越乃王紋 純米吟醸 生囲い

本日の家飲み 越乃王紋 純米吟醸 生囲い

20161127141643300.jpg  20161127141651345.jpg

 (注意)今回、関係者や銘柄のファンが見ると不快に思うかもしれない内容となってしまいました、閲覧にはご注意ください。

 新潟県新発田市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 実はこのお酒は他の銘柄とのセット売り(通販)だったのですが、「飲んだこと無い銘柄だし、生酒なら良いか」と発注してみました。
 が、届いたお酒を見て愕然…、こりゃ「生貯蔵酒(出荷の際に一回火入れ)」ではないですか。
 どうやら「生囲い」(=生貯蔵酒)というフレーズを「生酒」と勘違いして発注してしまったようです、通販しかもセット売りならではのミスですね。
 まあ完全に自業自得ではあるのですが、ギャザリーでもちょっと書いたように、火入れ絡みの日本酒表示ルールは本当に分かりにくいんですよね…。

 個人的には生貯蔵酒には大手酒造が出している中途半端に生っぽいお酒のイメージが強く、自分からはほとんど手を出しません。(当ブログで取り上げている火入れ酒はほとんどが「生詰」)
 ラベルもいかにも地元向けっぽい情報が少ないもので、飲む前から若干テンションが下がり気味。

20161127141700801.jpg

 上立ち香は嫌な予感を漂わせる牛乳臭い熟成香(生老ね香?)がそこそこに。
含むと、その予感通りの老ね感そのものの味わいが口中に広がり、心地よい甘さ旨さが最後まで顔を出さないまま、イヤな匂いをまき散らしつつ流れ込んできます。
 味わいは、芯には古臭いながら普通の日本酒の旨味があるのですが、とにかく牛乳を拭いた後の雑巾のような含み香が全てを台無しにしています。
 後味は割と素直に引き上げますが、やはりイヤな匂いは残ります。

 淡麗辛口のお酒が老ねたらこうなるんだろうなあという、ある種お手本のようなお酒でした。 
 蔵かお店かはわかりませんが、これは完全に保管に問題があると思います。
 所謂火入れ熟成香とも違ったどうしようもないクセですね、これはダメですよ…、これをセット売りに入れるのはいくらなんでも良識を疑うレベル。
 あと、本当「生囲い」という名称はやめて…、これ以上不幸な人を増やしたく無いっす。
 不幸な出会いということはわかるのですが、流石に同蔵のお酒はもう飲む気しないですね…


 正直、単純に老ね気味なお酒は何度か経験はあるのですが、これほどひどいのは初めての経験です。
 しかし、世の中(主にスーパーの蛍光灯下の常温棚)にはこういう日本酒が恐らく腐るほどあるんですよね…
 そういうお酒や、それを好むこと自体を否定はしませんが、それらとこのブログでいつも取り上げているようなお酒(地酒屋目線で既に選別され、しっかりと保管管理されたお酒たち)が同じ「日本酒」という範疇で捉えられていることこそ、いまの日本酒業界の一番の問題点だと、改めて感じてしまいました。
 今回感想記事をアップするかどうか悩んだのですが、そういう問題意識の確認のため、あえて掲載しようと思います。

 ちなみに燗をつけると余計匂いが立って、私には無理でした…
 冷やして鼻をつまんでようやく、「酔いを得るため」だけに飲む液体として使えるレベル。
 この匂いだと料理酒にも使いたくないので、半分くらいは捨てるしかなかったです。

20161127141708517.jpg  20161127141716930.jpg

名称:越乃王紋 純米吟醸 生囲い
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:市島酒造株式会社
購入価格(税抜):セット売りのため不明/720ml
お気に入り度:なし(5点付かない感じ)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年12月25日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< ゆきの美人 純米大吟醸 吟の精 生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 坤滴 純米生原酒 特別栽培米「山田錦」 >>












管理者にだけ公開する