飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 28BY

本日の家飲み 飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 28BY

20161226122303581.jpg  20161226122314831.jpg

 福島県会津坂下町のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目ですね。

 年内最後の更新ということで、スペシャルなお酒のご紹介です。
 飛露喜については、最近特殊事情で買えた特別純米火入れ比較的入手しやすい特撰純吟(現純米大吟醸)を紹介しております。
 が、自分にとってのド本命であるこの特別純米無濾過生原酒については前回が24BYの時ですので、実に4年振り、悲願かなっての今回の家飲みとなりました。

 飛露喜については蔵元が頑なに一升瓶オンリー(一部高級品除く)の出荷を続けていることもあって、入手が本当に難しいんですよね…、加えて他の入手困難銘柄と比べて転売対策が甘い印象があり、そっち系の酒屋で大量にプレミア価格で売られてしまっているのも悲しいところ。
 ギャザリーのまとめでも書きましたが、保管状況もよくわからない転売プレミア酒に手を出すぐらいなら、ちゃんとした居酒屋さんでじっくりといただくことを、繰り返し強くオススメいたします!
(仕様により当ブログの広告バナーにたまに出てきてしまうのはご勘弁ください…)

 閑話休題、スペックは相変わらず精米歩合55%ですね、それ以外の情報はラベル上ではよくわかりません。
 特別純米火入れや泉川ふな口は最近ラベルのカラーリングが変わりましたが、この無濾過生原酒は白紙にスミの筆文字記載と相変わらず。
 佇まいにオーラを感じてしまうのは私の思い入れ故にでしょうか…


 上立ち香はスッキリフレッシュな酸と若干のバニラを感じる香りがそこそこに。
 含むと、フレッシュかつ程よい口当たりの旨味がゆっくりと入ってきて、少々遅れて裏方に顔を出す渋味で見事に輪郭を整えつつ、最後まで存在感を保ちつつ染みこんできます。
 味わいは、結構酸渋が立ちつつも、やはり芯に上品な甘旨味があって、芳醇ながら全体としては透明感も感じるほどにキレイにキチンとまとまっている印象を受けます。
 後味はその酸渋が、意外なほどに優しく引き取って、バッチリキレ。

 完成された一つの味わいの世界を感じさせてくれる、無濾過生原酒として極めて完成度の高いお酒でした。
 この銘柄・このスペックならではの魅力をビンビンに楽しめるものでしたね…、この味わいでこのお値段というのはやっぱり異次元のコスパです。
 「無濾過生原酒」というカテゴリの第一人者として、まだまだ他の銘柄が追いつけていない境地にあると思いますね…、やはり飛露喜の真骨頂はこのスペックにあるかと。
 本当はこのスペック増やしてほしいんですが、火入れこそ飲食店向けに安定供給しなくちゃいけないから、難しいんだろうなあ…、せめて四合瓶出してくれればなあ…。
 来年も飲みたいなあ…、飲めるかなあ…、祈るしかない今日この頃でした。


 開栓後は、一口目はちょっとインパクトが弱まって、甘味も引っ込んだかな…と思いきや、二口三口と飲み進めると、やっぱこのバランスがベストなんだな…、と思わせてくれる懐の深さを感じます。
 これは舌が飲み慣れるのと、若干の温度上昇も影響しているでしょうね、玄妙ともいえるバランスかと。
 (と、書いてから気が付いたのですが、4年前も似たようなコメントをしてました、このお酒の安定感を示していますね。後、私の感性もブレて無いことがわかってちょっと嬉しい。)
 ただ、流石に最後の1、2合になると生原酒なだけに若干崩れる(渋過ぎ)気もするんだよなあ、やっぱり個人向け四合瓶も出して欲しい気が致します…

20161226122324615.jpg  20161226122333977.jpg

参考:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

名称:飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 28BY
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店
購入価格(税抜):2,600円/1,800ml
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年12月31日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

<< 2017年の新年酒(&年末酒)について | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 雪鶴 純米吟醸 無ろ過生原酒 袋しぼり >>

昨年はお世話になりました。
今年もヨロシクですm(__)m

飛露喜は一升だけとは、東洋美人と同じなんですね。
僕の家の冷蔵庫はもちろん家庭用なので、食材もありなので四合瓶が2~3本しか入りません(T-T)
だから、一升は常温用の熟成日本酒を長期間ちびちびやってます。
でも、とある酒屋さんは、今の時期なら台所など寒いところなら、常温でも大丈夫とのことなので、半分は空きの四合瓶に入れて冷蔵庫へ。もう半分は常温放置で、熟成の違いを楽しもうかな~
と、東洋美人でチャレンジしてみようと思ってます。

2017年01月01日 debo URL 編集

>debo様、コメントありがとうございます。
そういえば東洋美人も一升瓶が多いですね、ippoなどは全てそうかな。
仰る通り、一升瓶には家庭用冷蔵庫に基本入らないという致命的な弱点があるので、要冷蔵酒が増えた現状、個人向けに売るんだったら当然四合瓶も出すべきだと言うのが持論です。
二回火入れ酒にはまさに気楽にちびちび飲めるという利点はあると思うのですが、明らかに生酒とは違うジャンルなので…、私は現状ほとんど買ってません(純然たる好みの問題)。

で、要冷蔵酒の自家熟成は個人でやるにはリスクが高すぎると思っていて…
現状、冷蔵庫三段ぶち抜きで一升瓶含め全て冷蔵管理、基本一ヶ月以内には飲みきるというのが自分のスタンスです。
が、やっぱり飲み慣れてくるとやりたくなる気持ちも凄くわかりますね、是非チャレンジしてみてください。

本年もよろしくお願いします!

2017年01月02日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/776-af64c617

飛露喜 特別純米 無濾過生原酒

いやぁ、寒いですね! 先日、市場でクリオネを売っているのを見かけました。 あれを見ると冬だなぁと実感しますね。 ・・・そんな話は置いておいて、今日もお酒を飲んじゃいましょう♪ 飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 福島県河沼郡の廣木酒造さんで醸されるお酒です。 かなりの人気を誇る銘柄で、入手難度も高いお酒なのではないかと思います。 今回も例によって...

2017年02月09日 20代から始める日本酒生活