初孫 生もと純米原酒 出羽の里 生酒

本日の家飲み 初孫 生もと純米原酒 出羽の里 生酒

20161127141738771.jpg  20161127141746249.jpg

 山形県酒田市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような…

 「初孫」という言葉には、めでたい印象はあるもののお酒の銘柄としては結構珍しい雰囲気というか、響きがあるように感じます。
 由来が気になったので、蔵元の「東北銘醸」のホームページを見に行くと、「昭和のはじめ、当家に長男が誕生したのを機に、みんなに愛され喜ばれるような酒にしたいと願いを込めて、酒名を「初孫」と改めました。」とのこと。
 いやあ思った以上にそのまんまでしたね(笑)、銘柄の由来というと「当時の大名が~」「芸術家の○○が~」「当地の歴史的事件にちなんで~」等々、割と大層な背景があるものが多い中、この「初孫」は何というか身近なものに感じます。
 うーんよほど嬉しかったんでしょうねえ、実際初孫誕生時の祝い酒としては決定版と言える銘柄なのではないでしょうか。
 
 米は先日の出羽桜でも使われていた「出羽の里」を55%まで磨いているようです。
 メモり忘れてしまいましたが、確か26BYだったような…、とにかく一年以上熟成された生原酒になります。
 ホームページによると、「初孫は生もと造り一筋」とのことなので、熟成に耐えうる力強い酒質であることに期待しつついただきます。

20161127141801447.jpg

 上立ち香はかなーり熟した、しかし熟成香ではない果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり熟した印象の甘旨味がキビキビと流れ込んできて、しっかりとした酸で最後まで濃厚さと引き締まりを両立させつつ、息が長い感じでじんわりと染み込んできます。
 味わいは、熟しきった梨のような非常に奥深く濃厚な甘味と酸味が絡み合った旨味が主役、苦味も一体化した感じであるのですがあくまで脇役ですね、
 ただ後味は、その酸と苦を舌先に残しつつ、力強くキレます。

 芯のある高濃度の旨味を甘酸でしっかり包み込んで素直にしっかりと楽しませてくれる、どちらかというとモダン的な生もと熟成生酒でした。
 冷酒状態だと、結構アルコール的なキツさと、生もと的な酸味のクセも若干感じるのですが、常温近くになってくるとそういう後ろ向きな部分も和らぐ感じ。
 やっぱり甘味がしっかりしていることが私には嬉しいですね…、結構磨いていることもバランスの良さに寄与している印象。
 古臭さは皆無ですし、「生もと」に苦手意識を持っている方にもオススメできるかと…、コスパも最高クラスですし。
 初孫、他のスペックもいただいてみたいと思いました。

 これならば!と燗をつけると、だいたい想像通り、口当たりが柔らかくなると同時に濃度とインパクト(キツさ)も増す感じですね。
 常温とどちらが良いかは好みかな…、珍しく燗一択ではない生もと熟成酒だと思います。

20170310100429826.jpg

名称:初孫 生もと純米原酒 出羽の里 生酒
精米歩合:55%
使用米:出羽の里
アルコール度:17%
日本酒度:+3
蔵元情報:東北銘醸株式会社
購入価格(税抜):1,240円/720ml
購入した酒屋さん:地酒 みゆきや(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年04月20日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

(お知らせ)「お気に入り」タグの整理について

 平素より当ブログをご愛読いただきありがとうございます。
 既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近当ブログの個別記事の分類の一つである「お気に入り」タグについて、若干扱いを変更しましたのでアナウンスさせていいただこうと思います。
 まあ、正直相当熱心な読者様以外には関係ないと思うので、そうでなければ読み飛ばし推奨(笑)

 変更点は2点で、両方とも「お気に入り」タグを細分化する内容です。
 お気に入りタグは今まで、「お気に入り度」が8.5~8.9のお酒の記事に機械的に付けていました(9.0は「殿堂入り」)。
 基本的にお気に入りタグが付いているお酒は個人的に応援したい銘柄であり、かなり重要なタグだと思っているのですが、最近同タグをつけた記事が200を超えてちょっと検索性に難が出てきていたので、それへの対応になりますね。


 変更点の一つ目は「お気に(殿堂入銘柄)」タグの新設です。
 同タグは、当ブログで「殿堂入り」としたことがある銘柄の記事について、「お気に入り」タグの代わりにつけるタグとなります。
 この辺りの銘柄については私はホイホイ8.5以上を付けてしまうため、他の銘柄が埋もれてしまうのを防ぐための措置ですね。
 名称が日本語として若干気持ち悪い略し方になってしまいましたが、意味不明にならない程度でギリギリまで文字数を減らした結果ということでご勘弁を…

 現在の殿堂入り銘柄
風の森花陽浴而今たかちよ射美慶樹)、飛露喜村裕


 実際お気に入りタグの約三分の一をこれらの銘柄が占めていました。
 特に風の森、花陽浴、而今の数とお気に入り率は圧倒的ですね、よほどのことが無い限りこれからもガンガン飲み続けることでしょう(入手できるかは若干心配ですが)。


 もう一つの変更点は「【超】お気に入り」タグの新設です。
 これは単純明快、前述の殿堂入り銘柄ではないお酒についてお気に入り度8.7~8.9にした記事について付けるタグになります、ザ!安直!といったネーミングですが、まあ分かりやすさ優先ということで…
 「一押し」とか「超オススメ」にしようかとも思ったのですが、当ブログは一義的にはあくまで私の好みを書き散らす場所になるので、人に勧める方向より「これうめえ!」という主観的な部分を重視しております。
 ただ、改めて思ったのですが、このタグが付いたお酒は数も少なく、「芳醇甘口派」の実飲感想として相当選りすぐったものになってますね、私と好みが似ている方に対しては強力にオススメできます!

 現在同タグが付いたことがある銘柄
桃の里井の頭田酒ほしいずみ
 咲耶美金寶自然酒昇龍蓬莱玉櫻
 鍋島超超久百楽門こなき純米美寿々
 獺祭梅乃宿(風香)片野桜謙信


 こうみると、有名銘柄とまだまだ知られていないと思われる銘柄が入り混じってますね。
 個人的には後者の銘柄も前者の銘柄に負けない魅力を持った銘柄と思っております。
 ある意味、上記殿堂入り銘柄より「面白い」銘柄群なんじゃないかと。

 
 というわけで、長々とお知らせさせていただきました、ここまで読んでくれた方は本当にコアな読者様ですね(笑)、本当にありがとうございます!
 当ブログは内容はともかく、タグの整理による検索性の高さについては日本酒ブログ界トップクラスと自負しているので(最近結構追いつかれてますが…)、この辺りはかなり重視しているんですよね。
 ただ最近、記事数が増えた結果として過去記事へのさかのぼりが難しくなってきているという認識もあります、このあたりはブログテンプレートの限界もあるので、時間ができたらデザインのリニューアルも検討しようかと…
 それでは、今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます!


■おまけの外飲みギャラリー
 先日(といっても半年ぐらい前ですが…)お邪魔した日本橋の「川口酒店」さんでの外飲み記録をご紹介します。
 実はこちらは「麹町市場」の前の店員さん(一人)の移籍先でして、挨拶がてら尋ねた時の写真になります。

20170417103535690.jpg
 日本橋駅すぐ近くの、ビル街の真っただ中に、この佇まいですよ。
 いやあ雰囲気出てますね。

20170417103554646.jpg  20170417103618351.jpg

20170331162252517.jpg  20170417103646288.jpg

20170417103722042.jpg  20170417103759526.jpg

20170417103917475.jpg  20170417104058775.jpg

20170417104152682.jpg  20170417104245810.jpg

20170417104245810.jpg  20170417104316448.jpg

 最近は昔と反対に、外飲みでミーハー酒を飲み、家飲みでチャレンジするというスタイルになってきた感がありますね。
 ただ、最後のお酒はいわゆる「変態酒」です(詳しくは「酒粕再発酵」でググってください)、味わいも変態的だった…

 気後れするぐらいの大都会のど真ん中にありながら、割とリーズナブルにお酒を楽しめる良いお店でした。
 店内は流石に少々狭い感じではありますが雰囲気は良く、お酒のラインナップも上々。
 あの辺りで一杯やる機会があれば、選択肢の一つに加えて損はないと思います、オススメ。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年04月19日 当ブログについて トラックバック:0 コメント:0

一乃谷 大吟醸 「暁」 斗瓶中取り 無濾過生原酒

本日の家飲み 一乃谷 大吟醸 「暁」 斗瓶中取り 無濾過生原酒

20170221130129816.jpg  20170221130137757.jpg

 福井県大野市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに確か初めていただきます。

 こちらは初飲み銘柄ではありますが、酒屋・居酒屋で度々見かけており、いつか飲もうとは思っておりました。
 で、今回も店頭で何気なくスペックをチェックしたのですが…、値段と見比べてびっくり仰天。
 山田錦の40、しかも斗瓶中取りの大吟醸と言えば鑑評会用に出してもおかしくないスペックですし、その上無濾過生原酒ときたら四合瓶でまあどんなに安くても3,000円近く、下手したら5,000円オーバーでもおかしくないでしょう。
 それが1,500円しないわけですからね…(しかも箱付き)

 一応店長さんに理由を聞いてみたのですが、コアな部分は分からないとか。
 ちなみに一乃谷には「完美」という、兵庫県産山田錦35%磨きの斗瓶中取り無濾過生原酒という最高級スペックで四合瓶約1,800円という破格のお値段で出してきているブランドもあります。
 このあたりどうやって採算をとっているのかは謎ですね…

20170221130147039.jpg  20170221130204814.jpg

 上立ち香は意外にもバニラを感じる程々に落ち着いた香りがそこそこに。
 含むと、わりと個性的な甘旨味がやはり摩擦少なめで入ってきて、これまた独特な引き締まりを感じさせつつ、ゆっくりと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、マスカット的な甘酸旨味に塩っぱさのような独特の風味が絡みついて、何とも面白い感じの旨味の世界を創り出しますね、ただ雑味的なものは感じさせず、流石のキレイさですね。
 後味は酸辛を少々彷彿とさせつつ、自然に引き上げていきます。

 高精白酒にありがちな、画一的香り系大吟醸(いわゆるリンゴ味)で無く、しっかり味と個性があった上でキレイな味わいの美酒でした。
 ちゃんと口当たりがスペック相応に滑らかなところが素敵ですね、割と万人受けしそうな味わいかと思います。
 ちなみにアル添感はほとんど感じなかったです、言われてみればあるかもというレベル。
 実のところ、こういう明らかにスペックに見合わない値段がついているお酒は何だかんだで値段相応というか、訳あり的な味にとどまるものが多い印象を持っているのですが、このお酒については素直にお値段以上だと感じました。
 一乃谷、次は完美も買っちゃおうかな…

20170221130156227.jpg  20170221130215087.jpg

名称:一乃谷 大吟醸 「暁」 斗瓶中取り 無濾過生原酒
精米歩合:40%
使用米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:+4
蔵元情報:株式会社宇野酒造場
購入価格(税抜):1,481円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 一乃谷 大吟醸

2017年04月18日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

28BYにごり酒特集まとめ

 「而今にごり酒に匹敵する、甘旨系にごり酒を探せ!」をコンセプトに、先月から9回にわたり28BYのにごり酒をまとめてご紹介してきました。
 結構読者様からの反応も良く、自分としてもなかなか楽しかったので、改めてこの記事で簡単に振り返ってみたいと思います。

 まずは、ご紹介したにごり酒記事を、お気に入り順に一言コメントを添えてご紹介します。

玉櫻 純米生 とろとろにごり酒
→ダントツMVP。今回のコンセプトに見事に合致した、甘旨かつ完成度の高いお酒。
20170221101947568.jpg

花陽浴 純米吟醸 生にごり酒
→素直に「花陽浴をにごり酒にした感じ」、驚きはないけど十分甘旨し。
20170116154355374.jpg

桃の里 「どぶろく」 純米吟醸
→これも「桃の里らしさ」がハッキリ。酒粕味が強く低アルなため、甘酒好きにオススメ。
20170329140722493.jpg


繁桝 純米大吟醸 にごり酒 生々
→過熟させてしまった感強し。ポテンシャル的にはMVPを狙えた雰囲気も。
20170221130240826.jpg


木戸泉 純米にごり 別誂 山田錦 特別純米生原酒
→インパクトの強い、個性派旨酸酒、好みは分かれそう。
20170402154150342.jpg

醍醐のしずく 菩提もと仕込み
→完全にオンリーワンのトロトロ甘酸っぱ酒。甘酢っぱ系が好きなら是非。
20170402130542106.jpg

栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 「白燿」
→スッキリキリリの柑橘系にごり。コンセプトには合わないが好きな人は居そう。
20170214213514331.jpg

桃の里 「しろうま」 純米吟醸しぼりたて生
→ダレ感がなければ… 本来評価不能だけど蔵元直送ということもありあえて掲載。
20170329140822203.jpg

江戸開城 純米どぶろく
→ガブガブいけてしまうどぶろく。お酒に致酔性、コスパを求めないならありかも。
20170221130340830.jpg


 しかし、こう並べてみると、やっぱりどれも個性派だったなあと思いますね。
 高級酒の味わいが似通いがちになることと対照的に、やはり「どぶろく」のイメージが残る、クセと個性がハッキリでるジャンルと言えるでしょう。
 また、全て純米、たぶん生です、これは私の嗜好が出てますね、アル添糖添含めるとまた全然違う世界になることでしょう。

 今回は穴開き栓が多かった(①③④⑤⑧)こともあり、全体的にガス感は抑えめでした、爆発系はまた次の機会に。
 ④⑧はいつかベストコンディションでリベンジしたいなあ…、というか本当は密閉栓で出して欲しいところです。
 まあ密閉栓だと爆発させた購入者から蔵元にクレームが来ることもあるようで、なかなか難しいところみたいですが…

 ちなみに①の玉櫻についてはググってみると日本酒ブログ「日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ」さんの感想記事が出てきました。
 実際かなり高評価だったようで個人的には嬉しいところです、いやほんとオススメですよこのお酒。
 而今よりスッキリ感は後退しますが、甘旨味の存在感・魅力は勝るとも劣らないと思います。
 ただ如何せん穴開き栓なので、コンディションには要注意。


 さて、今回9本8銘柄いただいたわけですが、正直気になっているにごり酒はまだまだ数え切れないほどあります。
 有名どころの「生もとのどぶ」「雪だるま」「花巴のにごり」「スノーウーマン」等はいつか家飲みしたいですし、この前アイスピック買ったので「鉄砲隊」「るみ子の酒」みたいな爆発系も試したいです。
 どぶろくについてはあまり深入りするつもりはないですが「十二六」ぐらいは家飲みしたい気もしますし、世間一般のにごり酒イメージを再確認するために「菊姫にごり」や、さらに一般的な「白川郷」「五郎八」「雪っこ」だって一度は家飲みでじっくりやれば視野が広がるかも。

 いやあ、にごり酒に限らず、テーマを設定した上でいろいろと考えるのは思いの外楽しいですね。
 当ブログは書き溜めが大量に滞留しているため速報性に欠けるのですが、今回はそれを逆手にとってまとめてみました(実際飲んだ時期は去年の12月から今年の4月に渡っています)
 今後も何か良いネタがあればやってみようかなと思います。


■おまけギャラリー:最近(と言いつつ結構前も含む)外飲みしたにごり系お酒写真

20170407145439129.jpg  20170407145500831.jpg

20170407150236096.jpg  20170407145756698.jpg 

20170407150109485.jpg

 結構飲んでますね(笑)
 ただ、やはり一杯だけでは良く分からないのと、澄酒以上にコンディションが難しいと思うので、いつか改めて家飲みしたいところです。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: にごり酒

2017年04月16日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:2

玉櫻 純米生 とろとろにごり酒

本日の家飲み 玉櫻 純米生 とろとろにごり酒

20170221101947568.jpg  20170221101956846.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です、よ、読めない…。
 ブログでは初登場ですね、外飲み経験も確かなかったと思います。
 にごり酒特集の9本目、トリを飾るお酒であり、今回のMVPとしたい1本です。

 こちらは尾久の「伊勢元酒店」さんで購入したお酒になります。
 同店の店頭にはにごりだけでも数種類あったので、店番をしていた奥様にオススメを尋ねたところ、これを強く推してくれたので購入しました。
 最初は他の銘柄のにごりを指して「甘旨系のにごり酒を探しているんですが、これなんかどうでしょう?」と聞いたのですが、「それは酸が強くて違うと思います。甘旨系ならこっちの玉櫻が良く、どんどん飲めます。」という旨の助言を受け、セレクトした次第です。
 実際こういう風にハッキリと言ってくれると助かりますね、特にお酒の「マイナス情報」を伝えることを躊躇わないお店は良いお店という印象があります。
 
 しかもこのお酒は4合瓶で約1,200円とリーズナブル、高い酒を売りつけてやろうというようなお店とは全く違います。
 精米歩合は70で、度数は14度とにごり酒としては一般的な水準。
 なんというか、ネーミング、佇まいともにどこかの土産物屋にでも置いてありそうな無造作感があります。

 こちらも穴開き栓。
20170221102030221.jpg  20170221102039852.jpg

20170221102006017.jpg  20170221102013987.jpg

 上立ち香はガス混じりの、お米の甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、濃いオリでトロリとした旨味が、強めのガスと絶妙にせめぎ合って粉っぽさを打ち消しつつ、最後まで濃厚なまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、しっかりとしたお米の旨味に若干マスカット的な甘味もあって、非常に飲みごたえがあるのですが、強めのガスと裏方の酸苦がちゃんと仕事をして、グイグイイケてしまう危険さがありますね。
 後味は流石に少し粉っぽさはあるものの、ガスと酸でダレずに引き上げます。

 高級酒とはまた違った、あまり磨いていないお酒ならではの力強い甘旨味と、ガス・酸苦味・低アルコールによる良い意味での「飲みやすさ」をしっかり両立させた上で融合させたような、極めて完成度の高い甘旨系にごり酒でした。
 あまり評判を聞いたことがないお酒でしたが、私の中では而今のにごりに次ぐか、匹敵するレベルの当たり酒です、コスパについては超えるかも…
 甘さが本当に心地良いですね…、トロリとした口当たりとガス感がいい具合に引き立て合うベストコンディションで飲めたのも大きいと思います(穴開き栓なので今後そのあたりは心配ですが)
 玉櫻、とりあえずにごりは来年も買いたいですし、他のスペックも試してみたいと思いました。

 二日目、ガスが抜けたらどうなるかなあと思ったのですが、意外とダレませんね。
 今度は酸が表に出てしっかり引き締めます、いやあ良くできてますよ本当、脱帽です。

 今回のにごり酒特集については、明日簡単に振り返る記事を更新する予定です。

20170221102022311.jpg

名称:玉櫻 純米生 とろとろにごり酒
精米歩合:70%
使用米:五百万石
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:玉櫻酒造有限会社
購入価格(税抜):1,203円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店(尾久)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年04月15日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

前のページ« » 次のページ