而今 大吟醸

本日の家飲み 而今 大吟醸

20170214213316515.jpg  20170214213324652.jpg

 三重県名張市のお酒です。
 当ブログ常連銘柄の一つですね、今期も何本かいただく見込みです。

 このお酒は、以前に我が家の新年&年越し酒を紹介した記事で写真をチラ見せしておきつつ、元旦に飲み切れずに後回しにしてしまったものになります。
 一応一月中には開けていたのですが、紹介はこんな時期になってしまいました…、本当、タイムラグをどうにかしないとまずいですね。
 私としては滅多に買わない高級酒なのですが、イベント時に開栓することにこだわると飲み頃を逃しそうだったので、無造作に開けております。

 スペックは山田錦を40まで削ったアル添大吟醸。
 いわゆる「出品酒」と同スペックだったかと思います(同タンクかまでは不明)。
 遮光(?)処理されたボトルに和紙ラベルと、全体的に高級感をにじませていますね。

20170214213341233.jpg  20170214213349674.jpg

 上立ち香はわりと濃厚で落ち着いた果実香が意外にもそこそこに。
 含むと、香りの印象通りの落ち着いた甘旨の含み香がブワッと広がって、そこに苦渋が出てくることで複雑さを出しつつ、最後まで存在感を保ったまま染み込んできます
 味わいは、而今的な旨味の背景を想起させつつ、基本的には典型的な高精白大吟醸の青リンゴ的な苦味を伴う線の細い味わい。
 後味は見事に自然に引き上げていきます。

 出品スペックということに納得感のある、上品さと飲みやすさに特化した感じの、高精白らしいお酒でした。
 口当たりの柔らかさは流石ですが、やはり出品指向的なアルコールの辛さと苦味のキレを感じるような。
 こうなると、やはり私は個性が出る純米or純吟スペックが好きなんだなあと改めて思います、値段も考えればなおさら。
 次に而今の高級スペックを家飲み機会があれば、やはり純米大吟醸にしたいと思いました。

 開栓二日目はちょっとアルコールが浮き気味で、苦味も強いような…
 やっぱり私にとっては繊細過ぎるお酒かなあ、外飲みでワイングラスで一杯というのが相応しいのかも。

20170214213332774.jpg  20170214213307770.jpg

名称:而今 大吟醸
精米歩合:40%
使用米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社
購入価格(税抜):4,000円/720ml
お気に入り度:値段が特殊なのでつけません/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 而今 大吟醸

2017年03月24日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 井の頭 純米吟醸 袋取り無ろ過生しずく 27BY(生熟バージョン) | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 出羽桜 純米酒 出羽の里 しぼりたて生原酒 >>












管理者にだけ公開する