珠韻

本日の家飲み 珠韻 (しゅいん)

20160909100449192.jpg  20160909132029274.jpg

 山形県山形市のお酒です。
 同蔵のお酒の紹介は2回目ですね、詳しくは後述。

 こちらのお酒は以前当ブログで3割3分磨きのコスパ酒を紹介した「秀鳳」を醸す秀鳳酒造が、今期初めて発売した限定ブランドになります。
 全国で取り扱っているのは5店舗しか無いらしく、試験醸造扱いで製造量自体相当少ないようですね、まさに超限定。
 
 スペックは基本非公開で、特定名称の記載もありませんが、ネット情報だとかなりの高精白純米大吟醸らしいです(少なくとも3割程度まで削っているとか…)
 それでいて、1本で税抜1,500円を切るというのは正直意味が分からないですね、17度ということはそんなに加水もしてないでしょうし。
 邪推するに、スペック非公開なのは他のレギュラー商品群と整合性が取れなくなるという部分もあるんじゃないかしら…、それくらい破格です。
 また、一応試験醸造なので安めの設定にしているらしいですね、消費者の立場からするとありがたい限り。(手間と費用がかかる分、試験醸造酒は割高にしている蔵が多いイメージがあるので)


 上立ち香は華やかかつ若干落ち着いた感じの、干し果実的な香りが強めに。
 含むと、やはり落ち着いた印象の、極めて純度と透明度の高い旨味が自然に入ってきて、最後まで優しくかつ力強くかつ摩擦無しで喉奥に流れ込んできます。
 味わいは非常に濃厚ながらクドさは皆無、苦酸は拮抗しているというよりはそっと寄り添い、ひたすら旨味の純度と透明感を高めている印象ですね。
 後味はほんのりとした苦味を口中に残しつつ、ゆっくりと引き上げていきます。

 極めて高レベルでまとまっている、高精白酒の良いところを凝縮したような美酒でした。
 このお酒がこのお値段というのはとんでもないことですよ…、実際2~3倍以上の価格の高級酒でも、このレベルの完成度のものは少ないんじゃないでしょうか。
 私の通常好むインパクト重視の路線とは少しズレがありますが、それでもビンビンに魅力を感じさせてくれるところが素晴らしい!
 これは万人にオススメできるタイプのお酒ですね、見かけたら即飲んでみるべきかと。
 秀鳳のコスパは現状頭一つ二つ抜けていることを改めて思い知らせてくれたお酒でした。

 ちなみに開栓後数日経っても味は落ちず、むしろ旨味が濃くなってきた感じ。
 結局すぐに飲み切ってしまいましたが、このお酒は綺麗なのに線が細くないですね、相当手間暇かけて造りこんでいそうに思える酒質でした。

20160909132038107.jpg

(参考)「スナフキンの日本酒時々日常」さんの同じお酒の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/book_sunafukin/68270084.html

(参考)「飲兵衛廃人の落書き帳」さんの同じお酒の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/kurinotoge/18747848.html

名称:珠韻
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社秀鳳酒造場
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年09月30日 山形の日本酒 トラックバック:1 コメント:4

<< 木戸泉 特別純米 雄町 無濾過生原酒 「PURE PURPLE」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 田酒 純米吟醸 雄町 >>

こんちわー。

さすがはマニア! 手が早い (笑) 。
これ、気になってたんだよなあ。
なかなか良さげです。
うちの近所では見かけないけど。。

リリース直後に気になってたものの、
今の今まですっかり忘れてた。。
これでしっかり思い出しました。
ありがとうございます (笑) 。

2016年10月01日 moukan1972♂ URL 編集

>moukan1972♂様、コメントありがとうございます。
いやあ正直、お二人には先を越されそうだと思っていたのですが、流石に5店舗限定は少なすぎでしたか…
実際すごいお酒でしたよ。インパクト&個性重視の安舌持ちの私でも、これには脱帽です。

実際秀鳳は値付けがおかしい銘柄の筆頭のような気がします。
くどき上手、東洋美人、ゆきの美人あたりもかなり良心的だと想うのですが、秀鳳はさらに一歩踏み込んじゃってますね。
うーむ、どうやって採算取っているのか…

2016年10月02日 まるめち URL 編集

うわぁ;

コメントを頂いた上にブログの紹介までして
頂いちゃってる;;

もうなんか光栄を通り越して恐縮するばかりです><

自分も以前、コメントさせて頂きましたが
まるめちさんのブログ、楽しく拝読&
参考にさせて頂いています。

まんが「いっぽん!」、もやしもんに続いて
随分日本酒業界に影響を与えてますよね。

他にも色々日本酒系漫画あります(ありました?)
が、いい意味でもっと盛り上げてほしいものですね
^^

2016年10月02日 スナフキン URL 編集

>スナフキン様、コメントありがとうございます。

い、いやあそこまで謙遜せずとも…、面映い感じです。
私は日本酒マニアであると同時に日本酒ブログマニア(笑)なので、スナフキンさんの記事も楽しませていただいています。
仲間は多いほど楽しいですしね。

ただ、一応トラックバック送ってみたのですが、やっぱりyahooブログ相手だとどうもうまくいかないようで…。そこだけが残念。

「いっぽん!」には頑張って欲しいですね、目の付け所が本当ガチで素敵だと思います。
他のマンガだと、かの「白熱日本酒教室」コンビが送る「酩酊ガール」も結構面白かったです。
日本酒だけじゃないのがちょっと残念ですが、可愛い絵柄なのにお酒のラベルだけやけにリアルというのが若干シュールで面白い(笑)

2016年10月04日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/705-59ff5c96

◤珠韻 (秀鳳) - 純米大吟醸 27BY 10月出荷ロット@船橋の特約店Yにて購入 ── d✖️✖️b 「一体ナニが起きてる!?」#今年一番マズイ酒かもしれない。

 最近では「純米大吟醸 出羽燦々 磨き三割三分 生原酒」が人気の秀鳳 (しゅうほう) ですが──オレ個人は「山田錦47生」(写真右) の方が好きだけど──、こちらは超限定流通 (全国5店舗ってマジ!?) の別ライン (試験醸造なの?) 「珠韻 (しゅいん) 」です。たしか7月頃にリリースされて少しザワザワしてたけど、こちらは10月出荷の表記。オカワリ分があるなら、もっと多くの店に置け...

2016年12月08日 もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録