正雪 純米吟醸 山田錦 別撰 山影純悦

本日の家飲み 正雪 純米吟醸 山田錦 別撰 山影純悦

20161118093008899.jpg  20161118093020726.jpg

 静岡県静岡市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 こちらのお酒がその名を冠している名杜氏、「山影純悦」氏については、前回少し紹介しました、また蔵元ホームページにも略歴が掲載されています
 お酒に杜氏の名前をつけるのは良くあるパターンですが、このお酒はさらに「別撰」というフレーズもあって、より気合が入っている感じですね。
 裏ラベルにも解説があります、それによると生酒で瓶詰め後低温熟成→火入れ後急冷→さらに低温熟成→出荷と、かなりこだわりを感じる品質管理をしている様子。
 (一応これで「生貯蔵酒」表記なんですねえ、「生詰」との中間みたいな感じですが)

 スペック的には全量山田錦の50磨きというド鉄板。
 それで一升3,500円未満ですから、有名蔵の割には良心的なお値段といえるでしょう。
 ちなみに今回は、四ツ谷の鈴傳さんの地下冷蔵庫の片隅に佇んでいたのを、引っ張り出して購入しました。

20161118093034284.jpg

 栓を開けようとすると…、げ、端っこがちょっと凹んでました。
 一応密閉はできてたみたいですが、若干バカになってますね…うーん酒質に影響が無ければ良いのですが。

 上立ち香は程よく落ち着いたバナナ的香りが控えめに。
 含むと、まろやかで濃厚な甘味と、辛さを伴った自然な苦味が順番に出てきて、柔らかさと引き締まりを不思議に両立させつつ、ゆっくり染みこんできます。
 味わいはクリーム的といいますか、いい意味で薄くヴェールがかかったようなバナナ的甘味が一方の主役で、そこに面白いほど自然に強めの苦辛が絡みついて飲み飽き無さを加えている感じ。
 後味はその苦辛が引き取って、芳醇な甘味を夢のごとく忘れさせてキレます。

 甘味と苦味がはっきりと時間差で現れてくる、日本酒の味わいの玄妙さをビンビンに感じさせてくれるお酒でした。
 このお酒に限らず、完成度の高い日本酒って、最初にふわっとした甘味があって、含んでいる内に苦味とか辛味が出てきてキレるっていうのが一つのセオリーなんですよね。
 そのセオリーにのっとりつつも、まとまりと柔らかさを非常に高レベルで実現しているあたりが、やはり実力ということなのでしょう。(私は派手好きなので、本当に理解するにはもうちょっと時間がかかりそうな気も)
 正雪、今後も継続的に注目していきたいと思いました。

20161118093048774.jpg

名称:正雪 純米吟醸 山田錦 別撰 山影純悦
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元情報:株式会社神沢川酒造場
購入価格(税抜):3,334円/1,800ml
購入した酒屋さん:鈴傳(四谷)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 正雪 純米吟醸

2016年12月05日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 翠露 純米大吟醸 美山錦 磨き49 中汲み生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 風の森 雄町 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 27BY >>












管理者にだけ公開する