大典白菊 純米吟醸 雄町 生酒 ひやおろし

本日の家飲み 大典白菊 純米吟醸 雄町 生酒 ひやおろし

20161021150300830.jpg  20161021150311303.jpg

 岡山県高梁市のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね。

 時期的にはもう冬ですが、掲載までのタイムラグの関係で、これからしばらく私が秋に飲んだお酒の紹介が続きます。
 そして秋酒といえば「ひやおろし」、秋の酒屋ではいやというほど目にすることかと思います。
 ただ、これだけ使われている言葉なのに、「ひやおろし」に法的な定義はないんですよね、国税局の告示には影も形もありません(話はズレますが「生貯蔵酒」の定義があって「生詰酒」の定義が無いのが意外でした)。
 一般的には、「冬に絞ったお酒を一度火入れした上で秋まで熟成させて、二度目の火入れ無し(生詰)で出荷したお酒」をいうことが多いようですが(詳しくは日本名門酒会のサイト参照)、実際には各蔵の独断で謳っているのが現状のようです。

 で、今回いただくお酒は「生酒」なので、上記の定義からは外れています。(詳しい人ならこの記事タイトルを見た時点で違和感を感じることでしょう)
 というか、裏ラベルの解説もまんま生酒のものなので、「これ生酒にひやおろしシール貼っただけじゃねえか!」とツッコミを入れたくなりますね(笑)
 ただ、出荷時期はちゃんと9月なので、蔵元で生の状態で熟成されたものになります。
 まあ生酒派の自分としては普通のひやおろしより、蔵元が狙って生熟成させたお酒のほうが断然好みなので、今回あえてセレクトしました。

20161021150323950.jpg
 縦に並んだ二つのシールの、「生酒でひやおろしを名乗って何が悪い!」という風情が男らしい(笑)

 上立ち香は酸の立つ、セメダイン混じりの個性的な香りがそこそこに。
 含むと、バッチリ味が載った感じの旨味がトロリと入ってきたかと思うと、すぐに強まる酸味が唾液腺を刺激しつつ全体を引き締め、力強くゆっくりと染みこんできます。
 味わいは熟成香無しで程よく熟した感じの果実の甘旨味が主役、酸味がかなり強いので柑橘系っぽくもあるのですが、むしろメロン的な濃厚さも感じますね。
 後味は酸と辛さっぽい刺激が見事に引き取ってキレます。

 程よく熟した旨味を、存在感はあるが心地よい酸味が引き締め個性付ける、完成度の高い生熟酒でした。
 勧めてくれた店員さんが「菊鷹がイケるならこれも大丈夫」みたいなマニアックなことを言っていましたが、凄く納得です。(酸の使い方が似ている感じ)
 ひやおろしの魅力を「ひと夏超えた味の乗り」と考えるならば、このお酒はまさにそれを名乗るにふさわしいと思いました。
 大典白菊、今後も注目していきたいと思います。
 

 燗をつけると…、グワーッ!凄いインパクトというか、酸辛が強烈に来ます。
 が、やっぱり旨味がしっかりしているので、口当たりはキツくないんですよね…、本当しっかりしたお酒だと思いました。

20161021150351309.jpg


名称:大典白菊 純米吟醸 雄町 生酒 ひやおろし
精米歩合:55%
酒米:雄町
アルコール度:16.0~16.9%
日本酒度:+1
蔵元情報:白菊酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年11月27日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 村祐 常盤ラベル 本生 27BY (H28.9出荷版) | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 旦 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦 >>












管理者にだけ公開する