花の舞 純米吟醸

本日の家飲み 花の舞 純米吟醸

20160426092411251.jpg  20160426092442396.jpg

 静岡県浜松市のお酒です。
 外飲み、家飲み含め初めていただきます。

 このお酒、名前は前から知っていましたが、どうしても某チェーン居酒屋を想起してしまいますね。
 もちろんこちらの方が歴史が古く、蔵元ホームページによると創業は明治元年とのこと(ちなみに某居酒屋の本社は1984年)
 商標検索をしてみると、どうやら区分違いのようですね、法的には全く問題無いのでしょうが若干混同の恐れもあるような気も…

 さて、今回は百貨店で試飲を経て購入しました、山田錦を55まで磨いた火入れ純米吟醸です。
 本当は生が欲しかったのですが、売り切れでした…、うーむ残念。
 
20160426092503356.jpg

 上立ち香は落ち着いた印象の吟醸香が控えめに。
 含むと、やはり落ち着きのある旨味がスッと入ってきて、吟醸酒っぽい苦味で引き締まりつつじっくりと染みこんできます。
 味わいは純米吟醸ド直球という感じのクセのない、かつしっかりとした青リンゴ系の果実の甘旨味を感じます、ただ苦味はちょっと気になるかも。
 後味はその苦味を少々残して引き上げます。

 純米吟醸火入れのお酒として、しっかりと旨味とキレを両立させたお酒でした。
 実際火入れながら古臭い感じは皆無で、心地よい含み香があり、生のキツさが嫌いな方にもオススメできる味わいだと思います。
 ただ、この路線は獺祭とかと見事に被る上に食中酒とも言い難い、結構茨の道の路線かもしれないと、改めて思ってしまいました。
 花の舞、やはり次は生酒をいただいてみたいと思いました。

 2日目だと若干苦味が先に出てきたかな…
 おそらく、早めに飲みきったほうが良いお酒だと思います。

20160426092524751.jpg

名称:花の舞 純米吟醸
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:+3~4
蔵元情報:花の舞酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:柏高島屋
お気に入り度:8.0/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年05月28日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花陽浴 純米大吟醸 美山錦 27BY >>

かつての吟醸王国静岡のお酒ですね!静岡の蔵では一番大きいにも関わらず、地産地消にこだわっているのがいいですね(恐らく県内一の力の入れ用)。

静岡は流行りに乗らずこれぞ静岡という酒を造り続ける蔵が多い中、私の地元沼津の白隠正宗が河津桜酵母+白麹という甘酸っぱそうな夏酒を出してきたので買ってみようかと思います(河津桜酵母自体の造りは試験醸造として26BYから出していましたが)。

静岡の蔵で勢いがあるのは前述の白隠正宗と英君ですかね。英君は同じお酒で県の鑑評会一位、全国新酒鑑評会で金賞と波に乗っている印象です(静岡の鑑評会では全国新酒鑑評会と評価の基準が違う為それぞれ造りを変えて別々のお酒で出すのが定番だそうで、同じお酒でダブル受賞することは本当に稀な事だと酒屋の人が教えてくれました)。

2016年05月29日 お茶 URL 編集

>お茶様、コメントありがとうございます。
へー、そんなに大きい蔵だったとは全く知りませんでした。正直なところ首都圏ではあまり見た記憶が無いので、まさに地産地消ということなのですね。

河津桜酵母、気になったのでググってみたら日誌係さんの記事が出てきました(笑)評価も良いし気になるお酒ではありますが、個人的には「軽い」「甘酸っぱい」系はあまり好みではないかも…

英君は結構前から評価されている印象ですが、最近さらに絶好調という感じでしょうか。ダブル受賞は確かに凄いですね。 「いつでも買える」という認識からか、意外にもまだ家飲みしていないので、そろそろ飲んでみようかなあ。

2016年05月30日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する