澤乃井 純米吟醸 「奥の手」 無濾過生酒ささにごり

本日の家飲み 澤乃井 純米吟醸 「奥の手」 無濾過生酒ささにごり

20160923090507512.jpg  20160923090516594.jpg

 東京都青梅市のお酒です。
 少なくとも家飲みに関しては、実は初めていただく銘柄です。
 酒逢さんでの購入酒2本目。

 「東京の地酒」というと、最近の日本酒マニアなら「屋守」を想起する人が多いと思いますが、一般の世界ではこの「澤乃井」を挙げる人が最も多いのではないでしょうか。
 スーパーの常温棚でもよく見かける銘柄であり、自分のスタンスとしてはあえて家飲みするお酒ではありませんでした。
 が、(準?)大手地酒蔵のご多分に漏れず、一部地酒屋向けの製品もやっぱり造ってましたね、その佇まいに惹かれて買ってしまいました。(ブログで紹介済みの真澄うすにごり一ノ蔵生原酒と位置付けは近いでしょう)

 スペック的にはマニア受けする無濾過生酒のうすにごり(洒落て「ささにごり」としてますが)で、蔵元ホームページによると、「瓶のまま冷蔵倉庫で低温熟成させ、落ち着いた7月に蔵出し。」というところがポイントのようですね。
 店長さんからも説明ありましたが、基本的に澤乃井取り扱い店の中でも「熟成酒」に関して理解のある酒屋グループで構成される「蔵守の会」限定商品らしいです。(会の構成店一覧を見ると、錚々たる顔ぶれですね)
 こちらは熟成酒とは言い難いので、中でも「生熟」という特殊な位置づけの商品なのだろうと思います。


 上立ち香はスッキリとした若干セメダインを感じるお米の香りがそこそこに。
 含むと、程よく熟した果実的な甘旨味がグっと入ってきて、オリの苦味をしっかり出しつつも口当たりは意外にヌルリと優しく、じわじわと染みこんできます。
 味わいは、メロン的な青さのある甘さと苦味が拮抗していて、生酒らしいフレッシュ感と半年熟成の熟感も同居している、何とも複雑なもの。
 後味は苦味が引き取って力強くキレます。

 これぞ生熟!という感じの熟した果実の旨味を、さらに様々に複雑な味わいが彩る、初心者から玄人まで楽しめそうなお酒でした。
 うーん流石ですね…、こういう狙ったところに「ビシッ」と決まった感のあるお酒を飲むと、蔵元の実力をビンビンに感じざるを得ません。
 そして、こういう蔵が「生熟」をコンセプトにしたお酒を出してくれていることが個人的には心強いところです、もっと他の蔵も(ひやおろしなんて中途半端なお酒ばかり売り出してないで)生熟酒を出してくれればよいのに…
 澤乃井、今後もマニア向けのスペックを見かけたら購入したいと思いました。

 温度が上がってくると米っぽさが増してきますね。
 これはこれで良いのですが、個人的には冷やした時の果実感の方が好きかも。

20160923090535218.jpg  20160923090526707.jpg

名称:澤乃井 純米吟醸 「奥の手」 無濾過生酒ささにごり
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:小澤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月18日 東京の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 豊能梅 純米吟醸 生酒 松山三井 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 寿喜心 純米吟醸 吟風 生酒 >>












管理者にだけ公開する