和心 純米 無濾過生原酒 朝日米

本日の家飲み 和心 純米 無濾過生原酒 朝日米

20160909100055061.jpg  20160909100103549.jpg

 岡山県津山市のお酒です。
 ブログでの紹介は5回目と、当ブログではかなり多い方ですね。

 こちらのお酒の特徴の一つとして、「朝日」という品種のお米を使っていることがあります。
 裏ラベルにも若干の紹介がありますが、Wikipediaにはもうちょっと詳しい記載がありました
 ポイントは、飯米であること、味は良いが育てにくいこと、現在はほぼ岡山でしか作られていないことぐらいでしょうか。
 後は、「コシヒカリ・ササニシキ・あきたこまちも品種改良をたどれば、この朝日にルーツがある。」という部分が結構凄いことだと思いました。
 岡山から復活した雄町もある意味多くの酒米のルーツですし、岡山の農業には何かそういう古い品種を大事にするような方針があるのでしょうか…、ともかく素敵なことだと思います。

 個人的には、何と言っても無濾過生原酒ながら極めてリーズナブルなお値段が嬉しいですね、飯米利用の神髄でしょう。
 また出荷年月を見るに、おそらく絞ってから結構蔵で寝かせていると思われます、味が乗ったのを見計らって売り出しという感じかな。

20160909100112542.jpg  20160909100120713.jpg

 上立ち香はうっすらと熟感のあるスッキリとしたアルコール的な香りが控えめに。
 含むと、筋肉質な旨味がスルリと入ってきて、純度の高い辛さを伴って、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは程よく熟した苦渋甘が見事に調和を保っている独特な旨味を、さらに辛さが締め付けることで、飲み飽きなさと食事との相性を確保しています。
 後味は辛さがしっかりと引き取って力強くキレます。

 こういうお酒こそ「食中酒」を名乗るにふさわしいお酒だと感じる、「辛口」で片づけてしまうのがもったいない、芯のある旨味が魅力のお酒でした。
 無濾過生原酒でこれだけ飲み疲れないお酒はそうはないかと…、それこそいくらでも飲めてしまいそうな危険なお酒です。
 お値段も素晴らしいですし、これもゆくゆく日本酒熱が落ち着いた後の晩酌酒候補に加えたいと思います。
 和心、それぞれのスペックにそれぞれの魅力があると、再認識した一本でした。


 なお燗をつけると…、おお甘味が表に出てきましたよ。
 辛さは相変わらずあって、バランスも崩れないというかより良い感じ、見事な燗上がりですね。
 やはりいつかこれでゆっくり晩酌したいところです。

20160909100130195.jpg

名称:和心 純米 無濾過生原酒 朝日米
精米歩合:65%
使用米:朝日米
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:難波酒造株式会社
購入価格(税抜):1,166円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 和心 純米

2016年09月22日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 番外自然酒 完熟舐瓜的生もと純米吟醸 無ろ過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花陽浴 純米吟醸 雄町 直汲み 27BY >>












管理者にだけ公開する