睡龍 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 睡龍 特別純米 無濾過生原酒

20170706103835900.jpg  20170706121219136.jpg

 奈良県宇陀市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲み経験は確かあったような…

 このお酒の特徴としてはまずはその「見た目」に触れざるを得ないでしょう。
 細いリボン状のラベルをぐるぐる巻きにしたこのデザインはまさにオンリーワン、これはもう勝ちですよ。
 大きめに「意匠登録」と記載してあるのにも納得ですね、蔵として誇るに相応しいアドバンテージかと…

 さて、睡龍といえば全国的には何といっても「生もとのどぶ」というにごり酒が有名だと認識しています。
 私も実はそちらの方が狙いだったのですが、せっかく通販で頼むんだからレギュラー品も飲んでみようと思い、同梱してみました。
 使用米は五百万石と日本晴らしいです、60磨きの新酒無濾過生原酒と、私にとっての定番スペックですね。

20170706121233637.jpg  20170706121304983.jpg

 上立ち香は酸とセメダインが混じったスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、個性的な苦味をまとった旨味が力強く入ってきて、さらに酸味も加わることで濃度高めながらキッチリ引き締まった状態で、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘味控えめで、苦酸が絡んで少々ケミカルミネラルな印象のある旨味が最初から最後まで主役を演じる感じですね(少なくとも冷酒では)
 後味は、苦味が引き取ってしっかりキレます。

 ミネラル、緑臭さを感じる苦味が非常に面白い、超個性派キリキリ苦酸酒でした。
 本当に独特なお酒です、個人的にはこういう確固たる個性は、自分の好みとは別に応援したいですね。
 とりあえずは、あまり新酒生原酒開栓直後冷酒で飲むお酒ではないかなあというのは正直なところ感じました。
 睡龍、次は生もとのどぶをご紹介します。

 燗を付けてみると…、うおっ「草いきれ」的な緑っぽさがさらに増しましたね。
 ただ、甘味や旨味も出てきて、若干飲みやすくなるというか優しくなります、これは十分ありでしょう。

20170706121251320.jpg

名称:睡龍 特別純米 無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:五百万石・日本晴
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社久保本家酒造
購入価格(税抜):1,475円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 睡龍 特別純米

2017年08月11日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 旦 山廃純米 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 三光「蛇形」 山廃純米 無濾過生原酒 >>

どうもです。
まるめちさんもいよいよこの手のおっさん臭い酒が増えてきましたね(笑)
睡龍は旨みとキレが持ち味で燗映えする食中酒というイメージです。
実は生は飲んだことがないので確かなことは言えないのですが、恐らくこの酒は火入れ、それも数年熟成してるのを燗にするのが実力を発揮できるような気がしてます。もし機会があれば今度は火入れの熟成を是非!
ちなみに生もとのどぶも個人的には燗が好きで、開栓放置でどんどん美味くなっていく酒だと思ってます。

2017年08月16日 アイオライト URL 編集

>アイオライト様、コメントありがとうございます。
いやいや、おっさん臭いというのはちょっと可哀想なのでは?(笑)しかし実際のところそういうイメージありますよね、まあ飲み慣れてないと厳しいというところからだと思うのですが、そのあたりのイメージをどうにかしないと、先細りになるのではないかとちょっと心配になります。
睡龍は、そっち系の居酒屋さんの店頭に常温で並べられている印象が強いです。実際火入れ熟成が真骨頂なんでしょうね。今回飲んでみてその雰囲気は感じられました。
どぶ(28BY生)も既に飲んでいます、感想はしばらくお待ちください。

2017年08月17日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する