角右衛門 純米吟醸 無圧上槽中汲み 生原酒

本日の家飲み 角右衛門 純米吟醸 無圧上槽中汲み 生原酒

fc2_2013-04-04_12-41-09-498.jpg  fc2_2013-04-04_12-41-35-106.jpg

 秋田県のナショナル物産(株)木村酒造事業部が醸すお酒です。
 同じ蔵元さんが醸す「福小町」はIWC2012でチャンピオン・サケに選ばれ、前年受賞の鍋島に続き日本酒飲みの間では一躍脚光を浴びている銘柄かなと思います。

 そして「角右衛門」は特約店限定流通の“純米系”ブランドとのこと。
 さらに今回は「無圧上槽中汲み」という限定品です。
 ついつい期待してしまいますが、いかがでしょうか。

fc2_2013-04-12_13-25-33-002.jpg

 上立ち香はフレッシュな吟醸香が割りと強めに。
 含むと、濃厚ながら透明感のある旨味が感じられ、そのまま伸びていきます。
 内容は、甘酸苦が拮抗した結果少し裏にまわり、表ではフレッシュで太い旨味が独演するような感じ。
 華やかなフルーティータイプではなく、お米の旨味どっしりタイプでもなく、丁度中間地点に居る味わいです。
 また特筆すべきはその口当たりの柔らかさで、これだけ濃厚なのに高精白酒のようにとてもまろやかできれいな印象を受けます。
 後味もほんの少し苦味が出てきてスッと消えていく、理想的なタイプ。

 生原酒の濃厚さがありながら、非常に上品な口当たりとのど越しを感じられる極めて完成度の高いお酒です。
 お値段を考えると破格のコストパフォーマンスだと思います。
 派手さはないのですが、飲み進んでいくごとに綺麗な旨味が染み渡っていく感じですね、旨いです。

 さらに、開封後もちょっと熟成感が出てくるものの味が崩れず、後味はあくまでスッキリ。

 この上品さが「無圧」「中取り」というこのスペック固有のものなのか、ブランドに共通するものなのかはまだわかりません。
 ただ、この確かな技術を思わせる味わいに、福小町・角右衛門も鍋島同様スター街道を突き進むことになるのではないかと感じさせられました。

fc2_2013-04-06_19-33-11-485.jpg

名称:角右衛門 純米吟醸 無圧上槽中汲み 生原酒
製法情報:生原酒 中取り
精米歩合:55%
酒米:美山錦
アルコール度:17.5%
酵母:協会1801号
日本酒度:+3
蔵元情報:ナショナル物産株式会社 秋田木村酒造工場
     (秋田県湯沢市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年04月12日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 獺祭 「試」 Tameshi | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 外飲み雑記in四ツ谷三丁目6 「酒徒庵再び」 >>












管理者にだけ公開する