桃の里 純米吟醸

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸

20170123133816528.jpg  20170123133825024.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。
 岡山酒4本目、さかばやしさんでの購入酒3本目、そして出張先購入酒連載のトリを飾る10本目になります。
 (連載の最初の記事はこちら

 この桃の里については、どこかでオススメコメントを見たというふわっとした記憶と、口コミサイト日本酒物語での高評価(実は結構参考にしてます、特に首都圏であまり見ない銘柄について貴重な情報源かと)ぐらいしか事前情報はありませんでした。
 見た目的には、レトロなラベルかつ裏ラベルの情報も貧弱と、正直惹かれる要素は皆無。

 スペック的にも、火入れ有り、度数15度なのでおそらく加水も有りと、私がいつも買うものからはかけ離れたものとなっています。
 蔵元ホームページの商品紹介によると、使用米は地元赤磐産の「朝日」みたいですね。
 実際のところ購入はかなり迷ったのですが、ここで買わなければ一生買う機会が無いかもという予感と、新幹線車内で開けるなら酒質が安定している火入れ酒も良いかなと思いもあってセレクトしました。


 上立ち香は、火入れらしく落ち着いた、しかし個性的な甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、香りのイメージ通りの落ち着いてトロリとした甘旨味が優しい口当たりで入ってきて、最後まで甘さを主役にしながらもダレずにゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、桃というより梨を煮詰めたような(?)芳醇な甘味が絶対的な主役を演じて、かつありがちな酸味や苦味をほとんど感じさせず、しかし心地よい果実感を与えてくれるという、若干私の理解の範疇を超える深みがあるもの。
 後味は、ようやくほんのすこし出てきた苦渋の印象を舌に残して、しっかりとキレます。

 火入れっぽい熟感に近い風味をほんのり感じさせつつ、甘味が野太い上にその風味と喧嘩せずに前向きの落ち着きを感じさせてくれる、極めて珍しいタイプの芳醇甘口酒でした。
 いやあ驚愕しましたね、フレッシュでもジューシーでもないのにフルーツなんですよ、これは本当に初めての経験。
 今まで飲んだお酒の中では雪中梅の純米が一番近いと思うのですが、それよりも更に濃厚かつ複雑味があって、かの黒村祐に近しいものすら感じます。
 詳細はわかりませんが。これが加水有りで二回火入れのお酒だとしたら、今まで私が学んできたスペック知識が根本から崩れてしまうという危険も孕んだお酒ですね。
 これは甘口派なら一度は絶対飲むべき!私にしては珍しく断言します。
(ちょっと気になるのは、私が飲んだのはきっちり冷蔵保存されてたんですよね。これが蛍光灯下の常温棚という過酷な環境で味わいを保てるかまではわかりません…)
 ともかく、桃の里は早急に他のスペックもいただいてみたいと思いました。

 これだけ濃厚なのに、アルコール度が低め(というか一般的には普通)だからか、ガンガンいってしまいました。
 新幹線社内でここまで飲んでしまうとは…(なお、家で飲んだ残りも旨かったです)
20170123133910127.jpg

 写真が全体的にブレ気味なのは車内撮影ならではの「味」ということで…
20170123133835136.jpg

 さて、10回にも及んだ出張先購入酒連載も最後となりました。
 それぞれハイレベルなお酒だったと思いますが、自分の中では若干桃の里が持って行った感がありますね、それほど衝撃的でした。
 こういうスペック、ラベルのお酒にも未だ知らぬ美酒が日本全国で私を待っているかと思うと、夢が膨らむと同時に限りある人生と肝機能と経済力に若干絶望しますね(笑)
 まあ焦っても仕方がないので、今後もじっくりマイペースに楽しませてもらおうと思います、全国の蔵元さんに改めて感謝を…

名称:桃の里 純米吟醸
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.7/9.0

・おまけ:社内のつまみ用に駅ビルのスーパーで購入
20170123133848936.jpg  20170123133859103.jpg
 日本酒的には実に不吉なネーミング(笑)ながら、相性は良くて車内でやっつけてしまいました。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月03日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:10

<< 【お知らせ】ギャザリーの記事の非公開化について | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 宙狐 かすみ純米 生原酒 >>

まるめち様こんばんは。お変わりありませんか?
頻繁に訪問させて頂いては、色々なお酒の情報やまるめち様のご感想と背景にあるエピソードを楽しく拝読しているのですが、本当に久し振りにコメントを投稿させて頂く「おかやま」でございます。

桃の里は「お米で作られているのにまるで果物」という印象の、まさに芳醇甘口な濃醇酒でありまして、まるめち様も仰るとおり、煮た梨のような、和梨のような、円やかな甘味を特長とする貴重な銘柄だと思います。

こちら岡山では食品スーパーや生協などの小売店に蛍光灯の光を浴びながら並んでいることもある銘柄で、蔵の見学に訪れた際には試飲コーナーに老ねたお酒が平気で混じっていた蔵でもあるのですが、いまどきの地酒蔵とは異なる昔ながらの田舎蔵というだけで悪気は何もない、寧ろ人のいい小柄なお母さんが優しく案内してくださる心地好い蔵でした。

小さな蔵ながら様々なお酒が醸されていますが、まるめち様が購入なさった「純米吟醸桃の里」と定番の「桃の里純米酒」がお勧めです。
ちょうど今の時期なら、これらの生酒を少量だけ蔵元限定で販売しているタイミングかもしれませんので、是非お問い合わせなさってみてください。
季節商品の「しぼりたて」や「にごり酒」もありますが、醸造アルコールや糖を添加しているもので酒質が異なりますので、ご注意くださいね。

また、純米酒の酒粕がまた素晴らしく、ここの酒粕を知ってしまうと他の市販品では満足できなくなります(笑)。
純米生酒とともに酒粕も蔵元に注文すれば発送して貰えるはずですので、機を逸してしまわないうちに入手なさり、御母堂様とご一緒に美味しい粕汁と甘酒そして和梨のような純米生酒を楽しまれては如何でしょうか。

地元に暮らしていても滅多に口にできない桃の里の純米生酒を東京の酒販店様がお取扱いになってくれれば、文字どおり蔵元でしか味わえないフレッシュなお酒を関東の皆様にも体験して頂けるでしょうに…。

それからもうひとつ、岡山屈指の銘酒だと思っている難波酒造様の和心はまるめち様のブログでも何度かご記事になっていますが、山廃純米大吟醸雄町が数量限定で登場しているようですので、機会がありましたらこちらも是非お試しくださいね。

とはいえ、週に二日は休肝日を設けてお身体を大切に…。
まるめち様のご健康を心から願っていますので、お健やかに、ご安全に、くれぐれもご自愛なさいますようお願い申し上げます。

2017年02月03日 おかやま URL 編集

>おかやま様、コメントありがとうございます。
ご無沙汰しております、ご愛読いただけているということで、嬉しい限りです!
流石に岡山出張ということで、おかやまさんのコメントを参考にさせていただきました。

桃の里は本当に美味しかったです!
しかし、案の定相当数常温流通しちゃってるみたいですね… しかし蔵元で老ね酒は流石にひどい気もします(笑) 売ることに力を入れるほど余力も無いのでしょうね。
また個人的には明らかに純米が相応しい優しい酒質だと思うのですが、ラインナップをみると確かにアル添が多いですし… 何というか色々ともったいないですね。
仰る通り、東京の有力地酒屋が売り方、ラインナップの整理を指南すれば一気に評価されそうだと強く感じました。
色々と情報もありがとうございます、とりあえず純米生については問い合わせして見ようと思います。

和心、山廃純米大吟醸雄町は一応気づいてはいたのですが、お値段が… ちょっと機会を伺うことにいたします。

おかげさまで今年もγ-GTPも正常値でしたし、今後もじっくりと日本酒を楽しませていただこうと思っております。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

2017年02月04日 まるめち URL 編集

まるめち様こんばんは。
お言葉を頂き、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

さて、桃の里についてですが、赤磐酒造様は典型的な地方の田舎蔵、家族経営の零細蔵なのです。
情報開示やラベルデザインの改善を含め適切なブランディングと流通が為されれば、完熟果実のような低酸甘口のお酒を好む首都圏の方々に喜んで頂けそうなだけに、現状を勿体無く思います。

3月に行われる蔵開き(2017年は3月26日の日曜日です)や岡山の地酒イベント「ちどり足」などに行くことができれば、純米吟醸や純米の生原酒に巡り会えるかもしれないのですが、有名蔵のような販路を持たないため、蔵元様も基本的には火入れ酒を販売なさっているようです。

とはいえ、現時点で頼み込めば対応して貰えるかもしれませんので、純米吟醸生原酒、純米生酒、純米酒粕などについてご依頼なさることをお勧めいたします。

日本酒ブログを書いていらっしゃる関西のおじ様が「ちどり足」にいらした際のご記事です。
「桃の里純米吟醸無濾過生」の画像が掲載されています。
http://o3.hatenablog.jp/entry/2016/05/17/220000

岡山の酒販店の店長様(残念ながら既に閉店なさっています)がお書きになったブログ記事です。
まるめち様とはお酒の嗜好は異なるようですが、純米生原酒の美味しさを伝えていらっしゃいます。
http://xn--n8jd2op729a.jp/blog-entry-401.html

「和心」も「嘉美心」も「宙狐」も「多賀治」も「桃の里」もですが、岡山のお酒は東日本の酒販店での取扱いが極度に少ないので、その美味しさをもっと沢山の皆様に体験して頂けるようになればなぁ…と思います。

2017年02月04日 おかやま URL 編集

>おかやま様、コメントありがとうございます。
桃の里については、先ほど生酒の在庫の有無等について問い合わせメールを出しました。
家族経営蔵ということで、焦らずに待とうと思います(笑)

こちらの低酸甘口という方向は、まだ中々メインストリームにはなりにくいと思いますが、好きな人は絶対居ると思いますね。
こういう形で埋もれてしまう蔵・味が全国に有ると思うと忸怩たる思いです…

他にも色々と情報ありがとうございました。
挙げられている岡山銘柄は実力十分だと思いますし、じわじわと知られてきているような気もしますので、今後を注視したいと思います。

2017年02月05日 まるめち URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017年02月11日 編集

コメントありがとうございます。
実は私もすぐにメールで問い合わせしたのですが…返信が無くて迷っていたところでした。多分スパムとかに紛れてそうですね。 このあたりに、小規模蔵が商機を逃している実情が垣間見えた気がします。

ともあれ、情報ありがとうございます!
月曜になったら電話してみようかと思います。

如何せん出張は割当方式なので、来年も岡山に行けることを祈るばかりです…
今後とも当ブログをよろしくお願いします!

2017年02月12日 まるめち URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017年02月27日 編集

コメントありがとうございます。
こちらはいつでもコメント歓迎ですよ(笑)

色々と面白いエピソードが生まれていますね。
こちらもメールだとなかなか進まないながらも、TELを織り交ぜて一応発注する段階までは行ったはずです。(7本まとめ買い)
酒粕も頼みましたよ!これだけまとめ買いするのは初めてなので、若干不安もありますが、楽しみでもあります。

他のお酒についても、情報ありがとうございます。
まあ、多分初挑戦のスペックですからね…
贅沢な造りにしたからといって、素直に良い出来になるとは限らないところが、日本酒の恐ろしいところかも…
もちろん銘柄自体は、今後も期待したいと思っています。

引き続き、健康には配慮しつつ更新していきますので、今後とも宜しくお願い致します!

2017年03月01日 まるめち URL 編集

初めまして。いつも楽しく拝見しております。

先日、「とっとり・おかやま新橋館」へ行ったところ、桃の里 純米吟醸のカップ酒(3月瓶詰)がありました。

もちろん常温・蛍光灯下です(笑)。

飲んでみたところ、(まだ)老ねたりはしておらず、記事の通りの味わいでした。

この情報が無ければ、絶対に買ったりしていないのは間違いありません。

美味しい出会いをありがとうございます。

これからも楽しみにしていますので、お身体を大事にしてください。

2017年03月23日 めい URL 編集

>めい様、コメントありがとうございます。
そうか、アンテナショップという手がありましたね!
正直東京での入手が絶望的と思っていたので、とても素晴らしい情報です、ありがとうございました。
しかしカップ酒ですか、ある意味瓶詰め直後ならアリな選択肢でしょうね。その環境下では何ヶ月も持たないでしょうが、アンテナショップなら回転も早そう。

それにしても、この記事が出会いをアシストできたということは嬉しい限りです!冥利に付きますよ…(涙)
特に桃の里は知名度と味わいの乖離がとんでもないレベルと思っているので…、こちらの想いが伝わったことがわかるコメントいただいてとても励みになりました。

今後ともよろしくお願いいたします!

2017年03月24日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する