角右衛門 純米吟醸 五百万石 限定生原酒

家飲み記録 角右衛門 純米吟醸 五百万石 限定生原酒

20180921204340830.jpg  20180921204350022.jpg

 秋田県湯沢市のお酒です。
 当ブログでの登場は5回目と、結構な回数になってますね。

 以前より書いていますが、このお酒はIWC2012の「チャンピオン・サケ」となった「福小町」の蔵が出しているということで知った銘柄でした。
 当然ながらIWCでは毎年チャンピオンが生まれているわけですが、入手困難になるような状況になったのは鍋島だけなんじゃないでしょうか(このあたりの要因は謎としか言いようがないのですが…)。
 しかし、やっぱりチャンピオン経験銘柄は鍋島以外も全体的に、非常に安定感がある印象が個人的にはあります。
 一度歴代チャンピオン銘柄を飲み比べとかしてみたいものですね。

 今回いただくのは、五百万石を55%まで磨いた純米吟醸、その限定版である生原酒バージョンです。
 4月出荷の上、6月開栓なので、多分絞ってからは結構な熟成期間を経ているものと思われます。

20180921204358112.jpg

 上立ち香は完熟果実的な甘さのある落ち着いた感じの香りが控えめに。
 含むと、やはり程よく熟した甘旨渋味が割と柔らかい口当たりで入ってきて、最後までその三味がせめぎ合ってバランスを保ったまま、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはり完熟洋梨的な高濃度の甘旨味に、キツくない渋味が寄り添った感じのものが主役、苦味は若干あるのですがあくまで裏方、やはり旨味が太いと崩れませんね。
 後味は、やはり渋味が引き取る感じながら、しっかりと引き上げます。

 とても素直に熟した感じの、程よく引き締まった印象の、じっくり楽しめる濃厚甘渋酒でした。
 渋味がいい感じにこなれてきて、旨味が乗った結果としての味わいのように感じましたね、裏ラベルにあるようなフレッシュ感はほぼ無くなっているような。
 うーむ、なんとなく新酒の時期には硬かったものを、時期をみて出荷したように感じるのですが、的外れなのかなあ。
 ともかく、角右衛門の安定感を感じさせてくれたような一本でした、今後もちょくちょくやりたいところです。



20180921204406495.jpg

名称:角右衛門 純米吟醸 五百万石 限定生原酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17.5%
日本酒度:+3
蔵元情報:木村酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月25日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

オルタナ純米 サビ猫ロック 無ろ過 瓶火入53℃ (黒サビ)

家飲み記録 オルタナ純米 サビ猫ロック 無ろ過 瓶火入53℃ (黒サビ)

20180921192011800.jpg  20180921192024173.jpg

 新潟県糸魚川市のお酒です。
 銘柄的には初ですが、同蔵のお酒は何回か飲んでます。

 こちらのお酒を醸すのは猪又酒造、「月不見の池」や「奴奈姫」で知られていますね。
 その二銘柄とは似ても似つかないラベルのこのお酒ですが、蔵元ホームページの商品紹介にはちゃんと載っていました。
 (ちなみにここにはちゃんと「取り扱い店一覧」がありますね、素晴らしい!)
 さらに詳細ページには味わいの特長や詳細スペックも書いてあります、情報公開的には理想的と言ってよいかと…
 ただ、それでも結構謎が残ったのでそれはググりました、「サビ猫」っていうのは猫の毛色の一種らしいですね、あと「オルタナティブロック」というのがロックの一分野であるとか…

 スペックは五百万石の精米歩合55。
 火入れなのですが、「新酒の瓶火入れ温度を53℃(通常65℃)に抑えることで」生と火入れの両方の特徴を併せ持っているとのこと。
 53℃と明記しているのにも意味があったんですね、本当、色々と詰め込んだ銘柄ですねえ…

20180921192033910.jpg  20180921192043096.jpg

 上立香は、わりとはっきりとしたバナナ香がそこそこに。
 含むと、程よい濃度の旨味がスッと入ってきて、ほんのりとした渋味を時間差で感じさせつつ、若干の辛さもあって最後まで引き締まりを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 含むと、やはりバナナ風味の旨味が飲み進みやすい程度の濃度で芯にあって、甘さはかなり控えめ、辛さはありつつも刺激は抑えられていて、実に自然な
 後味はほんのりと辛さを舌先に残しつつ、スッキリと引き上げます。

 食中酒としてかなり万能感のある、飲みごたえありながらもスルスルといけてしまうバナナのお酒でした。
 見た目と違って正統派な味わいですね…、なんとなく静岡吟醸を思わせる、バランスの良い味吟醸という印象。
 むしろ万人向けなんじゃないかしら、見た目に惹かれるひとも、ちょっと引いてしまう人も、一度は飲んでみる価値はあるかと思います。
 猪又酒造のお酒はまた違う銘柄もいただいてみたいですね。

20180921192051800.jpg

名称:オルタナ純米 サビ猫ロック 無ろ過 瓶火入53℃ (黒サビ)
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:15.8%
日本酒度:+3
蔵元情報:猪又酒造株式会社
購入価格(税抜):1,547円/720ml
購入した酒屋さん:大黒屋酒店(大森)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月23日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

【一旦参加者応募終了】初めてのオフ会開催します!【9/22】

【9/17追記】
下記の通り応募していたオフ会ですが、おかげさまで9/17早々に定員一杯となりました。
キャンセルが出た場合は随時twitter等で追加アナウンスしますので、よろしくお願いいたします。


 というわけでこの度、当ブログ初のオフ会を開催します!
 「らしさ」を出すという方向で、皆さんが「これぞ!」と思う甘口日本酒を持ち寄る日本酒オフ会となっております。

dcd40354.jpg

 日時は、2018年9月22日(土曜日)12時30分~16時(予定)、場所は赤坂駅近くとなります。
 参加方法等の詳細は「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんの紹介ページをご参照ください。

■甘口以外認めないッ 日本酒持ち寄りオフ会開催決定!!赤坂9月22日

 何か、私が甘口酒の権威みたいな扱いで、無茶苦茶ハードル上げられてしまっていますが…(笑)
 まあ自分なりに頑張ってセレクトしますので、一応乞うご期待ということで…

 なお参加はこちらから直接でも可能です。

●Twitter用のTwiPlaページ

●Facebookイベントページ

 
 いやあ、約6年の歴史を誇る(笑)当ブログですが、オフ会の開催側に回るとは最近まで夢にも思っていませんでした。
 この展開はひとえにお酒ミライの管理人である神奈川健一さんの尽力のおかげといいますか、実際は全ておんぶに抱っこだったりして…
 基本陰の者である私がオフ会とか参加しだしたのも、健一さんからのお声がけがきっかけでしたし、感謝感謝。
 
 で、最後にちょっと。
 健一さんも書いていますが、「甘口酒持ち寄り」ってところをハードルと思わないでください!
 ぶっちゃけガチビール党とかからしたら日本酒なんて全部甘口でしょう、米の甘味を伴わない日本酒なんて無いっすよええ。
 もちろん、むっちゃこだわっていただいても超OK、全力で楽しませていただきます。
 
 とにかく、オフ会初体験の方も大歓迎なので、あまり気負わずに是非是非ご参加ください!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: オフ会

2018年09月22日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:0

招徳 特別純米 無濾過生原酒 旭四号

家飲み記録 招徳 特別純米 無濾過生原酒 旭四号

20180827120949961.jpg  20180827120958040.jpg

 京都府京都市伏見区のお酒です。
 家飲み外飲み含め初めて、というか完全初見銘柄でした。

 京都みやげ酒の3本目です、よく考えたら3本とも伏見のお酒でしたね。
 正直なところ、関東ではあまり知られていない銘柄なんじゃないでしょうか、伏見は超大手から小規模蔵まで密集しているところも面白く感じました。
 で、このお酒のさらに珍しいところが、「旭四号」というお米を使っていることかと思います、ググってもあまり情報が無いぐらいレアのよう。
 どうやら伏見限定、数蔵ぐらいしか使っていないっぽいですね、こういうお酒に出会えるのが、旅先の酒屋訪問の魅力かと…

 正確には麹米に五百万石を使いつつ、掛米にその「旭四号」を使っているようですね、精米歩合は60。
 最近は小規模蔵も積極的に無濾過生原酒を出してくれている印象がありますね、ありがたいところです。

20180827121013211.jpg  20180827121246393.jpg

 上立ち香はセメダインと甘さ混じりながら、何か香ばしいような不思議な香りがそこそこに。
 含むと、濃厚かつ複雑さのある甘旨味が割と自然な口当たりで入ってきて、渋味で奥深さを添えつつ、最後まで存在感を保ったまま口中に染み込んできます。
 味わいは、やはりいい感じで熟したマスカット的な甘味が中心にあって、若干焦げたような苦味と程よい渋味と絡み合うことで飲み応え、飲み飽き無さをしっかりと備えている印象。
 後味は、その渋味と少々のアルコール感でキレあげる感じ。

 甘さのインパクトと、苦味の引き締まりと、渋味の奥深さがしっかりバランスを取って絡み合う、個性派芳醇酒でした。
 この渋味由来の奥深さはなぜか最近福島酒で良くであうタイプの味わいかも…、まあそれ自体はたまたまだと思いますが。
 私にとっては、渋味を心地よく感じられるのも、甘旨味の存在感あってこそだと思います、渋いだけじゃなくて上手くバランスが取れている印象。
 いやあこれはヒットです、衝動買いの醍醐味ですね。
 招徳、次に出会えたならば是非またいただいてみたいとおもいました。

20180827121255703.jpg

名称:招徳 特別純米 無濾過生原酒 旭四号
精米歩合:60%
使用米: 麹:五百万石 掛:旭四号
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:招徳酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:京極屋酒店(伏見)
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー
20180827120939656.jpg
今回の三本はどれも旨かった!伏見恐るべし…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月21日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒

家飲み記録 伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒

20180827121304844.jpg  20180827121313384.jpg
 
 京都府京都市伏見区のお酒です。
 カップ酒ぐらいはやったことあるかもしれませんが、しっかりと家飲みするのは初めてですね。

 京都みやげ酒の2本目です、伏見の商店街の酒屋さんで購入しました(その時伏見巡りもしていたり)。
 商品コンセプトは蔵元ホームページをご参照ください(手抜き)、若干お高めながらも、高級酒と紙パック系廉価品の中間である、地酒激戦区で勝負に出ている商品かと思います。
 お店の人は「生原酒はここでしか買えない」的な話をされてましたが、つい最近オフィシャル通販のラインナップに加わったみたいです。
 このあたりは「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんも書かれてますので、興味があれば是非ご参照を)

 スペックは山田錦の60の生原酒。
 これまた直球勝負って印象ですね、全国レベルの大手の実力を見せていただきましょう。

20180827121327472.jpg  20180827121335293.jpg

 上立ち香は、濃厚フレッシュといった柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、しっかりとしたバランスの良いあまうまみが力強く入ってきて、しょうしょうのアルコールの刺激感でバッチリ引き締まりつつ、ぐぐっと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、柑橘系果実の甘酸にちょっとバナナ風味を加えた感じの、実に飲みごたえのある甘旨味が主役、それをアルコール系の辛さが占めるのですが、見事なまでに苦味が皆無で全体のバランスが良い印象。
 後味は、辛さが割とガッツリ、でもキツくない感じでキレてくれます。

 まさに大手の貫禄を感じる、丁寧にマイナス要素を廃しつつもしっかりインパクトのある、芳醇甘旨酸辛でした。
 実は実家でのどぐろを焼いてもらって、一緒にいただいたのですが、魚の油をしっかり引き取りつつも喧嘩しない印象でした、食中酒としてもイケるタイプなんじゃないかと。
 後はもうちょっと安ければ有り難いのですが…、まあこれはお値段以上というべきなのでしょう。
 ともかく、月桂冠の実力を感じさせる一本でしたね、恐るべし大手の技術力。

 開栓後は甘味が開いてくるとともに辛さもしっかり増してダレませんね。
 さすが、これなら居酒屋一升瓶でも全然イケるでしょう、完成度は非常に高いと思います。

紹介:「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんの同スペックの記事
https://kyoto-sakeblog.com/3111



20180827121343830.jpg

名称:伝匠月桂冠 純米吟醸 しぼりたて生原酒
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:月桂冠株式会社
購入価格(税抜):2,130円/720ml(公式通販価格)
購入した酒屋さん:京極屋酒店(伏見)
お気に入り度:8.5/9.0

■おまけギャラリー

20180914124746923.jpg

20180914124804071.jpg

20180914124816504.jpg


20180815110412314.jpg

20180815110434664.jpg  20180815110446713.jpg

 大倉記念館は入場料400円ですが、この純米吟醸が貰えたので十分満足。

■おまけギャラリーその2

20180919125159049.jpg  20180919125212214.jpg

20180919125220818.jpg  20180919125232748.jpg

 実は黄桜にも行って、限定純米大吟醸を飲みました。
 これも旨かったなあ、どうせならこっちも買って飲み比べすれば良かった…

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年09月19日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ