不老泉 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 滋賀渡船 25BY

本日の家飲み 不老泉 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 滋賀渡船 25BY

20151013101426255.jpg  20151013101439829.jpg

 滋賀県高島市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、家飲みは確か初めて。

 日本酒の好みは様々に分かれますが、特に大きな傾向として「フレッシュ生酒派」or「じっくり火入れ熟成派」という大きな分類はあるように感じています。
 完全に寄るかはともかくとして、大体の日本酒飲みはどちらかに軸足は置いているのではないでしょうか(自分はもちろん前者)。
 そして今回いただく不老泉は後者の日本酒飲みに確固たる支持を受けている銘柄というイメージがありますね。
 「酵母無添加山廃」「木槽天秤絞り」という手間を厭わず造られたお酒を、大部分一年以上熟成させて出荷するそのスタイルには、コスト重視経営とは真逆の信念を感じます。
 (このあたりは蔵元さんの旧ホームページに結構詳しく載っています

 今回いただくのも一年以上蔵元熟成されたお酒です、但し生酒。
 裏ラベルにはびっしりとスペックの記載があるのが個人的には楽しいですね。
 また、もろみに酒米「渡船」を使っているのは珍しいでしょう、私としては「渡舟」以来の出会いです

20151013101500379.jpg  20151013101511631.jpg

 上立ち香はほんのり熟感と甘さを感じる香りが控えめに。
 含むと、かなり強烈な甘酸っぱい旨味が、思ったよりは控えめな熟感を伴ってドドドっと流れ込んできます。
 旨味はいかにも山廃らしい甘酸旨味を極限まで煮詰めたような超濃厚かつ個性的なもの、しかし後ろ向きな老ねのクセや臭さなどは感じません。
 後味はその酸味が唾液線を刺激しつつ、若干酸っぱさを舌先に残して引き上げます。

 山廃の酸味を伴う旨味が、熟成により個性的にしかし素直に濃縮された、超芳醇酒でした。
 個人的には、山廃の熟成酒は結構クセが強くて難しいお酒という印象があるのですが、こちらはストレートに楽しめました。
 やっぱり、生酒というのも大きい気がしますね…、生熟成はもっと確立されてよいジャンルのお酒だと思います。
 不老泉、評判に違わぬ実力を感じる蔵として、今後も注目していきたいですね。

 開栓後、数日経ってからのほうが印象が丸くなる気がします。
 また、その状態で燗をつけると、開栓直後の酸っぱさがかなり引っ込んで、野太い旨味をストレートに感じられるようになりました。
 いやあこれは、色々な変化を楽しむべきお酒でしょうね、外飲みでも映えそう。

20151013101524417.jpg

名称:不老泉 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 滋賀渡船 25BY
精米歩合:55%
酒米:酒母が山田錦(6%) もろみが渡船6号(94%)
アルコール度:17~18%
日本酒度:+5
蔵元情報:上原酒造株式会社
購入価格(税抜):約1600円(レシート紛失…)/720ml
お気に入り度:8.3(燗上がり、変化を考慮に入れて)/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年10月21日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 華姫桜 無濾過純米吟醸原酒 雄町 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 五凛 純米生酒 >>












管理者にだけ公開する