義侠 純米生原酒 特別栽培米 山田錦 27BY

本日の家飲み 義侠 純米生原酒 特別栽培米 山田錦 27BY

20160925213936757.jpg  20160925214002936.jpg

 愛知県愛西市(あいさいし)のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね、ましだやさん購入酒の5本目。
 
 義侠は使用するお米に非常にこだわりのある蔵元というイメージがあります。
 前回紹介したのは南砺産の五百万石を利用したお酒でしたが、今回は王道の兵庫県東条産特A山田錦ですね。
 わざわざ「特別栽培米」と銘打ち「無除草剤 ボカシ肥」と明記するところにもそういう雰囲気を感じます。
 「ボカシ肥」というのはあまり耳慣れない言葉ですが、ググったところ、どうやら発酵を経た有機肥料のことみたいですね、最初から最後まで微生物のお世話になっている感じ。

 パッケージはいつもの通り新聞紙包装でいかにも「寝かせてOK」という雰囲気を感じますが、製造年月は2月なので、生熟成としてはほどほどといったところでしょう。
 「それ以上の生熟成は自己責任でやってちょうだい」ということかもしれませんが、私は冷蔵庫の都合もあり、何より失敗するのが怖いのでさっさと飲んでしまいます(実際に飲んだのは9月)。

20160925214144696.jpg  20160925214153338.jpg

 上立ち香はセメダインをほのかに感じる洋梨(?)っぽい香りがそこそこに。
 含むと、独特かつ濃厚な甘旨味がヌルリと入ってきて、尻上がりに強まるピリピリした辛さで輪郭をギッチリと保ちつつ、最後まで高濃度なままガッツリと染み入ってきます。
 味わいは甘旨味と酸辛がせめぎ合う、濃厚ながら筋肉質な印象で、杯を重ねるごとに評価が上がっていくタイプの奥深さがあります。
 後味は辛さがギッチリと引き取って力強くキレます。

 極めて引き締まった旨味を直球ストレートで楽しめる、見事なまでの男酒でした。
 義侠もやっぱり確固たるスタイルというものを確立している銘柄の一つですね、まさに名は体を表すというか。
 女酒が好きな自分もこの男らしさには惹かれるものがあると言わざるを得ません。
 義侠、次こそは熟成系をいただいてみたいですね。

20160925214220010.jpg  20160925214210052.jpg

名称:義侠 純米生原酒 特別栽培米 山田錦 27BY
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:山忠本家酒造株式会社
購入価格(税抜):1,667円/720ml
購入した酒屋さん:増田屋本店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 義侠 純米

2016年11月07日 愛知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 瀧澤 純米吟醸 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 松の寿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 27BY >>












管理者にだけ公開する