常山 純米吟醸 無濾過生 氷温貯蔵

本日の家飲み 常山 純米吟醸 無濾過生 氷温貯蔵

20151108205514546.jpg

20151108205604995.jpg  20151108205534280.jpg

 福井県福井市のお酒です。
 ブログでは2回目の紹介になりますね。

 前回は一回火入れの純米吟醸でしたが、今回は無濾過の生酒です。
 今回も「生熟」がテーマのセレクトではあるのですが、個人的には「氷温貯蔵」というキーワードにも注目したいところです。
 実は自分は生熟酒の魅力を強烈に意識したのが「超超久の氷室貯蔵」だったこともあり、氷温熟成生酒の可能性を非常に強く感じているんですよね。
 このお酒のラベルにも「今まで蔵から出ることがなかった」と記載されているように、温度管理等様々な要因から今まで家飲みできなかった類のお酒を、普通に飲めるようになったのはつくづくありがたい限りです。
 
 スペック的には、山田錦と五百万石という2種類の米を使っています。
 これは割とありがちな組み合わせですね、割合からして麹米だけ山田錦のパターンかな…(確実ではないです)。
 BYはたぶん26。

20151108205547105.jpg

 上立ち香は甘くて濃い果実香がそこそこに。
 含むと、良い塩梅に熟した印象の濃厚な旨味が、若干のアルコール的な刺激で輪郭を保ちつつ、自然な印象でゆっくりと染みこんできます。
 旨味は、うーん極めて正統派といった印象のお米のコクが主役で、甘味を中心に裏方に回った苦味が仕事をして、重みをあまり感じさせないバランスの良い印象。
 後味はその苦味が最後まで裏方に徹して、自然な感じにキレます。

 正統派な旨味が素直に、かつ行き過ぎない程度に熟成した感じの、超ひやおろしと言いたくなるお酒でした。
 いわゆる熟成香が全く無く、落ち着いた旨味をストレートに感じられるため、万人にオススメできる完成度です。
 また一つ「生熟成(&氷温貯蔵)」の魅力をしみじみと感じられるお酒に出会えたのは嬉しい限り。
 常山、やはり実力を感じる蔵として、今後も注目したいと思います。

20151108205618964.jpg

名称:常山 純米吟醸 無濾過生 氷温貯蔵
精米歩合:55%
酒米:山田錦・五百万石
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:常山酒造合資会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 常山 純米吟醸

2015年12月20日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 川鶴 讃岐くらうでぃ | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 京の春 純米生原酒 >>












管理者にだけ公開する