山猿 特別純米 山廃生酒

本日の家飲み 山猿 特別純米 山廃生酒

fc2_2013-04-14_22-41-03-669.jpg  fc2_2013-04-14_22-41-59-923.jpg

 山口の永山酒造が醸すお酒です。
 貴の永山本家酒造場とは源を同じくするようですが色々あって今の形になっているようです、しかも永山酒造のほうが本家筋だとか…。
 しかも地元銘柄は両方とも「男山」で、とてもややこしいです。

 さておき、山口は長野と共に、個人的お気に入り銘柄がとても多いところだったりします。
 獺祭、貴、雁木、長陽福娘などなど…、以前はあまり酒どころのイメージは無かったのですが、今ではすっかりお気に入り県という感じ。
 この山猿も山口でまだ飲んだことの無い銘柄として以前より目をつけていました。
 ラベルには何気なくお猿さんといった感じの絵が描いてあり、愛嬌がありますね。

fc2_2013-04-18_19-06-35-331.jpg

 また、使用しているのは穀良都(こくりょうみやこ)といういわゆる復刻種ですね、100年以上前に山口県で誕生した酒米だそうです。
 また、今回は私にしては珍しく山廃の生酒です、その点はちょっと心配ですが、いかがでしょうか。

fc2_2013-04-14_22-42-45-842.jpg

 上立ち香はフレッシュで、ちょっと甘目な吟醸香がほどほどに。
 含むと、はっきりとしたバナナ香が広がり、濃厚な甘旨酸味がストレートに来ます。
 ただ、その甘味には苦味が輪郭をつけ、全体の印象はむしろ辛めでスッキリとした感じです。
 山廃から連想されるクセは全くないですね、むしろ無濾過生原酒らしい芳醇さを感じます。
 後味は酸渋が受け持ち、ちょっと辛い感じでキレます。

 また、今回は山廃ということもあって燗を付けてみました。
 甘味が結構引き立つ代わりに後味の辛さもきつくなってきますね、これは人によって好みが別れるかも。
 燗冷ましは割とまろやかで個人的には好きです。

 名前のイメージ通り、バナナ香が特徴な濃厚辛口酒でした。
 個性と旨みがしっかりあって好きなタイプです、山口酒に対する信頼がまた上がった感じです。

 しかし、こういうお酒を飲むと山廃酒のイメージがよくわからなくなるなあ、山廃でも生は違うのかな…。
 比較のためにも、今度は違うスペックを飲んでみたいと思いました。

fc2_2013-04-14_22-43-42-845.jpg

名称:山猿 特別純米 山廃生酒
製法情報:生酒 山廃
精米歩合:65%
酒米:穀良都
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:永山酒造合名会社(山口県山陽小野田市)
製造年月:2013/2(24BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 山猿 特別純米

2013年04月18日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | ソガペール エ フィス「ヌフ」ミヤマニシキ >>












管理者にだけ公開する