射美 純米吟醸 槽場無濾過生原酒 27BY

本日の家飲み 射美 純米吟醸 槽場無濾過生原酒 27BY

20160812140100197.jpg  20160812140109683.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 当ブログではなじみの銘柄の一つですね。

 入手難易度がかなり上がってしまった射美ですが、たまたま行きつけの酒屋さんにしれっと並んでいたので購入しました。
 今までいただいたものはほとんど特別純米でしたが、今回は純米吟醸です。
 特別純米と純米吟醸については、イメージ的には後者の方がお米を削っている気がするのですが、実は法的な定義ではあまりかわらないんですよね(通常60%以下)。
 違いは「吟醸造り」をしているか否かということが大きいようですが、ここも厳密な定義はない(っぽい)ようで、結局のところどちらを名乗るかは、蔵元がそのお酒にどんなイメージを持たせたいかに係っているように感じています。
 そしてどちらが美味しいかということになると…、これは好みでしょう、個人的には「特別純米」と名乗るお酒の方が嗜好にぴったりハマる印象があります。

 ちなみに今回頂くお酒は精米歩合50%なので、純米大吟醸も名乗れるスペック。
 裏ラベルには相変わらずエッセイ的な文章がつづられています、今まで奥さんの惚気話息子さんへの親バカ話がありましたが、今回は弟さんへのリスペクト話でした、どれも家族を立てる内容なのが素敵ですね。

20160812140123377.jpg

 上立ち香は甘いお米のクリームのような香りがそこそこに。
 含むと、やはり超濃度かつ個性的な甘味がドロリと入ってきて、独特の苦味を裏方に感じさせつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいは、砂糖を煮詰めたような甘味が確固たる主役を演じ、酸は僅少で薬的なほろ苦さが少々の複雑味を加えるいつもの射美味、ただ比較的線が細い印象があります。
 後味は苦味を若干舌先に残しつつ、しっかりと引き上げます。

 存在感バツグンの甘味をダレない感じで楽しめる、芳醇甘旨苦酒でした。
 いつもの射美路線だと思うのですが、なんとなく特別純米より甘味がおとなしい感じ。
 また引き換えに射美のマイナス部分(と私が思っている)の薬臭さが少々表に出てますね、ここらへんが安定すれば素晴らしいのですが…
 やっぱり私は特別純米派なんだなあと改めて感じた一本でした。

20160812140132745.jpg

名称:射美 純米吟醸 槽場無濾過生原酒 27BY
精米歩合:50%
使用米:揖斐の誉「AMS18」
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,629円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 射美 純米吟醸

2016年08月30日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | ほしいずみ 純米 袋搾り滓がらみ 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する