まんさくの花 ダイヤモンドドロップ 純米大吟醸原酒 一度火入れ

本日の家飲み まんさくの花 ダイヤモンドドロップ 純米大吟醸原酒 一度火入れ

20160217094530691.jpg  20160217094815192.jpg

 秋田県横手市のお酒です。
 外飲みでは何度かいただいており、ブログでの紹介は2回目(前回はうすにごりの生でした)。

 まんさくの花と言えば、最近雑誌「グランドジャンプ」で連載を開始した日本酒マンガ「いっぽん」の初回に登場していたことが、個人的には印象深いです。
 そこで紹介されていたのは特別純米の「うまからまんさく」でした。
 初回ながらキャッチーな銘柄でなく、食中酒としての魅力を押し出した形でこういうお酒を取り上げるあたり、「かわいいキャラで中身は硬派」というスタンスをビリビリと感じましたね。
 
・一コマだけ紹介。ラベルの再現度にこだわりを感じます。
20160328092839738.jpg

 さて、今回私がいただいたのは、そういう硬派よりなお酒よりもミーハーな臭いのする限定純米大吟醸。
 秋田の酒米「吟の精」と山田錦(たぶん麹が山田かな)を45%まで磨いた高精白の原酒ながら、お値段はほどほどに抑えられているところがポイントですね。
 輝く「しずく」をモチーフにした黒いラベルはなかなか格好良いです。

20160217094801741.jpg

 上立ち香は華やかな吟醸香が気持ち強めに。
 含むと、かなり濃い目の大吟醸らしい甘旨味がぐっと入ってきて、強めの含み香を振りまきつつ、苦味を伴って染みこんできます。
 旨味は高精白のお酒らしい、青リンゴ的で透明感のある甘旨味が主役、それっぽい苦味も若干感じるかな。
 後味はその苦味を舌上にほんの少々残しつつ、キレイにキレます。

 いわゆる大吟醸らしい香りとキレイさがありつつ、旨味の芯がしっかりとしたお酒でした。
 華やかさもあるのですが、杯を重ねても飲み飽きない感じなのは凄いかも。
 ただ、やはり高精白だと個性は薄れるのかな…、キレイな味わいが好きな人にはオススメですが、個人的にはあえて高精白コスパ酒を追う必要は無いかも。
 まんさくの花、次は再びレギュラー品をいただいてみたいと思います。

 ちなみにこのお酒、年末年始を挟んでしまった関係で、1ヶ月以上かけて飲みきったのですが、いやあ全然ダレませんでした。
 この点は凄いと思いますね…、なんとなく高精白のお酒は繊細なイメージがあったのですが、これは力強かった!

20160217094833922.jpg  20160217094901607.jpg

名称:まんさくの花 ダイヤモンドドロップ 純米大吟醸原酒 一度火入れ
精米歩合:45%
酒米:吟の精・山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:日の丸醸造株式会社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.2/9.0(開栓後変化も考慮に入れて)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年03月28日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 津島屋 外伝 純米酒 the ancient vintage1995 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 能古見 純米吟醸 >>

はじめまして(間接的にはそうでもないのか)。

たまーに「日本酒感想日誌」のコメント欄で軽口叩いてるモウカン1972です (笑) 。年齢的にはオッサンです。まるめち氏のコメントも読んでましたよ〜。

実はオレ、このたびFC2で日本酒についてのブログを始めることにしたんです (4月中にはなんとか・・・) 。それで、開設初日からデフォでここのブログのリンク貼っといていいすか? その方が新人ページに箔が付くっつうか、イジメ避けになるつうか (冗談) 。

まるめち氏のブログ作りも参考にさせてもらってます。人柄の良さだけはオレには真似できないけど (笑) 。あ、神奈川健一氏のブログもまるめち氏経由で知って、いろいろアプローチとか参考にしてます。面白い記事の紹介ありがとう!

ギャザリーの記事は超初心者時代に見たような記憶があるような、ないような。あ、そうそうオレ、25BYの7月から日本酒本格参戦したので、まだまだ有名どころを全然飲みきってないんです。家の近くにイイ店がゴロゴロあるから助かってるけど。

そんなこんなで、まるめち氏は熱心なブログ読者みたいだから、どうせそのうち見つかっちゃうだろうし、今のうちに挨拶しとこかなーと。

というわけで、今後はブログ仲間としてよろしくお願い致します。公開したら、また挨拶に伺います。

そうそう、なにこのマンガ、スゲえ気になる。「夏子の酒」よりはカジュアルでライトな印象だけど、ゆくゆくはアニメ化とかされねえかなー。作品内で紹介された酒が買い難くなるのはイヤだけど。

あ、すんません、初対面なのにダラダラと。

それでは、失礼します。

2016年03月30日 モウカン1972(もう肝臓の無駄遣いはしたくない1972) URL 編集

>モウカン1972様、コメントありがとうございます。
いやあ実は私も日本酒感想日誌さんのところでコメントは拝見していました。おっしゃるとおり日本酒ブログマニアでもあるので、こっそりやり取りをのぞくのも好きだったりします(笑)

まずリンクの件ですが、こちらとしては大歓迎です。イジメ避けになるかはわかりませんが(笑)、まあかかし程度になれば幸いかと…。 開設後にご一報いただければ相互リンクもOKですよ。

人柄については置いておくとして(苦笑)、神奈川健一さんのブログは応援中なので、私経由で知ってもらえたのなら嬉しい限りです!実はあちらに触発されて私も購入した酒屋さんを書くようにしました。やはりいろいろな切り口を見ると勉強になりますね。

ギャザリーに関してはぜひぜひよろしくです。私も飲み始めて5年経っていない新参者ですが、やはり最初は有名どころから入り、徐々に広げている感じです。少しでも参考になれば幸いです。

「いっぽん」は、初心者からマニアまで読めそうな、良い日本酒マンガだとおもいます、やっぱオッサンより女子が飲んでた方が見てて楽しいし(笑) 差し当たり単行本が待ち遠しいですね。

ブログ、期待しています。今後ともよろしくお願いします!

2016年03月31日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する