酔心 純米 熟成生原酒

本日の家飲み 酔心 純米 熟成生原酒

20160606090813864.jpg  20160606090824069.jpg

 広島県三原市のお酒です。
 確か、家飲み外飲み含め初めていただきます。

 こちらは珍しく柏そごうで購入したお酒です。私は百貨店でお酒を買うときは
 ①試飲をやっているなら飲んで決める→百聞は一飲に如かず
 ②冷蔵庫入りのお酒を選ぶ→基本二回火入れは苦手
 ③行きつけの酒屋さんに無いお酒を選ぶ→同銘柄なら、地酒屋さんの方が限定品等が豊富
 ④ラベル等雰囲気が良さげなお酒を選ぶ→最後はフィーリング
 というようなことを意識しつつ購入することにしています。
 今回は試飲無しなので②~④を意識してのセレクトです。
 実際最近は百貨店の日本酒セレクトもなかなかレベルが上がってきているので、これだけ考えればあまり外さない印象。

 スペック的には一般的な純米無濾過生原酒という感じですが、「熟成生原酒」という部分を前面に出しているところは珍しいですね。
 また、「芳醇馥郁」「濃淳辛口」など味わいのキーワードの記載があることにも引き付けられました。

20160606090840586.jpg  20160606090849650.jpg

 上立ち香は少し熟した甘さにアルコールが混じった果実っぽい香がそこそこに。
 含むと、確かに落ち着いた印象ながら生酒らしい若々しさも残っしている濃厚な旨味がグググッと入ってきて、時間差で出てくるキツくない程度の辛さの刺激でキリリとしながらじわじわと染みこんできます。
味わいは生原酒らしい甘味を感じさせつつも、むしろ全体の印象は引き締まった筋肉質な旨味が中心の、

 甘味を感じさせながら「芳醇辛口」を地で行くような引き締まりを感じさせる、キリリとした個性派酒でした。
 この優しい辛さは純米生原酒ならではだと個人的には思いますね、やはりアル添加水火入れ酒より、明らかに自分好みです。
 また、これは一杯目より二杯目の方が魅力を感じるお酒ですね…、これだけ濃厚なのにいくらでも飲めそう。
 酔心、次はまた他のスペックをいただいてみたいと思いました。

 さらに、開栓後も味わいが落ちません。
 ストレートに落ち着いてくる感じで、これなら晩酌酒にも使えそうです。

20160606090859207.jpg

名称:酔心 純米 熟成生原酒
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社酔心山根本店
購入価格(税抜):1,460円/720ml
購入した酒屋さん:そごう柏店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 酔心 純米

2016年07月24日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 山崎醸 春かすみ 純米吟醸生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | たかちよ 「ブラック Custom Made」 純米大吟醸 おりがらみ本生 >>












管理者にだけ公開する