黒龍 純米吟醸

本日の家飲み 黒龍 純米吟醸

fc2_2014-06-05_17-55-11-945.jpg  fc2_2014-06-05_17-59-03-635.jpg

 福井県吉田郡永平寺町のお酒です。
 流石に家でも外でも何度もいただいている銘柄。

 まあ黒龍については私が改めて紹介することもないでしょう、押しも押されぬ地酒界の雄の一つだと思います。
 個人的印象としては、とにもかくにも味わいに安定感があってしっかりとした旨味があるイメージ。
 新潟の大手淡麗銘柄が殆どみたいなお店のラインナップに交じっていると、救世主となりうる銘柄だと思っています。

 アル添でお求めやすい価格帯のお酒も十分いける感じですが、ほとんどが二回火入れで生がほぼないのはちょっとさみしい気もします。
 某店で特別に飲ませてもらった「いっちょらい」の生酒が美味しかったんですよね…、管理ができる店限定で良いので出してくれれば良いのに。

 今回はスタンダードな純米吟醸です。
 引っ越し先の酒屋さんで置いてあってので、たまには大手も飲むかと購入してみました。
 上立ち香はやわらかな印象の吟醸香がほどほどに。
 含むと、なんともやさしい印象の甘旨味がふわりと入ってきて、自然な感じで広がっていきます。
 旨味は砂糖菓子のようなくせの無い甘味が主役で、なんというか安定感を感じる程よさです。
 後味はそのまま自然にキレていきます。

 伝統と格式を感じさせるような、一つの完成形といえるようなお酒でした。
 ただ、やはり火入れの性か、どうしても古臭い印象が出てきてしまうような…。
 まあ、いつもフレッシュ濃厚なお酒ばかり飲んでいるので、少々物足りないながらも逆に新鮮な気もします。
 黒龍はこれからも、幅広い地酒ファンに訴求していく鉄板銘柄としての地位を保持していくのだろうと感じました。

 なお、開栓後でも全く味わいは崩れません。
 この安定感こそ、まさに蔵元さんの意図するところなのでしょう。

koku.jpg

名称:黒龍 純米吟醸
精米歩合:55%
酒米:五百万石
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:黒龍酒造株式会社(福井県吉田郡永平寺町)
購入価格(税抜):1,311円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 黒龍 純米吟醸

2014年07月29日 福井の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒

fc2_2014-06-05_17-38-24-991.jpg  fc2_2014-06-05_17-42-44-402.jpg

 兵庫県南あわじ市のお酒です。
 外では何回かいただいていますが、家飲みは初めて。

 以前佐渡島のお酒をいただきましたが、今回は淡路島のお酒です。
 都美人といえば、個人的には四谷三丁目の銘酒居酒屋「日がさ雨がさ」さんが強く推していた銘柄ということが印象に残っています。
 私もそちらでいただき好印象を持っていたのですがなかなか置いているお店が無く、今回ようやく池袋西武で発見したので購入した次第です。

 スペック的には山廃の無濾過生原酒でアルコール度も18~19と高め。
 濃厚な味わいが想像されますが、いかがでしょうか。

fc2_2014-06-05_17-39-52-490.jpg

 上立ち香は落ち着いた印象の米とアルコールの香りが仄かに。
 含むと、熟したように落ち着いた旨味が、山廃らしい強めの酸味とともに、香りを伴わないままジワーッと染みこんできます。
 旨味は濃厚な甘酸が主役な感じで、それに結構強めの辛さが絡みついて、なかなか複雑な味わいの世界を作り出します。
 ただ、個人的にはクセは感じず、キッチリバランスはとれている感じ。
 後味は、その辛さが見事にキリッと引き上げていきます。

 非常に旨味が濃く、かつ個性を発揮する形でバランスがとれている、クセのない山廃旨酒でした。
 個性的な芳醇旨酒ということで、私のストライクゾーンど真ん中です。
 山廃酒でも無濾過生原酒はやっぱり火入れとは全く違う魅力があるということを、改めて感じた次第。
 都美人、是非ほかのスペックも頂いてみたいと思いました。

 山廃酒のお約束として燗を付けてみると、やはり口当たりは柔らかくなるのですが、アルコールのキツさも出てきます。
 これは好みですね…、個人的にはぬる燗あたりが丁度良いバランスに思えたので、オススメ。

fc2_2014-06-05_17-44-55-823.jpg

名称:都美人 山廃特別純米 無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:18~19%
日本酒度:+6
蔵元情報:都美人酒造株式会社(兵庫県南あわじ市)
購入価格(税抜):1,600円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年07月24日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

和田龍登水 純米吟醸 無濾過生原酒 美山錦

本日の家飲み 和田龍登水 純米吟醸 無濾過生原酒 美山錦

fc2_2014-06-05_18-02-07-707.jpg  fc2_2014-06-05_18-03-09-079.jpg

 長野県上田市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような…(呆)。

 和田龍とはなかなか面白い名称ですね、ホームページによると先々代の当主「和田 龍太郎」翁の名前から来ているネーミングだとか。
 元々は酒造業のかたわらで品種改良したブドウにつけた、「ぶどう和田龍」というブランド名が始まりというのも、長野らしくて面白いです。
 ラベルもなかなか凝っているというか、センスを感じさせる雰囲気。

 スペック的には美山錦の49%ということで、純米大吟醸を名乗れるレベルですね。
 特に長野は精米歩合の割に控えめな特定名称を名乗るところが多いような…、お国柄かしら。
 無濾過生原酒ながらアルコール度は16%に抑えているところはちょっと特徴的。

fc2_2014-06-05_18-04-10-323.jpg

 上立ち香はフレッシュなセメダインが仄かに。
 含むと、濃厚フレッシュな甘旨味が、多少の青臭さを伴いつつ、じわじわと染み込んできます。
 旨味はいかにも長野酒らしいスタンダードな甘酸系果実味が主役で、そこにアルコールのピリピリ感が寄り添います。
 後味はその酸とアルコール感で切れる感じ。

 やはり、長野酒の良いところがしっかりと出た芳醇旨酒でした。
 精白率のとおり、濃厚ながらクセのない印象が心地よい感じですね。
 ほんの少々お高いのですが、その価値は十二分にあると思います。

fc2_2014-06-05_18-06-30-663.jpg

名称:和田龍登水 純米吟醸 無濾過生原酒 美山錦
精米歩合:49%
酒米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:和田龍酒造株式会社(長野県上田市)
購入価格(税抜):1,600円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年07月19日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

南 無濾過純米 中取り

本日の家飲み 南 無濾過純米 中取り

fc2_2014-06-05_17-47-29-148.jpg  fc2_2014-06-05_17-48-28-755.jpg

 高知県安芸郡安田町のお酒です。
 家飲みは確か初めてで、外では何回かいただいたことがあったような。

 高知というとすっきり辛口系のお酒がメインという印象ですが、私が飲んだものはその予想を覆すような芳醇酒が続いていました(亀泉・アリサワ)。
 だから選んだというわけでもないのですが、今回セレクトしたこの南は、外でいただいた時にはスッキリ系だったという印象があります。

 スペック的にも日本酒度+8ということで、明らかに辛口であると予想されるのですが、いかがでしょうか。
 ちなみにお米は松山三井ですね、四国産のお酒では割とよく見ます、造りやすいのかな。
 酵母も高知県産であることを明記しています、地場産であることをしっかり公開する姿勢は好感触。

fc2_2014-06-05_17-50-55-288.jpg

 上立ち香はフレッシュな香りがほんの少し。
 含むと、まずは柔らかい口当たりでほんのりとした甘旨味が入ってくるのですが、そこから徐々にアルコールのキツさと辛さが出てきます。
 旨味は甘酸渋がバランスよく混ざったクセのないもので、中取りらしく雑味が無いのが特長。
 後味は完全に辛さと酸渋が支配してがっつりキレます。

 含んだ時のまろやかさと後味の厳しさが見事に対照的なお酒でした。
 結構高地酒のイメージに沿うような、味わいのあるスッキリ辛口系のお酒だったと思います。
 南の他のスペックの味わいが気になるところです。

fc2_2014-06-05_17-53-30-489.jpg

名称:南 無濾過純米 中取り
精米歩合:60%
酒米:松山三井
アルコール度:16~17%
日本酒度:+8.0
蔵元情報:有限会社南酒造場(高知県安芸郡安田町)
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 純米

2014年07月15日 高知の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

飛露喜 特撰純米吟醸

本日の家飲み 飛露喜(ひろき) 特撰純米吟醸

 fc2_2014-05-24_21-52-12-963.jpg  fc2_2014-05-24_21-52-39-153.jpg

 福島県会津坂下町のお酒です。
 家でも外でも何度も頂いている、マイ殿堂入り銘柄ですね。

 飛露喜の味わいとその入手困難さについてはここでまた繰り返すこともないでしょう。
 個人的に毎年一本は飲みたいと思っているのですが今年は無濾過生原酒を入手失敗してしまい、寂しい思いをしていました。
 そんなとき、たまたま某酒屋さんで一人一本限定販売(もちろん通常価格)しているところに出会い、小躍りして購入した次第です。

 こちらは飛露喜には珍しく四合瓶で詰められている少し高価格帯の商品で、以前より一度じっくり飲んでみたいと思っていました。
 いつもは買わないようなお値段なのですが、なんといっても飛露喜なのと丁度引っ越しのタイミングだったので自分へのお祝いということで奮発した次第です。
 スペック的には山田錦の麹40%磨きなので、実質純米大吟醸クラスといっていいでしょう。
 生ではないのですが要冷蔵の記載はありますね、火入れ時期・回数などの細かい部分はラベルからはわかりませんでした。

fc2_2014-05-24_21-51-29-642.jpg  fc2_2014-05-24_21-51-49-939.jpg

 上立ち香は、非常にバランスの良い吟醸香が強めに。
 含むと、非常に柔らかい口当たりの、濃厚ながら非常にバランスの良い旨味が、非常に素直な感じで入り込んできて、自然に広がります。
 旨味は飛露喜らしい芳醇な甘酸味が主役のバランスの良いもので、とにかく雑味が全くない、研ぎ澄まされた完成度を感じさせます。
 後味は打って変わってアルコールの刺激で力強くキレます。

 いつも以上に月並な表現を連発してしまうほど、クセのない完成度の高い美酒でした。
 火入れでこれだけ芳醇な味わいを醸せるのはやはり凄いと思います。
 香りが良いのはもちろん、やっぱり旨味が良いですね…。
 値段は張りますが、贈答品にありがちなこの価格帯でも出色の出来のお酒だと思います。

 開封後一日ぐらいは、旨いこと味が載ってくる感じなのですが、それ以上はアルコール感が出てきてちょっと崩れるかな…。
 個人的には、勿体無いとか思わずに記念の日にでも一気に飲んでしまうのに向いていると思います。

fc2_2014-05-24_21-52-58-904.jpg

名称:飛露喜 特撰純米吟醸
精米歩合:麹40% 掛50%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店(福島県河沼郡会津坂下町)
購入価格(税抜):2,500円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0(値段が値段なので…)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年07月11日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

今後の更新について

 いつも当ブログをご愛顧いただきましてありがとうございます。
 ブログ開設から丸2年以上、今までわりと安定した頻度・内容で更新できてきたと思っていますが、最近の周辺環境の変化に伴い、更新内容も変わりつつあるため、アナウンスしておこうかと思います。

 まず、更新頻度についてですが、これは恐らく下がると思います(というか既に下がってますが…)。
 その理由は二つ、一つは単純にプライベートが忙しくなりそうだということですね。
 カンの良い人はお気づきかもしれませんが、最近ラベル写真の背景が変わっているのは引っ越したからで、いろいろとバタバタしております。
 もう一つは冷蔵庫を新調(普通の家庭用ですけど)したことで、一升瓶の保存が楽になったことです。
 今までほぼ四合瓶で購入していましたが、これからはコスト面も考え一升瓶での購入が増えることでしょう。
 飲酒量(一日二合)は増やすつもりはないので必然的に空く瓶が減り、銘柄紹介も減るというわけです。
 ただ、やっぱり一升瓶購入は自分の口に合わないリスクがあり信頼できる銘柄に限りたい思いもあるので、移行は緩やかになると思います。

ちなみに今の在庫(感想アップはいつになるやら…)
1404740516692.jpg

 次に内容について。
 大きくは変わりませんが、記事末尾にいつも記載しているスペック情報を少し簡略化する予定です。
 「酵母」「日本酒度」とかについては、当初ラベルに記載が無ければ自分で調べるぐらいの意気込みだったんですが、やっぱり無理でした…。
 「製造年月」あたりもラベル記載と被りますし、このあたりの情報はラベルの写真をしっかりとることで替えようと思います。
 また、特徴的なスペックに関しては今まで通り本文にも書くつもりです。
 逆に値段については、個人的には非常に重要だと思っているので頑張って書くつもりです。
 ちなみにこれからも基本的には四合1,500、一升3,000円近辺を中心に攻める予定。

 また、本当は購入店も書いた方が参考になるし、宣伝にもなるのかもしれないと思って記載を迷っていたりします。
 しかし、変なことを書いて迷惑になるのが怖くて踏み切れないチキンな私。
 こんどまとめて購入先酒屋さん(通販含む)を紹介する記事でも書こうかしら。

 以上、特に有益な情報ではなく恐縮ですが、アナウンスさせていただきました。
 今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。

おまけ

 某山の登頂記念にてっぺんで頂いた冩樂
2014-01-02.jpg  2014-01-02 15
 流石に飲み過ぎるとシャレにならないのでお猪口一杯だけいただき、後は麓で飲み干しました。

おまけ2
 私のとある記念日に某店で特別サービスで頂いた、イベントの残りの各種十四代
2014-06-162.jpg

 同日に格安で頂いた黒龍の石田屋
2014-06-16 1  2014-06-163.jpg
 店長さんには激感謝!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年07月08日 当ブログについて トラックバック:0 コメント:2

千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒

fc2_2014-05-24_21-53-44-665.jpg  fc2_2014-05-24_21-54-11-860.jpg

 愛媛県喜多郡内子町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め確か初めて。

 このお酒は用事があって行った西武池袋本店でやっていた試飲販売会にて、試飲の上購入しました。
 東京の百貨店の試飲販売には、意外に実力派小規模蔵が来ていたりしてなかなか面白いのです。
 少し貧乏くさい話ですが、高価格帯のお酒は試飲だけでもお得感がありますし…。

 こちらは試飲会限定ラベル(同スペックの通常銘柄もあるらしい)とのことで、黒猫が可愛らしい感じの雰囲気ですね。
 スペック的には、個人的には珍しくアル添ありの吟醸クラスです。
 今回何種類かを飲み比べて決めたのですが、夏酒のわりにしっかりとした味わいが印象的でした。
 まあやはり一杯だけでは何とも言えないので、じっくりと腰を据えていただきます。

fc2_2014-05-24_21-53-22-479.jpg fc2_2014-07-02_01-38-49-328.jpg

 上立ち香は清涼感のある、クセのないセメダイン系の香りが強めに。
 含むと、キリッとした鋭角的な旨味が強烈に入ってきて、強めのアルコール感とともにジリジリと広がります。
 旨味自体は濃厚でしっかりとした甘さもあり、それでいて雑味も少ないまとまりを感じさせるもの。
 後味は、しっかりとアルコールの辛さでキレます。

 夏酒の概念を覆すような、濃厚な旨味を力強いアルコールのキレで引き上げる、キリリとしたお酒でした。
 旨味はむしろ上品なほどに綺麗なのですが、とにかくアル添原酒らしい、ある種のキツさがあるお酒だと思います。
 ただ私、これなら嫌いじゃないですね、本醸造クラスよりは上品さがありますし、加水で旨味が薄まった感じの夏酒より断然好みです。
 純米派ではありますが、こういうアルコールの使い方ならありかもと思いました。
 千代の亀、ウォッチング対象に加えたいと思います。

fc2_2014-07-02_01-38-29-563.jpg

(追記)アップしてから気づいたのですが、実は千代の亀は初飲みではなく半年前にひやおろしを頂いたばかりでした(汗)
 しかも試飲販売で購入しているのも同じですし…、う~ん飲み過ぎで若年性健忘症になってしまったのかしら。
 自戒のために今回の記事は書き直さないでおきます…。
 でも、試飲販売で同じ銘柄をセレクトするあたり、脳よりも舌が覚えていたのかも。

名称:千代の亀 「Cool Night hours」 槽無垢吟醸 無濾過生原酒
製法情報:生原酒
精米歩合:55%
酒米:松山三井
アルコール度:18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:千代の亀酒造株式会社(愛媛県喜多郡内子町)
製造年月:2014/4(25BY)
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 千代の亀 吟醸

2014年07月03日 愛媛の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |