髙千代 純米大吟醸 美山錦 無調整火入れ

本日の家飲み 髙千代 純米大吟醸 美山錦 無調整火入れ

20151108204148277.jpg  20151108204159205.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 ひらがなの「たかちよ」は何度も取り上げてますが、漢字の「髙千代」を紹介するのは初めてですね。

 前回の「Summer Blue」で、たかちよレンジャーは各色一通り家飲みできました。
 その時、「次は漢字の「髙千代」もいただいてみたいと思いました。」と書いた通り、一度漢字バージョンも飲んでみたかったので、今回セレクトした次第。
 web情報によると、「たかちよ」はフルーツを意識したジューシーな味わい、「髙千代」は辛口の食中酒をそれぞれ志向しているようですね。
 正直、自分の好みは圧倒的に前者なのですが、ここはひとつ、先入観無しでいただいてみます。

 スペックは美山錦を48まで磨いた純米大吟醸、やはり扁平精米ということもあり、相当手間をかけているのではないでしょうか。
 あえて明記している酸度の数値は2.0とかなり高めですね。

20151108204211910.jpg

 上立ち香は、既にトロミを感じるような濃厚な果実香がかなり強めに。
 含むと、やはり濃厚かつ透明感もある甘旨味が力強く入ってきて、そのまま自然な感じでじわりじわりと染みこんできます。
旨味はたかちよらしい果実の濃厚な甘味が中心なのですが、心なしか透明感と引き締まった印象が強めで、かなり高レベルでバランスがとれている印象。
 後味は面白いことに辛さが出てきて、見事にキレます。

 たかちよっぽい濃厚な甘旨味と、大吟醸らしい香り高さ、そして不思議な辛さが同居する個性派旨酒でした。
 「たかちよ」が酸で引き上げるのに比較して、確かに髙千代は辛さでキレる感じですね。
 ただ、香り系っぽい苦味も結構感じるのが少々キツ気もします。
 個人的にはやはりひらがなの方が好みの方向性ですが、漢字の方も十分旨いと感じます、今後ちょくちょくいただいていこうと思いました。

20151108204228629.jpg

名称:髙千代 純米大吟醸 美山錦 無調整火入れ
精米歩合:48%
酒米:美山錦
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年12月03日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 四季桜 特別純米酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 克正 山廃純米 無濾過生原酒 雄町  >>












管理者にだけ公開する