菌飲料的な感じの酸旨味が厳然たる主役を演じますね、そこになんというか山廃的な渋味?が伴うことで、日本酒らしさ、飲みごたえもしっかり感じる印象。
 後味は、粉感と旨味を酸が引き取る感じで、実にちゃんとキレてくれます。

 飲みごたえがありつつもスルスルと飲めてしまう、アルコール入り乳酸飲料的超絶コスパにごり酒でした。
 こういってはなんですが、菊姫の山廃火入れって非常に飲みにくいというか、玄人向けという印象があるのですが、これはむしろ日本酒初心者にも積極的にオススメできると思います。
 ただ、それでいてそれっぽい奥深い風味もしっかりあるのが面白いんですよね、この完成度、コスパは物凄いレベルに達しているかと。
 そもそも純米無濾過生原酒フリークである自分が一番避けて通る系の、火入れ加水アル添酒ですからね…、日本酒への意識そのものに影響を与えてくれるお酒でした。
 こういうお酒を飲むと、「高級品よりも普及品の方にこそ蔵の実力が表れる」という考えにも説得力が有ると思わされますねえ、まさに菊姫蔵の実力をビンビンに感じさせてくれる一本でした。

 ちなみになんとなく飛び切り燗にしてみたのですが、面白いぐらいに味わいの芯自体は「変わらない」印象。
 冬には温めて、夏には冷やしていただくのが良いんじゃないでしょうか、そういう意味での万能さもあると感じました。

紹介:「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://www.osakemirai.com/archives/9258752.html

20190614101200669.jpg

名称:菊姫 にごり酒 山廃仕込
蔵元情報:菊姫合資会社
購入価格(税抜):1,000円/720ml
購入した酒屋さん:日本屋(柏)
お気に入り度:8.5(値段も考慮に入れて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年09月04日 石川の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

自然酒 和醸 特別純米 袋吊り無濾過生原酒 29BY

家飲み記録 自然酒 和醸 特別純米 袋吊り無濾過生原酒 29BY

20190620160645689.jpg  20190620160654029.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 当ブログでの登場は7回目とかなりのペース。

 前回飲んだ印象が非常に良かったこともあり、リピートさせていただきました。
 数年前から繰り返し言っていますが、未だに福岡県外の取扱い店がうのかわ酒店さんだけっていうのが納得いかないんですよね…、これだけ地酒屋が存在するのに、ちゃんと情報収集しているのかとすら思ってしまう次第。
 私としては、うのかわ酒店さんに発注する場合はほぼ必ずこちらの蔵のお酒は同梱するぐらいに、絶大な信頼を寄せているところです。

 さて、今回いただくのは地元の無農薬栽培山田錦利用の無濾過生原酒、精米歩合は60%です。
 詳細スペックの記載が有るのはありがたいですね、日本酒度+10とかなり高めなのが目につきます。
 製造年月は2018年の10月ですが、29BYということなので1年程度の生熟期間を経ているものと思われます。

20190620160701709.jpg  20190620160709256.jpg

 上立ち香はアルコール混じりの濃厚な完熟果実香が控えめに。
 含むと、柔らかい酸と辛さで程よく引き締まった印象の旨味が自然な口当たりで入ってきて、最後まで存在感を保ちながらもスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、洋梨的な風味を纏った甘さ控えめの酸旨味が中心ですね、ただ苦味等の雑味は皆無で、熟し方は極めて柔らかく、全体としては一種の軽さと飲みごたえをバッチリ両立させている印象。
 後味は、いやあこれがほんのりとアルコールを感じさせつつも自然に消え失せる感じで、完璧レベルのキレですね。

 ボリュームたっぷりのコクを感じさせつつ、後味のキレが素晴らしい、ダイナミックバランス酒でした。
 これは完全に飲み進めるほど魅力が増してくるタイプのお酒ですね…、実際開栓後常温保存でも全く問題無し、速醸でこれだけ強いお酒は珍しいでしょう。
 この旨味の存在感は熟成無濾過生原酒ならではだと思いますが、袋吊り故か純度も高い感じなのが素敵ですね、いやあこちらの蔵はやっぱり実力派ですよ…
 実は同銘柄を早速リピートで飲んだので、次はそちらを紹介したいと思います。

20190620160724914.jpg  20190620160716813.jpg

名称:自然酒 和醸 特別純米 袋吊り無濾過生原酒 29BY
蔵元情報:林龍平酒造場
購入価格(税抜):2,950円/1,800ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年08月31日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鍋島 純米吟醸 「風ラベル」 山田錦 生酒

家飲み記録 鍋島 純米吟醸 「風ラベル」 山田錦 生酒

20190724160154728.jpg  20190724160202737.jpg

 佐賀県鹿島市のお酒です。
 ブログではもう何度も登場してますね、小山商店購入酒の6本目。
 なお、今回は8本まとめ買いした(下部写真参照)のですが、花陽浴咲耶美については、既にプチ感想を上げているので、今回でひと段落することになります。

 さて、この「風ラベル」は私が何年も前から欲しいと思っていたお酒です。
 いわゆる小山商店限定ラベルなのですが日本酒ブログ界隈では非常に有名で、私としては「酒呑親爺の酔って候」さんの記事「日本酒感想日誌」さんの記事「飲兵衛廃人の落書き帳」さんの記事等をみては「ああ飲んでみてえなあ」と詠嘆しておりました。
 今回小山商店さん初来訪の日が入荷日だったらしく、本当にたまたま入手できたので、それはそれは嬉しかったですね~、「自分は日本酒に愛されている!」と思いましたよええ(そう思い込むことが幸せ)。

 スペックは山田錦の精米歩合50%の生酒。
 私も以前飲んだことがある「パープルラベル」とこの辺りは同じですね、おそらくそこに何かプラスアルファの要素があるのでしょう。
 ちなみに一升瓶限定っぽいです。

20190724160215721.jpg  20190724160224213.jpg

 上立ち香はちょっとガス混じりで若干酸もある、フレッシュな果実香が意外と控えめに。
 含むと、高密度かつバランスの取れたフルーティーな甘味が自然な口当たりで入ってきて、尻上がりに出てくる苦味で割としっかりと引き締められながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、まさに王道を行く感じの蜜のある青りんご(?)的なほどほど高めの濃度ながら、ひたすらまとまりの良い印象、ただちょっと苦味が強いのが玉に瑕かなあ。
 後味は、やはり若干苦味の余韻を残しつつ、酸の働きとバランスの良さで見事にキレます。

 フルーティーな旨味の存在感をガッツリ感じさせつつ、極めて高次元なところで全体のバランスが取れている、ハイレベルモダン酒でした。
 いやあ、ちょっと濃度が抑えめなところも合わせて、生酒には珍しくスルスルと杯を重ねてしまう系のお酒ですね。
 なんというか、一種の方向性を突き詰めた感はありますね、フレッシュフルーティージューシー系ながら飲み飽きなさが凄い。
 ただ少々苦味がなあ…、まあこれは開栓後ちょっと置くと落ち着いてきました、もしかしたら居酒屋でより映えるお酒なのかも。
 鍋島の底力を感じる一本でした、またいつかやってみたいですね。

20190724160233480.jpg

名称:鍋島 純米吟醸 「風ラベル」 山田錦 生酒
蔵元情報:富久千代酒造有限会社
購入価格(税抜):3,150円/1,800ml
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー:今回の購入酒記念写真
20190723125912143.jpg
 電車で一時間以上かけて持って帰ることを話したら驚かれました…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年08月27日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

誉池月 純米 山田錦60 あらばしり 本生 「喜八スペシャル Ver.2」

家飲み記録 誉池月 純米 山田錦60 あらばしり 本生 「喜八スペシャル Ver.2」

20190724160059919.jpg  20190724160110067.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です。
 ブログでの登場は3回目、小山商店購入酒の5本目になります。

 目を引くのは何といっても肩ラベルの「喜八スペシャル」という記載でしょう。
 これは小山商店の店長である「小山喜八」さん肝いりの一品ということだと思われます。
 喜八店長は同店の象徴という印象がありますね、いわゆる地酒ブーム以前から多くの銘柄を見出し、広めていったレジェンド的存在かと…(「飛露喜」誕生に大きく関わっているのは特に有名でしょう)。
 ちなみに店内には店長直筆らしいお酒紹介の張り紙が大量に貼ってあったりします、実際目の当たりにするとかなりのインパクトでしたね。

 さて、今回いただくのは地元産山田錦を60%まで磨いた生酒。
 私が以前いただいたものと似たスペックではありますが、何気に「垂口直汲み」って記載も有りますね、この辺りに「喜八スペシャル」たる所以があるんじゃないかと想像します。
 今年の2月製造、5月開栓。

20190724160119760.jpg  20190724160136363.jpg

 上立ち香はぶどう系の濃厚な果実香が気持ち強めに。
 含むと、非常に濃厚な甘味がしっかりと入ってきたかと思うと、徐々に強まる酸渋味でしっかりと引き締まりを保ちつつ、最後にはキリリとした印象で喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、最初に感じるマスカット的甘味と、一拍おいて出てくる酸渋味のバランスが実に個性的かつ魅力的な印象、甘味の心地よさと酸味の引き締まり、渋味の奥深さを見事に共存させていますね。
 後味は、やはり酸味が引き取る形で完璧なキレ。

 今の日本酒の最先端を往くような、生酒の魅力を詰め込んだような、非常に個性的かつバランスの良い甘酸旨酒でした。
 私としてはやっぱり最初の甘味に非常に惹かれますが、後味のキレが好みの方も多くいることでしょう、まさに万人向け。
 そういえば、若干味乗りしてきた感はありますが所謂熟感は皆無でしたね、これ多分数年は余裕で持つタイプの生酒でしょう。
 今まで家飲みした他の誉池月の2本と比べても、ダントツに好み!
 誉池月の実力と、喜八スペシャルの名の重みを感じた一本でした、まさに感服です…

20190724160146106.jpg  20190724160136363.jpg

名称:誉池月 純米 山田錦60 あらばしり 本生 「喜八スペシャル Ver.2」
蔵元情報:池月酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.6/9.0

■おまけギャラリー:小山商店さんの張り紙(ほんの一部)
20190723125943920.jpg
 一部では「達筆すぎて解読に時間がかかる」という評判だとか…(笑)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年08月25日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

登龍(とりゅう) 特別純米 せめ 「華」 磨き50 生酒

家飲み記録 登龍(とりゅう) 特別純米 せめ 「華」 磨き50 生酒

20190724160344478.jpg  20190724160353331.jpg

 福島県白河市のお酒です。
 外飲み、家飲み含め初めていただきます、小山商店購入酒2本目。

 こちらは在庫僅少の四合瓶酒用っぽい冷蔵庫で見付け、購入しました。
 私のようなマニアにとっては、小山商店さんはやっぱり楽しい場所でしたね~、まだまだ知らない銘柄が有るということをストレートに実感させてくれました。
 この登龍もその一つです。
 「龍」と名の付く銘柄は多々ありますが(黒龍、白龍、龍力、睡龍、長龍、etc…)、その中でも東京では入手しにくい部類に入るのではないでしょうか。
  なお蔵元ホームページによると、同蔵は他に「白陽」という銘柄も出しているようです。
 
 スペック情報はあまり記載がないですね、精米歩合50と比較的高精白ながら、特別純米表記の生酒。
 「せめ」というのは一つのポイントでしょうね、そのためかお値段は抑えめ。

20190724160401223.jpg

 上立ち香は落ち着いた印象のアップルティー(?)的香りがそこそこに。
 含むと、福島酒らしいコクのある旨味が結構な渋味を伴いつつ結構押しが強い感じで入ってきて、アルコール感による独特な引き締まりを感じさせながらじわじわと染み込んできます。
 味わいは、なんとなく蜜っぽい甘味と落ち着いた渋味がせめぎ合う、飲みごたえがしっかりありながらも、ついつい自然に飲み進めてしまう感じでバランスが取れたもの。
 後味は、渋味の余韻を少々口中に残しつつ、見事にキレます。

 福島酒の魅力をしっかり凝縮したような、奥深さとバランスを見事に両立させた感じの芳醇程々熟旨酒でした。
 責めっぽい重さも若干感じるものの、荒い感じがしないのが素晴らしいですね、こうなると中取りとかも飲んでみたいなあ。
 ちなみに常温ぐらいが甘味が出てきて私は好きですね、ただ冷やしたときの引き締まった感じもなかなか素敵。
 登竜、次はまた別のスペックも飲んでみたいと思いました。

20190724160418737.jpg  20190724160410607.jpg

名称:登龍(とりゅう) 特別純米 せめ 「華」 磨き50 生酒
蔵元情報:合名会社大谷忠吉本店
購入価格(税抜):1,359円/720ml
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.5/9.0

■お店の外観
20190723125923756.jpg
 流石に素敵な佇まいですよね…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年08月19日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

賀名生(あのう) 純米大吟醸 露葉風 直汲み無濾過生原酒

家飲み記録 賀名生(あのう) 純米大吟醸 露葉風 直汲み無濾過生原酒

20190620160551495.jpg  20190620160559762.jpg

 奈良県五條市のお酒です。
 同蔵のお酒の紹介は3回目ですが、銘柄的には初登場。

 いやあ読めませんねこれは…、数ある地名由来のネーミングの中でも、屈指の難読銘柄なんじゃないでしょうか。
 こちらも日誌係さんの感想を見て購入しました…が、このお酒については「先を越された!」って思いの方が強かったりします(笑)
 同蔵は前から「五神」という銘柄を出しているのですが、今回は敢えて新規ブランドで勝負してきてるんですよね。
 気になってはいたのですが、「冷蔵庫の空きが無いなあ」とか思っていたら…う~ん敗北感が。(しかも記事掲載は半年遅れという体たらく…)
 やっぱりそういう新規有望銘柄は最初に紹介したいという欲望はあるんですよね~、日本酒ブログ書きとしての業とでも言いましょうか。
 
 スペック的には奈良県の酒米「露葉風」を50まで磨いた無濾過生原酒、しかも直汲みということで今風な雰囲気がありますね。
 製造が2018年12月、開栓2019年3月末なので、若干の生熟期間を経ています。

20190620160608698.jpg

 上立ち香は、凄く濃い感じのラムネとかの香りが控えめに。
 含むと、極めて高密度かつ硬度も備えた甘旨味が若干のガスを伴い力強く入ってきて、結構強めの渋味を伴うことで奥深く、かつ最後までキリリとした印象で喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、三ツ矢サイダー的な濃い甘旨味が中心にありつつ、いわゆるミネラル感と渋味がガッチリ絡みついて、全体の印象は非常にギッチリ引き締まっている感じ、
 後味も渋味を感じさせながら素晴らしいキレを魅せてくれます。

 しっかりと高密度で存在する甘旨味の魅力と、独特の硬質感を兼ね備えることで、絶妙なバランスを保つオンリーワンの酒質のお酒でした。
 あまりこういうのもなんですが、旨味自体は「当たりの風の森」って感じなんですよね、ただ渋味の強さが面白い個性と深み、そしてドンドン飲み進めてしまう感を加えてくれます。
 これは一種理想的な、食中でも単独でもイケるタイプのお酒でしょう。
 露葉風は結構クセの強い酒米という印象があるのですが、うまく使いこなしている感じなのも見事。
 正直に言ってしまうと五條酒造のお酒は今まであまり好みとは感じていなかったのですが、これはドンピシャって感じでしたね。
 賀名生、今後バッチリ注目していこうと思います。


 ああでも開栓後ガスが抜けたらちょっとダレというかクセが強くなってきたかな…
 含んだ直後は良いのですが後味にセメダイン的なケミカルさが残りますね、個人的には即飲みを推奨。

■紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2705.html

20190620160617241.jpg  20190620160637269.jpg

名称:賀名生(あのう) 純米大吟醸 露葉風 直汲み無濾過生原酒
蔵元情報:五條酒造合名会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年08月13日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ