桃の里 純米吟醸 28BY

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸 28BY

20170402160240045.jpg  20170402160248073.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも4回目。

 こちらは岡山出張時に購入して衝撃を受けた、私と桃の里との出会いのスペックの28BY新酒バージョンになります。
 その記事ではコメントで色々と情報をいただきまして、非常に参考になりました。
 なかでも、読者様がアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」でこの純米吟醸のカップ酒を発見して、レポしてくれたのが非常に嬉しかったですね。
 そしてさらに、そのコメント情報を見てあろすさんがご自分のブログ「日本酒のカルテ」で購入・感想記事をあげてくれました。
 オススメのお酒を実際に買ってくれた方に反応貰って、その情報が広がっていく手ごたえを感じられるということは、ブロガー冥利につきますね…まさに感無量です。

 ちなみに、このお酒を取り寄せる際に、気になっていた加水の有無と火入れ回数を聞いたのですが、「加水無し・一回火入れ」とのことでした。
 「キエーッ!だったらそう書いてくださいよぉ!」と頭を掻き毟りましたね…、少なくともマニアなら50磨きの一回火入れ原酒で15度という数値を見た時点で、土産物屋に普通に並んでいるような酒とは一線を画したスペックということは読み取れるはず。
 まあ自分としても、この味わいで加水二回火入れとはとても思えないと感じていたので、その意味では納得です。(「要冷蔵にしなくて大丈夫かなあ」という別の心配は生まれましたが)


 上立ち香は少々甘さを感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、個性的で濃厚な甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、独特の渋味で輪郭を保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいはやはり桃の里味としか言いようのない熟した果実の甘旨味が主役で、伴うのは草や木っぽいこれまた個性的な渋味。
 後味は複雑味の余韻を残しつつも、濃厚さをしっかりと引き上げてキレます。

 確固とした「桃の里味」を感じさせる、オンリーワンの奥深さがある芳醇甘口酒でした。
 前回(27BY)に比べると若干甘味以外の要素が増した感はありますが、誤差の範囲内という印象ですね、比較的安定感のあるスペックだと思います。
 実は自分以外の感想も聞きたかったのでわざわざ実家に持って帰って母上にも飲んでもらったのですが、やはり高評価でした。
 桃の里、芳醇甘口派(特に村裕の黒・常盤が好きな人)にはとにもかくにも一回は飲んでみてほしい銘柄です。

 今回初めて開栓後数日経ったものを飲んだのですが、若干渋味が勝ってきて、開栓直後に比べると若干バランスが悪くなった印象があります。
 やはり本質的には結構繊細なお酒かなあと思います、一回火入れとはいえ常温保存は心配だなあ…

20170402160255920.jpg

名称:桃の里 純米吟醸 28BY
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月12日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

<< 誉池月 しぼりたて 純米 木槽しぼり おりがらみ生原酒 ハーブ米コシヒカリ | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生 28BY >>

お久しぶりです。

あれから「とっとり・おかやま新橋館」へ改めて出向き、他のスペックも試してみました。

やはり、蛍光灯下で常温保存(要は棚晒し)は厳しいんだなと感じました。
雄町、純米など四種類を飲み比べたのですが、この純米吟醸以外は全て老ねてしまってました。
純米吟醸も製造年月に3ヶ月の幅があり、買う側のリテラシーが試されるお店です。

でも、純米吟醸の新しいロットは二度呑んで二度とも良かったです。

28BYで呑んだ速醸の中では数少ない良い思い出です。

一日置きの更新と知りながら、毎日チェックさせていただいてます。

これからも楽しみにしてます!

2017年06月13日 めい URL 編集

>めい様、コメントありがとうございます。
反応いただけて嬉しいです! 記事でも触れるくらいに、桃の里関連の動きは私の中で非常に印象深かったです。

そして、追加情報もありがとうございます。
いやあやっぱり保管はネックみたいですね、その老ね率はいくらなんでも… 要冷蔵にしちゃうと置いてくれないんでしょうけど、味わいにこだわって一回火入れにしているのなら、その辺りにも気を払わないと片手落ちだよなあと思ってしまいます。

しかし、非速醸派でもイケるというのは心強い情報ですよ…。明らかに芳醇甘口ながら、流行り系とは一線を画しているということだと思うので、私もさらに自信を持って推していけます。

ご愛顧いただいていて嬉しいです、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

2017年06月15日 まるめち URL 編集

まるめち様

厳しい暑さと局地的豪雨が続くこの頃ですが、お健やかにお過ごしでしょうか。

さて、きょうは桃の里関連の小さな情報をお届けしたく思い、お邪魔しました。些細なことではありますが…。

まるめち様がお酒をお取り寄せなさった頃から蔵開きにかけて、赤磐酒造様から「ふり向けばゆり」「凛と咲け花」という純米吟醸生原酒がリリースされていたようです(蔵開き限定品だった可能性もあります。)。

「ふり向けばゆり」とは耽美的というか文学的というか素敵な名前ですが、雄町という並ぶ岡山の酒米である「朝日」に五百万石を合わせた純吟、「凛…」は五百万石を用いた純吟だそうです。
ラベルは恒例の「手書きコピー節約型ラベル(笑)」でしたが、従前のものとは異なり、書家の方が書いたらしい美しい筆跡でした。

赤磐酒造様は家族経営の零細蔵でいらっしゃるせいか、販売に対する工夫や情報発信が不足していますので、地元に暮らしていてもなかなか十分な情報をタイムリーに得ることができません。
「どぶろく」も以前はアルコール添加しかなく、まるめち様のご記事で純米のものがあることを知り、来期は必ず取り寄せようと心に誓ったくらいなのですよ(笑)。

桃の里は火入れ酒ももちろん美味しいのですが、搾りたての生でしか味わえない魅力もあると思いますので、やはり、氷点下でお酒を管理している東京の地酒専門店にお取り扱い頂きたいものですね…。

それから、もうひとつ。
岡山に白菊酒造様という蔵がありまして、比較的どっしりとしたお酒を醸していらしたのですが、チャレンジ酒の位置付けで限定醸造された「大典白菊 Maybe」がリリースされ、まさに今、店頭に並んでいます。
あけぼの(食米ですが酒米としても使われます)を用いた純米酒で、優しい甘酸っぱさが魅力的なややアルコール度数の低めなお酒です。
ほわんとした柔らかさを表現したというラベルには、ふわふわ可愛いアザラシの赤ちゃんが描かれていますので(笑)、よろしければお試しくださいね。

まるめち様。ブログの更新頻度が高くていらっしゃるので、拝読するのが楽しい反面、まるめち様の飲酒量を想像して不安も募ります。
特に不調はなくとも、まだお若くていらしても、アルコールが身体にとって決してよくない物質であることをお含みおき頂き、くれぐれも大切になさってください。
理想的には週に二日以上は連続した禁酒日を設けられ、いつかおすすめした「ルテイン」をお試し頂きたいです(私事ながら、ルテインで体調や肌の具合が改善しました)。



2017年07月15日 おかやま URL 編集

>おかやま様、コメントありがとうございます。
桃の里情報は本当に貴重なので、大変助かります!
純米吟醸生という私の最注目スペックでバリエーションが出ていたとは… こんなの情報もらわないと一生気づきませんね(苦笑) 確かに検索するとブログ記事も出てきますね、評判も良いようで非常に気になります。
蔵開き限定とかだと厳しいですが、来年手に入るならぜひ欲しいなあ…

純米どぶろくも丁度問い合わせたときに在庫があったので入れてもらったものです。現状最新情報を得るには直接ちょくちょく問い合わせるしか無いと思うのですが、それはそれで蔵元さんの手間になりそうで… 電話するたびに悪いことをしている気分になります(笑)
本当、一刻も早く都内に特約店ができてほしいですね。

大典白菊は現状2本ほど飲んでおり、印象はかなり良いです。Maybe、確かにかわいいラベルですね(笑) 甘酸っぱい系の低アル酒は正直なところあまり好みのゾーンではないのですが、外で見かけたら試してみたいと思います。

ご心配ありがとうございます。
今後も、健診をしっかり受けつつ、長期的な視野に立って、健全な酒飲みで有り続けられるよう、心したいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

2017年07月18日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する