惣誉 純米70 生原酒

本日の家飲み 惣誉(そうほまれ) 純米70 生原酒

20160925190237507.jpg  20160925190248248.jpg

 栃木県芳賀郡市貝町のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね、今回のましだやさん購入酒3本目。

 こちらのお酒は「精米歩合70%」ということを前面に押し出しています、当ブログで紹介しているお酒の中ではかなり低精白ですね。
 ただ最近歩合80とか90超の低精白酒がポンポン出てきているため、あまり70という数字にインパクトはないかもしれません。
 が、極端な低精白酒って、まともな味わいにするために余計手間がかかっているのか、あまりお安くない印象が強いんですよね。
 個人的には、低精白酒は数字にこだわるより、「それゆえの個性」もしくは「コスパ」のどちらかを追及して欲しいと思っています、「歩合の割にキレイな味わいだけど、値段はそれなり」だとマニア以外には訴求力無いでしょうし。
 
 翻ってこのお酒をみるに、特A山田錦という最高クラスのお米を使った生原酒ながら、磨きを70とすることで値段を税抜き1,280に抑えるという、直球勝負のコスパ酒と言えるでしょう。
 同じく特A山田70生原酒としては以前に紹介した菊姫がありますが、あちらは1850円なので段違いですね(もちろん他にもいろいろな要素が値決めには関わるので、単純比較は難しいのですが)。


 上立ち香は米粉クリーム的な香りにアルコールが混じった感じで、そこそこに。
 含むと、やはり賑やかな印象の濃厚な旨味がググっと入ってきて、時間差で出てくる辛さでピリピリしたままゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、やはり低精白酒っぽい印象の、甘辛酸がせめぎ合う野太いお米っぽいものなのですが、古臭い感じではなく生酒らしい若さも感じます(青臭くはない)。
 後味はその辛さで力強くキレます。

 低精白らしい魅力をストレートに感じさせてくれる、甘辛のバランスのよい芳醇旨酒でした。
 これは個性とコスパをしっかり両立させていますね…、このまとめ方には蔵の技術力を感じます。
 惣誉、引き続き色々なスペックを試していきたいと思いました。

 そして、開栓後二日目の方が明らかに印象が良いなあ…、思いっきりデキャンタするのもありかも。
 さらに燗をつけると…、ウホッ甘さ辛さが同時にマシマシです。
 これは楽しいなあ、色々な飲み方に耐えられる、新時代の晩酌酒の一つに入れるお酒と思いました。

20160925190256624.jpg  20160925190305140.jpg

名称:惣誉 純米70 生原酒
精米歩合:70%
使用米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:惣誉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,280円/720ml
購入した酒屋さん:増田屋本店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 惣誉 純米

2016年11月03日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 松の寿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 27BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 忠愛 中取り特別純米 五百万石 無濾過生原酒 >>

低精白というとどうしても「値段は安いが
味はイマイチ」という図式が頭に浮かんで
しまうのですが、こういうお酒もあるんですね。

あまり視野を狭めずいろんなお酒にチャレンジ
しなきゃですね!

2016年11月03日 スナフキン URL 編集

>スナフキン様、コメントありがとうございます。
最近の低精白酒には美味しいものがどんどん増えていると思います。
また、コスパ酒には、「高いお米を余り削らない」というのと、「安い飯米をしっかり削る」という対照的なアプローチの二つがあるように思えますが、最近はどちらでも良いお酒が出ているかと。

とにかく色々なお酒を飲んでみることが、今は楽しいですね。

2016年11月05日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する