千代寿 豊国 純米生原酒

本日の家飲み 千代寿 豊国 純米生原酒

20160721144714590.jpg  20160721144739923.jpg

 山形県寒河江市(さがえし)のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 実は今回のお酒は私が出張で久留米に一週間ほど滞在したときに、家飲みならぬホテル飲み用に購入したものです(上の写真も照明がホテル内っぽいかと)。
 出張中でも日本酒は飲みたい、でも毎日外飲みは懐に厳しい…
→じゃあ現地の酒屋さんで買ってホテルで飲めばいいじゃん!という発想ですね、我ながら単純というかなんというか。

 で、今回調達先としてお邪魔したのが「古賀美酒店」さんです。
 ネットでちょろっと調べ、取扱い銘柄を見て「こりゃ信用できる」と思って選んだのですが、大正解でしたね。
20160721144725692.jpg
 一目で「ちゃんとした地酒屋」ということがわかる佇まい、素晴らしい…

 で、今回いただいたのは完全に初見銘柄です。
 復活米である「豊国(とよくに、詳細は裏ラベル参照)」を用いていることを全面に押し出しています。
 また、「虎屋」と名がつくことからのデザインと思われる、インパクトのある虎ラベルも特徴的ですね。


 上立ち香はスッキリとしたアルコール混じりの果実の香りが仄かに。
 含むと、やさしくてバランスの良い甘旨味がフワッと広がるのですが、少し時間がたつとドドドと辛さの刺激が出てきて、甘さを強引に引き取りつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、お米の柔らかさを感じるような甘みが序盤の主役、それが含んでいるうちに完全にキリキリピリリとしたアルコール感の有る辛さにバトンタッチする印象ですね。
 後味はその辛さを口中に残しつつ、力強くキレます。

 「甘さと辛さ」を、含んでからわずかの時間差で見事に両立させる、面白さのあるお酒でした。
 旨味を楽しみつつ、飲み飽きなさがあり、多くの食事に合うと思います。
 ひとつの「芳醇辛口」の有り様として、完成系であるようにも思えますね。
 千代寿、是非他のスペックも試してみたいと思いました。

20160721144808808.jpg  20160721144755511.jpg

名称:千代寿 豊国 純米生原酒
精米歩合:60%
使用米:豊国
アルコール度:17%
日本酒度:+2~3
蔵元情報:千代虎屋株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:古賀美酒店(久留米)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 千代寿 純米

2016年08月01日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 男山 純米生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 百楽門 純米大吟醸 中汲み生原酒 >>












管理者にだけ公開する