谷川岳「一意専心」 純米大吟醸

本日の家飲み 谷川岳「一意専心」 純米大吟醸

20151109015516836.jpg  20151109015531461.jpg

 群馬県利根郡川場村のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 「利根郡川場村」とは、いかにも名水が出そうな地名ですね、私は柏出身で利根川が馴染み深いので、特にそういう印象が強いです。
 こちらを醸す永井酒造さんには谷川岳以外にも、「水芭蕉」という銘柄がありますね、というか首都圏では断然こちらの方が知られているでしょう。
 そして、このお酒には「一意専心」というサブタイトル(?)もついていますが、これは現在見習いの杜氏さんが、現杜氏の監督の元で醸したお酒ということから、特殊性を示すとともに想いをこめたネーミングのようです。

 ラベルには「製造責任者」と「醸造責任者」ということで、お二人の名前が明記されています。
 そして裏ラベルには杜氏さんのコメントがあります、こういう「顔が見える」感じのラベルは良いですね。
 スペック的には最近スタンダードな印象の50磨き(酒屋さんHPによると美山錦利用の一回火入れ)の純米大吟醸、その経緯からか値段はお安め。

20151109015544873.jpg

 上立ち香はバランスの良い典型的な吟醸香が割と強めに。
 含むと、非常に上品でフルーティー、かつふくよかな甘旨味がスルリと入ってきて、強めの含み香と若干の苦味を振りまきつつ、喉奥に流れ込んできます。
 旨味は純大らしい透明感のある華やかな果実の甘味が主役で、酸辛抑えめ、
 後味もそれらしく自然に引き上げていきます。

 いかにもフレッシュフルーティーといった趣の、お値段以上の純米大吟醸でした。
 やはり華やかな分、若干飲み飽きる感もありますが、味わいの芯がしっかりしている上に旨味がとにかく魅力的で、多少の粗が気にならなくなるようなバランスのように思えますね、これが若さか…。
 後、火入れっぽさを全然感じないところも個人的には◎
 谷川岳は、水芭蕉と共に、今後さらに注目していきたいと思います。

 想像できたことでしたが、開栓後はかなりの速さで味わいが減退します。
 これは早めに飲みきってしまうほうがよいでしょう、そういう意味でも典型的なフルーティー酒でした。

20151109015620486.jpg  20151109015609196.jpg

名称:谷川岳「一意専心」 純米大吟醸
精米歩合:50%
酒米:美山錦
アルコール度:15%
日本酒度:+4
蔵元情報:永井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0(口開け一杯目は8.7ぐらいに感じました)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月23日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 仙介 特別純米 しぼりたて 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 川鶴 讃岐くらうでぃ >>












管理者にだけ公開する