タクシードライバー 純米原酒 生酒 仕込み九號

本日の家飲み タクシードライバー 純米原酒 生酒 仕込み九號

20150827121057185.jpg  20150902115539684.jpg

 岩手県北上市のお酒です。
 家飲み、外飲み含めて初めていただきます。

 インパクトのある名前に、さらにインパクトのあるラベルが特徴のお酒です。
 このお酒についてはホットペッパーに杜氏さんのインタビュー記事がありますね、杜氏さんの個性的なキャラがわかって結構面白いかと。(ゲームデザイナーの経験があるということが、個人的には特に印象的でした)
 ちなみにネーミングの元ネタは結構昔のアメリカ映画らしいです。

 なお、インパクトだけでなく、ネットの日本酒ファン界隈ではかなり熱心な固定ファンがついている印象で、味わいについても十分に評価されているようです。
 ミーハーな自分としてはこれを見逃すことはできず、今回四合瓶を見つけたので購入してみました。
 スペック的には、飯米である「かけはし」を使っていることころが珍しいですね、これは大部分の他スペックも同じとのこと。

20150827183725221.jpg

 上立ち香はほとんど感じず。
 含むと、濃厚ながらグッと引き締まった印象の旨味が力強く入ってきて、キツさの無い苦酸味で舌を洗いながら喉奥に流れ込んできます。
 旨味は苦酸が主役で、それに裏方の甘味がまろやかさを添えている印象の、食事を引き立てかつ個性的な味わい。
 後味は酸味主体で、少々苦味を残してキレあげる感じ。

 色々な味わいがせめぎ合いつつ、しっかりとバランスを保っている感じの、芳醇な食中酒でした。
 昔ながらの日本酒好きから、今どきの日本酒ファンまで、色々な人に愛されそうな味わいと感じました(酸が苦手な人除く)。
 どこかで見た、「濃い味の料理にも合う食中酒」という評に、とても同感です。
 タクドラ、今度はおりがらみとかも頂いてみたいですね。

 ちなみに燗を付けると、口当たりが凄くまろやかになったと思いきや、時間差で強烈な辛さも出てきます。
 でも有りですね、全体的に素直に濃厚さが増すので、個人的には好き。

20150827183745769.jpg

名称:タクシードライバー 純米原酒 生酒 仕込み九號
精米歩合:55%
酒米:かけはし
アルコール度:17度
日本酒度:+5
蔵元情報:喜久盛酒造株式会社
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年09月17日 岩手の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 神韻 純米酒 無濾過生原酒50 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 外ヶ濱 micro bubble 生 >>












管理者にだけ公開する