寿喜心 純米吟醸 吟風 生酒

本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) 純米吟醸 吟風 生酒

20160923090718358.jpg  20160923090726070.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 ブログでの紹介は6回目の、私のお気に入り銘柄です。

 このお酒は葛飾区金町の「SAKEOH 酒逢」さんで購入しました。
 酒逢さんは以前寿喜心の取り扱い店をネットで探していた時に見つけたお店で、実は前回の山田錦生とか、同時期に飲んだ真野鶴なども同店での購入です。
 充実した内容のホームページで取り扱い銘柄を見れば、マニアなら「ただものではない」お店ということに気付くことでしょう。
 ブログ・SNSでの情報発信の他、店頭試飲銘柄を多く用意しつつ、試飲会も積極的に行っているようで、かなり志の高い酒屋さんであると、私は思っています。
 今回も、閉店間際に駆け込んだにも関わらず丁寧に接客していただき、試飲も勧められ、当初予定より多くまとめ買いししてしまいました(苦笑)、これから順次ご紹介しようと思います。

 閑話休題、今回いただくのは寿喜心の米違いシリーズの一つ、北海道で開発された酒米である「吟風」を使った生酒になります。
 確か店長さんのコメントでは「濃厚だが味に若干ざらつきがある」ということでしたが、個人的に濃厚好みであることと未飲であることからあえてセレクトしてみました。
 (このあたり、ネガティブ情報を伝えてくれる酒屋さんは信頼できるというのは、経験則から明言できますね)

20160923090737874.jpg  20160923165149806.jpg
 
 上立ち香は濃厚で程よく熟した果実の香りがそこそこに。
 含むと、複雑ながら口当たりの良い旨味がスルっと入ってきますが、徐々に苦酸も出てきて賑やかな味わいの様相を帯びつつ、力強く染みこんできます。
 味わいはやはり半年寝かした生酒らしいレーズン的な果実の旨味が主役、確かに苦味など雑味的な味の多さもありますが、やはり根底には寿喜心らしい透明感も感じますね。
 後味はほんのりとした苦味を口中に残しつつ自然に引き上げていきます。

 複雑な味わいを自然に楽しませてくれる、なかなかに個性派の味の乗った芳醇旨酒でした。
 寿喜心のイメージ(透明感のある上品な旨味)とはズレがあるのは確かなので、最初に飲むならやはり山田錦・雄町・五百万石のどれかの方が良いでしょうね。
 ただ、お値段を含めて考えると決して買って損するようなお酒では無いと思います、後、出荷直後に飲んでたらまた違った感想だったかも。
 寿喜心、今後もちょくちょくいただいていきたいと思います。

20160923165159375.jpg

名称:寿喜心 純米吟醸 吟風 生酒
精米歩合:55%
酒米:吟風
アルコール度:16.0~16.9%
日本酒度:+2
蔵元情報:首藤酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月16日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 澤乃井 純米吟醸 「奥の手」 無濾過生酒ささにごり | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 奥の松 特別純米生原酒 >>












管理者にだけ公開する