金蘭 亀の世 辛口純米 限定生酒

家飲み記録 金蘭 亀の世 辛口純米 限定生酒

20180426134032887.jpg  20180426134042206.jpg

 長野県松本市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます、長野酒特集の5本目。

 同蔵の他銘柄には「アルプス正宗」があります、そちらは覚えがあったのですが、亀の世というのは完全に初見でした。
 そういう見たことも聞いたこともない銘柄をノリで買うのが、旅行・出張時購入の醍醐味だと思います、今日日ちゃんとしたお店でスペック見た上で買えば、大きく外すことなんてほぼありませんしね。
 ところで、このお酒を買ったあとに、同蔵の酒造事業がコンクリート製造販売の昭和産業(岐阜市)に譲渡されたという記事が日経に掲載されていました。
 理由は後継者不在らしいですね、今の地酒業界では蔵元が杜氏になって華々しく活躍する明るいパターンにスポットライトが当たりがちですが、こちらの蔵のようなパターンも多いんじゃないでしょうか。
 飲み手からすれば、技術・設備・ブランド、そして味わいの継続性が重要だと思うので、経営部分が外部の安定資本の傘下に入るのは十分アリなんじゃないかと、個人的には思います(少なくとも廃業よりは良い)。

 閑話休題、スペック的には、使用米不明、精米歩合70の生酒です。
 辛口表記で、日本酒度+10なので、あまり甘味には期待できませんが、できるだけ先入観を持たずにいただきます。

20180426134108953.jpg  20180426134117767.jpg

 上立ち香はスッキリとした、果実系とセメダイン系の間的な香りがそこそこに。
 含むと、ギッチリ引き締まった印象の旨味がググっと入ってきて、最後までその印象を保ったまま、キリリと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ちょっと苦じょっぱさ(?)を伴った筋肉質の旨味が主役、酸もしっかりあって、ちょっと草っぽい感じもありますね、全体としては旨味とスッキリさをしっかり両立させている印象。
 後味は、草の青さと酸が働いて、見事にキレます。

 お米の旨味ドッシリ系でなく、青いスッキリ感と引き締まり感が魅力の、新しい芳醇辛口酒という感じのお酒でした。
 なかなか個性的で面白い感じでしたね、生酒らしさと辛口っぽさが両方あって、かつ食事に合わせやすい印象があります。
 甘味偏重派の自分には合わないタイプでしたが、好きな人は相当多いことでしょう。
 亀の世とアルプス正宗、今後の展開にも注目していきたいと思います。
 
20180427113033957.jpg

名称:金蘭 亀の世 辛口純米 限定生酒
精米歩合:70%
使用米:不明
アルコール度:15度
日本酒度:+10
蔵元情報:合名会社亀田屋酒造店
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:中島酒店(松本)
お気に入り度:8.2/9.0

■おまけ:長野旅行でのベストショット(竜神の滝)
20180426232105840.jpg

20180426232122471.jpg

 長野の山中って本当「雪国」なんだなあと思いましたね。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月19日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

斬九郎 特別純米酒 生酒

家飲み記録 斬九郎 特別純米酒 生酒

20180426150805706.jpg  20180426150815785.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 前回の艶三郎と同時に購入しました、長野酒特集の4本目。

 斬九郎は、以前「夏泉」の記事でちらと書いたとおり、四ツ谷の「大長野酒祭り」で特に好印象だった2銘柄の一つだったりします。
 結局半年しないうちに二つとも飲んじゃいました…、我ながら未飲銘柄に対する執念深さが恐ろしいことになってますね。
 まあ地酒についてはこれだけ種類が多いと、外飲みで気に入った銘柄に出会った場合、必ず詳細スペック含めた写真を取り、早いうちにググって基礎情報を仕入れておき、できれば常に頭の片隅に置いておくぐらいのことをしないと、いざ酒屋で再会したときにスルーしてしまう恐れがあると思います。
 私はそれが恐ろしいんですよね…、何が何でも逃さずにはおれません。
 実際、一般の方々(非マニア)が「前飲んだお酒が凄く美味しかったんだけど、名前忘れちゃいました~」とか言ってるのを聞くと、「キエーッ!なんでそんな平然としてられるんじゃー!」と頭を掻き毟りたくなります(病気)。
 
 閑話休題、スペック的には美山錦利用、精米歩合は61%と謎の数字になってますね。
 前回の「艶三郎」と同じ蔵のお酒です、「芳醇辛口」と明記されている斬九郎だけだと、甘味重視派の自分としてはちょっと不安だったため同時購入した次第。

20180426150823697.jpg

 上立ち香はなんとなくバニラ的な、硬質な香りがそこそこに。
 含むと、青さを纏ったキリリとした旨味が力強くしかしスルリと入ってきて、少々の粉っぽさとほんのりとした苦味を伴いつつ、最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり青さや草っぽさのある引き締まった旨味が主役で、濃度はほどほど、酸も働いていて全体的な印象は兎に角ガッチリ引き締まった男酒といった感じ。
 後味は、少々の苦味と辛さを感じさせつつ、しっかりとキレます。

 青く引き締まった筋肉質な旨味が特徴的な、「名は体を表す」という言葉が浮かぶような辛口酒でした。
 そこまで濃厚ではないと思うのですが、確かに淡麗ではないですね、割と万能な食中酒というイメージ。
 個人的には艶三郎の方が断然好みでしたが、まあこれはそれぞれ「キャラが立っている」と思うので、あとは完全に相性でしょう。
 斬九郎を含め、信濃錦は今後も機会があれば飲んでみたい銘柄です。

20180426150832444.jpg

名称:斬九郎 特別純米酒 生酒
精米歩合:61%
使用米:美山錦
アルコール度:15.5度
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社宮島酒店
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:中島酒店(松本)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月17日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

信濃錦 「艶三郎」 純米無濾過生原酒

家飲み記録 信濃錦 「艶三郎」(つやさぶろう) 純米無濾過生原酒

20180426150718484.jpg  20180426150729082.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 外飲み経験は有りますが、家飲みは初めて、長野酒プチ特集の3本目になります。

 前回に引き続き長野旅行の土産酒です、こちらは駅前の「中島酒店」さんで購入しました。
 このお酒のラベルにはQRコードがあり、そこからかなり詳細な記載のある商品紹介ページに飛べるようになっています、最近たまに見る形式ですね。
 そのページやラベルにも記載ありますが、「艶三郎」という名は、その昔蔵の地元伊那荒井地区の水資源開発に貢献し、そこでの米作りの基礎を築いた「御子柴艶三郎」という人物を由来とするとのこと。

 使用米は、まさにその荒井地区で栽培されたひとごこち、精米歩合は70と控えめですが、お値段はなんと税抜1,000円ポッキリ。
 地酒、それも酒米を使った無濾過生原酒としては極めて良心的なお値段と言えるでしょうね。

20180426150748838.jpg  20180426150738051.jpg

 上立ち香は程よく熟しつつも爽やかな感じの柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いた感じのバランスの良い旨味がスルリと入ってきて、程々の酸で輪郭をしっかり整えつつ、自然な感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、しっかり熟して甘味が増した蜜柑的な甘酸味が純然たる主役、苦味はほんの少々で甘味の心地よさをストレートに感じさせてくれますね、かつ全くダレ感も無し。
 後味は、酸主役かつ苦味は最低限ながら、いい感じで見事にキレます。

 心地良い甘味と後味のキレ、という多くの日本酒が直面する命題を、ハイレベルに実現した芳醇キレ酒でした。
 良く良く味わうと草感とか色々と複雑な味わいがして、ちょっとうるさい面もあるのですが、酸がしっかり働いているおかげでダレは感じませんでしたね。
 そしてやはりこれで1,000円は素晴らしい!個人的に地元産ひとごこち利用の長野酒にはコスパに優れるものが多い印象がありますが、その中でも出色の出来かと。
 実は同蔵のお酒をもう一本同時購入しているので、次はそちらを紹介します。

20180426150757247.jpg

名称:信濃錦 「艶三郎」 純米無濾過生原酒
精米歩合:70%
使用米:ひとごこち
アルコール度:17.5度
日本酒度:-2前後
蔵元情報:合資会社宮島酒店
購入価格(税抜):1,000円/720ml
購入した酒屋さん:中島酒店(松本)
お気に入り度:8.5/9.0(値段も考慮に入れて)

■おまけ:中島酒店さん外観
20180426232145859.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月15日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

神渡 純米生酒 極寒しぼり 氷湖の雫

家飲み記録 神渡 純米生酒 極寒しぼり 氷湖の雫

20180426133833527.jpg  20180426133847638.jpg

 長野県岡谷市のお酒です。
 銘柄的には初ですが、同蔵のお酒としては2回目の登場になります、長野酒プチ特集2本目。

 こちらは長野旅行時に、松本市の相澤酒店さんで購入しました。(同店のホームページは手作り感溢れてますが、更新を続けているのは素敵)
 東京じゃあまり見ない銘柄だなあと思って購入したのですが、造り手の(株)豊島屋は首都圏では「豊香」で知られるところでしたね。
 そういえば地元銘柄が「神渡」ってどっかで聞いたことあったなあ、旅行先のセレクトとしてはミスったかも…
 と思ったのですが、この「氷湖の雫」というお酒自体は多分現地以外じゃ買えないでしょうし、良しとしましょう。

 商品自体は蔵元ホームページに商品紹介がありますね
 が、使用米等マニア向けな情報は皆無でした、まあ地元向けじゃしょうがないか…

20180426133856037.jpg

 上立ち香は酸メインでちょい甘を感じるフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、輪郭のしっかりした甘酸味が力強く入ってきて、最後まで引き締まりと透明感を保ったまま、ゆっくり染み込んできます。
 味わいは、甘味と酸味が拮抗し、非常に飲みやすい感じながら芯の強い旨味が中心にあって、少々の渋味もあり、自然に飲み進められますね。
 後味は酸渋が引き取って自然にキレます。

 全体としてバランスのとれた甘酸味が最後まで飲みやすさを演出する、
 自分にとっては加水感を感じてしまいますが、そういう人間以外にとってはまさに「飲みやすい」お酒なんじゃないでしょうか。
 前に飲んだ「豊香」も結構軽さを感じたので、この辺りは蔵として共通するものがあると思いました。
 が、やっぱり違うところも多いですね、やっぱり豊香の方が個性がハッキリしている感じです、今回の神渡は個人的にはちょっと物足りない感があったかも。
 ともかく、豊島屋のお酒は今後も注目していきたいと思います。

20180426133904051.jpg  20180426133912860.jpg

紹介:長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳さんの、同蔵の蔵開きレポート記事
http://blog.livedoor.jp/namappi/archives/1070925846.html

名称:神渡 純米生酒 極寒しぼり 氷湖の雫
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社豊島屋
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:相澤酒店(松本)
お気に入り度:8.3/9.0

■おまけ①:相澤酒店さん外観
20180426232213666.jpg


■おまけ②:旅行の連れ(まあ言ってしまうと母なんですが)が同店で買ってたお酒
20180412125651925.jpg 20180412125707116.jpg
 この一合瓶は樂國信州 信州地酒味巡りシリーズということで売り出されてるみたいですね。
 種類も多いみたいですし、飲み比べという意味でも良い商品だと思いました。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 神渡 豊香 純米

2018年05月13日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め

家飲み記録 大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め

20180118144809740.jpg  20180118144819478.jpg

 長野県北安曇郡池田町のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような…(呆)

 実は先日長野に小旅行に行きまして、その時に土産酒として何本か購入して帰りました。
 元々長野酒が好きなこともあって、別でも今期結構飲んでおりまして、せっかくなのでここでまとめて掲載していこうと思います。
 プチ長野特集という感じですね。

 で、旅行時に看板とかコンビニのカップ酒で、特によく見かけた銘柄がこの大雪渓だったような気がします。
 あまり東京では出会いませんが、ホームページも立派ですし(買える店一覧があるのが特に素晴らしい!)、まさに地酒の雄という感じなのでしょう。
 そしてそういうお酒を家飲みできる機会というのは結構限られていると思いますね、通販でもなかなか敢えて選ぶ気になりませんし、それこそ出張・旅行時にでも出会わないと…
 ただ、今回は珍しくふくはら酒店さんの店頭に並んでいたのでセレクトしてみました、ググると日本名門酒会の商品紹介ページが出てきたので、そっち系の流通みたいですね。

 ラベル上は記載が無いのですが、そのページによると使用米はひとごこちのようです、精米歩合は長野らしい59%。
 ピチピチ感が魅力らしいのですが、今回は出荷11月のものを今年の2月に開栓と、ちょっと寝かせてしまいました。


 上立ち香はセメダイン感のある青い果実の香りが控えめに。
 含むと、フレッシュな甘酸味が少々の青い苦味を伴って勢い良く入ってきて、最後までその爽やかな印象を保ったまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、皮に近い部分のメロンと言った印象の、甘さほどほどかつ苦味と酸味がしっかりと引き締める、新酒生酒的なやんちゃさと一種のまとまりを兼ね備えたもの。
 後味は、苦味が引き取ってしっかりキレます。

 全体的に青い感じながら苦過ぎない、キリリとフレッシュな新酒生らしいお酒でした。
 何気に面白いのは、グラスの水泡や開栓時のシューの勢いに比べて、飲んだときのガス感が(私は)控えめに感じたことだったりします、この辺りは本当は出荷直後に飲むべきお酒だった気もしますね…
 まあ全体的には、新酒としてわりとよくある系の味わいだったように思えます、十分楽しめるのですが、もうちょっと特徴が欲しい気も。
 ともかく、大雪渓、次はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20180118144828004.jpg  20180118144837118.jpg

名称:大雪渓 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め
精米歩合:59%
使用米:ひとごこち
アルコール度:17%
日本酒度:+4
蔵元情報:大雪渓酒造株式会社
購入価格(税抜):1,429円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年05月11日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ