川中島幻舞 純米吟醸 愛山 無濾過生原酒

本日の家飲み 川中島幻舞 純米吟醸 愛山 無濾過生原酒

20151109015633097.jpg  20151109015645612.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 自分にとってはもはや定番銘柄ですね、ブログでの紹介は4回目。

 私はこのようなブログをやっていることもあり、セレクトは未飲銘柄を優先する傾向にあります、また、昔いただいて好みではなかったお酒について「今ならどうだろう」と選ぶことも結構あります。
 が、この幻舞のように明らかに自分好みの銘柄については、「どうせ旨いに決まってる」という意味不明な理由から、セレクト対象から外すこともしばしば。
 ただそんな状況でも、限定品にはつい飛びついてしまうのがマニアのサガ、特にラベルが分かり易いとつい衝動買いしてしまいますね。

 というわけで、「i」の英字がデザインされた、洒落たラベルのこの1本を今回いただきます。
 この「i」は愛山のアイですね、高級酒米である愛山を、55%まで磨いた無濾過生原酒。
 四合で1800円と少々お高めではありますが、スペック的には全然割高ではないでしょう。


 上立ち香は濃厚ながらバランスの良い果実香が気持ち強めに。
 含むと、芳醇かつ透明感のある甘旨味が素直に入り込んできて、そこから甘味がそのままダレずに溶け出してきます。
 旨味は高濃度の甘味に上品な酸が寄り添う高級果実の味わいという感じで、雑味になるような苦味、渋味は皆無、兎に角純粋に甘味の魅力を楽しめます。
 後味はそのまま自然にデクレッシェンド的に消えていきます。

 個性と完成度を兼ね備えた、愛山らしさをストレートに感じられる旨酒でした。
 いやあやっぱり幻舞は外さないですね…、自分好みの銘酒ひしめく長野酒の中でも、一歩抜きん出ている印象です。
 愛山酒には確固とした魅力がありますし、今後もう少しお安くなってくれると嬉しいなあ…
 そして、川中島幻舞は今後も、自分にとって絶対外さないお酒として頼りにしようと思います。

20151109015657281.jpg

名称:川中島幻舞 純米吟醸 愛山 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:愛山
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社酒千蔵野
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0(値段も考慮に入れて)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年01月27日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 分福 純米 生原酒 氷温二年貯蔵 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 田酒 特別純米酒 >>












管理者にだけ公開する