作 純米吟醸 「恵乃智」

本日の家飲み 作(ざく) 純米吟醸 「恵乃智(めぐみのとも)」

20160704135443199.jpg  20160704135537318.jpg

 三重県鈴鹿市のお酒です。
 外飲みではちょくちょくいただいていますが、家飲みは久しぶりですね。

 先日行われた伊勢志摩サミットでは、「作 智 純米大吟醸 滴取り」が乾杯酒として振る舞われたそうです。
 提供酒の中でも乾杯酒は特にインパクトありますからね…、作は元々マニアには知られた銘柄ではありますが、今回さらに一般的注目度も上がったものと思われます。
 ただ庶民としてはとてもサミット同スペックは手が出ない(750mlで15,000円だそうで…)ので、今回別スペックをいただくことで、気分だけでも味わってみるかとセレクトしました。
 
 外飲みではプロトタイプ等の限定品をよくいただくのですが、今回はレギュラーラインナップですね。
 スペック的にはあまり詳しい表記がありません、60磨きの純米吟醸で、一応、火入れ、加水有りだと思われます。


 上立ち香はキリリとした青さのある吟醸香がそこそこに。
 含むと、柔らかくも濃厚な旨味が自然に入ってきて、そこそこの苦味で輪郭を整えつつ、ゆーっくりじわじわと染みこんできます。
 味わいは、わりとスタンダードな青リンゴ系の旨味が基軸にあるのですが、ありがちなキツさがしっかり押さえられていて、バランス良く柔らかな印象。
 後味は程良い苦味が引き取ってしっかりとキレます。

 しっかりとした香りと旨味を備えつつ、限りなくクセやトンガリを無くしていった、お手本のような吟醸酒でした。
 作を飲むといつも思うのですが、火入れなのに後ろ向きな火入れっぽさが無いのが凄いですね(かつ、火入れらしい落ち着きもある程度ある)。
 しかもこれがまたお安いんですよ…、以前Zラベルをいただいた時にも思いましたが、晩酌酒としても使える稀有な純米吟醸だと思います。
 作は今後ますます注目を浴びていくであろうと、想像させる一本でした。

20160704135550751.jpg

名称:作 純米吟醸 「恵乃智」
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:清水清三郎商店株式会社
購入価格(税抜):約1,200円(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 純米吟醸

2016年07月04日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 参宮 純米吟醸 アンプレヴュ 生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 27BY >>












管理者にだけ公開する