冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ

本日の家飲み 冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ

20160405102719252.jpg  20160405102739783.jpg

 福島県会津若松市のお酒です。
 外飲み家飲み多数回で、純米純吟羽州誉に続き、ブログでも3回目の紹介です。

 前回も書いた通り、この写楽は「SAKE COMPETITION 2014」で全5部門中2部門のトップを取ったことで、人気に火が付いた感のある銘柄です、地酒屋さんでは若干品薄感がありますが、まだ入手困難とまでは言えない印象。
 今回はその新酒うすにごりが店頭に並んでいたのでセレクトしました、前は新聞紙にくるまれた「ささめゆき」という商品だった気がしますが、新聞紙をやめて名称変更したのかな…
 というか実は購入後にレシートを見てみると「ささめゆき」とのの記載が…、更新漏れだと思いますが、品数が多いうえにころころ名称が変わる地酒アイテムの管理について、酒屋さんの大変さを感じた一事でした。

 おりの絡みぐあいはぎりぎり利き猪口の底が見える、ほどよい感じ。
 私には珍しく前にいただいた2本が火入れ酒だったので、生は久しぶりですね、楽しみにしつついただきます。

20160405102804512.jpg

 上立ち香は非常にフレッシュな印象の、ちょいセメダイン混じりのスッキリした香りがそこそこに。
 含むと、やはりフレッシュながら甘味がしっかり乗った濃厚な旨味が、おりのほのかな苦味を伴って、しかし自然に流れ込んできます。
 旨味は濃厚な果実の甘味が主役で、特筆すべきはかなり強めのフレッシュ感がありながら青臭さが皆無なこと、苦味も上品な程度でとどまっています。
 後味はその苦味が自然に引き締めてキレます。

 おりのキツくない苦味とフレッシュな甘みがしっかりと均衡をとる、うすにごり生のお手本のようなお酒でした。
 正直、「もてはやされてるけど実際どうかな~」ぐらいの意地悪な姿勢で飲んだのですが、これはあぐらをかかずにしっかり酒質向上させてきていますね。
 というか特にこのスペックは私好みかも…、とにかく甘味が心地よいです。
 寫樂、今後も注目していきたい銘柄です。

20160405102816489.jpg

名称:冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ
精米歩合:50%
使用米:五百万石
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:宮泉銘醸株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 冩樂 純米吟醸

2016年04月05日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< たかちよ 「レッド」 無調整生原酒 27BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鷹長 純米酒 菩提もと 25BY >>

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年10月30日 編集

コメント・ご指摘ありがとうございます!
ご配慮いただいて恐縮ですが、ミスの指摘は大っぴらにやってもらって大丈夫ですよ(笑) 大歓迎のスタンスです。
というわけで、冩樂に統一しました。ついでに、前から気付いていながら修正サボっていた「にごり酒」と「にごりざけ」のブレも直しております(笑)
この銘柄別のタグ付け、個人的には面倒ながら有用なことと思っていたので、お二人が採用してくれたのは若干誇らしかったりします。まあ辞書代わりというのは褒めすぎかと思いますが…
ともかく、本当に助かりました、今後ともよろしくお願いします!

うすにごりを飲んだ印象では、冩樂は27BYでまた一皮むけたのかもしれないですね。「悔しいけど旨い」わかるなあ…(笑)

2016年10月31日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する