花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 

本日の家飲み 花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 

20160523083918287.jpg  20160523083936046.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 花陽浴はつい先日いただいたばかりですが、また買ってしまいました。
 どうしても新酒の時期に入手機会があると手が伸びてしまいますね。

 といいつつ、さけ武蔵を使用したものは、花陽浴新酒祭り限定品「アビノミクス」以来なので、約三年ぶりとなります。
 ちなみにこの新酒祭りなのですが、今期は参加人数の爆発的増加から「お客様の安全の確保が難しいと判断し」開催は見送られたみたいですね。
 私が行った時も既に相当な人口密度でしたが、そこからさらに人気が出てますからね、さもありなんといったかんじではあります。
 が、やはりちょっと寂しい気も…、ブログで推しまくっている身としては、若干のうしろめたさすら感じてしまいます。

 さて、今回いただくのは、ここ数期でラインナップに入ってきたと思われるさけ武蔵の48磨きバージョン。
 生もと時代には花陽浴のさけ武蔵に若干の苦手意識を持っていたため、少々不安もありますが…、できるだけ先入観を排していただこうと思います。

20160523083950195.jpg

 上立ち香は華やかかつ濃厚なトロピカル果実の香りが、かなり強めに。
 含むと、若干トロミを帯びた甘旨酸味が濃厚に入ってきて、そのなめらかさを保ちつつ、ブワッと口中に広がります。
 味わいはいつもの柑橘系果実の甘酸が主役なのですが、珍しく奥には苦味や塩味を感じ、独特の奥深さのある旨味の世界を形作っています。
 後味はやっぱり数値以上に高精白らしく、自然にキレていきます。

 HNB48らしい華やかで芳醇な甘旨味がありつつ、かなり特徴的な複雑さのある味わいの、超個性派濃厚芳醇酒でした。
 やっぱり花陽浴らしさは強烈に感じるのですが、いつもの直球フルーティーな味わいより、なんとも言えない複雑さのある味わいでした。
 花陽浴フリークの私としては、八反美山のほうが「らしく」て好きなのですが、それでは物足りない人にはこちらの方がより好みかも知れません。

20160523084007940.jpg  20160523084042055.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 
精米歩合:48%
酒米:さけ武蔵
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年06月05日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 喜久酔 特別純米 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 山形正宗 「まろら」 生酒 >>












管理者にだけ公開する