飛露喜 特別純米

本日の家飲み 飛露喜 特別純米

20160909100238498.jpg  20160909100247086.jpg

 福島県会津坂下町のお酒です。
 ブログでの紹介はようやく三回目。

 入手困難銘柄の一つ、飛露喜です。
 このお酒に関しては現状入手ルートを確保できておらず、数年買い逃していたのですが、たまたま今回その機会が巡ってきたので、迷わず購入しました。
 実をいうと、通販で他の銘柄を発注したときにお店側都合による欠品が生じて、その埋め合わせで入れてもらったものだったりします。
 酒屋さんと仲良くしておくとこういうときにお得ですね。

 ところで、当ブログでは最近購入先の酒屋さんを記載していますが、入手困難と私が思った銘柄に関しては伏せるつもりです。
 これは別に意地悪がしたいわけでなく、転売屋の情報源になることが嫌ということ、お店に問い合わせが行って負担になるのが怖いこと、できればあまり入手困難銘柄ばかりに飛びついて欲しくないこと、などが理由です、あしからずご了承ください。

 さて、スペックは通年商品の特別純米(恐らく生詰)、実は初めての家飲みです。
 無濾過生原酒はマイ殿堂入りとしているぐらいに惚れ込んでいる私ですが、実はこちらの生詰にはそんなに強い思い入れが無かったりします。
 外飲みで他のお酒と飲み比べると、どうしてもインパクト不足に感じるんですよね、飲むお酒に迷った時に鉄板酒として選ぶような存在かな(当然プレミア価格でない前提)。


 上立ち香は実は結構個性的だと思う、白ワイン的な果実香がそこそこに。
 含むと、、程よく落ち着いた感じの奥深い甘旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした渋みを伴いバランスを保ちつつゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、マスカット的な透明感のある甘旨味が主役、そこに独特な渋みが絡みつくことでやっぱりワインを髣髴とさせる独自の世界を創り出します。
 後味はその渋みが引き取ってグっとキレます。

 強烈に主張するわけではないながら、はっきりとした「飛露喜イズム」という個性を感じる、高完成度のお酒でした。
 いやあやっぱり安定感ありますね、正直「無濾過生原酒に比べたらつまらないだろうなあ」という先入観をバリバリに持ったままいただいたのですが、家飲みでじっくりやると、なかなかどうして十分楽しめました。
 このお酒がこの値段というのはやはり破格でしょう、本当は4合瓶も出して少しでも家飲みし易くして欲しいなあ…
 飛露喜の実力を改めて感じた一本でした。

20160909100255422.jpg  20160909100303351.jpg

名称:飛露喜 特別純米
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店
購入価格(税抜):2,600円/1,800ml
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月06日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

<< 萩の鶴 「メガネ専用」 特別純米酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 栄光冨士 「SURVIVAL」 純米大吟醸 無濾過生原酒 >>

今期、拙生も6年ぶりに特純の生詰を家飲み出来ました♪
かなり久しぶりでしたが、安定した味わいは健在でしたね(*^_^*)
しかし、まるめちさんと好みが似ているというか、今年もかなり同じ酒を飲まれているようで、なんだか面白いですよね(≧▽≦)ノ
TB上手く出来ましたかね(^▽^;)

2016年10月08日 くりのとげ URL 編集

>くりのとげ様、コメントありがとうございます。
若干名前が独り歩きしている感はありますが、それでも飛露喜は十分に期待に応えてくれる銘柄であることに間違いないと、確信させてくれた一本でしたね。

同じお酒が自然と被るって面白いですよね(笑)それだけにトラックバックは相互でしたいのですが…
そちらのトラックバックは大丈夫みたいですが、こちらのトラックバックは言及リンクしっかりやってるのにスルーとか、YAHOOブログって…

2016年10月09日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/700-3008fcb7

【福島】 飛露喜 特別純米 生詰 27BY

今年7本目に頂く福島県のお酒ですが、何と5年ぶり、随分と久しぶりに家飲みする人気銘柄です。 開栓すると、フローラルな上立ち香がほんのりと感じられます。 口に含むと、控えめながらチョッとビターで優しい酸に、マイルドなお米の甘旨味が拡がってきます。 酸味と甘味のバランスはほぼ均等で、序盤から終盤までこの中庸なバランスが維持されます。 最後もチョッとビターな感じの甘酸っ...

2016年10月08日 飲兵衛廃人の落書き帳