雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒

本日の家飲み 雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒

20170214213359867.jpg 20170214213407837.jpg

 栃木県小山市のお酒です。
 外飲み経験は確かイベントであった気がします、家飲みについては後述。

 こちらを醸す杉田酒造さんのお酒としては、「鴎樹(おうじゅ)」を既に紹介しています
 蔵名で検索すると、手作り感あふれるホームページが出てきまして、「当蔵について」コーナーに各種ブランドの紹介も一応書いてありました。
 それによると、「当初は「優等正宗」でしたが関東信越国税局鑑評会で連続優秀賞を受賞し当時の税務署長より「関東の雄となれ」と。」言われ、それに応じて漢字を変えたのがネーミング由来のようです。
 それにしても、サイト自体の更新はすっかり止まっているようですし、地方蔵のご多分に漏れず情報発信は上手くない印象を受けますね。
 
 スペック的には五百万石の55磨きの新酒生酒。
 お店では「あらばしり」ではないスペックも隣に並んでいたのですが、時期的により新酒っぽい勢いのあるお酒が飲みたい気分だったので、こちらをセレクトしました。

20170214213415452.jpg 20170214213422171.jpg

 上立ち香はセメダインとガス混じりの、フレッシュ果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはりフレッシュでインパクトのある旨味が勢い良く入ってきて、一拍おいて出て来るこれまた新酒らしい強めの苦味にギッチリと締め上げられながら、ドドドと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりセメダインを伴う荒々しくもみずみずしい果実の甘酸味と、オリも相まって存在感のある青い苦味がせめぎ合い、「ザ・新酒」といった感じの楽しさを感じさせてくれます。
 後味はその苦味と酸味がキッチリと引き取って、見事にキレます。

 何というか存在感が非常に強い、新酒の楽しさを直球で伝えてくれるキリっとしたお酒でした。
 上で「荒々しい」と書きましたが、いい意味も悪い意味でもあります、が、だからといってバランスが崩れている感じはありません。
 いやあこれは万能の食中酒としても使えるタイプのお酒ですね、油っぽいものでもキッチリと引き上げてくれそうです。
 鴎樹、雄東正宗と来たので、次は発光路強力をいただこうかな…、兎も角、杉田酒造さんのお酒は今後も注目したいと思います。

20170214213429812.jpg

名称:雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,343円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月12日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

信濃鶴 純米 無濾過生酒 しぼりたて

本日の家飲み 信濃鶴 純米 無濾過生酒 しぼりたて

20170214213713419.jpg  20170214213722662.jpg

 長野県駒ケ根市のお酒です。
 外では何度も頂いており、家飲み経験もありますが、ブログでの登場は初めて。

 最近紹介した澤の花同様、信濃鶴は大長野酒まつりで毎年のようにいただいており、しかも毎回好印象を受けている銘柄です。
 私は最近つい未飲銘柄に気を取られて自分の信頼する銘柄を後回しにしてしまう傾向があるのですが、このお酒はまさにその犠牲者(笑)ですね、特約店が近所に無いことも手伝って数年離れてしまいました…
 飲んだら自分好みであることがほぼ確実というのはスリルが無いといいますか、若干マニア的にこじらせた感じの理由もあるんですよね、何とも面倒くさい話です。

 さて、今回いただくのは純米のしぼりたてですが、精米歩合は60と結構削っています。
 お米はラベルには記載無いですが、ググったところどうやら美山錦のようです。


 上立ち香は濃厚フレッシュな果実の香りが気持ち強めに。
 含むと、バランスの良い甘旨酸味が力強く入ってきて、オリの柔らかな苦味で程よく引き締められながら、ゆっくりじんわりと染み込んできます。
 味わいは、柑橘系果実的な酸味のきいた芳醇な甘味が主役、裏には木と麹を感じる複雑な苦味があり、全体として力強くバランスが取れた、完成度の高い旨味の世界を感じます。
 後味は酸苦で、しっかりとキレます。

 甘さ、フレッシュさ、柔らかさ、濃厚さ、複雑さを兼ね備えた、長野酒の良いところ(私が思うところの)を凝縮したようなお酒でした。
 いやあつい「うん!これこれ!」と頷いてしまうぐらいに期待通りでしたね、まさに私のストライクゾーンです。
 家飲みを後回しにしてしまっていたのを若干後悔してしまうぐらいに、私の本来の好みの味わいをじっくり楽しめましたね。
 信濃鶴、今後も外したくない時にセレクトしたいと、信頼を強めた今日この頃でした。

20170307141633187.jpg  20170307141643272.jpg

名称:信濃鶴 純米 無濾過生酒 しぼりたて
精米歩合:60%
使用米:美山錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:酒造株式会社長生社
購入価格(税抜):1,436円/720ml
購入した酒屋さん:うえも酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月10日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

鏡山 純米酒 新酒搾りたて 28BY

本日の家飲み 鏡山 純米酒 新酒搾りたて 28BY

20170116154434885.jpg  20170116154444802.jpg

 埼玉県川越市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目、前回は24BYだったので結構久しぶりですね。

 少し話はそれますが、少し前から主にネット上で「28BYの酒造りにおいては米が溶けにくく、各蔵元が苦労している」というような話を散見していました。
 最初は「へーそういうこともあるのね」、と軽い気持ちで聞いていたのですが、複数の蔵元からもその様な話が出てきたり、何より実際に花陽浴の28BY新酒を飲んだ印象から、「米の出来がこんなにはっきり味に影響するのか…」と改めて感じているところです。
 まあ、聞くところによるとワインなんかは造り方以上に年毎の「ブドウの出来」に寄るところが大きいようですし、銘柄ばかりが話題に上がりがちな日本酒界隈は、いわゆるヴィンテージを軽視し過ぎなのかもしれませんね。
 ちなみに何でこのお酒でそんな話をしているかというと、実際に飲んだ感想がそのあたりを想起するものだったからなんですね、詳しくは後述。

 スペック的には、60磨きの新酒しぼりたてであること意外はラベルからは読み取れません。
 その割に「生酒の為、必ず冷蔵保存」という文言だけが「要冷蔵(赤字)」の下に手書き風に記載されているのがほんのり面白く感じますね。

20170116154458788.jpg

 上立ち香は甘く濃厚な果実香がそこそこに。
 含むと、甘酸味と苦味が絡み合った感じの濃厚な旨味がグワッと入ってきて、徐々に苦味が強まることで引き締まりを維持し、ジュワーッと染みこんできます。
 味わいは、パイナップル的な甘酸味が真ん中にありつつ、キツくない苦味が複雑さを添える感じですね、何となく硬質な印象があるのは、濃度がほどほどで透明感があるからでしょうか。
 後味は、苦渋をほんのりと残して、しっかりとキレます。

 所謂フルーティーかつジューシーな甘旨酸味と、苦味がそれぞれ分をわきまえてバランスを取るクセの無いお酒でした。
 実は前回飲んだときは「飲み疲れる感」を感じたほどに濃厚な印象があったので、結構意外な味わいでしたね。
 まあスペック諸々違うので単純には言いにくいのですが、これが米の出来によるものと考えると「これはこれで有り」という感じがあります。
 同じ埼玉の花陽浴の記事では28BYについて残念と書きましたが、毎年飲んで固まったイメージとズレるのと、久しぶりに飲んでそれ単体で味わうのではやはり感じ方が全く違うのでしょう。
 とかくに日本酒の印象には色々な要素が絡み合うものだなあと感じた一本でした、鏡山は引き続き注目したいと思います。

 このお酒、実は諸事情で半分ぐらい残して一週間ぐらい間が空いてしまってから残りを飲んだのですが、意外なほどに味わいは崩れなかったです。
 これはかなり芯が強いですね…、もしかしたら燗も有りだったのかもしれませんが、タイミングを逃しました…

20170116154514712.jpg  20170116154507227.jpg

名称:鏡山 純米酒 新酒搾りたて 28BY
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:小江戸鏡山酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:鈴傳
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 鏡山 純米

2017年03月08日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

阿部勘 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒

本日の家飲み 阿部勘(あべかん) 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒

20170116154313896.jpg  20170116154322907.jpg

 宮城県塩竈市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めてですね。

 初登場銘柄ということで記事ネタ探しに銘柄名でググってみたところ、ネットによる日本酒販売で有名な「佐野屋」の酒屋巡り記事が出てきました。
 その記事の中で個人的に気になったのが「自動圧搾機」の部品を「アルミ板+ゴム」から「プラスチック+シリコン」に変えるだけで、ゴム臭や金属臭などのエグ味が消えて劇的に酒が綺麗になるという旨の記述でした。
 山間の記事でちょっと触れた様に、「直詰」「生酒」においてはゴム臭が致命的になる場合もあることを考えると、この記述には説得力があると感じますね。
 「手造り」ということを強調されがちな地酒業界ですが、最近は精米・洗米段階での技術革新も進んでいるようですし、それによる酒質の上昇は素直に喜ぶべきだと、個人的には思います。
 設備投資に踏み切るという造り手の「覚悟」も、評価や敬意に値すると思いますしね(究極は旭酒造かと)。

 閑話休題、今回いただくお酒もその新しい圧搾機で搾られたであろう、新酒のうすにごり生酒になります。
 精米歩合は55、にごり具合はまさに「かすみ」といった風情の、ほどほどの濃度です。
 

 上立ち香は若干セメダインが混じるフレッシュ果実の香りが仄かに。
 含むと、しっかりと甘味が乗った濃厚な旨味が勢い良く入ってきて、時間差で強まる苦味と酸味にぎっちりと締め上げられつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘酸フレッシュな新酒らしい柑橘系果実の旨味が主役、含んだ一瞬は凄く甘い印象があるのですが、すぐに苦酸がやってきて全体としてはキリリとした感じが強いですね。
 後味は濃厚さをその苦酸が引き取って、ガッツリキレます。

 濃厚な果実の甘味と新酒らしい苦味が拮抗して、独特の味わいのバランスを演出する、個性派芳醇フレッシュ酒でした。
 いやあ、甘味は本当に私のどストライクゾーンですね、後は苦味がもうちっと控えめだったらなあ…
 開栓後置くとか、温度を変えるとか、飲み方でもう少しカバーできそうな予感もするのですが、実際はなかなか難しいですね。
 ともかく、阿部勘はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20170116154338520.jpg  20170116154330409.jpg

名称:阿部勘 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:阿部勘酒造店
購入価格(税抜):1,619円/720ml
購入した酒屋さん:鈴傳
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月06日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

Raifuku MELLOW

本日の家飲み Raifuku(来福) MELLOW

20161226163200953.jpg  20161226163209148.jpg

 茨城県筑西市のお酒です。
 ブログでの紹介は意外にもまだ2回目ですが、外飲みを含めたら相当数飲んでいる銘柄です。

 こちらのお酒は、裏ラベルに「仕込み水の一部に純米酒を利用」との記載がある通り、いわゆる「貴醸酒」になります、当ブログ登場酒では新政「陽乃鳥」がそうですね。
 今回は貴醸酒という言葉はラベルに見当たりませんが、Wikipediaによるとこれは商標絡みの制限によるものっぽいです。(商標権は「華鳩」で知られる榎酒造が持っているとか)
 前回の記事(来福X)にも書いた通り、来福はいろいろと変わり種の日本酒を醸しており、この「MELLOW」もそのうちの一つという位置づけになるかと思います。

 ラベルデザインは通常品とは全く違った洒落た感じのものです、まあ味わいが全然違うので見た目での差別化も必要でしょう。
 裏ラベルを見ると、精米歩合の記載は無く、特定名称の記載もありません。
 原材料名に米・米麹に加えて清酒(純米酒/国産米)があるのが面白いですね、これが貴醸酒である証明と言えるかと。 


 上立ち香は濃ゆい甘い果実の香りがそこそこに。
 含むと、想像通りの超濃度の甘味が塊で飛び込んできて、最後まで存在感を保ちつつ、喉奥にどろり濃厚に流れ込んできます。
 味わいは、梨を砂糖漬けにして煮詰めたような強烈な甘味が主役、酸や苦味はあるかないかな感じで、甘味に完全敗北している印象ですね。
 後味は口中に甘味を残しつつも、意外にもあまりダレずに引き上げていきます。

 「貴醸酒」のイメージそのままの、圧倒的な甘味が一貫して主役を演じる、超濃厚甘口酒でした。
 裏ラベル記載のように、甘味とバランスを取れるほどの酸味は私は感じませんでした、が、後味のダレなさからして、裏方としてはしっかり仕事をしているのでしょう。
 ただ、やはり量は飲めない系のお酒ですので、基本食前か食後に少量いただく形が相応しいと思います。
 私は芳醇甘口派を自認していますが、やっぱり限度があるんだなあと、こういう振り切れたお酒を飲むと確認できますね。
 ある意味、酸味系のフルーツと合わせるのも面白いかも…
 来福、次はレギュラースペックのものもいただいてみたいと思いました。

20161226163217088.jpg

名称:Raifuku(来福) MELLOW
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:来福酒造株式会社
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 来福 貴醸酒

2017年03月04日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

前のページ« » 次のページ