豊能梅 純米吟醸 生酒 松山三井

本日の家飲み 豊能梅(とよのうめ) 純米吟醸 生酒 松山三井

20160923090636933.jpg  20160923090645867.jpg

 高知県香南市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、家飲みは初めてですね。
 酒逢さんでの購入酒3本目。
 
 こちらのお酒は居酒屋の他、銀座にある高知県のアンテナショップ「まるごと高知」(結構日本酒が充実している)でも見かけたことがありますね。
 同蔵ではロシアの「ソユーズ」に乗って宇宙を旅したお米・酵母で「土佐宇宙酒」と名付けたお酒を醸すという、ユニークな試みもやっているようです。
 個人的に素晴らしいと思うのはこちらの蔵元ホームページですね。
 一見古臭くも見えるシンプルで軽いデザインながら、特約店・飲食店一覧、通販も兼ねた商品紹介、分かりやすいサイトマップ、そして十分な更新頻度と、無駄な労力をかけずにユーザーが必要とする情報を見事に提供しています。(敢えて言うならあまり更新の無いブログが残っているのが玉に瑕)
 小規模蔵の情報発信としては理想形の一つなんじゃないでしょうか、下手にSNSに手を出していない(多分)ところにもセンスを感じます。

 なお、ラベルでは「豊能梅」ですが、蔵元ホームページでは「豊の梅」表記も見られるので、おそらくどちらでも良いのでしょう。
 スペック的には、四国酒でよく見られる酒米「松山三井」を50まで削った純米吟醸生。
 店長さんいわく「超フルーティー酒」とのことでしたが、いかがでしょうか。

20160923090654486.jpg

 上立ち香は典型的なフレッシュリンゴの香りが強めに。
 含むと、これまた典型的な甘旨味がスルスルと入ってきて、時間差で出てくる苦味にギッチリと締め上げられながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいはフルーティーかつジューシーなリンゴ系旨味が主役、高精白的な上品さはあるのですが、苦味がキツく飲みづらさ・嫌らしさを感じさせるレベルですね…
 後味はその苦味を口中に残しつつ引き上げていきます。

 香り系フルーティー吟醸酒の良い所と悪いところを両方強烈に感じるお酒でした。
 一口目は良いのですが、飲み進めるとやはり苦味が浮いているように思えて…、典型的な「飲み飽きる香り系」酒かなあ、値段を考えるとコスパ的には悪くないのですが。
 逆に、いつも私が飲んでいるお酒のレベルの高さを感じさせてくれたようにも思えます。
 とりあえず豊能梅は、次は純米クラスも飲んでみたいと思いました。

20160923090701789.jpg  20160923090709415.jpg

名称:豊能梅 純米吟醸 生酒 松山三井
精米歩合:50%
酒米:松山三井
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:高木酒造株式会社
購入価格(税抜):1,369円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月20日 高知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 澤乃井 純米吟醸 「奥の手」 無濾過生酒ささにごり >>












管理者にだけ公開する