一滴千山 TAKE3 Sparkling

本日の家飲み 一滴千山 TAKE3 Sparkling 

20160224161710733.jpg  20160224161830952.jpg

 岐阜県大垣市のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね、外でもいただいたことのあるお酒です。

 タイムラグが凄いことになっていますが、実はこのお酒は昨年のクリスマス近辺に飲んだお酒です。
 いわゆるシャンパンの代わりに、「一発スカしたSAKEでもいただこうかしら」とセレクトした次第。
 実際ラベルは完全に日本酒のそれではありませんね、どことなく雪を思わせる冬らしいデザインでもあると思います。

 スペック的には、前回いただいたTAKE1と同様、アルコール度数は低めの13度で、日本酒度は-40という変態的数値。
 こういう一種イロモノのお酒なので、300mlの小瓶で売ってくれるのは、ありがたいところです。
 TAKE1と比べると、今回は発泡で、若干おりが絡んでいるのがポイントかな。

 せっかくなのでワイングラスでいただきました。
20160224161931920.jpg

 上立ち香はいかにもなガス混じりの米の香りにちょい甘さが混じって、そこそこに。
 含むと、まず感じるのは強いガス感、ちょいおいて濃厚な甘味が染み出してきて、おりの苦味と絡み合いつつ口中に広がっていきます。
 味わいは、やはり直球の米由来の甘さが紛れもない主役を演じて、ガス感と苦味がギリギリでダレを防いでいる感じのまとまりですね。
 後味はその印象のまま、少々甘さを残しつつなんとか引き上げていきます。

 強烈な甘さを危うくも見事なバランスで引き上げる、サイダー的な個性派甘旨炭酸酒でした。
 これはシャンパンのようにグイグイ飲んでしまうのが一番楽しめると思いますね、まあ度数はそこそこあるので気をつけないといけませんが。
 また、何気におりを絡めたのが蔵元さんのファインプレーであるように感じました、それによりダレを防ぎ、日本酒らしさも十分に残っている気がします、個人的にはTAKE1よりこっちが好き。
 一滴千山シリーズは、イロモノに見せかけた本格派だと思います、次は通常品もいただいてみたいですね。
 
20160224161913580.jpg  20160224161851642.jpg

名称:一滴千山 TAKE3 Sparkling
精米歩合:65%
使用米:不明
アルコール度:13%
日本酒度:-40
蔵元情報:武内合資会社
購入価格(税抜):630円/300ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年03月05日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 新政Colors 純米 翡翠(ジェイド) 別誂 生もと 木桶仕込 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 黒牛 純米吟醸 雄町 >>












管理者にだけ公開する