FC2ブログ

咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり 生原酒 30BY

家飲みプチ記録 咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり 生原酒 30BY

20190508165118461.jpg  20190508165127804.jpg

 2016年に初飲みして以来個人的に「もっと評価されるべき」と推している咲耶美です。
 実は今回はかの地酒の聖地「小山商店」さんに初訪問したときに購入しました、ちなみに同店が咲耶美を扱っていると知った時私は「やっぱりわかる人はわかるんだよなあ…」と一人ドヤったことを申し添えておきます。
 前回(28BY)の感想はこちら。

20190508165135932.jpg  20190508165145373.jpg

 上立ち香は若干ケミカル感を纏った甘めの果実香がそこそこに。
 含むと、ガッツリ甘い感じながらもガス感と若干の硬質さで輪郭を保った旨味が力強く入ってきて、自然な感じで口溶けていく感じで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、なんとなくラベルのイメージ通りのベリー系っぽい濃厚な甘旨味が中心、苦味も感じるものの抑えられていて、インパクトと飲み進めやすさを両立させている感じ。
 後味は、苦味の余韻をあくまでほんのりと残しつつ、しっかりと引き上げます。

 「直汲み荒ばしり」のイメージ通りのインパクトとガス感を特長としつつも、全体の味わいのバランスがしっかり取れている、芳醇フレッシュ甘旨酒でした。
 ガスの使い方が非常に上手いですね、濃厚さをしっかり引き上げるツールとして使いこなしている印象。
 あとミネラル感もあると思うんですよね、凝縮感が溶けていく感じが非常に心地よいと思います。
 咲耶美、やはりこっち系のフレッシュフルーティー酒としてトップクラスの完成度だと改めて感じた一本でした。

20190508165204418.jpg

名称:咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり 生原酒 30BY
蔵元情報:貴娘酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月19日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 30BY

家飲みプチ記録 玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 30BY

20190508164927282.jpg  20190508164937079.jpg

 当ブログで28BY29BYと掲載した「にごり酒特集」において、文句無しでにMVPとしたお酒です、今年も当然リピート(まず2本買いました)
 前回の感想はこちら。
 
 なお、以下の感想は3月に開栓したときのものです。

20190508164946265.jpg  20190508164955253.jpg

 注ぐと、いつも通りその名にそぐわず、高濃度に濁っています。

 上立ち香はシュワシュワとしたガスと米粉が混じった感じの香りがそこそこに。
 含むと、ガス感と甘味と少々の苦味が入り混じった旨味が力強く入ってきて、トロリとした濃度とガス感が良い感じでせめぎ合いつつ、最後まで密度を保ったまま流れ込んできます。
 味わいは、やはりお米的な旨味が主役ですね、ほんのりと甘くて濃度は高く飲みごたえはあるのですが、あくまで優しい酸苦で全体的には硬質かつ引き締まっている印象。
 後味は、流石に若干の粉っぽさを口中を残しつつも、味わい自体は酸メインで見事に引き上げます。

 お米の旨味というものを、食感含めてど濃厚かつストレート、そしてクセなく楽しませてくれるトロシュワ酒でした。
 甘味はあるんですが、ほぼフルーツ感が無いのがまた面白いんですよ、とにかく米、それこそご飯的な飽きない感じがあります。
 またガスだけじゃなくて酸が聞いているので、注いでガスが抜けてもキレるところが、ありがちな直汲み系と一線を隠している感じなんですよね、オンリーワンながらも万人にオススメできるバランスだと思います。
 玉櫻とろとろにごり、来年も必ず買おうと思わせてくれました、引き続き激オススメ。

 ちなみに4月末に我慢できずに2本目を空けてしまいました(平成最後の家飲み酒として)。
 これがまた穴開き栓なのに全然ダレないんですよね~
 酒屋さんによると、もっと後になるとより発酵が進んで甘さが減っていくとか…、どの時点で飲んでも良さそうなことを含め、本当に凄いお酒だと思います。

20190508165012856.jpg  20190508165003916.jpg

名称:玉櫻 純米生 とろとろにごり酒 30BY
蔵元情報:玉櫻酒造有限会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月18日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒 30BY

家飲みプチ記録 十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒 30BY

20190510150108452.jpg  20190510150124514.jpg

 個人的に、にごり酒の中でもかなりお気に入りのお酒です、今年もリピート買いしました。
 前回の感想はこちら。
 後、昨年のにごり酒特集も参考になると思うので、興味があればご覧ください。

20190510150116873.jpg

 上立ち香は若干お米混じりのカルピスソーダ?的な甘くもさわやかな香りがそこそこに。
 含むと、そこそこにのガス感を纏って押し出しの強い甘酸味がグググッと入ってきて、オリ由来の柔らかい苦味と一体化しつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、若干原液を足したカルピスソーダ的な、しっかりとした甘さを中心としつつ乳酸が伴う極めて飲みごたえのあるもの、ただダレ感は無くてむしろ若干硬質な感じもあるのが不思議ですね。
 後味は、少々オリの苦味を口中に残しつつも、酸メイン引き取る感じで、しっかりキレます。

 しっかりと存在感のある甘旨味を、乳酸感と独特の硬質さで引き締める、飲みごたえがありながらいつの間にか飲んでしまう甘酸系にごり酒でした。
 いやあこれは私好みですね~、まず甘味の存在感がくるのがとても良いです、それでいてダレやしつこさが皆無で、非常に完成度高し。
 今年に関しては仙禽雪だるまの甘味控えめ酸メインといい感じで好対照な感じかなと思います、どちらも良いですね。(私はこっちの方がより好き)。
 スノーウーマンは31BYも買えれば買うでしょう、また、十六代九郎右衛門は他のスペックもやりたいところです。

20190510150141157.jpg20190510150132302.jpg

名称:十六代九郎右衛門 スノーウーマン 純米吟醸 活性にごり生原酒
蔵元情報:株式会社湯川酒造店
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月17日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 備前雄町 30BY

家飲みプチ記録 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 備前雄町 30BY

20190508165037228.jpg  20190508165047665.jpg

 こちらのお酒は昨日の感想で書いた山田錦と同時(4月)に開栓しました。
 2年前におりがらみバージョンを飲んだ時の感想はこちら。
 (ちなみに今回は「おりがらみ」の記載は無かったのですが、割としっかり濁ってました)


 上立ち香は濃厚かつちょっと過熟っぽいクセのある果実香が気持ち強めに。
 含むと、非常に濃厚かつインパクトのある甘酸味が、しかし柔らかみも感じさせる口当たりで入ってきて、最後まで濃厚さを保ちつつも酸とごく少々の苦味で引き締まりも感じさせながら染み込んできます。
 味わいは、やはり糖度高めのパイン的な甘酸味が中心にあって、おり由来の押しの強さやほんのりとした苦味を伴いつつ、全体としてはやっぱり優しくまとまってくれてますね~
 後味はおりっぽさを若干残しつつも、流石、見事なまでに自然に引き上げてくれます。

 おり由来の濃さや若干の苦味がありつつも、花陽浴らしい上品さもしっかりと兼ね備えた、濃厚甘酸インパクト酒でした。
 山田錦と飲み比べると、やはり純度では一歩引けを取る感じですね。
 ただ、ある程度酔いが回ってくると、こちらの存在感も魅力的に映ってきます。
 日本酒ってやっぱりそれぞれ違う良さがありますよねえ、米違いでもそれがハッキリでるんだから凄いものです。(今回はおりの濃度の違いによるところも大きかったと思いますが)
 花陽浴、これからもずっと追い続けていきたいと思わせてくれた2本でした。

20190508165055710.jpg  20190508165105266.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 備前雄町 30BY
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,700円ぐらい/720ml
購入した酒屋さん:小山商店
お気に入り度:8.7/9.0

■おまけギャラリー:飲み比べ記念写真
20190510162817569.jpg
 昔から山田錦は赤、雄町はピンクなのですが、新ラベルになってから極めて見分けがつきづらい…
 流石にちょっと改善希望かも。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月16日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦 30BY

家飲みプチ記録 花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦 30BY

20190508164741919.jpg  20190508164749735.jpg

 例によっての花陽浴です、実は4月に同時開栓で、雄町と飲み比べています、そちらの感想は次回に。
 そして前に直汲みバージョンを飲んだ時の感想はこちら。
 (実質別商品なのですが、まあ参考までに)


 上立ち香はやはり花陽浴特有のちょっとクセのあるパイン香が気持ち強めに。
 含むと、極めて濃厚ながらも一種の柔らかさも纏った甘旨酸味が若干のトロミを感じさせながら入ってきて、最後まで高純度な感じでじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりトロピカルフルーツな甘酸味が主役ですねそれもいい感じで味が乗ってきてます、花陽浴らしく華やか濃厚ながら飲み疲れ感がしっかり抑えられている印象で、一貫して甘味の魅力をストレートに感じさせてくれます。
 後味は濃厚さと甘さを、スパルタ感皆無で見事なまでに自然に引き上げてくれます。

 芳醇ながらも滑らかな甘酸味が最初から最後まで自然な感じで魅せてくれる、一種の極みにたどりついたようなお酒でした。
 いやあこれは良い花陽浴ですね、しかも山田錦らしいまとまりと、ひたすらスイスイイケてしまう一種の後味の軽さもあります。
 何気に香りも若干抑えめなのもポイントなのかも、花陽浴入門としては一番良いスペックのような気がしますね。
 花陽浴の実力に加え、山田錦の万能性を見せつけられたような一本でした。

20190508164804215.jpg  20190508164817060.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦 30BY
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2019年05月15日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ