咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 

本日の家飲み 咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 

20160602013852835.jpg  20160620132000056.jpg

 群馬県吾妻郡中之条町のお酒です。
 前回に続いての紹介ですね。

 このお酒、自分としては銘柄名に惹かれたという部分も結構大きいです、「コノハナサクヤヒメ」が大元のネタでしょうか。
 (オタ的には「さくや」だと某メイド長、「咲耶」だと某12人の妹のお色気担当をまず思い出しますね)
 さらに、醸しているのは「貴娘酒造」、通常銘柄はそのまま「貴娘(きむすめ)」だそうです。
 うーむ、若干違う漢字が浮かんでしまいますねえ…(おっさん並感)、ちなみに酒造組合ホームページによると、「明治の中頃・女の子の誕生を祝い「誰からも愛され貴ばれる子に育ってほしい」との願いをこめ銘名した。」とのこと。
 ちなみに単に萌えっぽいから惹かれたのではございません、男酒より女酒の方が好きな自分としては、こういうイメージも実はかなり当てになるわけです。

 スペック的には、前回同様の美山錦利用で、精米歩合はちょっとだけ(3%)増えた58%、この微妙な違いにこだわりがあるんでしょうか。
 また今回は「原酒」の表示がありますね、度数はこれまたほとんど変わらないのですが、前回は加水していたのでしょうか…詳細は謎です。

20160602013839934.jpg

 上立ち香は個性的な、濃厚な果実系の香りがそこそこに。
 含むと、インパクトのある甘旨味がググっと入ってきて、少々のガス感と柔らかな酸苦味で輪郭を整えつつ、力強く染みこんできます。
 味わいは、洋梨?っぽい甘酸にほろ苦さが絡みつく複雑かつ個性的なもので、ガスのキレと相まって濃厚ながら飲み飽きない旨味の世界を創り出しています。
 後味は、苦酸が仕事をしつつ、仄かな苦味を舌先に残してキレていきます。

 心地よい甘さ、芳醇さ、複雑さ、個性、キレ、その他諸々の要素がしっかり詰まっていながらしっかりバランスが取れている、出色の芳醇フレッシュ酒でした。
 いやーこれは旨いっす!惚れ込むレベルですね、私の日本酒ブログ読解力は確かでした。
 今回2本いただき、自分の中では完全にお気に入り銘柄になりました、これだけ「いいの見つけた!」とはっきり確信したのは寿喜心以来かも。
 問題は入手経路なので、咲耶美には是非首都圏にどんどん売り込んで欲しいと切に願います。

20160606090227442.jpg

名称:咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒
精米歩合:58%
酒米:美山錦
アルコール度:17%
日本酒度:+-0
蔵元情報:貴娘酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:仲沢酒店(通販)
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年06月27日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

<< 外飲み雑記 「小路まち(旧:麹町市場)」(飯田橋) | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 咲耶美 純米吟醸 生原酒 直汲み 荒ばしり >>

>某メイド長、…某12人の妹のお色気担当…

あ”あ”っ、まるめちさんが言ってることが
分かってしまう自分が怖い><w

咲耶美も貴娘も未飲ですが、是非一度飲んでみたい
ものです。

しかし特約店が近くに…( ´Д`;)

2016年06月30日 スナフキン URL 編集

>スナフキン様、コメントありがとうございます。

メイド長はともかく、妹の方は世代がバレますなあ…(笑)
私は眼鏡っ娘好きなので、少数派の鞠絵派でした。

現状咲耶美は通販以外は厳しいですね…
まあ地酒屋さんは目ざといので、しばらく待てばきっと取り扱ってくれると信じたいところです。

ちなみにスナフキンさんのブログも拝見してますよ!
割と好みが近いと思うので、参考になります。

2016年07月01日 まるめち URL 編集

ご無沙汰しています。
私の地元群馬県は
北関東の中でも日本酒の有名銘柄が少なく(今年のIWCで名が売れた蔵元も含め)
今回気に入って頂き大変嬉しく思います。

同銘柄は県内でも取り扱う酒屋さんが3件と大変少なく…
入手は苦労します(ー ー;)

個人的には、知る人ぞ知る銘酒の位置付けでいて欲しいです!

追伸
たかちよの新作『黄緑』が発売されましたよ。メロンモチーフだそうです♪

2016年07月05日 名無しのblue URL 編集

>名無しのblue様、コメントありがとうございます。
個人的な感触では、群馬県も十分実力銘柄目白押しという印象なんですけどね… 
今回まとめ買いに含めたもの以外にも、件の龍神、水芭蕉、そして町田酒造、巖や流輝も良いですね。北関東3県は本当に、意外と知られていない美酒が多いと思っています。

「知る人ぞ知るであって欲しい」という思いは強いのですが、「もっと知られて欲しい」という思いもあったりして、私の場合常に悩まされております。

たかちよ情報ありがとうございます!
sevenというやつですよね、狙ってはいるのですが、まだ入手できていない状況です。

2016年07月07日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する