山間 2号 無濾過生原酒

本日の家飲み 山間 2号 無濾過生原酒

fc2_2013-02-06_22-02-02-079.jpg  fc2_2013-02-06_22-02-31-530.jpg

 ブレイク中の山間です。
 24BYの仕込み1号が瞬く間に完売だったため、必死で入手しました。
 これまた予約完売とのことで、相当な入手難易度だったようです。

 現在の山間は「純米(アル添無)の無濾過生原酒」ということ以外スペック非公開の方針らしいですね。
 それで、能書き好きの日本酒マニア達(もちろん自分含む)の確固たる支持を得ているのですからすごい実力といえるでしょう。
 今回いただく仕込2号は、値段的には大体特別純米クラスかなと思います。
 一升瓶の入手になったので、じっくりといただきます。

 上立ち香はフレッシュな果実香がほどほどな感じで心地よく香ります。
 含むと、甘さと旨さがバランス良く混じった、しかし個性的でフレッシュで芳醇な味わいがじんわりと感じられます。
 この旨味はなんだろうな…、最初の印象では木香に似たものを感じたのですが(私だけかも)、非常に洗練されています。
 甘味の裏でしっかり渋苦味が仕事をしているような感じはあるのですが、表には最後までほとんど出てきませんでした、結果的に複雑ながらとてもきれいな味わいになってます。
 そして、まるで大吟醸のような、自然に消えていく後味でした。

 う~ん、先入観をできるだけ持たないよう心掛けて飲みましたが、やっぱり人気に納得の味わいでした。
 新政酒造の「やまユ」と同様、とても大事にされているブランドだということが旨さから伝わってくるようです。
 ただこうなってしまうと、「越の白鳥」と「山間」を同じ値段で並べられたら、「山間」を選んじゃうよなあとも思ってしまいます。
 今後さらに手に入れにくくなることを覚悟した今日この頃でした。

(追記)
 開栓から時間が経つにつれ、渋味が少しずつ前に出てきて、後にも残るようになってきました。
 旨味も多少落ち着いてくるので、好みはあると思いますが、個人的にはなるはやで飲むべきお酒だと思います。

fc2_2013-02-10_20-14-42-277.jpg

名称:山間 2号 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:新潟第一酒蔵株式会社(新潟県上越市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):2,850円/1800ml
お気に入り度:8.3/10
40

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 山間

2013年02月12日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 宝剣 純米吟醸 廣島八反錦 限定かすみ生 >>












管理者にだけ公開する