風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

本日の家飲み 風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY

20161127123259288.jpg  20161127123308018.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 前回に引き続き、限定品…というか特別品である「笊籬採り(いかきとり)」の紹介になります。

 前回の秋津穂は27BY、こちらのお酒は28BYになりますが、記載されている製造年月は両方とも2016年9月となっています。
 なんでこんなことになるかということを理解するためには、まずBYの定義を確認する必要がありますね、ちょっと探したところ有名地酒屋「山中酒の店」のコラムが分かりやすく解説していました。
 ポイントは「BYの始まりは7月1日であること」「BYは原則上槽日(もろみを搾った日)で判断されること」及び「製造年月は原則瓶詰め日が基準となること」でしょう。
 総合すると、秋津穂は6月以前に搾られてしばらく保存された後に、露葉風は7月以降に搾られてあまり間を空けず、それぞれ9月に瓶詰めされたものと思います。(タイミング的に、おそらく米は同年産でしょう)
 このあたり非常にややこしいですね、私の経験上居酒屋はおろか酒屋の店長でよくわかっていない人も居ました。
 (もちろん私も正確に理解できているかそんなに自信はありません。間違いあれば是非コメントでご指摘ください)

 さて、今回いただくのは露葉風を70まで磨いた純米スペックですが、以前には60まで磨いた純米吟醸の笊籬採りをいただいたこともありました。
 この辺り、露葉風についてはお米の出来などによっていろいろな歩合を試しているみたいですね、28BYには新製品として50まで磨いた純米大吟醸(しぼり華)も出てきたようです(というか買いました)。

20161127123318813.jpg

 上立ち香は濃厚な葡萄系っぽい甘さを感じる香がそこそこに。
 含むと、奥行きのある上品な甘旨味がガス感を伴いつつもゆっくりと入ってきて、あくまで奥の方で仕事をする渋味でより複雑さを感じさせつつ、じんわりと染みこんできます。
 味わいは、うーむバニラ的な甘旨味に渋味(?)が一体化して、独特な世界を創り出していますね、酸味も結構あって賑やかな印象もありますが、やっぱりガスの働きもあって飲み口は軽快。
 後味はその印象のまま自然にキレます。

 風の森の中でもかなり複雑味のある、個性派芳醇甘酸渋旨酒でした。
 なんというか、色々な味わいが併存するのではなく、一体化しているようで、非常に表現しづらい感じです。
 日本酒離れした感じではありますが、こんなワインも無いんじゃないかな…、個性としては他のスペック以上に感じましたね。

 次回も風の森の笊籬採りで、それもかなり特別な一品をご紹介します。

20161127123420327.jpg

参考:「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-570.html

名称:風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY
精米歩合:70%
使用米:露葉風
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年02月10日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

<< 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 26BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 風の森 秋津穂 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 27BY >>

初めてコメントします。
いつもブログ楽しく拝見しております。

先日、露葉風の純米大吟醸を飲みやはり複雑な味といった印象を受けました。
まるめちさんが飲まれた純米の笊籬採り複雑で個性的とのことなので、やはりこれがお米の特性なんですかね。
それにしても、笊籬採りがとても羨ましいです・・・僕の近所の酒屋さんでは扱ってないんですよね。

次回も笊籬採り、それも特別な一品とのことなので、更新楽しみにしております。

2017年02月11日 すん URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
いやあ嬉しいですよ、やっぱりブログ仲間はコメ、トラバ、リンクをし合えるというのが醍醐味と思っているので…

やっぱり露葉風は風の森の中でも若干特殊というか、複雑かつ独自の味わいがすると思います。米の特性なのかは難しいところですが…
何気に純大の裏ラベルに蔵元自体が書いているので、我々が感じていることはまあ的外れではないんじゃないでしょうか(笑)
純大の記事を書いたらトラバすると思うので、よろしくお願いします!

ちなみに笊籬採りは近所に取扱いがなければ通販してしまうのが手っ取り早いですね。奈良県内の酒屋さんは結構ありますが、特に「うのかわ酒店」さんは送料無料のハードルが低く、取扱銘柄が面白くてオススメです。

2017年02月12日 まるめち URL 編集

確かにこうしてやり取りがあるのはいいものですね。
今まではROM専でしたが、興味があるところには出張ってみようかと思います(笑)

なんでしょうね、この同意見の方がいると安心する感じ・・・
記事を書かれたらトラバ返し(?)します!

「うのかわ酒店」さん調べてみました!風の森以外にも気になる銘柄があったので、マメにチェックして今度注文してみたいと思います。
通販で日本酒を買ったことはありませんでしたが、何事もチャレンジですもんね!
色々教えていただきありがとうございます!

2017年02月12日 すん URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
いやあ、良いものでしょう(笑)
大体のブロガーはコメントを待ち望んでいると思うので、自分からしていくとwinwin状態になれると思いますよ。
まあ、個人的には、正反対の意見もまた面白く思っていますが…、それは別の楽しみ方ですね。

うのかわさんを始め、通販に興味を持っていただけたのは幸いです。
お気に入り銘柄を攻めていく時期を過ぎると、いつかは通販に手を出さざるを得なくなると思うので…、是非チャレンジすることをオススメします!

2017年02月12日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する